鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

劇場考・新橋演舞場って好きです。

2017-03-08 03:51:31 | 演劇・映画


一昨昨日は、半年ぶりの観劇で、新橋演舞場へ。

私は、新橋演舞場が好きです。

歌舞伎座をコンパクトにしたような劇場で、幕間(まくあい)には、座席で、お弁当など飲食できるし、売店めぐりも楽しいし、花道もあるし、桟敷もあって、お客さんは、和服の方もいらっしゃって、芸術至上主義の初台あたりの某新国立あたりと違って、娯楽優先だからです。

なんとなく・・・。

雰囲気がまったりしているのも、劇場内の照明が、緩いのも、なんだか好きです。

この劇場を最初に訪れたのは、前職に、ついたときで、なにやら、不安めいた日々を送っていた頃ですから、カレコレ・・・15年くらい前のことでしょうか?

あの頃と・・・あまり変わりがありませんね。

一昨昨日は、歌舞伎座の前を通りました。

地下鉄・銀座駅で下車し、三越で、食糧(まい泉のひれカツサンド)を購入後、和光のビルを見上げ、さて、コッチだったと・・・。

『出光』の看板。
映画『海賊と呼ばれた男』に登場した国岡商店がここでした。

リニューアルした歌舞伎座の前を通り過ぎようとした時、隅っこにお社を発見。

歌舞伎稲荷神社でした。

お稲荷さんかぁ・・・。

いちおう、なけなしのお財布から、ホンの少しだけの浄財。
ごめん。些少ですが・・・と言い訳しつつ。
手を合わせてから、新橋演舞場へ向かいます。

私は、演劇作品そのものよりも、劇場が好きなだけかもしれません。

開演を待つあの『時間』が好きなのです。

オーケストラ・ピットの入った劇場では、調律の絃の音なんかが聞こえると最高です。

・・・で、新橋演舞場。

ここでは、現代劇、ミュージカル、コンサート・・・そして、歌舞伎などが上演されます。

歌舞伎座では、ちょっと扱いにくい・・・スーパー歌舞伎なんかも演舞場で、上演されているようです。

そう・・・演舞場名物?宙乗りです。
一昨年だったか・・・猿之助さんが、『スーパー歌舞伎Ⅱ・ワンピース』で、かなり大掛かりな宙乗りをご披露されておりました。

・・・そういう劇場です。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージカル『コメディ・ト... | トップ | カラクリに負けちゃいけない! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演劇・映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。