パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

思い出のマーニー ★★★★

2014年07月22日 | あ行の映画
借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ。北海道を舞台に、苦悩を抱えて生きる12歳の少女杏奈と彼女同様深い悲しみを心に宿すミステリアスな少女マーニーとの出会いを描写する。『ジョーカーゲーム』などの高月彩良と『リトル・マエストラ』などの有村架純が声優を担当。主人公たちの目線で捉えた物語に心打たれる。
<感想>スタジオジブリの映画だと聞けば、期待しない分けにはいきません。原作は読んでいませんが、イギリスの児童文学を題材に、運命的に出会った少女二人の触れ合いを描くファンタジーであるということ。テレビや予告編での宣伝効果もあり、劇場は夏休みということもあり、子供連れで満員御礼でした。

独特なジブリの絵コンテの美しさに見惚れてしまいました。主人公の杏奈はもちろん、なんて言ってもマーニーの金髪のふわふわ感とか、二人とも青い瞳で、まるで姉妹のように見えました。冒頭での杏奈は、親がおらず愛情を信じられない彼女と、親から自分の存在を見放されているマーニーが、お互いを秘密の友とすることから始まります。12歳の少女の杏奈は、思春期で自意識が強く、学校でも引っ込み思案で、友達もいなく変わり者として扱われているようだ。

杏奈の独り言では、この世界には輪の内側と外側があって、自分は外側の人間だけれどもそれでいいと思っている。でも本当は誰かに助けてもらいたいと感じているのだ。そのもやもやとしたこの年代特有の、痛々しい気持ちみたいなものが杏奈から感じ取られます。
どうしても、自分の生い立ちや喘息の持病があると、学校も休みがちで心を閉ざし友達も出来ないようだ。それで、養母の親戚が暮らす海辺の村へ療養にやって来た。ところが、杏奈は、養母がこんな娘を厄介払いしたと勝手に思い込んでいる。それに、擁護団体から杏奈を育てるための、お金を受け取っているようなのだ。

れでも、絵を描くのが好きな杏奈は、スケッチブックを持参で海辺へとやってきて、引き潮の時に歩いていける洋館を見つける。そこは入江に佇む“湿っ地屋敷”と呼ばれ、今は誰も住んでいない。北海道の東にある湿地帯と言うと、釧路、根室、厚岸、サロマ湖でしょうか。
ところが、その屋敷の2階に灯りが燈る。気になって、気になって、杏奈は次に日、引き潮の時に歩いてその屋敷を覗いて見る。

すると、金髪の少女が出迎えてくれ、屋敷の中へと誘い込む。杏奈が覗いた時には、何も家具がなかったのに、まるで外国の映画の中に出て来るような素敵な調度品が揃っており、シャンデリアが豪華でした。
今までのジブリの作品は、「生きろ」とか「生きねば」というようなジブリ的な人生のテーマがあったのだが、この作品にはないのだ。あるのは、少女漫画ともいえる爽やかで友情劇であり、幻想的な気分も漂う謎解き物語。始めは、マーニーは幽霊では?、「いや杏奈の想像による夢の中の存在、自分の心の中が読んだ友達なのでは」彼女が孤独で空想を描くのが好きなようなので、きっとマーニーに自分を重ねた偶像なのだろう、なんて思ったりした。でも違ったのですね。

ですが、ここの場面では、杏奈が見たいと思っている風景が描かれており、夜の海に船を浮かべて二人がいる時には、月が魅力的に輝いて、背景の場所には町の灯りがない。ですが、その後、杏奈が一人で帰る時には電柱の灯りや、現実が見えてくる。帰り道で郵便局の前を通るのですが、そこの色彩は寂しい感じがして、二人の時とは違うんですね。そういう意味では、背景が杏奈の気持ちを反映させていると思いました。

それでも、現実の世界では、地元の子供が七夕祭りに誘ってくれ、一緒に夏祭りに行くのですが、女の友達に「ふとっちょぶた」なんて意地悪く言ってしまう。そうすると、やり返してくるのが「あんたはあんたの通りに見えてるよ」と指摘されてシヨックを受けてしまう杏奈。
全てが明かされるラストでは、マーニーは、杏奈にとっては幼い時に両親を交通事故で亡くし、その後、祖母のマーニーに育てられ、祖母のマーニーも亡くなり、里親に育てられ今の自分がいることを。祖母であるマーニーが、孫の杏奈のことが気掛かりで、丁度マーニーが少女時代に過ごしていた“湿っ地屋敷”に、杏奈が訪ねて来たことから、亡霊というか祖母の孫に対する思いが通じて現れたのでしょう。

祖母のマーニーも少女時代は、両親が留守がちで、ねえや、乳母に育てられ、それも虐められて、暗いオンボロのサイロに閉じ込められたりもした。その孤独が、孫の杏奈も実の両親が亡くなり、性格もひねくれた少女に育ってしまったのだ。だから、幽霊でも、杏奈の孤独な少女の心を、祖母の少女の頃のマーニーが解きほぐしてくれ、いつのまにか解放されて皮肉れた心の杏奈が、明るい少女になっていった。

その“湿っ地屋敷”に新しい住人が引っ越してきて、その中にさやかという娘がいて自分の部屋から古い日記を見つけたというのだ。それを杏奈に渡す。日記に書いてあったことが、今まで夢の中で幻想としてマーニーと出会って来たことが、全て作り話ではなく本当のことだったという。杏奈にとっては、マーニーの存在が自分にとって一番大切な肉親だったということ。
それは、自ら心を閉ざしている少女が、幽閉状態にある少女と共鳴しあっているようにも見えます。ここでは杏奈を抑圧してくるものを、社会の目に見える外敵ではありません。外の世界と戦って、より複雑な意味で孤独になっている状況が描かれています。そんな杏奈を励ましてくれるのが、自分と同じような孤独を知っている過去からのメッセンジャーとして、マーニーがその存在なのでしょう。
2014年劇場鑑賞作品・・・247 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
借りぐらしのアリエッティ
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« gift/ギフト ★★.5 | トップ | プレーンズ2/ファイアー&レス... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『思い出のマーニー』 2014年7月6日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『思い出のマーニー』 を試写会で観賞しました。 今日は、よみうりホールで4回試写を回すので延べ4,000人以上が鑑賞することになる。 朝一から盛況で満席であった。 今年の東宝は興収がよくない(と思われる)ので、本腰を入れてヒットを狙いに行くには この作品をはじ...
映画:思い出のマーニー 少女が一生忘れられない、ひと夏の思い出。そして成長。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
観賞直後の一言感想=「借りぐらしのアリエッティ」に似たトーンだな... で、さっそく調べてみると... 監督の米林氏が「アリエッティでやり残したことがある。もう1本、映画を作りたい」と話したことがきっかけだという。 その時点で米林監督は原作を決めていなかった...
「思い出のマーニー」 鬱々としたトーンに戸惑った (はらやんの映画徒然草)
「借りぐらしのアリエッティ」で監督デビューし、宮崎駿さんが引退した今、スタジオジ
試写会「思い出のマーニー」 (日々“是”精進! ver.F)
そして、少女はまた一歩成長する… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407080001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【A5サイズクリアファイル】思い出のマーニー サントラ音...価格:3,024円(税込、送料込) ...
映画 思い出のマーニー (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    マーニーの正体は、想像通りのものでした。   しかしながら、原作では欧州の舞台なのに   映画は、北海道にして、主人公である佐々木杏奈の   眼の色を青くした...
【 思い出のマーニー 】大切な秘密 (映画@見取り八段)
思い出のマーニー      監督: 米林宏昌    キャスト: 高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳、杉咲花、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真 公開: 2014年7月19日 2014年7月8日。劇場観賞(試写会) この...
思い出のマーニー (はるみのひとり言)
試写会で観ました。あんまり興味が無かったんですが、誘って頂いたので行きました。まるで自分のことを言われてるように思っちゃいましたよ。でも誰でも自分はダメだとか、愛されてないとか、自分だけ不幸だとか思ったことないですか?杏奈ちゃんは悲しい生い立ちからそれ...
心の支え。『思い出のマーニー』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオジブリの最新作。ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ映画です。
『思い出のマーニー』 宮崎駿抜きでジブリは変わる? (映画のブログ)
 正直、『思い出のマーニー』には驚いた。  こんなやり方で来るとは思わなかった。  私は宮崎駿ファンである。高畑勲ファンでもある。宮崎駿、高畑勲両氏のかかわった作品なら観たいと思う。制作会社が東映動画だろうがAプロダクションだろうが日本アニメーション...
[映画『思い出のマーニー』を観た(傑作!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆物語の冒頭で、主人公の杏奈が自分の境遇を、「輪の外の人間だ」と呟く。  社会との疎外感を、やや外界への敵愾心さえ持って生きている女の子。  だが、結論から言うと、彼女が、輪の内外ではなく、もっとぶっとい「輪」、杏奈がそのものを構成するマスターピースの...
思い出のマーニー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
永遠の愛が、宿るところ。 「借りぐらしのアリエッティ」の、米林宏昌監督による長編第二作。 原作は英国の作家、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学で、舞台を北海道の架空の街に変更し、心と体に傷を抱えた12歳の少女杏奈と、謎めいた少女マーニーとのひと夏の交流...
思い出のマーニー (Akira's VOICE)
彼岸からのプレゼント。  
めっさおもたいトトロやとおもったらええかな(え)~「思い出のマーニー」~ (ペパーミントの魔術師)
試写会TOHOシネマズくずはモールにて。 ネタバレしないように書くと ”夢だけど夢じゃない”し ♪こ~ど~ものときにぃ~だけ~あなたにおとずれるぅ~~~ 不思議な出会いぃ~~♪・・・なんだもん。(おいおい) んでね、マーニーと出会って目の前がぱぁっと明...
思い出のマーニー/高月彩良、有村架純 (カノンな日々)
『借りぐらしのアリエッティ』の米林宏昌監督がイギリス人作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学を原案に北海道を舞台に移して苦悩を抱えて生きる主人公の12歳の少女・杏奈 ...
思い出のマーニー (試写会) (風に吹かれて)
幸せに気づいて 公式サイト http://marnie.jp7月19日公開 原作: 思い出のマーニー (ジョーン・G.ロビンソン/岩波少年文庫)監督: 米林宏昌  「借りぐらしのアリエッティ」 心を閉
思い出のマーニー 思い出のマーニー (映画好きパパの鑑賞日記)
ジブリ映画の新作で、宮崎駿監督の引退宣言のあと、有力後継者として目される米林宏昌監督の手腕が注目されているのですが、正直、いま一つ。登場人物に魅力を感じられず、感情移入できませんでした。  作品情報 2014年日本映画 監督:米林宏昌 声の出演:高月彩...
思い出のマーニー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:米林宏昌 声の出演:高月彩良(杏奈)、有村架純(マーニー)、松嶋菜々子(頼子)、寺島進(大岩清正)、根岸季衣(大岩セツ)、森山良子(老婦人)、吉行和子(ばあや)、黒木瞳(久子) 【解説】 『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジ....
「思い出のマーニー」自分のルーツを知った先にみた想いを託した祖母の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「思い出のマーニー」は心を閉ざした少女が夏休みに自然の多い田舎で過ごす事で自分のルーツを知り自分の存在意義を取り戻していくストーリーである。誰もが生まれたルーツがあり ...
映画「思い出のマーニー」 (FREE TIME)
注目の映画「思い出のマーニー」を鑑賞しました。
思い出のマーニー (単館系)
思い出のマーニー MOVIX川口 7/19公開 心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。 そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女マーニーが 姿を見せる。 その出会い...
記憶の中のあなた~『思い出のマーニー』 (真紅のthinkingdays)
 札幌に住む孤独な12歳の少女・杏奈は、喘息の療養のため、遠縁が暮らす 道東の田舎町でひと夏を過ごすことになる。入り江に面した旧い屋敷に惹かれ た杏奈は、マーニーと名乗る金髪の少女と出逢う。  宮崎駿引退後、初のスタジオジブリ作品。『借り暮らしのアリ...
『思い出のマーニー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「思い出のマーニー」 □監督 米林宏昌□脚本 丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌□原作 ジョーン・G・ロビンソン□キャスト(声) 高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島 進、根岸季衣、黒木 瞳■鑑賞日 7月27日(日)■劇場 TOH...
思い出のマーニー (映画的・絵画的・音楽的)
 『思い出のマ―ニー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『借りぐらしのアリエッティ』を制作した米林宏昌監督によるスタジオジブリ作品(注1)ということで、映画館に行ってきました。  米林監督の前作は、メアリー・ノートン作『床下の小人たち』を日本の東京郊外...
思い出のマーニー  監督/米林 宏昌 (西京極 紫の館)
【声の出演】  高月 彩良 (杏奈)  有村 架純 (マーニー)  松嶋 菜々子(頼子) 【ストーリー】 心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、....
思い出のマーニー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「思い出のマーニー」監督:米林宏昌声の出演:高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳、大泉洋、安田顕、森崎博之、戸次重幸、音尾琢真 ...
思い出のマーニー (そーれりぽーと)
ジブリ最新作は予告編を観る限り、LBGT系の香りがする以外全く得体の知れない『思い出のマーニー』を観てきました。 ★★★★ 心に深い闇を抱えて引っ込み思案な少女が、喘息の療養に出かけた田舎町で一人の少女と出会う不思議な話。 ジブリ流とかジブリ風とか言う概念...
「思い出のマーニー」 (或る日の出来事)
こういうのに弱いんよ! もーダメ。(泣)
「思い出のマーニー」:小さな子はわかるのかなあ? (大江戸時夫の東京温度)
はい、ようやく今頃『思い出のマーニー』です。これは好き嫌いが分かれる作品かも知れ
さよならを言うために (僕らのドラマ)
思い出のマーニー×種田陽平展 at 江戸東京博物館/ Fine On The Outside
思い出のマーニー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
思い出のマーニー '14:日本 ◆監督:米林宏昌「借りぐらしのアリエッティ」 ◆主演:高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳 ◆STORY◆北海道。12歳の杏奈(声:高月彩良)は、一見ごく普通の中学生だが実は大きな苦しみを...
マーニーは永遠に (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「思い出のマーニー」を鑑賞しました。 札幌に暮らす12歳の心を閉ざした少女 杏奈はぜんそくの療養を目的に親戚がいる海沿いの村にやって来た そんなある日、誰もいない屋敷の窓にきれいなブロンドの少女マーニーが姿を見せ、友達となるのだが・・...
思い出のマーニー (銀幕大帝α)
2014年 日本 103分 ファンタジー/青春/ファミリー 劇場公開(2014/07/19) 監督: 米林宏昌 『借りぐらしのアリエッティ』 製作: 鈴木敏夫 制作: スタジオジブリ 原作: ジョーン・G・ロビンソン『思い出のマーニー』 脚本: 米林宏昌 主題歌: プリシラ・...
思い出のマーニー (いやいやえん)
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、あることがきっかけで心を閉ざしてしまった12歳の少女が、療養のために訪れた海辺の村で経験するひと夏の不思議な出会いを描く。 アニメ ジブリなんだけど、あまりジブリを意識してみないほうがいいかも。 私は「外側の人間」と...
映画評「思い出のマーニー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・米林宏昌 ネタバレあり
思い出のマーニー (のほほん便り)
イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソンの児童文学「思い出のマーニー」(岩波少年文庫刊)を、スタジオジブリがアニメーション映画化 かなり、賛否両論だったみたいですが、ヒロインが、諸事情から心を閉ざした少女で、 ジブリのヒロインが、シンジ君化して、エヴ...