佐世保便り

2008年7月に佐世保に移住。
海あり山あり基地あり。そしてダム問題あり。
感動や素朴な疑問など誰かに伝えたくて…

ふるさと共創シンポジウム in 佐世保

2017-01-10 | 佐世保・長崎

9日の「成人の日」(佐世保市主催の成人式は8日でしたが)、アルカスSASEBOでこんなシンポジウムが開催されました。

なんと、司会は、あの田原総一朗さんです!

そしてパネリストはこちらの4名の方々。

左端の方は、佐世保市民ならご存知のはず市議会の新星、橋之口裕太議員。鹿児島県いちき串木野市生まれ。長崎国際大学大学院を卒業後、九州文化学園高等学校教員を経て、2015年佐世保市議会議員に第2位当選!

その隣は、あの里山資本主義の提唱者の藻谷浩介さん山口県徳山市生まれ。東京大学法学部を卒業後、日本開発銀行(現日本政策投資銀行)に入行。日本総合研究所調査部主席研究員。著書に『里山資本主義』、『デフレの正体』、『和の国富論』など。

その隣の方は…知る人ぞ知る佐世保出身のスーパーウーマン。ルイ・ヴィトン・ジャパンにて常にトップの売上げを記録。独立後はインポートブランドや旅行業も手掛け、また、銀座と丸の内で「蜂の家」を経営するなど幅広く活躍中。

そして、最後は「パタゴニア」日本支社長、辻井隆行さん。東京生まれ、早稲田大学大学院社会科学研究科修了後、1999年パートタイムスタッフとしてパタゴニアに入社。2000年に正社員となり、2009年より現職。 シーカヤックと雪山滑降を楽しむなど自然と親しむ生活を続ける。 2016年日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。

 

こーんなすごい方々が佐世保の未来について真剣に考え議論して頂くなんて、不思議だけれど嬉しい…。

 

さて、始まってすぐ、田原さんは言いました。
なぜ地方は疲弊していくのか?なぜ若者は都会に出ていくのか?

藻谷さんによると、佐世保は出生率は高い方だが、高校を卒業すると福岡や東京の大学をめざし、そのままそこで就職、結婚し佐世保にはなかなか戻ってこない。それが人口減少の大きな要因。

櫻澤:実は私もそうなんです。東京の大学を出てそのまま東京に就職しましたし、また東京で結婚しましたのでそのまま東京に住んでいます。でも、私の場合ふるさと愛が強くて、佐世保の「蜂の家」をのれん分けしてもらって東京で経営し、世界にも届けています。いずれは佐世保に帰りたいと思っています。

同じくパネリストの1人、橋之口裕太さんは逆のパターン。鹿児島県から大学入学で佐世保にやってきて、佐世保で就職、結婚し、現在も住み続けている。

なぜ、教師を辞めて政治家になったのか?との田原さんの質問に、

橋之口:担任していたクラス生徒42名のうちの16名が1人親家庭でした。

授業料が払えない家庭も多かった。目標はあるが15~6歳で自分の限界を決めてしまっている子どもたちの現状を見て、教員としての限界を感じました。やはり世の中の仕組みを変えなければいけない。そういう思いから政治の世界へ入ろうと。

 

どうやったら地方を元気にできるのか?と問われた藻谷さんは1つの事例として、波佐見町をあげました。

佐世保の近くに波佐見という町がある。
全国どこでも焼き物の町は寂れる一方だが、ここは違う。その要因は、大規模経営を辞めて小規模経営を目指し、ブランドアップを図ったこと。各事業者が対立するのではなく、手を組んで波佐見全体のイメージを良くしていこうとしたこと。

また、農業も盛んで、飲食店は土地の野菜や肉を使って料理を提供する。何でも地元のものを使おうとする意識が高いので、地元にお金が落ちて繋がっていく。佐世保くらいの規模になると、そこまで地元産に拘らない。他県のものを使って作る。売上があっても最終的に残るお金が少ない。佐世保の資本主義は東京に近い…。

田原:京都と大阪とは全然違うね。
大阪の企業は東京に進出して大きくなろうとするが、京都の企業は東京には行かない。京都に残り、企業同士が仲が良い。それはどういうことかと言うと、相手の邪魔をしない、真似をしない、オリジナリティーを大事にする。下請け企業を下請けとは言わず、協力企業と呼んでいて対等に扱う。格差をつけない。

藻谷:まさにそうなんです。大阪の企業はパナソニックがそうであるように、他所に出た方が本物であるという意識がある。京都は東京になんか行けるかと。京セラとかオムロンとか佐川急便もそうですが、そこにいて世界中に展開すればいいという、自分のいる場所を中心として考える文化がある。
佐世保もそういうふうに考えるとアジアの中心になれる可能性はあるんだけれど、なかなかそういう風に考える人は少なくて、大阪に近い感じがします。

 

佐世保はあなたにとってどういう町ですか?問われた橋之口さん。

住みやすい町です。都会過ぎず田舎すぎず。便利さもあり自然も豊かですし。地域の繋がりが濃いところもあれば、私のようにアパート住まいだと、正直、隣の人が誰かもわからない。二面性のある町だと思います。

 

田原:佐世保で1つ問題だと思うのは、佐世保は米軍の軍港ですよね?。海上自衛隊、陸上自衛隊の基地もある。米軍は何人くらいいるんですか?

橋之口:軍人が3000人で、家族も含めると5000人ほど。自衛隊員は海上自衛隊が3000人で陸上自衛隊が1700人くらい。来年からは水陸両用部隊のための基地建設も始まります。

田原:佐世保は自衛隊と米軍に委ねている?甘えている?ということはないか?そのことによって、佐世保自体がどう発展しようかと考え悩む真剣さにかけているのではないか?

橋之口:佐世保という町の成り立ち(人口4000人ほどの寒村が海軍鎮守府が置かれて栄えるようになった)からして、軍と市民や経済界との関係はたいへん良好です。

櫻澤:私の妹も米軍で働いていますが、公務員のように安定していて職を失う心配もないのでいい職場だと思っているようです。

 

そういう意味では佐世保には企業城下町のような雰囲気がある。
その心は?親方日の丸的な甘えがあり、気位が低いということらしい、と藻谷さん。

田原:高速道路ができてから、長崎に来る観光客の多くが福岡に泊まるらしい。昼間長崎で遊んで、夜は福岡へって。ゴミだけ落として、金を落とさなくなったって、長崎の人が言ってたけど、ホント?

橋之口:確かに。いま佐世保で問題になっているのは宿が足りないってことです。リーマンショックの後たちいかなくなって閉じてしまった宿がいくつもあり、ハウステンボスの復活で観光客が戻ってきているが、その客の止まる宿が足りない、取りこぼしてしまっている。

辻井:新たなホテルを建てるよりも、官民が力を合わせて民泊の施設を増やした方がお客さんは喜ぶのでは?

友人が岩手県の小さな町の古い小学校を改築して新たな宿を造ったんですが、そこに中国からの富裕層がたくさん泊まりに来ている。爆買いに飽きた家族連れが何もない田舎町で、ホヤを取る手伝いをしたりして、それを食べて喜んで帰って行く。来年の6月まで予約でいっぱいだという。佐世保や川棚にもそういう観光の可能性がいっぱいあると思う。

櫻澤:旅行業界ではホテルの少ない優れた観光地には、大型船ではなく中型船で行きます。富裕層の乗る中型船にはホテルもレストランももちろん完備されているので寄港地に宿が無くても大丈夫。1週間かけて長崎、五島、佐世保などを船でゆっくり巡りながら、それぞれの地の面白さを満喫するとか・・・
そのためには通訳やガイドの教育に力を入れること、それがリピーターを増やすことに繋がります。

等々、旅行業のプロ、国際企業の経営者、里山の魅力を知り尽くしたエコノミスト三者からの貴重なアドバイスが続出しました。

 

そして、話は佐世保だけではなく隣の川棚町にも及んでいきました。

長崎県内では都会である佐世保市と焼物の町波佐見町に囲まれて、これといった産業もない川棚町だが、まさに里山の魅力が詰まっていて、東京生まれ東京育ちの辻井さんは本当の豊かな暮らしを感じると言う。

でも、そこにはダム建設計画があり、それは佐世保市民にとっても無関係ではない・・・ということで、話題は石木ダムに移っていきました。 

この続きは、ぜひこちらをご覧になってください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これって竜巻雲?

2016-12-11 | 雑感

昨日の夕がた、ベランダにて。

洗濯物を取り入れて、目の前の佐世保港に目を向けると・・・

ん、あれは何?

赤崎岳の向こうの空に不思議な雲。

なんか・・・竜巻っぽくないですか?

4本ほど螺旋状に立ち昇る雲が見えます。

やっぱり竜巻!?

急いでパソコンで気象情報をチェック。

竜巻注意報など、見当たりません。

テレビでも竜巻被害などのニュース速報は無く、一安心。

 

そのまま忘れていましたが、今日、竜巻雲で検索してみたら…

えー!地震の前兆?

そっくりな雲が地震雲として掲載されていたり、
https://matome.naver.jp/odai/2141675938695146201

http://fusitan.net/0036/#i-28

竜巻(らせん)形の雲を見たら8日以内に地震が起きると書かれていたり、
http://tomarigi.xyz/jishingumo-gazou/ 

驚きの情報がいっぱい。

 

おっと、ヤバイ、ヤバイ。

DeNAが運営する「まとめ記事サイト」のデタラメ記事が話題になったばかり。

そう言えば最初に紹介したサイトもmatome.naverだし…。

 

こういう時は、やはりWikipediaですね。

こちらで調べてみると、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E9%9C%87%E9%9B%B2

地震の発生と地震雲とよばれる雲の発現との因果関係は不明(まず存在しない)とされている。

とのこと。ホッ。良かった~

 

そして、らせん状のこの雲は、気象学的には漏斗雲と呼ぶらしい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%8F%E6%96%97%E9%9B%B2

 

いずれにしても、竜巻も地震もおきませんように。

地震、台風、火山噴火など自然災害の多かった2016年もあとわずか。

残りの日々がどうか穏やかでありますように。。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弱者切り捨て、日本が世界一!?

2016-10-04 | 雑感
一昨日(10月2日)のTBSテレビ 【サンデーモーニング】で、衝撃的な調査結果を知りました。
 
それは<風をよむ>のコーナーで提示されたものです。
 

 

 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やんばるの森を守りたい

2016-10-01 | 平和

私も「やんばるの森」を守りたい。

行ったこともない場所だけれど、ずっとそう思っていました。

この動画を見て、その思いをさらに強くしました。

 

反対する最大の理由は、

戦争の訓練をしているということ。

この豊かな森を戦争の道具にしないで、

様々ないのちが生まれ巡っていく森であってほしい。

 

木工職人の伊佐さんの言葉を良かったらシェアしてください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欧州では再生可能エネルギー100%達成が見えてきた!

2016-08-23 | さよなら原発

九州では猛暑が続いています。

ここ佐世保市では7月15日以来40日間真夏日(30度以上)を更新中です。

そのうちの12日は猛暑日(35度以上)です。

さすがに今年はエアコンのお世話になっています。

電気消費量を気にして昨年までは一人の時はほとんど使わないようにしていたのですが、

この夏は、一時体調を崩したこともあり、熱中症を防ぐために、あえて使うことにしました。

九州電力は川内原発を再稼働させており、それを思うと後ろめたさがありますが…。

 

ヨーロッパでは、自然エネルギーへのシフトが加速しています。

ポルトガルで5月7日午前6時45分から11日午後5時45分までの4日半の間、

ソーラー、風力、水力、バイオマスを合わせた再生可能エネルギーによる発電比率が

全電力消費量の100%に達したそうです!

ドイツでも5月8日、一時的にではありますが、

再生可能エネルギーによる発電比率が全電力消費量の95%!にまで到達したそうです。

こういう状況を受けて、西欧諸国では、今後、10数年という短いスパンで、

再生可能エネルギー依存度100%を達成する可能性が高まってきたと報じられています。

http://business.newsln.jp/news/201605170442030000.html

 

日本も再生可能エネルギーに早くシフトしてほしい。

あの福島原発事故を経験しながら、なぜ政治家はその決断をしないのか、不思議です。

しかも、安倍総理は企業と共に他国への原発輸出に力を入れているのですから、理解できません。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201601/CK2016012602000121.html

 

そんな日本が輸出した原発が、建設はしたけれど使われないまま廃炉になろうとしています。

台湾の第4原発です。

ノーニュークス・アジアフォーラム通信141号(8月20日発行、B5-32p)によると、

7月28日に開かれた立法院臨時会で、台湾電力の予算審議が行なわれ、第四原発凍結予算を削除する提案は、異議なしで可決されました。その内容は、

第四原発凍結予算とは、稼働する可能性を残しておくために立てられたもの。

しかし新政権により、もう稼動しないとの方針が決まった以上、凍結計画を取りやめるべきで、

新しい予算は組むべきではない。

そして今年度は第四原発廃止計画を策定すべき。

というものでした。http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/118

 

そして、このような動きの原動力となったのは、学生・市民の声。

2014年4月27日、5万人のデモ隊が台北駅前の8車線道路を15時間占拠し、

「原発を終わらせよう、主権を市民に返せ」と叫び続けました。

http://www.nonukesasiaforum.org/jp/128a.htm

このニュースは見た記憶がありますが、すっかり忘れていました。

日本でも反原発デモは全国に広がったのに、結局は何も変えられなかった。

だから、台湾も同じようなものかと思っていたら、全く違っていたのです。

 

あの時のデモが実を結びつつある。

国を確実に変えてきた。

一方、日本では再稼働が少しずつ始まっている。

なぜ?

なぜ、日本は変われないのだろう?

世界最大の原発事故を経験しても、原発エネルギーを求め続け、

世界唯一の原爆被爆国でありながら、核兵器禁止条約に賛成できないでいる。

 

なぜ?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加