南里英語教室 多久教室

南里英語教室 多久教室
℡:0952-74-4886
佐賀県多久市にある学習塾

厳木中の体育祭に行ってきました

2017-05-22 17:24:04 | 中学部

5月21日に、厳木中の体育祭に行ってきました。

 

いやあ~、暑かった

あんな暑い中、子供たちは練習してたんですね。

きっと体力奪われてたでしょうね

 

私なんて1回行っただけなのに、若干熱中症気味です

帽子を持っていくべきだった。。。

 

(↓全力で走る教室生1)

 

(↓全力で走る教室生2)

 

(↓応援している生徒たち)

 

保護者のかたも、参加されてました。

(↓生徒様 vs 保護者様)

 

結果は保護者様の勝利。

いやあ、容赦なかったですねぇ。

そう簡単に大人が負けちゃ、ダメですもんね。

 

そして恒例の応援合戦。

 

 

みんな暑い中、ご苦労様でした。

卒塾生にも会えて、楽しかったです。

 

最後は3年の教室生を集めてパシャリ。

 

良い思い出になりましたね。

 

米田

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子どもの将来と対峙する90分

2017-05-20 23:57:15 | 中学部

本日5月20日14時より2017年度の高校入試説明会を実施いたしました。

休日にも関わらず多くのご父兄や受験生にご参加いただきありがとうございます。

 

 

「高校入試説明会」と聞いてどのような会をご想像されますか?

・高校入試の制度や変更点

・入試問題の分析

・受験に向けての学習法

こういったものを想像される方が多いかと思います。

もちろんそういった話もしっかりとさせていただきますし、

入試の最新情報や分析資料・データなどもお渡しいたします。

 

しかし、南里英語教室の説明会はこれだけでは終わりません。

子ども達が仕事に就く10年後に世の中がどう変化しているのか?

その変化の中で子供たちに求められている本物のチカラとは何か?

そのチカラを身につけるために何をどのように考え、

近い未来の高校選びをすべきか?

 

 

子どもたちだけが学ぶのではなく、保護者の方も一緒に学び考え、

そして一緒になって真剣に向き合う場がこの教室の説明会です。

24日の夜に開催する同説明会はおかげさまで満席となっております。

お子様の成長をともに真剣に考え、支えてくださる多くの保護者の皆様に

支えられている事への感謝とともに、その大きな期待にお応えできるよう

生徒一人ひとりとしっかり対峙してまいります!

 

中島

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の理科・社会

2017-05-19 16:24:32 | 中学部

 

私たちが普段食べている玉ねぎの白い部分は、根・茎・葉のどこの部分でしょうか。

(答えは後ほど)

 

金曜日は、中1・中2の理科・社会の授業を行っています。

 

中1理科では、植物の根・茎・葉についての内容に入りました。

 

 キャベツやレタスや白菜は「葉」、

ジャガイモは「根」、サツマイモは「茎」の部分を食べています。

ダイコンは下の白い部分は「根」ですが、上の緑色の部分は「茎」です。

玉ねぎの白い部分は、根や茎だと思いがちですが「葉のつけ根の部分」です。

野菜のどこの部分を食べているのか興味を持って考えてみるのも面白いですね。

 

中1社会は歴史の授業でした。

 

中学校の1学期期末テストが来月に迫ってきました。

理科・社会ではしっかり要点を押さえていきます。

小田

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3年後の未来のためにできること

2017-05-19 00:14:12 | 中学部

昨日1名、本日2名の合計3名の入会に関するお問い合わせをいただきました。

また、本日1名の方にご入会いただきました。ありがとうございます。

まずは、期末テストに向けて一緒にがんばっていきましょう!!

HPなどをご覧になられて気になる点などございましたら、お気軽にお問合せください。

http://www.nanri-english.com/

 

今週火曜日、大学入試に関する大きなニュースがあったのはご存知ですか?

「大学入試新テスト実施案が発表」

「大学AO入試 学力評価を義務化」

など、さまざまな見出しが新聞でも見られ、ニュース番組等で取り上げられていました。

 

その中でも、ひとつ注目すべきは英語に関する内容です。

大学入試の英語について以下の2案のいずれか6月に決定する予定となっています。

【A案】実用英語技能検定(英検)、TOEICなどの民間試験の中から文科省が認定する試験に20年度から全面移行する

【B案】23年度までは共通テストと民間試験の両方またはどちらかを受ける

 

共通して言えることは…

「3年後には大学入試における民間試験の比重が高くなる」ということです。

現在のセンター試験と大きく異なり、読む・書く・聞く・話すの4技能が総合的に測られます。

文法だけできても読解だけできても英作文だけできても通用しない。

つまり、求められている能力が変わってきているのです!

 

 

では、3年後に向けてどのような勉強をすればいいのでしょうか?

そもそも、なぜこのような制度改革が起こっているのでしょうか?

ニュースや新聞ではわかりにくいその答えを高校入試制度説明会の中でお話しいたします。

詳細の日時などにつきましては以下の記事をご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/nanri_english_s0801/e/a1bcd5490be8c2f6c45ab1599816075b

 

 

10年後には約半数の仕事がなくなる(ロボットなどに代替される)と言われています。

その中でもなくならない仕事、ヒトにしかできない仕事があるのです。

自分の力でメシを食べていき、生きていき、社会に貢献できる人財作りを

南里英語教室は目指しています!

 

 

中島

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焦る前に今からできる準備

2017-05-17 19:16:56 | Lepton

 

本日が、高校入試制度説明会の申込締切とさせていただきました。

来週 24日(水)は満席ですが、

今週 20日(土)はまだ空きがございます。

現在の中学3年生以下の生徒が対象となって、高校入試が大きく変わっていきます。

そのために必要な能力は何か、

どのような取組みが必要なのか、

お子様達の将来に役立つ情報提供ができる時間にしたいと思っております。

 

今週土曜日は、厳木中の体育祭

その為、学校が休校だったようです。

普段受講できない剣道部組みも来られて、久しぶりに集まりました!

やはり人数が多いと、教室がにぎやかで活気がありますね!!

期末の範囲に入る歴史、流れを捉え、語句を覚え、

今からしっかり準備して、テスト前無理に詰め込んで苦しまないようにしましょう。

 

 

高校生はテスト会

無学年で質問し放題です

最初のテストで100点を目指し、

良いスタートを切りましょう!

 

 

 

渡部

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての定期テスト対策講座、もうすぐ始まります

2017-05-16 23:23:16 | 中学部

5月最終週より、南里英語教室では「初めての期末テスト対策講座」を行います。

中学1年生が初めて受けることになる期末テスト。

最初だから範囲も狭いし大丈夫だろう、と侮ってかかると、後々大変な目に会います。

この期末テストの範囲は、英語も数学も今後の学習を続ける上での基礎中の基礎の部分になります。

したがって、できることなら「100点満点」をとっておきたい範囲なのです。

平均点が80点あったとして、80点台を取っていれば大丈夫、とはなりません。

90点以上取って、合格、と考えて下さい。

実際に、過去の生徒のデータを紐解いてみると、初回に90点以上取っている生徒は、

年間通じて平均90点以上をキープし続けます。

一方で、90点を切った生徒のデータを見てみると、その後70、60、50と段々と

点数を落としてく傾向にあります。(調べた限り、例外は2名のみ見つかりました)

英語を例にするならば、簡単な挨拶やbe動詞の文、更にはアルファベットを書くような問題構成です。

非常に簡単な内容で10点以上落としていたら、2学期の一般動詞に入ったとき、大変なことになるのです。

 

下に掲載したチラシのとおりです。

「わかったつもり」に安心して構えるよりも、転ぶ前に徹底的に対策をしておいたほうが、

後に禍根を残さずに済むと思います。

ぜひ、この機会にご参加下さい。

 

なお、中学2年生・3年生も同時期に期末テスト対策期間を設けています。

こちらは両学年とも先着1名の募集になっております。

お早めにお問合せ下さい。

 

大塚

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日は中1・2生の期末プレテスト範囲の発表でした

2017-05-15 20:13:08 | 中学部

本日は中学1・2年生の期末プレテストの範囲発表の日でした。

5月29日に行われる期末テスト対策の最初のテストのことです。

 

教室生は掲示板に貼ってある試験範囲を各自でメモしています。

紙で配らずにわざわざメモさせているのは、

きちんと生徒が試験に対して取り組む気があるのかどうかをチェックするためです。

 

(↓試験範囲をメモする中2生)

 

でもみんな、きちんと試験範囲をメモしていました。

(↓試験範囲をメモする中1生)

 

やる気があるからメモするというのもあるかもしれませんが、

メモするからやる気が出るというのもあると思うんです。

そんな仕掛けを1つ1つ作り、子供たちの成長を促していきたいと思います。

 

米田

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月20日(土)高校入試説明会

2017-05-13 22:30:35 | お知らせ

高校生にとっては来週から中間テスト。

今日も自習室には高1から高3までが集まっていました。

 

高1の女の子いわく、「家だとなんか集中できない」とのこと。

私もそうでしたが、家だと集中しにくいんですよね。

テレビとかすぐに見れますし。

すぐに横になってしまいますし、マンガには手が行くし

 

その点、自習室の存在は大きいですよね。

(↓朝4時の、ハーバード大学の自習室だそうです。。。)

 

 

ちなみに来週土曜は高校入試説明会が多久教室で行われます。

(↓説明会の詳細)

 http://blog.goo.ne.jp/nanri_english_s0801/e/a1bcd5490be8c2f6c45ab1599816075b

 

中1~中3の保護者様対象になっております。

現時点での各学校の様子等を、在校生の話から説明できたらと思います。

 

ぜひお越しください。

 

米田

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

算数の力を伸ばそう

2017-05-12 15:24:07 | 南里英語教室の出来事

問題です。

A、B、C、D、E、Fの6種類のボールがあり、これらのうち1種類の

ボールだけは、ほかのボールと重さがちがいます。下の図を見て、

重さの違うボールの記号を答えなさい。

 

答えは最後に書きます。

これは算数オリンピックで出題された問題です。

 

算数の問題は、

考えること自体が楽しいですよね。

 

今日も、小学生が算数に一生懸命取り組んでくれました。

 

 

無学年式個別算数『のびのびじゃんぷ』は、

学年の枠にとらわれずに、ひとりひとりのペースでのびのび学習ができます。

「わかる」気持ちを大切にし、「できた」を積み重ねていくことで

算数の自信がついていきます。

 

多くの生徒が算数好きになってくれることを願っています。

 

(問題の答は D でした。)

 

小田

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

数字の先にあるもの

2017-05-11 23:04:09 | 中学部

先週の休講期間前になりますが、4月上旬に行いました模擬試験の個人成績票をもとに

中学3年生を中心として中学生を対象に成績返却面談を行いました。

模擬試験後には毎回、この成績票を見ながら弱点の分析はもちろん、志望校合格に向け

学習のアドバイスを行っています。

 

先日、地元長崎で所属している軟式野球チームの試合に参加してきました。

野球経験者が中心のチームであり、準決勝・決勝ということもあって

私は控え兼マネージャーとしてスコアブックを記録していました。

スコアブックには様々な記号があり、意外ですが経験者でもよくわからないそうです。

マネージャーとしての私の役割は、スコアを記録すると同時に分析を素早く行って、

チームの勝利に貢献することです。先日は、緊迫した試合の中でこれに徹しました。

 

後日スコアブックを見返し整理しながら、教室における私達の仕事と似たものを感じました。

 

成績票自体は子ども達や保護者の方々がご覧になっても、よくわからないこともあります。

答案用紙や得点などの記録から一人ひとりの弱点を分析して、わかりやすく伝える。

「今の自分がやるべきこと」を対話の中で納得してもらったうえで未来へつなげていく。

南里英語教室の講師・スタッフは「学習コーディネーター」として「コーチ」として、

子供たちに寄り添い叱咤激励しながら目標へと導いてまいります!

 

ちなみに、所属チームは決勝戦で2-4で惜敗して準優勝でした。

次の大会では優勝できるように、自分の時間を利用して野球の練習・勉強を頑張ります。

中島

コメント
この記事をはてなブックマークに追加