パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

あやしい彼女 ★★★.5

2016年04月11日 | アクション映画ーア行
日本でも評判を呼んだ韓国映画「怪しい彼女」の中国版「20歳よ、もう一度」に続く日本ローカライズ版。73歳の頑固おばあちゃんが、ひょんなことから姿だけ20歳の娘に若返り、やり残してきた青春を取り戻そうと奮闘する姿を描くファンタジー・コメディ。主演は「夜のピクニック」「君に届け」の多部未華子。共演に倍賞美津子、要潤、小林聡美。監督は「舞妓 Haaaan!!!」「謝罪の王様」の水田伸生。
あらすじ:73歳の瀬山カツはワガママで無神経な毒舌おばあちゃん。地元商店街ではいつもトラブルの元凶となる鼻つまみ者。女手一つで育て上げた娘の幸恵とバンド活動をしている孫・翼の自慢話に周囲は辟易。そんなカツの唯一の理解者が、昔なじみの中田次郎。彼女を一途に慕い、どんな時でも味方になってくれていた。ある日、幸恵と喧嘩して家を飛び出したカツは、見知らぬ写真館にふらりと足を踏み入れる。やがてふと気づくと、いつの間にか20歳の時の自分に若返っていたのだった。そしてひょんな成り行きから、大鳥節子と名乗り、次郎の家に居候することに。やがて、のど自慢大会がきっかけで翼のバンドにスカウトされたカツ。かわいい孫のためとひた肌脱ぐことに。一方、音楽プロデューサーの小林拓人も同じようにカツの歌声に魅了され、その行方を捜していたのだが…。

<感想>韓国版の怪しい彼女も観ましたが、日本版の方がよく出来ていると思う。というのも、主人公のおばあちゃんカツを演じた倍賞美津子さん、久しぶりに観ましたが演技が上手いです。オードリー・ヘップバーンに変身した、若返った多部未華子の綺麗で可愛いらしさに、歌も上手いし演技も上手いし驚きました。

多部ちゃんは、3カ月のボイストレーニングを経て、吹き替えなしで日本の懐メロ「見上げてごらん夜の星を」を歌うのだ。心が洗われる澄んだ歌声と、キレ味のあるキュートな一挙一動、表情の七変化には驚き、彼女の魅力を堪能できる映画ですね。

多部の元の姿を倍賞美津子が、若くして夫を亡くし、シングルマザーとして働きながら娘を育て、辛い青春時代を振り返りながら歌う「悲しくてやりきれない」には、つい涙がほろりですから。

音楽プロデューサーに要潤が扮しており、二人のラブラブシーンも見られますからね。
おばあちゃんカツの娘役を小林聡美が扮しており、母親の町内で浮いた存在であること、いつも孫を甘やかしてる。娘が出版社で編集長をしていると鼻高々で言いふらしていることも。娘には母親がウザク感じてしまい、つい母親を疎んじてしまうのだ。

それでも、家出をした母親を探していく内に、まさか20歳の若返った母親と遭遇する場面では、孫が交通事故で輸血が必要となり、血液が当てはまるのが祖母のカツだけだと。そこへ駆け付けた20歳若返ったおばあちゃんのカツが、孫のために輸血を申し出るのだ。血液を全部出し切ると、もとの73歳のおばあちゃんに戻るのに、それを承知で孫の為にと。

娘役の小林聡美を多部未華子が抱きしめる場面では、年下の多部から母性愛が溢れだしているように見えるのだ。今回は多部未華子のハマリ役と言っていいし、この演出も上手い。

近所の銭湯の主人とは幼馴染の中で、その銭湯のパートをしているカツ。そこへ来る近所のおばさんに金井克子が扮しており、派手なメイクで町内のカラオケのど自慢で「恋の奴隷」を歌ってくれる。

ラストでは、元の73歳のおばあちゃんに戻ったカツが街を歩いていると、今度は銭湯の主人が、写真館に入り20歳に若返ってやって来て、おばあちゃんに戻ったカツに誘いを掛けて来るのだ。
韓国映画を巧みに下町人情劇に生かしており、古い街の写真館というのも、どこか神秘的な雰囲気があったものだが、そこは過去の世界の映画風景にも通じるタイムトンネルのような役割を果たしているようだ。

2016年劇場鑑賞作品・・・71映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モヒカン故郷に帰る ★★★ | トップ | ボーダーライン ★★★★ »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あやしい彼女  (Break Time)
今日は、朝から曇り・・・
『あやしい彼女』 2016年4月9日 MOVIX亀有 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『あやしい彼女』 を鑑賞しました。 本家韓国版の『あやしい彼女』はシム・ウンギョンも可愛らしく 映画としても面白くて良かったが、評判の良い日本版はどうかと思って観た次第である。 【ストーリー】  女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固...
『あやしい彼女』('16初鑑賞33・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月2日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 18:10の回を鑑賞。
劇場鑑賞「あやしい彼女」 (日々“是”精進! ver.F)
もう一度、人生を謳歌したい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604010000/ 「あやしい彼女」オリジナル・サウンドトラック [ サントラ ]価格:3,240円(税込、送料込) あやしい彼女 [ 豊田美加 ]価格:540円(...
あやしい彼女(2016) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/04/01公開 日本 125分監督:水田伸生出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、賀廣太郎、三鴨絵里子、温水洋一、小林聡美 いきなり、20才(ハタチ)。 STORY:女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のた....
あやしい彼女 (そーれりぽーと)
73歳のおばあさんが21歳に若返ったら?韓国映画の日本リメイク『あやしい彼女』を観てきました。 ★★★★ 最近テレビでも似たようなドラマがやってたけど、若返り系ブームなのか? この映画は2014年に韓国で大ヒットした映画のリメイクですが、調べてみると日本だけでは...
あやしい彼女 (映画的・絵画的・音楽的)
 『あやしい彼女』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)『ピース オブ ケイク』で好演した多部未華子の主演作ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、病院の手術室でしょうか、傷ついた男(注2)がベッドに横たわっています。  そして、その隣に...
あやしい彼女 (映画好きパパの鑑賞日記)
 韓国のヒット映画「怪しい彼女」のリメイク。オリジナルのパワフルさに比べると、日本版はこぢんまりまとまった感じがあります。原因は制作者なのか、それとも日本の観客か。   作品情報 2016年日本映画 監督:水田伸生 出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤 上映...
『あやしい彼女』をトーホーシネマズ日本橋3で観て、悔し泣きということでふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲この仕草が可愛いわあ。 五つ星評価で【★★★ラストのストーリー展開はコテコテに意味がないのに、これでもかとおいおい泣かされてしまうのが非常に悔しい】 原典の韓国映 ...
人生が二度あれば~『あやしい彼女』 (真紅のthinkingdays)
 東京の下町に住む73歳のカツ(倍賞美津子)は、身勝手で毒舌な、商店街の 鼻つまみ者。女手ひとつで育てた娘の幸恵(小林聡美)が、有名女性ファッショ ン誌の編集長であることが自慢の種だ。しかも幸恵は離婚しており、その息子、 孫の翼(北村匠海)はカツが育て...
あやしい彼女 (あーうぃ だにぇっと)
あやしい彼女@丸の内ピカデリー
No.543 あやしい彼女 (気ままな映画生活)
20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが巻き起こす騒動を描いた韓国のヒット映画「怪しい彼女」のリメイク。ヒロインの20歳の姿を多部未華子が、73歳の姿を倍賞美津子が演じ ...
あやしい彼女 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:水田伸生 出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎、三鴨絵里子、越野アンナ、久保佑太、Kilt、田村健太郎、温水洋一、小林聡美 【解説】 2014年公開の韓国映画『怪しい彼女』を、『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などの水田伸生監....
あやしい彼女 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2016年 日本 上映時間:125分 監督:水田伸生  歌あり、笑いあり、涙ありの楽しくて良質のファンタジー映画なのだが、韓国映画『怪しい彼女』のリメイク版というところが非常に残念である。もし本作がオリジナル作品なら、満点に近い出来栄えと言
あやしい彼女 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
あやしい彼女 '16:日本 ◆監督:水田伸生「舞妓 Haaaan!!!」「謝罪の王様」 ◆主演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、小林聡美、温水洋一、志賀廣太郎 ◆STORY◆東京の下町。...
あやしい彼女 (いやいやえん)
【概略】 可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子。口を開けば超毒舌、時には熱く説教もする「あやしい彼女」の正体は、73歳のおばあちゃんだった。 コメディ ......
あやしい彼女 (銀幕大帝α)
2016年 日本 125分 コメディ/ドラマ/ファンタジー 劇場公開(2016/04/01) 監督: 水田伸生 『謝罪の王様』 主題歌: anderlust『帰り道』 出演: 多部未華子:大鳥節子 倍賞美......
「あやしい彼女」 (或る日の出来事)
思ったとおり、よかった。
映画評「あやしい彼女」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・水田伸生 ネタバレあり
独断的映画感想文:あやしい彼女 (なんか飲みたい)
日記:2017年9月某日 映画「あやしい彼女」を見る. 2016年.監督:水田伸生. 出演:多部未華子(大鳥節子),倍賞美津子(瀬山カツ),要潤(小林拓人),北村匠海(瀬山翼),金井克子(相原み......