信州自由人

のぐケーンのぶろぐ

湯ノ丸高原花便り17715

2017年07月15日 | 山野草

道や広場の周りに咲いて目につきやすく「なんて言う名前?」の問いかけの多い花です。
花は小さくとも名前は大きい「オオヤマフスマ」(大山衾)は花盛りです。
大きめの丸い白色の花弁で、ヘビイチゴの葉に似た花は「シロバナノヘビイチゴ」です。


9時過ぎる頃になると、駐車場でバスから降りた子供達が集まってきます。
広場の入口で紫色の花を咲かせた「グンナイフウロ」が「おはよう」と迎えています。


昨年7月16日掲載の『湯の丸高原花便り7中』より1週間ほど花の時期が遅れています。
コバノイチヤクソウ、シシウド、ノアザミ、マルバダケブキ、ミヤマホツツジ、ヤナギランなどの開花は先です。
ですが、コケモモ、ゴゼンタチバナ、シテンクモキリ、ニシキウツギ、ハクサンシャクナゲなどは見頃です。


足下に咲く希少種の「グンバイヅル」、名の由来の『軍配』は果実がつくと分かります。


カラマツの若い松ぼっくり、紫色の濃い個体で日を浴びて美しく輝いています。


「テガタチドリ」の花盛り、似たラン科のハクサンチドリも花を残しています。


高原の涼しい風に白い花弁をゆらす「カラマツソウ」、ボーっとして自然に浸ります。


稀少高山蝶の「ミヤマモンキチョウ」、今年は発生が多そう、今は成虫の活動期です。


「これはなに?」の問いが多い綿状の物体は「ミネヤナギ」の種子を包む綿毛です。
 

夕方、賑やかだった池の平も最後の1組、「ハクサンシャクナゲ」の木陰から見送ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タニウツギ属の見分け | トップ | 八方尾根7月の花Ⅰ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。