パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命★★★

2017年04月05日 | アクション映画ーサ行
「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンがジャッキーことジョン・F・ケネディ大統領夫人、ジャクリーン・ケネディを演じた伝記ドラマ。大統領暗殺から葬儀までの4日間に焦点を当て、悲しみと混乱の中で気丈に振る舞い、自ら国葬を取り仕切るジャッキーの思いと執念を描き出していく。共演はピーター・サースガード、グレタ・ガーウィグ、ジョン・ハート。監督は「NO」のパブロ・ラライン。
あらすじ:1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領がテキサス州ダラスでのパレード中に狙撃され、命を落とす。悲しみに暮れるファーストレディ、ジャッキーを待っていたのは、新大統領に就任するジョンソン副大統領への引き継ぎや葬儀の準備、さらには幼い子どもたちに事実を説明するといったやらなければならないことの数々。そんな中、夫が後々まで決して忘れ去られることのない、厳かで立派な国葬を執り行うと心に誓うジャッキーだったが…。

<感想>本作では悲劇の大統領夫人という一面だけではなく、夫を失った混乱と恐怖の中で、ジャクリーン・ケネディが臨んだ「最後の使命」を描いている。その見どころは、何といってもジャッキーの声質や喋り方までを完璧に体得したナタリー・ポートマンの、殆どといってくらい形態模写のように見えた。

そのナタリー・ポートマンの芝居が、ふとした仕草や微妙に揺らぐ瞳の奥に込められた100位の意味や暗示を一つの逃すまいと彼女を追い続けるカメラは、時にはポートマンの一人芝居のように見せている。

暗殺の後、車の中でのジャッキー、シャネルのピンクのスーツを着こなして、スカートには真っ赤な血が滲みでており、暗殺の衝撃を国民の脳裏に焼き付けるために、彼女は血染めのスーツを着続けたのだと思う。その直後に、大統領の棺の横で、ジョンソン副大統領が大統領就任宣誓をする儀式をジャッキーも立ち会うことに。

そして葬儀や墓地に関して、閣僚やケネディ家のお墓に埋葬するのに、その意向に反してジャッキーは、アーリントン墓地に埋葬する旨を弟の司法長官ボビーに伝え、国葬にしてもリンカーン大統領と同じようにと、馬車や車に、自分も夫の棺の横を歩いて国葬を行うということになる。

それでも、彼女がケネディとの日々を「キャメロット」というレコードを大音量でかけて夫の不在とダンスを踊った思い出を懐かしみ、悲しむシーンに胸を突かれた。

ホワイトハウスをジャッキーが案内するTV番組の完全再現ぶりは、観ていて歴代の大統領官邸だった部屋を、総模様替えをすると言う浪費家というか、税金の無駄遣いをしているように思えた。ですが、後半の葬儀の模様と共に、本作の本気度が伝わってくるのが分かる。

彼女の息をするタイミングを逸するほど、彼女の芝居に吸い寄せられのは確かですが、こういう実在の人物を描いた作品としては、「クィーン」のエリザベス女王を演じたヘレン・ミレンにしても、「マーガレット・サッチャー」のメリル・ストリープにしても、その実在の人物に成りきって演技を見事にした功績で、アカデミー賞を獲得している。

ケネディ大統領暗殺前後のジャッキー夫人の物語にもかかわらず、事件の当事者であるケネディ大統領が殆ど登場しないことからも、あくまでもひとりの女性の内面の葛藤劇として描こうとしているようにもとれた。弟の司法長官ボビー役には、ピーター・サースガードが扮して、秘書のナンシーには、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグが、ジャッキーの子供たちの世話をしているのが目に焼き付いた。

そんな中で、葬式の式典の話をジャッキーと語らう神父を演じた故ジョン・ハートが、ジャッキーに温かい言葉で励まし、さすがの存在感を示しているのが良かった。

2017年劇場鑑賞作品・・・75アクション・アドベンチャーランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムーンライト★★★★ | トップ | ハードコア ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ジャッキー ファーストレディ 最後の使命 (あーうぃ だにぇっと)
ジャッキー ファーストレディ 最後の使命@よみうりホール
忘れるな、かつて束の間ありし場所 "キャメロット"での黄金時代を『ジャッキー/ファース...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』Jackie監督 : パブロ・ラライン出演 : ナタリー・ポートマングレタ・ガーウィグピーター・サースガードマックス・カセラベス・グラントジ......
『ジャッキー ファーストレディ最後の使命』 2017年3月17日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ジャッキー ファーストレディ最後の使命』 を試写会で鑑賞しました。 1時間39分と尺は短いものの長く感じた... 【ストーリー】  1963年11月22日、テキサス州ダラス。パレードを......
ジャッキー ファーストレディ 最後の使命 / Jackie (勝手に映画評)
志半ばにして、ダラスで凶弾に倒れたケネディ大統領の妻であるジャクリーン・ケネディの視点による、ケネディ大統領暗殺事件のその後を描いた作品。キャロライン・ケネディ第29代......
『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』 (beatitude)
ジャッキーの愛称で親しまれていたジャクリーン・ケネディ(ナタリー・ポートマン)は、夫ジョン・F・ケネディ大統領のテキサス州遊説に同行。1963年11月22日、ダラスでのパレード中、......
ジャッキー ファーストレディ 最後の使命 (セレンディピティ ダイアリー)
ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じ、大統領暗殺から国葬が執り行われるまでの4日間にフォーカスしたドラマ。「ブラック・スワ......
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 (試写会) (風に吹かれて)
葬儀に込めた思い 公式サイト http://jackie-movie.jp3月31日公開 監督: パブロ・ラライン  「NO」 1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領は、テキサス州ダラスで
「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」☆ミューズか策士か? (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「ジャッキー」といったらジャッキー・チェンのことしか思い浮かばない私に、「当時、ダイアナ妃ばりに世界中のミューズだったのよ。」と、ジャッキーのことなら任せて♪なママ友......
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』('17初鑑賞30・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月4日(火) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 12:25の回を鑑賞。字幕版。
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 (映画好きパパの鑑賞日記)
 ケネディ大統領夫人のジャッキーが、暗殺直後の1週間でケネディを歴史に残すためにどう動いたのかの歴史秘話。ナタリー・ポートマンの存在感はさすがだけど、ダーレン・アロノ......
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』 (こねたみっくす)
ジャクリーン・ケネディ、ファーストレディとしての最後の意地。 ジョン・フランクリン・ケネディを伝説の大統領にまで仕立て上げたのは誰か。それは彼を支え、彼を最大限に活用 ......
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命  監督/パブロ・ラライン (西京極 紫の館)
【出演】  ナタリー・ポートマン  ピーター・サースガード  グレタ・ガーウィグ  ビリー・クラダップ 【ストーリー】 1963年11月22日、テキサス州ダラス。パレードをしていたジョ......
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)アカデミー賞に3部門でノミネートされた作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)......