小幡歯科医院歯科話

品川区目黒駅前小幡歯科医院の公式ブログです。一般歯科治療の話から体の健康の話まで幅広く語ります。

打撲で前歯がぐらぐら 

2009-05-29 09:20:00 | 歯をぶつけた

            

                 

前歯をぶつけてグラグラした場合、どのくらいで治るのでしょうか。

               

3ヶ月というのは妥当な数字です。

               

歯のグラグラがひどくなければ、何もしなくても3ヶ月くらいで元通りになるでしょう。

                

                   

歯を強くぶつけてグラグラがひどい場合は、元に戻るまでに3ヶ月以上かかる

こともあります。

                 

グラグラがひどい場合は1ヶ月くらい歯を固定する必要もあります

             

              

打撲によって歯がグラグラしている場合に、何もしないか歯を固定

するかはその場での歯科医の判断になります。

                    

レントゲンも参考になります。

                 

歯をぶつけてグラグラしていたら、早めに歯科医院に行きましょう。

          

           

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

乳歯の再植

2009-05-01 09:59:00 | 歯をぶつけた

           

                    

「乳歯 再植」という検索がありました。

            

これはぶつけて抜けてしまった乳歯を再び元に戻す(再植)ことを検索していると

思われます。

              

                

乳歯は再植しないのが原則です。

               

一度抜けてしまった歯は感染しやすい状態になりますが、乳歯の場合は感染する

と永久歯に影響してしまう危険があるからです。

               

永久歯は、再植した歯が感染しても抜いてしまえば悪影響は残りません。

                      

ですから永久歯は積極的に再植します。

                      

                      

ただ、乳歯でも感染の危険が少なければ再植することはあります。

               

その場合は元に戻した歯が感染していないか定期的に検診する必要があります。

         

そして感染の兆候があれば早めに乳歯を抜歯します。


この記事をはてなブックマークに追加

打撲による歯根膜炎の治療

2009-02-27 09:52:00 | 歯をぶつけた

           

                      

打撲や転んだ時に歯をぶつけることがあります。

               

軽くぶつかった場合は歯に問題は起きませんが、強くぶつかると痛みがでます。

                

これは歯根膜炎の痛みです。

              

Photo 赤くなったところが歯根膜。

ここに炎症が起こるのが歯根膜炎です。

            

             

                     

                  

                

                         

             

治療内容は歯がぐらぐらしているかどうかで決まります。

                  

            

歯がぐらぐらしていなければ、歯を安静にしていれば(食事で噛まないようにする)

自然に治ることが多いです。

              

なかなか治らない場合は、咬み合わせの調整を行います。

             

緊急の処置を必要としません。

        

           

                

歯がぐらぐらしている場合は早急に処置をする必要があります。

                 

まず歯を固定(隣の歯に接着剤でくっつける)してぐらぐらをとめます。

                

1~2週間したら固定を外してぐらぐらがとまったか確認します。

                   

ぐらぐらがとまっていればあとは経過を見ます。

                 

ぐらぐらがとまっていなければさらに固定を続けます。

           

                      

歯のぐらぐらをとめることが重要な理由は、歯がぐらぐらしたままでいると

そこから歯周病になってしまうことがあるからです

                  

歯をぶつけたことがきっかけで歯周病になり歯の寿命が短くなることがあるので、

歯のぐらぐらをとめることがとても大切なのです。

             

              

小幡歯科医院

http://www.obatadc.sakura.ne.jp/


この記事をはてなブックマークに追加