南里英語教室 多久教室

南里英語教室 多久教室
℡:0952-74-4886
佐賀県多久市にある学習塾

3年後の未来のためにできること

2017-05-19 00:14:12 | 中学部

昨日1名、本日2名の合計3名の入会に関するお問い合わせをいただきました。

また、本日1名の方にご入会いただきました。ありがとうございます。

まずは、期末テストに向けて一緒にがんばっていきましょう!!

HPなどをご覧になられて気になる点などございましたら、お気軽にお問合せください。

http://www.nanri-english.com/

 

今週火曜日、大学入試に関する大きなニュースがあったのはご存知ですか?

「大学入試新テスト実施案が発表」

「大学AO入試 学力評価を義務化」

など、さまざまな見出しが新聞でも見られ、ニュース番組等で取り上げられていました。

 

その中でも、ひとつ注目すべきは英語に関する内容です。

大学入試の英語について以下の2案のいずれか6月に決定する予定となっています。

【A案】実用英語技能検定(英検)、TOEICなどの民間試験の中から文科省が認定する試験に20年度から全面移行する

【B案】23年度までは共通テストと民間試験の両方またはどちらかを受ける

 

共通して言えることは…

「3年後には大学入試における民間試験の比重が高くなる」ということです。

現在のセンター試験と大きく異なり、読む・書く・聞く・話すの4技能が総合的に測られます。

文法だけできても読解だけできても英作文だけできても通用しない。

つまり、求められている能力が変わってきているのです!

 

 

では、3年後に向けてどのような勉強をすればいいのでしょうか?

そもそも、なぜこのような制度改革が起こっているのでしょうか?

ニュースや新聞ではわかりにくいその答えを高校入試制度説明会の中でお話しいたします。

詳細の日時などにつきましては以下の記事をご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/nanri_english_s0801/e/a1bcd5490be8c2f6c45ab1599816075b

 

 

10年後には約半数の仕事がなくなる(ロボットなどに代替される)と言われています。

その中でもなくならない仕事、ヒトにしかできない仕事があるのです。

自分の力でメシを食べていき、生きていき、社会に貢献できる人財作りを

南里英語教室は目指しています!

 

 

中島

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焦る前に今からできる準備 | トップ | 今日の理科・社会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む