パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ムーンライト★★★★

2017年04月04日 | アクション映画ーマ行
貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青年期、成人期の3パートに分け、革新的な映像美とともに描き出したヒューマン・ドラマ。第89回アカデミー賞ではみごと作品賞を含む3冠に輝いた。監督は長編2作目の新鋭バリー・ジェンキンズ。

<感想>今年のアカデミー賞作品賞に輝き、マハーシャラ・アリが助演男優賞に輝いた本作品。製作総指揮はブラッド・ピット。企画、製作手腕には定評があり、「それでも夜は明ける」ではプロデューサーとしてオスカーを手にしている。ピット率いるプランBエンターテインメント。

さらに製作を支援したもう1社であるA24も、「ルーム」「エクス・マキナ」というアカデミー賞関連作を送り出した製作・配給会社なのだ。

主人公シャロンの人生が、幼少期、少年期、青年期の3つの時代で描かれる本作。主人公シャロンの三つの時代を、それぞれ少年ではアレックス・ヒバート、高校生ではアシュトン・サンダース、青年期にはトレバンテ・ローズという別々の人物だが、同じ内面を持つ、同じ1人の人物にしか見えないのが不思議であった。それほどに、実にスムーズに演じていたからなのだろう。

幼少時代では、内気な性格のシャロンが、学校でリトルというあだ名で虐められ、家では母親が麻薬中毒者で、いつも家には男を連れ込んでいて、息子を邪見にして外へ出ていろと命令するダメな母親。自分の居場所を求めてもがく黒人少年の心の成長を、少年時代、高校時代、青年時代の三章構成で描く愛の物語。

実に光を抜いたり色を足したりするカラーリストの技術が主役級に活かされた本作は、長編は2作目だというバリー・ジェンキンズ監督と原案のタレル・アルヴィン・マクレイニーが作り上げた物語でもある。そのまま彼らの人生の欠片を集めたものだと言う。

麻薬中毒の母親に、ネグレクトされた少年期。自覚のない時から“オカマ”と虐められるセクシャリティ。無秩序なスラム社会でサバイバルするために虚勢を張る必要性など、のどかなイメージのマイアミであっても黒人の生きる世界は生易しくはなかった。

例えば、マハーシャラ・アリが演じるフアンという優しい父親的な存在。窮地を救う、食べさせてくれ、泳ぎを教えてくれ、「自分の道は自分で決めろ」と生き方を指南する、パーフェクトでナイスな人物なのだ。それに、海辺で心を通わせた親友との初恋のシーンは、まるで綺麗な青春のラブストーリーなのだ。

高校生の時、月明かりの浜辺でシャロンとケヴィンは、初めてお互いの心に触れる。だが、翌日、学校でドレッドヘアーのいじめっ子が、シャロンを連れて来てケヴィンに殴れと命令する。シャロンはケヴィンに殴られ、いじめっ子たちにも足蹴にされてケガをするも、教員たちは「誰がしたの、名前を言いなさい」と言うだけ。先生も味方ではない。名前を言ってもムダだと思ったからだ。

名前を言ったらどうなる物でもないことを知っているシャロンは、ダンマリを決め込む。そして、翌日、学校へ行くといきなりそのいじめっ子のドレッドヘアーの男を、机やイスで頭を殴りつける。大騒ぎになり、警察も来て少年院送りになるシャロン。

タイトルの「ムーンライト」とは、“暗闇の中で輝く光“を暗示する言葉でもある。本当の自分を見せられずに生きてきた主人公の暗闇に、希望の光は指すのだろうか?
シャロンはアラスカの少年院に送られ、青年期の彼は、フアンと同じ道を辿り、その土地で麻薬ディーラーとなる。彼は体を鍛え、金歯を装着し、高級車をのり回す彼に、昔の面影はない。弱い自分から脱却し、心身を鍛え上げたのだ。

そんな彼に突然ケヴィンから電話が入る。それは「あの高校生の時の事件のことを謝りたい」というケヴィンの言葉に心を揺さぶられる。
ゲイと虐められていたシャロン、高校生の時に仲良くしてくれて、自分の心の中にあった女性を愛せない自分。ケヴィンに恋をした高校生時代を思い出して、久しぶりに会いにいく。シャロンの身体は鍛え上げられた筋肉マンになっており、どうみてもゲイだとは見えない。
それにしても、夜の海に映し出される色がありえないくらいに美しかった。アフリカ系の人たちの褐色の肌色が、フロリダの自然光を浴び、青や薄紫の陰影を滲ませる。「ムーンライト」というタイトルがまさにその通りだと感じた。


2017年劇場鑑賞作品・・・74アクション・アドベンチャーランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はじまりへの旅 ★★★・8 | トップ | ジャッキー/ファーストレデ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ムーンライト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 第89回アカデミー賞で作品賞に輝いた実力の程は…
ムーンライト (あーうぃ だにぇっと)
ムーンライト@ユーロライブ
ムーンライト・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
熱情のムーンライトブルー。 マイアミに住む気弱な1人の少年が、たった一つの愛を胸に、自分が何者かを探しながら大人になるまでを描く物語。 原案はタレル・アルバン・マクレ......
「ムーンライト」:行間を読む寡黙な映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ムーンライト』は、アカデミー最優秀作品賞を受賞したのが嘘みたいなほど、地味
ムーンライト/MOONLIGHT (我想一個人映画美的女人blog)
「ラ・ラ・ランド」と取り違えるという前代未聞のミスがあった今年のアカデミー賞作品賞の受賞作。 「エクス・マキナ」や「AMY/エイミー」などの配給でヒットを飛ばした映画......
『ムーンライト』 (こねたみっくす)
ムーンライトに照らされると、黒人の少年も青色に見える。 これは黒人のゲイ映画。誰もが共感する青春映画。でも最後に気付かされるのは、これがその詩的映像美に言葉を失う愛の ......
ムーンライト (セレンディピティ ダイアリー)
マイアミの貧困地域を舞台に、孤独な少年が心の拠り所を求めて成長していく過程を、少年期、青年期、成人期の3部に分けて描いたヒューマンドラマ。監督は本作が長編2作目となる......
『ムーンライト』 2017年2月26日 ユーロライブ  (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ムーンライト』 を試写会で鑑賞しました。 アカデミー賞前に最速試写会でした。 4月28日公開が決定したようです。 【ストーリー】  マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している......
「ムーンライト」☆何も語らずに多く語る (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
詳細は何も説明しない,、主人公もほとんど言葉を発しない・・・・・なのにこんなにも多くの事を語ることが出来るなんて!! アカデミー賞作品賞だから「良い」のではない。 この......
"Hello Stranger"『ムーンライト(MOONLIGHT)』バリー・ジェンキンズ監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『ムーンライト』MOONLIGHT 監督・脚本 : バリー・ジェンキンズ出演 : トレヴァンテ・ローズアッシュトン・サンダースアレックス・R・ヒバートマハーシ......
ムーンライト / Moonlight (勝手に映画評)
第89回アカデミー賞で、前代未聞の大逆転による(実際には、逆転なんかしていないけどね)作品賞受賞の他、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞した作品。 ゲイが主人公の作品と言え......
ムーンライト (風に吹かれて)
月明りでブルーに 公式サイト http://moonlight-movie.jp 原案は戯曲「In Moonlight Black Boys Look Blue」 マイアミの貧困地域に住む内気な少年シ
ムーンライト (心のままに映画の風景)
麻薬中毒でほとんど育児放棄状態の母ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす内気な少年シャロンは、リトルと呼ばれいつもいじめられていた。 そんなある日、フアン(マハーシャラ・......
ムーンライト・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
熱情のムーンライトブルー。 マイアミに住む気弱な1人の少年が、たった一つの愛を胸に、自分が何者かを探しながら大人になるまでを描く物語。 原案はタレル・アルバン・マクレ......
ムーンライト (映画好きパパの鑑賞日記)
 ラ・ラ・ランドを破ってアカデミー賞作品賞を受賞したのですが、上質な小品という感じで肩すかしをくった感じ。トランプ政権になり、LGBTや人種問題にハリウッドがセンシティブ......
映画「ムーンライト」 (FREE TIME)
4月1日のファーストデーに映画「ムーンライト」を鑑賞しました。
映画「ムーンライト」 (FREE TIME)
4月1日のファーストデーに映画「ムーンライト」を鑑賞しました。
ムーンライト (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【MOONLIGHT】 2017/03/31公開 アメリカ R15+ 111分監督:バリー・ジェンキンズ出演:トレヴァンテ・ローズ、アンドレ・ホランド、ジャネール・モネイ、アシュトン・サンダーズ、ジャハール......
「ムーンライト」 (Con Gas, Sin Hielo)
抜け出せないけど、少しだけ救われる。 今年のアカデミー作品賞や助演男優賞を本作が獲得したのは、昨年の「白過ぎるアカデミー」への反動やトランプ大統領を生んだ時代へのメッ......
「ムーンライト」 (ここなつ映画レビュー)
地味だけど、良作。良作だけど、胸が苦しい。アカデミー賞作品賞受賞の本作、事前知識など何も持たずに観に行った。つまり私が本作について知っている事と言えばアカデミー賞作品......
ムーンライト (そーれりぽーと)
アカデミー作品賞でまさかの誤発表による逆転を遂げた『ムーンライト』を観てきました。 ★★★★★ アカデミー賞での『ラ・ラ・ランド』を上回る評価を得たのも納得。 純粋な心......
ムーンライト(2016)**MOONLIGHT (銅版画制作の日々)
  東宝シネマズ二条にて鑑賞。今年のアカデミー賞作品賞を受賞。ということで上映が早くなったそうです。う~ん微妙な作品ですね。主人公の3つのパートに分けられています。個......
「ムーンライト」 (或る日の出来事)
いろんな人生があるものだと。
ムーンライト (映画的・絵画的・音楽的)
 『ムーンライト』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞作品賞の受賞作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はマイアミのようです(注2)。  車......
ムーンライト (とりあえず、コメントです)
アカデミー賞作品賞を受賞して話題になった作品です。 GWにでもと思っていたら、ほとんどの劇場で終わってしまう!と気付き、慌てて観て来ました。 孤独な少年の成長を通して映し......
ムーンライト  (心のままに映画の風景)
麻薬中毒でほとんど育児放棄状態の母ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす内気な少年シャロンは、リトルと呼ばれいつもいじめられていた。 そんなある日、フアン(マハーシャラ・......