小幡歯科医院歯科話

品川区目黒駅前小幡歯科医院の公式ブログです。一般歯科治療の話から体の健康の話まで幅広く語ります。

三大栄養素はすべて太る原因となる

2017-06-14 23:35:21 | 栄養

私が糖質制限を始めた6年前は、「食べて太るのは糖質だけ。タンパク質や脂質では太らない。」という論調が主流でした。

 

体に脂肪が溜まるのは膵臓から分泌されるインスリンホルモンの作用です。

            

血糖値が上がるとインスリンが作用して、ブドウ糖は脂肪に変換されて溜め込まれます。

                  

タンパク質や脂質では血糖値は上がらない。

血糖値が上がるのは糖質だけ。

なので、食べて太るのは糖質だけである。

という理論です。

 

                       

その後、糖質制限を実践している方達の話を聞いて、「体に酸化ストレスがあると、脂質を食べても太る。」ということがわかりました。

            

体に酸化ストレスを与えるものは、糖質、アルコール、ニコチン、カフェイン、激しい運動、精神的ストレスなどです。

               

体が酸化する、具体的には活性酸素が発生する状態にあると体は脂肪を溜め込もうとします。

               

脂肪、特にコレステロールは抗酸化に必要な物質です。

              

体に酸化ストレスがある状態で脂質をたくさん摂ると、それを体は溜め込もうとして太ります。

       

これは体にとっては正常な反応です。

            

          

最後にタンパク質です。

              

現在では、「摂取した過剰なタンパク質は糖新生によってブドウ糖に変換され、さらにインスリンによって脂肪に変換される。」という考え方になってきました。

                  

この糖新生を介してタンパク質が最終的に脂肪に変換されるルートは、理論では理解していましたが、実際に体の中で行われるとは思いませんでした。

              

体内にはアミノ酸プールといってアミノ酸を溜め込むシステムがありますが、そのアミノ酸が過剰になると糖新生によって最終的に脂肪として溜め込まれるということです。

                

これもその過程でインスリンホルモンが作用します。

            

                   

インスリンは血糖値を下げるホルモンではなく、体に脂肪を溜め込むためのホルモンであるという考え方があります。

                   

原始、人は常に飢餓と闘っていました。

          

脂肪はもちろんのこと、余ったブドウ糖、余ったアミノ酸を脂肪として貯えるシステムは、飢餓に備えるために必要だったのでしょう。

           

三大栄養素はすべて脂肪として貯えられ、太る可能性があるのです。

           

    

ダイエットの難しさはここにあるのかもしれません。

            

      

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/ 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

8020を達成した人

2017-05-25 08:46:35 | 予防

8020とは「80歳で20本以上の歯がある人」のことを指します。

            

歯科医師会で推奨している8020運動は、「80歳で20本以上歯がある人は食事で苦労していない。」という統計からきています。

                  

8020を達成している人は年々増えています。

                

歯科医院で歯のメンテナンスを行っている方が増えたことが一番の理由でしょう。

                          

当院でも8020を達成している方はたくさんいます。

                       

         

            

             

             

この方達に共通していることは歯ぐきが強いことです。

              

虫歯の治療はしています。

                

歯ぐきが強い、つまり歯周病になっていないことが高齢になるまで歯をもたせるための必須条件です。

 

           

そして、皆さん肉が好きでよく食べているとおっしゃいます。

                  

実は、80歳を過ぎて当院に「元気に」通っている方達は、例外なくお肉を好む人です。

                   

歯ぐきはタンパク質でできています。

         

そして、タンパク質を補給するのに最も効率のいい食材は肉です。

                        

歳を取れば取るほど、タンパク質が必要になると言われています。

                   

自分の歯で一生噛むためにも、お肉をしっかり食べましょう。

          

         

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

矯正治療後の虫歯

2017-05-23 20:29:11 | 矯正

矯正治療とは歯並びを治す治療です。

            

一般的にはブラケットという装置を歯に着けて、ワイヤーで誘導して歯を動かしていきます。

              

           

矯正治療期間中は歯ブラシがたいへんになります。

          

ご覧の通り、装置が複雑についていてしっかり磨くには手間がかかります。

                    

そして、矯正治療中に虫歯をつくってしまうことがあります。

                             

                   

ブラケットをつけたところに沿って、転々と虫歯になるのが矯正治療中にできる虫歯の特徴です。

                  

                 

                    

ホワイトニングを行い、虫歯を削ってレジンを詰めました。

                 

材料の進歩によって簡単に歯の色に合わせることができるようになったレジンですが、水を吸う性質があるので数年後には着色して色が黄色味を帯びてきます。

                    

色が気になるようになったら取り替えます。

            

一度虫歯になれば、一度治療してお終いというわけにはなかなかいきません。

                       

虫歯にならないようにすることが大切です。

                     

虫歯にならないようにするために一番大切なことは、砂糖を摂らないことです。

                   

つまり甘いものを控えることです。

                  

矯正治療中は特に甘いものに気をつけましょう。

            

              

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/

 


この記事をはてなブックマークに追加

デジタルレントゲンの威力(歯科用CT)

2017-05-19 20:00:18 | 歯科話

今回のレントゲンデジタル化に際して、CTも導入しました。

   

今まで大学病院や専門の機関に行っていただいて撮影していたものが、当院にて撮影できるようになりました。

    

CTは3次元的に解析できるX線写真です。

         

特にインプラント手術に関してその威力を発揮します。CTなしにはインプラント手術はできません。

      

重宝するのは骨の幅を測れるところです。

    

 

今まで埋入したインプラントの状態を調べるにも有効です。

    

インプラント手術前に骨の厚みが把握できるので、手術のイメージが明確になります。

      

インプラントは傾斜させて埋入することが多いので、傾けた方向での計測も必要です。

手術前にほぼ顎の状態を把握できるのがCTの良さです。

      

         

親知らずの抜歯に関してもCTは有効です。

パノラマX線では2次元の一定方向からしか診断できません。

          

大体想像つくのですが、実際にどのように潜っているかはわからない部分があります。

          

パノラマと異なる方向から見ると歯の位置や歯の根の形もよくわかります。

          

気を付けなければならない太い神経との関係もよくわかります。

          

 

いろいろな方向から確認できるのがCTの良いところです。

         

それ以外には歯の根の治療において治りにくい場合に、その原因を探るためにCTが有効なことがあります。

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/rct.html

       

診断の技術が上がることにより、治療のレベルも上がることが期待されます。

    

      

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

デジタルレントゲンの威力(パノラマX線)

2017-05-18 20:16:34 | 歯科話

口の中全体を撮影するレントゲンがパノラマX線です。

        

パノラマは普通のカメラにもある設定ですね。

             

デジタルになるととても見やすくなります。

                 

口の中全体を診断できるレントゲン撮影なのですが、患者さんには何が何だかわからないかもしれません。

                   

アナログ時代はこの状態で説明していました。

        

デジタルだと拡大することができます。もちろんレントゲンの濃度を変えるのも自由自在です。

             

さらに拡大します。拡大しても画像のレベルは落ちません。

             

ここまで拡大すると患者さんにもはっきり伝えることができます。

親知らずがもぐっていて、その隣の歯に小さい虫歯があります。

歯の中に少し黒い部分があるのです。

                   

 

今までよりも、わかりやすく説明できるようになりました。

          

撮影に必要な放射線量もアナログよりもずっと少なくなります。

                   

デジカメを使うとアナログに戻れなくなるように、デジタルレントゲンの素晴らしさを噛みしめています。

          

        

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

デジタルレントゲンの威力(デンタルX線)

2017-05-17 23:35:21 | 歯科話

デジタルレントゲンを導入して2か月が経ちました。

             

デジタルならではの便利さに驚いているところです。

                

まず、X線の照射量が少なくなります。

 

今までの10分の1以下の放射線量で撮影できます。

             

そして、後からレントゲンの濃度を変えることができます。

                 

 

濃度が薄い状態です。左から2番目の歯に虫歯があるのですが、わかりにくいです。

濃度が薄いと虫歯の確認が困難となります。

                  

                     

少し濃くしました。レントゲン上の虫歯が少し見えてきました。

             

さらに濃くすると虫歯がはっきりします。通常のレントゲンの濃度です。

             

通常の濃度の濃い方です。アナログレントゲンではこの濃度を目指します。

          

濃すぎる濃度です。ただ、虫歯と神経の距離はこのレベルがわかりやすいです。

この濃度で虫歯が最も強調されるからです。

             

         

アナログレントゲンの時代はレントゲンの現像濃度に常に気を使っていました。

              

気温によっても、現像液の新鮮さによっても、レントゲンの機械の設定によっても現像の濃さは変わります。

           

季節ごとはもちろん、毎日のように設定を調整して同じレベルのレントゲン画像が出るように努力していました。

               

それがずっと少ない放射線量で、どのような濃さのレントゲン画像が得られるようになりました。

                    

歯を診断するのと骨を診断するのに必要な濃度は違います。

             

一度しか現像できないアナログ時代はその両者の中間の濃さを目指していました。

          

それが、後から自由に濃さを変えられるようになったのです。

           

技術の進歩には驚かされてばかりです。

           

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

「糖質制限がすごい!ケトン体生活のススメ」

2017-04-02 22:50:11 | 栄養

雑誌の共同著者になりました。

              

「糖質制限がすごい!ケトン体生活のススメ」というムック本です。

               

産婦人科、皮膚科、内科、小児科、外科、歯科、教育者という様々な分野の専門家が糖質制限をキーワードに集結しました。

            

私も歯科の専門家として糖質制限を歯周病の関係について書かせていただきました。

                           

10人の専門家が同じ方向を向いて、それぞれの分野について語っているのは壮観です。

                

日本に糖質制限を広げる礎を築いた江部先生にも特別寄稿していただいています。

                

糖質制限メニューのレシピも載っています。

               

最後にはそれぞれの専門家が普段何を食べているかも記されています。

               

               

目次も公開します。

                

レイアウトもよくて、とても読みやすくわかりやすい内容になっています。

              

4月3日発売です。

             

是非、お読みください。

                 

             

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/

 

             

 


この記事をはてなブックマークに追加

CTを導入しました。

2017-03-26 12:18:55 | 歯科話

CTを導入しました。

 

               

今まで、CTが必要な場合は大学病院や専門のCT撮影機関に行っていただいていました。

     

                  

今後は当院で、必要になったらその場で撮影できます。

               

                 

それに伴い、パノラマ撮影や小さいレントゲン(デンタル撮影)もデジタル化されます。

               

画像はすべてコンピュータ上で管理されます。

                 

レントゲンはチェアーサイドのモニター上で確認することになります。

                

デジタルのレントゲンはその濃さを自由に変えることができます。

               

虫歯を診たい時や歯ぐきの中の骨を診たい時に、必要に合わせてレントゲンの濃さを変えられるのはとても便利で診断もしやすくなります。

              

さらに、デジタルになるとアナログのレントゲンよりも放射線量が少なくて済みます。

              

アナログのカメラがほぼデジタルに変わったように、歯科のレントゲンも今後デジタルに変わっていくでしょう。

             

                    

今回、CT設置工事には2日間を要しました。

            

       

多くのパーツによってCT撮影機がつくられているのがわかります。

                

アナログの撮影機よりも複雑なのは明らかです。

                    

アナログの機械にデジタルの機械が劣る部分があるとすれば、その保守の難しさです。

                   

特にコンピュータ部分が故障してしまったら、基盤ごと変える必要があるそうです。

                  

今までのアナログのレントゲン装置は29年使いました。

                 

一度オーバーホールしましたが、大きな故障なく使うことができました。

          

         

デジタルの装置も長く使うことができるように祈っています。

                

 

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

レジンのカメレオン効果

2016-12-15 00:22:13 | 審美歯科

レジンという歯科用プラスチックがあります。

           

削ったところをすぐに埋める材料で処置は一日で終わります。

http://blog.goo.ne.jp/obatadc/e/372f9c39c0e561526ce7775f9643744b

                     

プラスチックなので色は経年的に変色してしまいますが、処置当初は綺麗です。

             

その綺麗さはメーカーの開発によってどんどんレベルがアップしていて、最近のレジンは歯と見まがうほど艶が出ます。

                 

ところが、色合わせという難題があります。

           

周りの歯と色を合わせるのが難しいことがあるのです。

                 

そして、この色合わせもメーカーの努力によって改善してきています。

                  

上の前歯にレジンが詰めてあります。古いので変色しています。

                         

ホワイトニングをした後に、上の歯4本のレジンを取り換えました。

             

境目が目立たなくなりました。

                  

カメレオン効果といって、多少歯とレジンの色が合わなくてもおかしく見えないようになりました。

                  

すごい材料の進歩です。

                  

治療のニーズの高い歯科用プラスチックですから、メーカーもこぞって開発競争をしているようです。

                

色合わせの苦労が減るのは診療の効率アップにもつながりますし、色が合えば患者さんにも喜ばれます。

                

歯医者にも患者さんにも恩恵がある材料の進歩です。

 

                

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

「割れた歯の再植」の立ち位置

2016-12-11 19:14:29 | 移植、再植

最近、割れた歯を再植できるかどうかのお問い合わせが多いです。

                 

割れた歯を再植する治療は特殊な治療法です。

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/ishoku.html

             

割れた歯は本来抜歯です。

              

本来抜歯すべき歯を、頑張って残そうとするのが再植という治療方法です。

              

インプラント治療が一般的でない時代は重宝された治療法でした。

               

 

ところが、インプラント治療が一般的になると再植よりもインプラント治療を選ぶことが増えました。

               

インプラント治療の方が、将来的には確実な治療だからです。

                   

ただ、インプラント治療も万全ではありません。

                    

失敗例もあります。

                 

それがメディアで盛んに叩かれた時期がありました。

                    

4,5年前のことです。

                    

インプラントが万能であるかのように宣伝した歯科界にも問題はありましたが、メディアのネガティブキャンペーンも現実離れしたものでした

                   

そして、再植治療が再びクローズアップされたようです。

               

やはり、自分の歯が復活することには意義があります。

              

割れた歯の再植治療の成功率は歯科の治療の中では高くはありませんが、条件を選べばとても価値のある治療となります。

http://blog.goo.ne.jp/obatadc/e/52d0a4a9eca5cceb63350985fdd09991

                  

再植かインプラントか。

            

どちらが適切かは専門家にご相談ください。

             

                 

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/


この記事をはてなブックマークに追加