パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ボーダーライン ★★★★

2016年04月12日 | アクション映画ーハ行
メキシコの麻薬組織壊滅を目的とする特殊チームにスカウトされた正義感あふれるFBI女性捜査官が、突然放り込まれた麻薬戦争の最前線で目の当たりにする衝撃の実態をリアルかつ極限の緊張感で描き出した社会派サスペンス・アクション。主演は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラント、共演にベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン。監督は「灼熱の魂」「プリズナーズ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。
あらすじ:FBIの誘拐即応班を指揮する女性捜査官、ケイト・メイサー(エミリー・ブラント)。ある日その活躍が認められ、メキシコの麻薬組織“ソノラ・カルテル”の壊滅と最高幹部マヌエル・ディアスの拘束という極秘任務を帯びた特殊部隊にスカウトされる。こうしてリーダーの特別捜査官マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)やコンサルタントとしてチームに同行する謎のコロンビア人アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)ともに国境を越えてメキシコのフアレスに向かったケイト。しかしそこで待っていたのは、正義や法の手続きなどが一切通用しない、暴力のみが支配する麻薬戦争のあまりにも深い闇だった。

<感想>善悪の境界を曖昧にさせる麻薬戦争の過酷な現実。メキシコから国境を越えてアメリカへ運び込まれ、人々の心身をむしばむ“麻薬”という深刻な社会問題であり、その危機に対するために結成された特殊チームのミッションの行方を骨太にかつリアルに描き出している。
メキシコの麻薬王が率いるカルテルを、FBIが中心となって追い詰める物語であるが、カルテルによる残虐な行為や、裏取引、さらには捜査チームの内紛など、あらゆる要素がリアリティ満点に迫ってくるのだ。観ているこちら側にも、犯罪と捜査の現場に立ち会う感覚になってくるようでした。

それに、主人公のFBI捜査官が女性なのも斬新であり、演じているエミリー・ブラントが、正義感と現実の板挟みになる苦悩はもちろんのこと、激しいアクションも見事にこなして作品のテンションを盛り上げてくれる。
2時間緊張しっぱなしで、極限の臨場感が凄いのだ。誘拐事件捜査から、一軒家の壁の中から死体発見という冒頭部分に異様なドキドキ感にさせられる。その後も、緊迫感が一瞬たりとも途切れないのだ。

メキシコでの突然の銃撃戦や、拷問まがいの取り調べも、さらにはヒロインのケイトを襲う悪夢のような訓練など、臨場感満点でとらえた激烈なシーンがあちこちに散らばっているのだ。特に気を許して飲み屋でダンスを踊り、見知らぬ男との一夜を過ごそうとラブシーンかと思えば、いきなり首を絞められるケイト。助けてくれたのは、ベニチオ演じるアレハンドロ。ということは、ケイトはここでは、エサであり喰いついた麻薬密売人の男を捕まえるために泳がせていたわけ。

カルテルを混乱させたい特別捜査官のマットは、口座の凍結などさまざまな裏工作を仕掛けるのだ。その操作方法に違和感を覚えるケイトなのだが、・・・。
法と無法の境界線があり、それをFBIの駆け出し女性捜査官が越えていくのだが、その葛藤を中心に捉えたのも上手くいったと思う。

国境で繰り広げられる攻防、想像を絶する現実がそこにある。メキシコで取引された大量の麻薬が、国境をすりぬけてアメリカへと流れ、巨万の富みを稼ぐやつら。もちろんアメリカ&メキシコ政府も黙ってはいない。
国境付近での両者のバトルが、護衛のメキシコ側の警察関係者は、殆どといっていいほど麻薬の売人側であり、信用ならないものばかり。だから観る者の背筋を凍らせる。

本作ではベニチオ演じるアレハンドロが刺客となり、仮眠中の彼を悪夢が襲うのは、それは妻が麻薬王のカルテルに首を切断され、娘は酸に入れられ殺されてしまったという、その強烈なトラウマ体験を映画では描いておらず、彼の内なる地獄絵図を安易には映し出してはいない。それはアレハンドロ復讐の意味でもカルテルを恨む気持ちも分るのだ。
一歩描き方を間違うと、ヤバい映画になってしまうテーマなのだが、「正義」の名の下に国境を越え、合法性も踏み越えて「悪」の打倒を叫ぶアメリカのレトリックには、世界がうんざりしているのだから。

麻薬犯罪は悪だが、それだけでは済まない現実に唖然とさせられる。ケイトが衝動的に、国家の不法性に食って掛かるのだが、そんなヒロインを視点人物に据えたことで、ヤバイテーマが爽快に感じた。

映画の中盤では、カルテルの信じがたい「国境越え」の作戦が明るみになるのだ。国境の近くで、地下にトンネルを掘りアリゾナへと通じていると言うのだ。そこから楽に出入りしているカルテルの麻薬売人たち。メキシコ警察のパトカーが待っていて、メキシコ人警官が麻薬の運び人となっている。

そのトンネルに入って行く捜査官ケイトたち。腐敗した現地警察に利用される警官「シカリオ」。映画のタイトルにもなっており、彼の家族を描く始まりと終わりがこの映画を右派アメリカ人の醜い喝采から救っていると思う。だから結末では激しく心がざわめくはずです。

2016年劇場鑑賞作品・・・72映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あやしい彼女 ★★★.5 | トップ | ドリーム ホーム 99%を操る... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ボーダーライン」 (日々“是”精進! ver.F)
善悪の境界の曖昧さ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604090001/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/SICARIO【輸入盤】価格:1,727円(税込、送料別) [DVD] プリズナーズ価格:3,119円(税込、送料別)
映画「ボーダーライン」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ボーダーライン』(公式)を昨日の公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー エリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、巨悪化するメキシコ麻薬カルテ...
ボーダーライン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) メキシコとの国境沿いの緊迫感が凄い!
『ボーダーライン』 2016年2月23日 角川試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ボーダーライン』 を試写会で鑑賞しました。 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品は楽しみであるが、 この映画も素晴らしかった 【ストーリー】  優秀なFBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)は、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊に入り、特別捜査官(ジョ...
『ボーダーライン』 (時間の無駄と言わないで)
流石はロジャー・ディーキンス。 画が格好イイ。 ベニチオ・デル・トロも格好イイ。 重たい音楽も格好イイ。 中盤ちょっと展開がまったりして眠くなるところも。 序盤の護送 ...
『ボーダーライン』 善悪の境界とは関係なく、ごく個人的な復讐 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『プリズナーズ』『複製された男』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の最新作。  原題は「Sicario」であり、スペイン語で「殺し屋」を意味する。  誘拐事件を担当していたFBI捜査官のケイト・メイサー(エミリー・ブラント)は、捜査中に麻薬カルテルのアジトに...
ボーダーライン / Sicario (勝手に映画評)
アメリカとメキシコの国境付近における麻薬戦争を描いた作品。 激烈ですねぇ。日本でこの様な事が話題になることはないので、衝撃的です。単に、警察に寄る取り締まりではなく、リアルに“戦争“だと思います。 描かれている内容が圧倒的すぎて、何とも言えません。映画...
ボーダーライン / Sicario (うだるありぞな)
オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「LOOPER/ルーパー」で、とても印象に残る演技を見せてくれたエミリー・ブラント、顔が大きい演技派のジョシュ・ブローリン、そしてハリウッド一の濃い顔のベニチオ・デル・トロが共演。 舞台は僕が....
No.540 ボーダーライン (気ままな映画生活)
アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実を、リアルに描いたクライムアクション。巨大化するメキシコの麻薬カルテルを殲滅するため、米国防総省の特別部隊に ...
『ボーダーライン』 (こねたみっくす)
越えてはいけない一線がある。分けるべき一線もある。 これがメキシコ麻薬カルテルの恐ろしさなのか。これがドナルド・トランプ候補が国境線に壁を建てたいと主張した実情なのか ...
ボーダーライン (風に吹かれて)
終わりのない闇 公式サイト http://border-line.jp 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱の魂」 「プリズナーズ」 「複製された男」 FBIの誘拐即応班を指揮する女性捜査官、ケイト
「ボーダーライン」 (ここなつ映画レビュー)
原題「Sicario(シカリオ)」は、メキシコで「暗殺者」を意味する。誘拐・人質専門担当官のケイト・メイサー(エミリー・ブラント)は、とある事件の凄惨な現場に遭遇した後、国防省の顧問を名乗る男マット・グレイバー(ジョシュ・ブローリン)のスカウトを受け、アメリ...
メキシコ麻薬カルテルの根深さ (笑う社会人の生活)
23日のことですが、映画「ボーダーライン」を鑑賞しました。 試写会にて  FBI捜査官のケイトは、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊にリクルートされる 特別捜査官マットや謎のコロンビア人アレハンドロとともにアメリカとメキシコの国境付近の麻薬組織撲滅の...
国境の南~『ボーダーライン』 (真紅のthinkingdays)
 SICARIO  優秀なFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、メキシコの麻薬組織<カル テル>撲滅のためのチームにスカウトされる。国境の南で彼女が見たのは、 銃声の止まない無法地帯と化した街・フアレスだった。  ドゥニ・ヴィルヌーヴの新作...
ボーダーライン (映画好きパパの鑑賞日記)
 原題は「Sicario」。邦題は似たような題名のテレビや映画はあるだけに、最初はどうかと思いましたが、見終わったら、ああ、この題名しかないと腑に落ちました。最初から最後まで緊迫感あふれるサスペンスです。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ドゥニ・ヴィル...
映画『ボーダーライン』 SICARIO ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
(ネタバレは概要紹介の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) あれ?いとこのファウスト・アラルコンはソノラ・カルテルのナンバー3って言われてなかったっけ・・・? そんな疑問が頭に引っかかり、でもwikipediaのストーリー欄は間違いだらけでアテにな...
DVD:ボーダーライン Sicario  今年のベスト10に入れちゃいそうな、今年有数の犯罪映画。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
DVDで鑑賞して、「この映画、劇場で見なくちゃだったな…」と後悔する作品が年に何本か、ある。 今作は、まさにその一本! 映画のテーマは、メキシコの麻薬組織との闘い。 ...
ボーダーライン (銀幕大帝α)
SICARIO 2015年 アメリカ 121分 サスペンス/犯罪/アクション R15+ 劇場公開(2016/04/09) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『複製された男』 出演: エミリー・ブラント:ケイト・......
映画評「ボーダーライン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督ドニ・ヴィルヌーヴ ネタバレあり
「ボーダーライン」 (或る日の出来事)
麻薬戦争、恐ろしい!