言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国、米国に「ハワイ領有権も主張できる」と主張

2012-11-30 | 日記
産経ニュース」の「中国「ハワイ領有権も主張できる」 米国務長官、協議の一幕明かす」( 2012.11.30 20:06 )

 【ワシントン=犬塚陽介】クリントン米国務長官は11月29日、ワシントン市内で講演した際の質疑応答で、過去に南シナ海の領有権問題を中国と協議した際、中国側が「ハワイ(の領有権)を主張することもできる」と発言したことを明らかにした。長官は「やってみてください。われわれは仲裁機関で領有権を証明する。これこそあなた方に求める対応だ」と応じたという。

 協議の時期や詳細には言及しなかったが、20日の東アジアサミット前後のやりとりの可能性もある。仲裁機関は国際司法裁判所(ICJ)を指すとみられる。

 ハワイをめぐっては、太平洋軍のキーティング司令官(当時)が2007年5月に訪中した際、中国海軍幹部からハワイより東を米軍、西を中国海軍が管理しようと持ちかけられたと証言したこともあった。

 クリントン長官は、中国と周辺国の領有権問題について、領有権の主張が地域の緊張を招くような事態は「21世紀の世の中では容認できない」と述べ、東南アジア諸国連合(ASEAN)が目指す「行動規範」の策定を改めて支持した。また、領有権問題は「合法な手段」で解決されねばならないと強調した。

 さらに、領有権問題は北極や地中海でも起こりかねず、米国は「グローバルパワー」として放置できないと明言。中国が「できる限り広範囲」の領有権を主張する中、法に基づく秩序維持のために「直言していかねばならない」と語った。


 「ハワイ(の領有権)を主張することもできる」

 ―― ここまでくると、ほとんど病気ですね。とても、まともな主張だとは考えられません。



 中国は次第に、国際社会の信頼を失うでしょう。(すでに失っているかもしれませんが)

 そしてまた、米国は次第に、中国が「まともな国ではない」という確信を強めていくでしょう。

 領土(尖閣諸島)をめぐって、中国と対立している日本にとっては、よい傾向ですね。



 ただ一点、気になるのは、米国が「合法な手段」を強調すればするほど、米国は軍事行動をとりづらくなり、その間、中国は着々と軍事力増強を続けることが容易になることですね。

 米中のGDPが逆転する時期も遠くない、という予測もあるなか、この状況は「まずい」です。

 なぜなら、GDPは軍事力に影響するからです。



 かつて、日中のGDPが逆転した際に、日本では「中国は人口が多いのだからGDPが逆転されるのは当然のこと。たいしたことじゃない。今までが異常だったのだ」だとか、「重要なのは1人あたりGDPだ。1人あたりGDPは日本のほうが10倍以上」といった主張がみられました。

 たしかに「経済」の観点でみれば、そのとおりです。「重要なのは1人あたりGDP」でしょうし、「人口要素を考えればGDPが逆転されるのは当然」でしょう。

 しかし、「国防」の観点でみれば、GDP逆転は大問題です。なぜなら、国全体のGDPは、その国が軍事力(防衛力)に割ける資源(お金)の総量を決定するからです。



■関連記事
 「韜晦之計
 「中国旅券に領有権主張地域の地図
 「中韓は「法律論で日本と争えば自国が不利と知っている」
 「尖閣領有権、米国内で日本支持の声
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党の安倍総裁、退役自衛... | トップ | アメリカのTV広告、Chinese... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-12-01 09:34:21
日本にとっては益々、ロシアやインドとの安保協力の重要性が増してきますね。
Unknown (memo26)
2012-12-01 18:56:31
 そうですね。ただ一点、気になるのは、ロシアとの間では北方領土問題が残っていることです。これが障害になると思います。
Unknown (Unknown)
2012-12-10 10:16:12

http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight



ハワイだけじゃないけど、中国の領土野心
Unknown (memo26)
2012-12-12 16:33:51
 コメントありがとうございます。

 教えていただいた記事とは異なりますが、その前後の記事(関連記事)を読み、要点をまとめました。今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。