パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

マン・オブ・スティール ★★★★★

2013年08月31日 | アクション映画ーマ行
クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する主人公の苦難の日々を驚異のアクションと共に描き出す。『シャドー・チェイサー』などのヘンリー・カヴィルが主人公を熱演。悩んだり傷ついたりしながらも前進する主人公の姿が目に焼き付く。
あらすじ:ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙することになり……。

<感想>これでもかとVFXを投入して創造されるド派手を極めたアクションとスペクタルに目を奪われる。たった一人で地球に来てしまったエイリアンは、いかにしてスーパーマンになったのか?・・・それを溯る旅だった。
タイトルにもそれがよく出ている。“スーパーマン”ではなく「マン・オブ・スティール」“鋼鉄の身体“をもっていたがゆえにみんなからは理解してもらえなかった一人の青年の、自分の居場所を探す旅。彼がスーパーマンになるまでの物語だ。クラーク・ケント、カル=エルには、ヘンリー・カビルが演じて筋肉美を披露している。

それにもう一つ新しいのは、クリプトン星のエピソードを描いているところ。父親のジョー=エルが、産まれたばかりの息子カル=エルに全てを託して送り出すシーンは印象的ですね。父親ジョー=エルには、ラッセル・クロウが、育ての親ジョナサンには、ケビン・コスナーが、2人のオスカー俳優が父親という、何という贅沢キャスティングで評価大です。
生みの母親ララに惑星クリプトンから地球に送れば怪物だと疎外されと身を案じられ、人類が抱く未知なるものに対する恐怖心を熟知する育ての親ジョナサンには、人前で超人的能力を使うことを禁じられるカル=エル。

幼少の頃、橋から川に落ちたスクールバスを引き上げたことで、周囲から畏れの眼を向けられた経験のある彼は、それを守ったばかりに義父を竜巻から救いだせずに死なせてしまい悔いが残っている。人々のために力を使えば使うほど恐れられ、使わずにいれば新たな悲しみを生み出してしまう彼は、自分が何のために存在するのか分からない。まさに、大いなる力を持つことの危ういさ、マイノリティという境遇、アイデンティティ・クライシスといった苦難に幼いころからさらされてきたのだ。

そんな彼が、亡き父親ジョー=エルの意識に導かれて己の使命を知るや、それまでの閉塞感を打ち破るようにして、大空を縦横無尽に飛翔するさまは、本作の最大の見せ場と言っていいでしょう。

だが、自分と同じクリプトン星の生き残りであるゾッド将軍たちが、敵として出現し、戦わざるを得なくなる。ゾッド将軍には、マイケル・シャノンが、強面メイクで熱演している。

様々な解釈、様々な楽しみ方が出来るあたりはノーラン的だが、後半の大アクションシーンのスピード&スペクタル感は大増量。主要舞台のメトロポリスがゾッド将軍により容赦なく破壊され、さらにスーパーマンとのバトルで破滅状態になる。都市を守るスーパーマンの従来のイメージを崩しかねないこのスペクタルは、ヒーロー誕生前夜の生みの苦しみ現れなのか?・・・。

これでもかと大都市を壊しまくるスーパーマンVSゾッド将軍の超高速バトルで、2人はビルを突き抜け目からは赤いビームで街を焼き尽くす。エイリアン同士のバトルということもあるが、最も重要なのはスーパーマンを迎え入れることによって、地球は変わってしまうこと。崩壊の後に彼がいる、新しい世界が待っているっていうことなのだ。

ヒロインのロイスは“危険なネタ”しか使わないと豪語する怖いもの知らずのデイリー・プラネット社の敏腕記者。極寒の地でクラークを目撃したことから、彼のパワーを知り、調査に乗り出す。そのせいで未知の敵に拉致されてしまう。泣き言一つ言わずクラークと共闘。今回のロイスは守られるだけの女性ではない。エイミー・アダムスが演じて、ラストでクラークとキスをするシーンに胸が熱くなります。

過去作のスーツは、クラークが地球に来た時に包まれていた布で作られていたが、今回はクリプトン人が着ている保護服と言う設定。だから、布地だった素材も硬質なものに改編。何より大きな違いは赤いパンツがなくなったことで、腰回りは青で統一されてスッキリ。S字に垂れた前髪も今回はナシで、Sマークがエル家の紋章で希望を意味することも説明されている。
制作が決定した続編には、スーパーマンに負けず劣らずの壮絶な組み合わせで、バットマンが登場するそうだが、エンドロールの最後にでも出て来るかと待っていたら、期待して損した。
2013年劇場鑑賞作品・・・263  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイピスト! ★★★ | トップ | 劇場版タイムスクープハンター ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「マン・オブ・スティール」@よみうりホール&109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 私は運よく本作を試写会で2回見ることが出来た。
マン・オブ・スティール (試写会) (風に吹かれて)
クリプトン生まれで地球育ち公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/manofsteel8月30日公開 製作: クリストファー・ノーラン監督: ザック・スナイダー  「30
映画「マン・オブ・スティール」@よみうりホール&109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 私は運よく本作を試写会で2回見ることが出来た。
『マン・オブ・スティール』 (時間の無駄と言わないで)
「リターンズ」は無かったコトにして、ビギンズ的な感じで仕切り直しに。 クリストファー・ノーランにハンス・ジマーにゴイヤーにと、もうそこらじゅうからバットマン三部作臭が ...
映画:マン・オブ・スティール Man of Steel 今作一押しは=エイミー・アダムス、という結論に(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作) で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」) 凄いメンツ。 にもかかわらず... 当ブログ的に最も印象に残ったのは、エイミー・アダムス!(写真:右) ノー...
劇場鑑賞「マン・オブ・スティール」 (日々“是”精進! ver.F)
あなたは、奇跡を起こした… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308300003/ マン・オブ・スティール (スーパーマン) ポスター MAN OF STEEL - (HOPE)¥3800...
『マン・オブ・スティール』 2013年8月15日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マン・オブ・スティール』 を試写会で鑑賞しました。 よみうりホールでまたまた3Dでの試写会です。 3Dだから目も疲れるし、椅子もあれだし、傾斜も少ないから、 よみうりホールで2時間越える映画は、かなり辛いです。 【ストーリー】  ジョー・エル(ラッセル...
マン・オブ・スティール (Akira's VOICE)
スーパーかっけー! スーパー泣ける!  
マン・オブ・スティール IMAX-3D/ヘンリー・カヴィル (カノンな日々)
『スパイダーマン』『バットマン』が新シリーズとして再映像化されたようにクリストファー・リーヴの主演で大ヒットした『スーパーマン』もクリストファー・ノーランの製作、ザッ ...
マン・オブ・スティール (花ごよみ)
クリストファー・ノーラン脚本、製作、 ザック・スナイダー監督によって、 新たに制作された「スーパーマン」、 誕生からスーパーマンになるまでを描いています。 スーパーマン、クラーク・ケントには、 ヘンリー・カビル。 生みの親にはラッセル・クロウ 育ての親にケ...
マン・オブ・スティール (Memoirs_of_dai)
ビジュアルから変わったスーパーマン 【Story】 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリ...
「マン・オブ・スティール」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「マン・オブ・スティール」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、アンチュ・トラウェ、アイェレット・...
マン・オブ・スティール / Man of Steel (勝手に映画評)
ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウと言う錚々たるメンバーが出演していますし、制作/原案にはクリストファー・ノーランも参加。なんか、それだけでも凄いことになっています。 凄いのは出演者だけではありません。出演者に応じて、内容もすごいです....
マン・オブ・スティール (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 地球外知的生命体の侵略モノとしても一級品!
マン・オブ・スティール (悠雅的生活)
滅びゆく星。善なる者。文字ではない。
『マン・オブ・スティール』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
「スーパーマン」は1978年に超大作映画『スーパーマン』が作られ、以後『スーパーマンII/冒険篇』(1981)、『スーパーマンIII/電子の要塞』(1983)とシリーズ化され、外伝の『スーパーガール』(1984)が作られた後は製作会社が変わって『スーパーマン4/最強の敵』...
マン・オブ・スティール(3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【MAN OF STEEL】 2013/08/30公開 アメリカ 143分 監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、アンチュ・トラウェ、アイェレット・ゾラー、クリ...
[映画『マン・オブ・スティール』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かったし、王道の傑作でしょう。         プロデューサーの関係で『ダークナイト』的なノワール感があるように語られていたが、そんなことはなかった。  先ず、リブート物なので、その生い立ちから語られなくてはならず、それが「かったるい」のが予想さ...
マン・オブ・スティール(3D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、 ラッセル・クロウ 【あらすじ】 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇...
マン・オブ・スティール・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ヒーローは皆、十字架を背負う。 なるほど、タイトルが「スーパーマン」でない事も納得である。 「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン製作、「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督という、アメ...
『マン・オブ・スティール』 Man of Steel 、その他感想 (グドすぴBlog)
灼熱で有無を言わさず連日晴れ続けた真夏から一転、連日の雨天が続く今日この頃。 どっちにしてもあまり外には出たくない時に、今夏は面白そうな映画がどんどん公開されるので映画鑑賞が捗りますね! 『マ...
『マン・オブ・スティール』 (こねたみっくす)
父親から息子へ受け継がれる、決して諦めない鉄の心。 トイレでゲイ監督から直々にスカウトされたブランドン・ラウスのことなどすっかり忘れ、にわかヲタク監督によりアクション ...
マン・オブ・スティール (心のままに映画の風景)
クリプトン星の滅亡を悟ったジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前、生まれたばかりの息子カルを宇宙船に乗せて地球へと送り出す。 偶然、宇宙船を発見したジョナサン(ケヴィン・コスナー)と...
マン・オブ・スティール (だらだら無気力ブログ!)
スーパーマンって目からビーム出るんだ!知らなかったよ!
マン・オブ・スティール (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ ◎スーパーマンをこよなく愛する蔵研人(クラーク・ケント)がぼやく 製作:2013年米国 上映時間:143分 監督:ザック・スナイダー  あのバットマンを現実的にアレンジし、『ダークナイト』として世に送ったクリストファー・ノーランが製作を手掛けた『
マン・オブ・スティール (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ザック・スナイダー 【出演】ヘンリー・カヴィル/エイミー・アダムス/マイケル・シャノン/ケヴィン・コスナー/ダイアン・レイン/ローレンス・フィッシュバーン/ラッセル・クロウ/ハリー・レニッ...
「マン・オブ・スティール」 (或る日の出来事)
速やっ!!
『マン・オブ・スティール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マン・オブ・スティール」 □監督 ザック・スナイダー □脚本 デビッド・S・ゴイヤー□キャスト ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン■鑑賞日 8月31日(土)■劇場...
マン・オブ・スティール (ダイターンクラッシュ!!)
2013年9月1日(日) 18:15~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1300円(ファーストデー+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 「リターンズ」は無かったことに。そして、ロイス老ける 『マン・オブ・スティール』公式サイト 映画の最後、女軍人の「セクシーだわ。」...
「マン・オブ・スティール」 人類は成長することができるのか (はらやんの映画徒然草)
なかなか感想を書きにくい作品だなと思いました。 今までのアメコミのヒーロー映画と
「マンオブスティール」 (Con Gas, Sin Hielo)
鋼鉄の破壊神、誕生。 人は年齢を重ねるほど、むかしの思い出ばかりが強く残ってしまう生きものである。 C.リーブの「スーパーマン」を観たのは小学生のときだった。映画館に行くようになって間もないころで、「まさに、これが娯楽」と強く植えつけられたものだ。 そ....
マン・オブ・スティール やるならここまでやらなきゃ! (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【45 うち今年の試写会5】 今日は昨日より波が小さくそのうえ風も吹いてだめ~、だもんで徹底的に筋トレして、それから映画を観に川崎へ。 この3日間で、「マンオブスティール」「スター・トレック イント...
マン・オブ・スティール (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「マン・オブ・スティール」監督:ザック・スナイダー(『エンジェル ウォーズ』)出演:ヘンリー・カヴィル(『シャドー・チェイサー』『インモータルズ -神々の戦い-』)エイミー ...
No.054 「マン・オブ・スティール 3D版」(2013年 143分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?~Last Man Standing)
監督 ザック・スナイダー 出演 ヘンリー・カヴィル    エイミー・アダムス    マイケル・シャノン ポイントサービスを使おうと布施ラインシネマに来たけど、この作品が3D版と言うことでサービス対象外! 残念ながら1600円を払っての鑑賞です スーパーマ....
『マン・オブ・スティール』('13初鑑賞80・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月1日(日) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:30の回を鑑賞。
マン・オブ・スティール (そーれりぽーと)
ブランドン・ラウスのスーパーマンは一回こっきりで終了で、完全リニューアルの新たなスーパーマンシリーズの幕開け『マン・オブ・スティール』を観てきました。 ★★★★ 子供の頃から親しみの有った旧シリーズは好きだったし、19年ぶりの続編だった『スーパーマン リー...
超人として生きる道 (笑う社会人の生活)
2日のことですが、映画「マン・オブ・スティール」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて あのスーパーマン誕生の物語といえ 「バットマン ビギンズ」のスーパーマン版といえば わかりやすいか まさに 新たなスーパーマン物語といえて リアルにスーパーマンが現実にいたら、とい...
マン・オブ・スティール(3D日本語吹替版) 監督/ザック・スナイダー (西京極 紫の館)
【出演】  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  マイケル・シャノン  ケヴィン・コスナー  ラッセル・クロウ  ダイアン・レイン  ローレンス・フィッシュバーン 【ストーリー】 ジョー・エルは、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船...
マン・オブ・スティール (銀幕大帝α)
MAN OF STEEL 2013年 アメリカ 143分 アクション/SF/アドベンチャー 劇場公開(2013/08/30) 監督:ザック・スナイダー『ウォッチメン』 製作:クリストファー・ノーラン 原案:クリストファー・ノーラン 出演: ヘンリー・カヴィル:クラーク・ケント/カ...
マン・オブ・スティール (いやいやえん)
海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑) やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ。育ての親って重要よね(ヤンスパではまたジョナサンがかっこ...
映画『マン・オブ・スティール3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-74.マン・オブ・スティール3D■原題:Man Of Steel■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:143分■料金:2,100円■観賞日:9月21日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:ザック・スナイダー◆ヘンリー・カヴィル◆エイミー・アダムス◆マイケル・...
映画「マン・オブ・スティール」レビュー(見所はファオラ=ウル(アンチュ・トラウエ)とスーパーマンとの戦闘シーン) (翼のインサイト競馬予想)
映画「マン・オブ・スティール」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思
マン・オブ・スティール (映画大好きだった^^まとめ)
601 : 名無シネマ@上映中 : 2013/08/30(金) 15:09:17.92 ID:4lRGMnWVケビンコスナーとダイアンレインが一番良かったね。確かに最後のバトルはくどすぎたかも。カツ丼と牛丼を2つ食べる感じ。で ...