ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。

タイムボカン24 第10話「戦国時代の国盗り合戦は○○合戦だった!」

2016-12-03 18:13:00 | 2016年アニメ
タイムボカン24 第10話「戦国時代の国盗り合戦は○○合戦だった!」

 今回の真歴史は戦国時代。織田信長にまつわる真歴史を探すべくタイムボカンしたトキオたちは、信長の城にカブトムシがあしらわれているのを目撃する。信長を筆頭に家臣たちはみな虫のカブトを被っており、の時代では国盗り合戦ではなく、虫取り合戦が行われていることが明らかとなった。
 信長はスーパー・ゴールデン・キング・カブトムシを探し求めていたが、時を同じくして今川義元もまた同じ虫を求めていた。舞台は桶狭間山。両軍は最初こそ虫取りに励んでいたものの、アクダーマたちがばら撒き始めた偽のスーパー・ゴールデン・キング・カブトムシを巡って本当の争いが始まりかけてしまう。

 が、あっさりと虫が偽物であることが発覚。業を煮やしたアクダーマは戦国武将メカで出陣するも、信長を倒しては真歴史どころか本来の歴史すら達成できない。
 トキオたちはメカブトンで戦国武将メカに応戦するが、メカブトンは大量のミツを浴びてしまい、それにつられて虫が群がってきた。虫がいては思うように戦えず、メカブトンはとうとうスクラップ寸前にまで追い込まれてしまう。

 カレンはトキオに謝るも、トキオはまだまだ真歴史を見たいと笑顔を見せる。そんな絶体絶命の窮地に、新たなボカンメカ・クワガッタンが駆けつけてきた!トキオたちはクワガッタンに搭乗して勝利を収める。信長の求めた虫は手に入らなかったが、歴史どおりの合戦が行われることなく、無事に真歴史を達成したのでした。


感想
 クワガッタンが出ること自体は知ってました。でも合体するかどうかは知らなかったので「メカブトンと合体するのかな」とワクワクしながら見ていたら、CMにてボカンドラゴンの存在が明かされましたとさ(苦笑。いや、いいデザインだと思うけど、先に本編で見たかった・・・!

 さて今回は国盗り合戦ならぬ虫取り合戦。歴史赤点のトキオは教わることばかり。でも「第8代将軍(足利足利)の(遺産)をめぐって」とか「尾張の(織田ゆうじ郎)は、(激しめ)の戦いで」と、センスのある間違いをしていると思います(笑。あと「(応仁の乱)乱」というありがちなミスも見られました。それを×じゃなくて△にしてくれたのは先生の優しさか・・・

 階級に応じた虫の兜が与えられていたり、シーボルトのサイン入り虫取り網を自慢したりと、凄く平和な戦国時代でしたが、そこにいつも通りアクダーマが乱入。偽の虫を作っているシーンを見た当初は、真歴史達成を妨害するためには虫をばら撒いては逆効果では?と思いましたが、虫を巡って本当の争いを起こさせようとしていたとは、案外ちゃんと考えているんだなぁと感じました。まぁ国盗り合戦の発端が1匹の虫、というのは教科書に載せられないでしょうが(苦笑。

 虫たちの身を案じて手も足も出ないメカブトンは思った以上に破壊されてしまい、カレンもトキオをタイムボカンや真歴史につき合わせ、戦国時代で命の危機にあわせてしまったことを謝るほどの局面に。そんな時でも努めて明るく振舞うトキオはいい子ですね。今回、散々赤点やら額の装置を「ダンゴ虫」といじられていたのに(汗。あと、カレンのコスプレに一切ツッコミしないあたり、彼の慣れを感じました。

 新たなメカ・クワガッタンがかっこよかったところでまた次回。次回はパンツ伝来?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サン日記 その18 再度島巡り編

2016-12-03 09:18:05 | ポケモン関連
 (時間を)かーえせ!

 さて、残り僅かとなったアローラ図鑑。これまで再度探索していた際に、チャンピオンになった後に発生するっぽいイベントもあったため、もう一度島のあちこちを探索しなおしました。


 トップ画像にあるように、トレーナーズスクールの校長と戦って「おうじゃのしるし」をもらい、「こおりのいし」は「いかがわしきやしき」のプールで拾いました。
 また、スーパー・メガやすの店員に話しかけると、アローラ各地に散らばるイーブイの進化系を使うトレーナーたちの噂話を聞くことができました。トレーナーズスクールのシャワーズ使い、ホテルしおさいのブースター使い、掘り出し物市のサンダース使い、地熱発電所のエーフィ使い、メレメレ島の霊園にいるブラッキー使い、リリィタウンの民家にいるグレイシア使い、ハノハノリゾートのリーフィア使い、海の民の村のニンフィア使い・・・基本的にお年寄りのトレーナーですが、中には(見た目は)若いトレーナーもいます。
 全員に勝った後、再度店員に話しかけるとイーブイ使いだった店員とバトル。勝利して「イーブイZ」をもらいました。それにしても、イーブイ使いだった彼を快く思っている人もいれば思っていない人もいたりして、色々だなぁ・・・と感じさせられるイベントでした。


 その後は空間研究所の隣の建物にいる、制作会社の人と戦って「まるいおまもり」をもらったり、海の民の村でアローラのライチュウを見せて特別なアイテムをもらったり


 メレメレ島のとある家に入ったらグズマと再会し、バトルに勝利すると「めざめいし」をもらったり・・・とまぁ、あれこれやってました。ちなみに「めざめいし」はユキメノコの進化に必要な道具ですが、もらった時点でポケリゾートの洞窟探索で入手済みかつユキメノコに進化済みだったので余ることとなりました(苦笑。


 そんでもって、バトルツリーにいるエリートトレーナーにタマゴをたくさん孵化させた後に話しかけたると、パソコンにジャッジ機能が追加される、という話を聞いたので旅の面子をジャッジしてみることに。


 ジュナイパー、お前「ダメかも」2つって・・・しかも素早さもほぼ「ダメかも」レベルじゃない?(汗。


 バタフリー。特攻がもう少しあれば・・・


 ジバコイル。まあまあですが、一番レベルが高い子です。


 ケケンカニ。特防はさておいて、どうりで進化する前から活躍していたわけです。


 バンバドロ。バタフリーにその特攻を分けてくれ・・・


 ゲッコウガ。まぁ特別なポケモンですから、ある程度は良い能力値と決まっているのでしょう。


 こんな感じでした。ジュナイパー遅いなぁとは思ってましたが、他の能力値も含めてこれほどまでに低かったとは・・・



 そんなショックもありつつ、図鑑はマニューラのみとなりました。「するどいツメ」を探してあちこち歩き回ったのですが見つからず、「こいつが持ってますよー」という情報を教えてもらったものの、何度戦っても持ってない。フラフラっと検索ワードに「するどいツメ」を打ち込みたくなりますが、グッとこらえて今日も今日とて島を巡ります(苦笑。


余談
 結構な時間プレイしてますが、衣服は全てデフォルトのまんまです。そもそも他の服を購入していません。スカル団アジト前のポケモンセンターで、スカル団のタンクトップを入手したぐらいですね・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅れてくる流行語

2016-12-02 08:07:32 | 芸能・スポーツ
【広島】新語・流行語大賞に「神ってる」…ノミネート30語から選ばれる

 すいません!流行語大賞を今知ってすいません!「聖地巡礼」の今更感が凄いとか思ってすいません!「アモーレ」といったら立花・宗茂、誾夫妻だろうとか思ってすいません!

 ・・・とまぁ、今年も今年で発表されてから流行っていたことを知りましたとさ(苦笑。最近はバラエティ番組を見ることがめっきりと減りましたし、そもそもスポーツはあんまり見ないもので・・・
 「聖地巡礼」が入ったのは、アニメ映画の影響かなぁと想像できますが、別段今年に限らずたびたび目にしていた言葉なのでイマイチ今年の流行語、という印象が薄いです。これまでそういったことに触れてこなかった人が、映画をきっかけにするようになったと考えれば、今年の流行語なんでしょうけどね。

 私の中で特段流行った言葉は無いですが「絶望した!」「すいません!」「○○って言うなぁ!」は長いこと使ってるよなぁ・・・と(笑。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サン日記 その17 あと一歩が遠い編

2016-12-01 08:11:11 | ポケモン関連
 「そうだ!エーテルパラダイスの職員が「ながネギ」をくれたから、最後の1匹はカモネギに違いない!」
⇒ワシボンやオニスズメに仲間を呼ばせるも出てこない
⇒もう一度テンカラットヒルへ
⇒パッチールでした

 ・・・そんなオチ。そういえばたびたびポケモンセンターとかで見かけたっけ。ライドギアもそうですが、ああいう風に街中で出会ったポケモンのデータも登録されてもいいんじゃないですかね・・・


 さて、アローラ図鑑の全ポケモンを把握できたところで、後はひたすらバトル&ゲットのみ。ポニの大峡谷でジャラコをゲットしてレベルを上げて進化させました。洞窟内にいるかと思いきや、隠し通路っぽい所の草むらだったとは・・・
 また、「猿だから木の上にいるんじゃないか!?」と思い、ひたすら揺れる木で粘っても出てこなかったナゲツケサルとヤレユータンも、シェードジャングルの奥の空間で無事捕獲。ヤレユータンはほぼ毎ターン仲間を呼んできたので非常に面倒くさかったです。ムーンの方は眠らせたりマヒさせたりするポケモンがいないのが辛いところ。

 サンでハギギシリとママンボウ、ムーンでジジーロンをゲットし、残すポケモンはサン・ムーンより前からいるポケモンたちばかり。進化方法が謎だったサンドも、たまたまポケリゾートで石を探しに出かけさせたら手に入った「こおりのいし」を使って無事進化。あとはロコンの分をどうするか・・・

 そして一度も出会っていないニョロトノを登録するためには、どうしても「おうじゃのしるし」が必要になります。が、手持ちは0。バトルツリーの景品になっていたので、そちらに挑んでみまして。
 「まぁ最初のうちは弱いだろう」とタカをくくっていたら、2戦目で負けました。旅パだから、ジバコイルが「じりょく」だからという言い訳は見苦しいですね(苦笑。しかし、初っ端からアローラにいないポケモンのオンパレードで、結構ハードルが高い気がします。


 というわけで、バトルツリーでの入手を諦め、ORASの攻略本を参考に、野性のハリテヤマが持っていないかどうかを確認することに。運よく1匹目が持っていたのですが、ニョロトノだけでなくヤドキングの分も必要なので2個目を続けてゲットするべく、ひたすらハリテヤマと戦闘を繰り返しました。「おみとおし」のナッシーも考えましたが、レベル上げが面倒だったので。

 ・・・まさか、昨日の晩から探して、今朝になってようやく手に入ることになるとは思いもせず。「どろぼう」のPPが切れるくらい戦ったのに入手できなかった時は、1個目の時はよほど運が良かったのだと感じました。


 ともあれ、これで2個揃い、ニョロトノ、ヤドキングを図鑑に登録。晴れてアローラに生息する300匹(+1匹)を全て発見しました。残るは石やアイテムによる進化のみ。さて、ほぼほぼアイテムを拾っていないムーンでの探索作業でも始めますか・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サン日記 その16 ネクロズマ編

2016-11-30 07:58:15 | ポケモン関連
 通信交換をしようとすると、たまにこんな風に表記がおかしくなり、隣接しているポケモンの名前が表示されることがあります。交換自体はワシボンとポリゴンZで間違いなく行われるのでいいのですが、ちょっとビクッとします(苦笑。


 さて、サンの図鑑も完成まであと一息。と同時にボックスのコンプリートもしたいので、ムーンの方でもサンと同様、ルナアーラを伴った状態で祭壇に開いた穴を通り、「日輪の湖」にてイベント発生。コスモッグをゲットしました。サンではコスモッグをコスモウムにレベル43で進化済みです。


 続いてはまだ見ぬ野性ポケモン探し。「ガルーラナイトがあるんだから、ガルーラがいるはず」とは思っていたものの、一向に見つからない。図鑑の空欄からすると、メレメレ島かアーカラ島のどちらかにはいるはず。そのうち仲間としてガルーラを呼びそうなポケモンは誰かを考えた時に「母と死に別れたカラカラなら呼ぶのでは?」という考えに至り、実際カラカラが仲間としてガルーラを呼んだ時は、自分で自分を褒めたくなりました。

 あと見ていないのは、殆どがこれまでのポケモンの進化前後。しかし、メレメレ図鑑のルガルガンの後、メノクラゲの前のポケモンがどうしても見つからない。図鑑の並びからしてテンカラットヒルのポケモンじゃないかと思ったのと、ゴローンの図鑑に「ドラバイトを主食としている」とあったので、ドラバイトという電気ポケモンがいるのでは?と思い、特性「せいでんき」のエレキッドを先頭にテンカラットヒルをうろつくことに。

 しかし仲間を呼ばせたりしてもなかなか出てこない。見当違いかな、そろそろ寝ようかなと思っていた時、野性のポケモンと遭遇。


誰!?
 いや、姿は公式サイトで見たことありましたけど、野性で出てくるとは思っていませんでした。UBらしき生物、アローラ図鑑№300のネクロズマが出現しました
 「ジガルデのコアとセルを全部回収したら出てくるんじゃないか」と予想していたのが見事に外れ、思わぬところで出会うことになりました。いると知っていたら、先頭をエレキッドにしていません(汗。

 鋼か悪タイプか?と思ったら、図鑑によればタイプはエスパー。どこら辺がどうエスパーなのか分かりませんが、とりあえずタイマーボールで無事捕獲。危なかった・・・卵の孵化やなつき度アップとかと同時並行でやってなくて、ほぼいつものメンバーでパーティを組んでいて良かった・・・(汗。

 捕獲後、メレメレ島のモーテルにいるハンサムに知らせたところ、UBの報告は本部から来てないから、珍しい伝説のポケモンじゃないかと言われて終わり。やけにあっさりしてますが、これだけなんですかね?


 ともあれ、思わぬタイミングでのネクロズマ捕獲となりました。


 ・・・で、図鑑№105。お前は一体どこにいるんだ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5周年のシンデレラ

2016-11-29 08:09:05 | アニメ・ゲーム
 昨日、アイドルマスターシンデレラガールズが5周年を迎えました!

 プレイし始めてからは3年とちょっとですが、アニメ放送が間もなく2年前になろうとしていることも考えると、時の流れの早さを感じさせられますね(汗。右も左も分からずにスタミナドリンクを消費し続けていたのも懐かしい・・・
 最近ではスターライトステージもプレイできるようになり、苦手な音ゲーながらも何とかかんとか頑張れています。

 未だにしがない無課金Pではありまして、ちまちまと手に入ったガチャチケットを回しては一喜一憂しています。まぁ大体「憂」なのですが、そもそも当たらないだろうという前提で臨んでいるので「喜」も「憂」も無い気がします(苦笑。
 その分、デレステの方でSSRの依田芳乃が手に入った時はとても嬉しかったですし、驚きもしましたね。おまけに直後にボイス実装されるし。
 また、これまであまり知らなかったアイドルも、デレステでメンバーに入れてプレイすることでその魅力に気づかされたり、コミュで新たな魅力を発見したりと、新しい楽しみ方も増えています。ガラケーが壊れなければこれを見ることができなかったと思えば、スマートフォンも安い買い物・・・か?

 いずれはシンデレラガールズ劇場がアニメ化されるとのことで、今回も5周年記念のショートアニメが公開されていました。劇場のアニメ化が楽しみになる出来栄えだったので、期待しています。

 願わくば、1人でも多くのアイドルに声がつきますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サン日記 その15 図鑑収集編

2016-11-28 07:52:08 | ポケモン関連

 ムーンの方もようやくバトルツリーに到着。道中、ジーナと戦うことになるかと思いきや、こちらはサンと同じくデクシオで、もらえるメガストーンも同じ「フーディナイト」でした。何故ここはデクシオなんだろうか。
 で、サンではレッドと戦ったので、ムーンはグリーンと戦うことに。グリーンはフーディン、ナッシー、カイリキー、ウインディ、プテラ、ギャラドスの6匹を繰り出してきます。既にルナアーラたちをサンに送ってしまった後だったので、ウルトラビーストたちの力を借りて何とか突破。アシレーヌがプテラの「いわなだれ」で2連続怯んだ時にはどうしようかと・・・(汗。ウインディは「かみなりのキバ」を覚えてるし、ギャラドスは「りゅうのまい」で積んでくるし、かなりの強敵でした。



 ともあれ突破した後に、連れていたタイプ:ヌルがシルヴァディに進化しました。こちらが進化時のステータス。以前対戦した際にグラジオがクロバット、ルカリオも一緒に連れていたので、多分なつき進化だろうと思い、なつき度を上げていました。図鑑にも「パートナーとの信頼で覚醒」とあるので、レベルではなくなつき度っぽい?


 そしてその後はサン、ムーン並行してレベル上げをしたり、卵を孵化させて進化前を捕まえたり・・・とまぁ、色々やってました。中でも苦戦させられたのが新ポケモンのヒドイデ。どうやら釣りでゲット出来るっぽいものの、何度となく波紋の出ているポイントで釣りをしても出てこない。他のポイントを試しても出てこない。あちこちでサニーゴとの関連を匂わせる話を聞けたので、サニーゴを先頭に置いて釣りをしても出てこない・・・


 で、試しに「ビビリだま」を使って仲間を呼び寄せやすくしたところ、何度目かに仲間を呼んだ際にヒドイデがようやく出てきてくれました。ようやく捕獲し、後に進化させました。レベルを上げてたら進化しましたが、進化にも何か条件があるんだろうか・・・一応マンタインの例を考慮して、パーティにサニーゴを入れてましたけども。
 ちなみにフェローチェを入れているのは、ムーンの手持ちポケモンで「みねうち」を使えるのがフェローチェだけだったからです。


 あとはピンプクもゲット。こちらはゴンベが仲間として呼んでくれました。まぁ初ゲット時はハピナスがなつき進化であることを忘れてタイマーボールでゲットしてしまったので、もう一度ゴージャスボールで捕まえなおしました(苦笑。いや、なかなか呼んでくれなかったのでうっかり・・・ピンプク自体はマリエシティの「ローリングドリーマー」内でヤンチャムと交換してくれる人がいますが、進化させやすさを考えて野性を捕獲しました。


 その後「そういえば『サン・ムーンにもカイリューがいる!』と宣伝してたけど、会ったことないなー」と思い、図鑑の順番と場所を考慮し、ポニの険路の波紋が出ているポイントでミニリュウを捕獲しました。

 そして現状はこんな感じ。しかしまだ捕まえられていない野性ポケモンがいます。散々探し回っても出てこないということは、やはり仲間として呼ばれて出てくる感じなんだろうか・・・?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魔法つかいプリキュア! 第42話「チクルンに届け!想いをのせた魔法のプリン!」

2016-11-27 09:07:21 | 魔法つかいプリキュア!
魔法つかいプリキュア! 第42話「チクルンに届け!想いをのせた魔法のプリン!」

 かつて、妖精の国で仕事をさぼっていたチクルンは、その現場をオルーバに目撃され、女王にばらされたくないがあまりオルーバに協力することとなった。
 そして今、チクルンはシャーキンスがプリキュアたちを倒そうとしていることを知り、プリキュアを倒さずともリンクルストーンだけを奪えばいいと進言。情が移ったのではと疑われるチクルンだったが、オルーバの口ぞえもあってその作戦は実行に移される。チクルンは複雑な感情を抱きつつも、お菓子作りに夢中なみらいたちの隙を突き、リンクルストーンの入った袋を持ち出す。

 チクルンの後をみらいたちが追ってきたが、チクルンは已む無くシャーキンスにリンクルストーンを渡し、シャーキンスの口からチクルンがオルーバの手先であることが明かされた。オルーバは変身できようとできまいと、プリキュアは徹底的に叩き潰すのみだといい、巨大化したうえにリンクルストーンを飲み込んでしまう。だがチクルンは必死になってシャーキンスの体内に飛び込み、リンクルストーンとリンクスマホンを奪取。チクルンが体を張って届けてくれた力で、みらいとリコはプリキュア・トパーズスタイルに、ことははフェリーチェに変身する。

 巨大シャーキンスの力は圧倒的。オルーバの手先だと知ってなお、チクルンを大切な友達だというプリキュアとモフルンの言葉に、チクルンは涙と感謝の言葉を口にする。するとワクワクのリンクルストーンであるトパーズの力はパワーアップ。巨大シャーキンスを巨大ハンマーで叩き、オーバーザレインボーの力で消滅させたのだった。

 チクルンは本当のことを明かして頭を下げるが、モフルンは自分たちも一緒に女王に謝りに行くと言い、今は一緒に蜂蜜プリンを楽しむ。するとアメジストのリンクルストーンがプリキュアたちを認め、更にはどこへでも行ける魔法の扉が出現。みらいたちは妖精の里に足を踏み入れ・・・

感想
 「トパーズのパワーをよりワクワクさせたのです!」うん・・・うん?(汗。

 今回はチクルンと本当の友達になった回。チクルンがオルーバに従っていた理由が「サボっていたことを女王にばらされたくないから」という、何とも単純なものでしたが、そんな些細なことでもばらされたくないくらい、女王は恐ろしい存在なんですかね?怒られるくらいならいいんじゃないかとも思いましたが、女王の怖さが分かっていない現状、この点については何とも言えません。

 スパイとして潜り込んでいるうちに情が移り、プリキュアたちを傷つけたくないと思い始めたチクルン。心痛む思いでリンクルストーンを盗み出したものの、シャーキンスに裏切られる結果に。体内からリンクルストーンを奪い返したシーンや、トパーズがパワーアップしたのは良かったと思います。なのでてっきりトパーズに認められる展開かと思いましたが、認めたのはアメジスト。トパーズは第32話で認めていました。そういえば、あの話もワクワク関連でしたね。リンクルストーンに込められた思いとリンクしてパワーアップ!というのはもっと見ていきたいです。

 次回はことはが妖精に戻る?ことはの記憶にある一面の花畑は、妖精の里関連なのでしょうか。

 
コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 第8話「男たちよ、Fly high!」

2016-11-27 08:40:53 | 仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダーエグゼイド 第8話「男たちよ、Fly high!」

 誉士夫がしおりを遠ざけた理由。それはしおりが本当にやりたい道を進めるようにとの配慮だったのではないかと明日那は語り、しおりもその思いにはどこか気づいていたようだった。
 誉士夫が抱えているもう1つのストレスの原因、それは経営難と人材不足に陥っている工場にあった。誉士夫はしおりにも手伝わせてしまっていることを気にしており、果たして工場には「ジェットコンバット」のガシャットが刺さったコラボスバグスターが出現。

 大我はガシャットを狙い、スナイプLv2になってコラボスバグスターと交戦。的確にガシャットだけを狙い撃ち、ガシャットを入手。更にバグスターにトドメを刺さず、バグスター=患者の命を人質にエグゼイドとブレイブにガシャットをかけた勝負を挑んできた。
 
 永夢は工場が壊されたと知ってもなお誉士夫の体が消えていないことに注目。翌日誉士夫を連れて工場に赴くと、そこでは必死に工場を修理しようとしている社員たちの姿があった。誉士夫工場そのものではなく、社員たちの今後を案じていたのだ。社員たち、そしてしおりもまた誉士夫を心配し、誉士夫に笑顔が戻る。

 後は体を治すだけ。永夢は患者を治すため、飛彩は大我からドライバーとガシャットを剥奪するため、大我はガシャットを手に入れるため。それぞれの思惑を胸に、3人のライダーLv2が戦い始める。
 一方貴利矢は黎斗を呼び出し、影武者の件を含めて洗いざらい喋らせるべく、レーザーLv3、ゲンムLv3へと変身し戦い始める。戦いは引き分けに終わる。黎斗はバグスターがこの世に生まれた原因を突き止めるべくドライバーとガシャットを開発したと語る。

 エグゼイドとブレイブは2人がかりでスナイプに挑むが、スナイプはジェットコンバットのガシャットを使い、飛行能力を得たLv3にレベルアップ。更に縮小化したバグスターを手に、空中から攻撃を仕掛けてきた。
 エグゼイド、ブレイブも共にLv3になるが、空を自在に飛びまわるスナイプ相手に、ブレイブは「ドレミファビート」のガシャットを奪われてしまう。更にバグスターを囮に、エグゼイドに集中攻撃を仕掛けてきた。エグゼイドは攻撃にバグスターを巻き込むことで誉士夫の命を救うことは出来たが、自身は「ゲキトツロボッツ」のガシャットを奪われてしまう。

 「ガシャットは、あなたの快楽のためにあるんじゃない・・・患者を救うためにあるんだ!」と語る永夢に対し、ドライバーを使い続けることの真の意味を理解していないと大我。
 黎斗によれば、本来ドライバーを使うためには適合手術を受ける必要がある。だが、1人だけ、永夢は適合手術を受けることなく変身を果たした。永夢がそのことを知るはずもなく・・・

 そしてグラファイトは「ドラゴナイトハンター」のプロトガシャットをその身に取り込み・・・

感想
 「ジェット!ジェット!」ときたら「ジェットマーン!」と歌いたくなります。以前Youtubeで配信されていたのを見たのですが、あんなにハードな物語でしたっけ(汗。

 さて今回はスナイプがLv3にレベルアップ。入手の過程も的確にガシャットだけを狙い打ったかと思えば、今度は残ったコラボスバグスターを人質に、エグゼイドたちに勝負を持ちかけてくるという非道な手段をとってきました。そして飛べないブレイブ、囮作戦にはまってしまったエグゼイドはガシャットを奪われる羽目に。バグスターを囮にした作戦を見抜いたブレイブでしたが、時既に遅く・・・ともあれ、珍しくエグゼイドとブレイブの共闘が見られましたし、ブレイブがエグゼイドに注意を促したのは、少しは2人の距離が縮まった証だと思いたいです。

 そんな永夢ですが、どうやら変身に必要な適合手術を受けずに変身を果たしたとのこと。何故彼は変身できたのか・・・特異体質というのもあるかもしれませんが、かつて永夢は事故にあった際に治療を受けています。その際に永夢自身も知らないうちに、適合手術も受けていたのではないでしょうか。ただ、その場合、バグスター発生やドライバーを大分前から予見していたことになりますし、その医師も怪しいことになってきます。永夢の身に一体何が起きているのか・・・

 誉士夫の不調は工場ではなく、人そのものにありました。前回もしおりを心配していましたし、今回は社員の心配。工場が壊されたと知っても無事だったのは、社員のことを思っていたから・・・と。とはいえ、永夢が工場が壊されたことを誉士夫に伝え、誉士夫が無事かどうかを確認するのは賭けだったのでは?とも思いました。
 誉士夫の体が消えるタイミングが工場が壊された瞬間なのか、それとも工場が壊されたと知った瞬間なのか分かりませんが、今回の永夢の行動を見ていると恐らく前者なのでしょう。だからこそ永夢は工場が消えたと誉士夫に伝えられたのかな。

 そんなところでまた次回。グラファイトは年内にいなくなりそうな気が・・・しかし、更にレベルアップとは驚きです。
コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

動物戦隊ジュウオウジャー 第39話「カロリーとネックレス」

2016-11-27 08:05:33 | 動物戦隊ジュウオウジャー
動物戦隊ジュウオウジャー 第39話「カロリーとネックレス」

 街にチークバルのシェフードンが現れ、人々に無理やりカロリー1000倍の料理を食べさせ太らせてしまった。ジュウオウジャーが交戦している間、クバルは奪ったバングレイの手は「自分の記憶は実体化できない」「実体化させたものの記憶は実体化できない」ことを知る。
 セラとアムは姿を消したシェフードンの後を追う最中、ネックレスが目に入る。するとそこへ零という男性が2人をナンパしてきた。アムはネックレスを受け取るが、セラはナンパ男に借りは作りたくないと言って返しに行こうとする。そこで見たのは真面目に「軽すぎる」というアムの評価とは正反対の真面目な姿だった。

 そこへまたもシェフードンが出現。セラは変身して戦おうとするが、零はシェフードンの攻撃からセラを守って倒れてしまい、シェフードンもそのまま姿を消す。次第に零に好感を抱きつつあったセラだが、零はクバルと繋がっており・・・

 そうとも知らず、セラは再び例に会いに行きデートを楽しむ。そこへ影ながら見守っていた大和たちが現れ、セラを心配するが、セラは零のことを真面目で優しい人物だといって、彼らの忠告が耳に入らない。
 純粋にネックレスのプレゼントを喜ぶセラに対し、零は「好きだ」と告白。だがその時、またしてもシェフードンが出現。セラは零の告白を断り「私、みんなを放っとけない」とネックレスを送り返す。

 すると零は結婚詐欺師としての本性を顕わにし、仲間から引き離すように命じられていたことを明かす。今までのことが全部ウソだと知ったセラは、彼に手をあげかけるが、振り上げた手を下ろし仲間の下へと駆けつける。
 セラは先ほどのことを謝り、荒海の王者として単身シェフードンを攻め立てる。シェフードンも負けじと巨大な寿司を放ってきたが、その攻撃を零がかばってくれた。今頃になってセラが可愛く見えてきた、という零は、海から拾い上げたネックレスを今一度セラに渡す。

 零はシェフードンの攻撃で吹き飛ばされてしまうが、シェフードンをジュウオウホエールを中心としたジュウオウファイナルの一撃で撃破。巨大化したシェフードンにはワイルドトウサイドデカキングで立ち向かい、ジュウオウドデカダイナマイトストリームでこれを撃破。一方その頃、クバルに逆らった零は「この星の人間が考えることは、お前には分からないさ」と言い残し、消滅させられていた・・・

 後日やけ食いし「どっかでまた女の子騙してんのかな」と呟くセラの首元には、あのネックレスが光っていた・・・ 


感想
 「ボンバー」つったら「青のり」じゃなくて「揚げ玉」だろう!?と思った今回。ヤキソバンのゲーム、一度だけ遊んだ記憶が・・・

 さて今回は零を見つけた時の「あっ」という嬉しそうな呟きが可愛かったセラ回。「白い子よりちょろそう」と言われたセラですが、単にアムのガードが固すぎるだけな気もします(汗。「顔はまあまあだし、お金は持ってそうだけど、軽すぎるかな」アムのこういう言葉がサラッと出るあたり、嫌いじゃないわ!
 どこまでも純粋に零を信じたセラの気持ちは裏切られることになりましたが、その純粋さが結婚詐欺師であり、かつクバルの命令に従っていた零の心を動かすこととなりました。一時の感情で行動を変える。それがこの星の人間。結婚詐欺師という役職はともかく、最後にセラを守った姿はかっこよかったですね。

 一方クバルはバングレイの手で実験開始。次回はナリアと交戦するっぽいですが、一体何をしようとしているのか・・・

 次回はレオ回。
 
 
コメント (2)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加