言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自民党の安倍総裁、退役自衛艦を海保で活用する方針

2012-11-29 | 日記
朝日新聞」の「「退役自衛艦を海保に移籍し活用」 尖閣防衛で安倍氏」( 2012年11月29日12時42分 )

 自民党の安倍晋三総裁は29日、都内のホテルで講演し、尖閣諸島周辺海域に中国公船が領海侵入を繰り返していることへの対抗策として「30年で退役した自衛艦を海上保安庁に移籍させる。即応予備自衛官も海保に編入させていく必要がある」と提案した。

 尖閣問題をめぐり、安倍氏は「我々は物量において阻止しなければいけない。我々は政権をとったら、海保と防衛省の予算を増やしていく」と強調。そのうえで「今から予算をつけても船ができるのは2年後だから間に合わない」と指摘し、退役自衛艦を活用する考えを示した。


 これ、いいアイデアではないでしょうか?



 「元・自衛艦」が海上保安庁に移ることについて、反対意見も予想されるところではありますが、

 中国は「軍艦を改造した船」を「漁業監視船」として利用しています。つまり「元・軍艦」が「漁業監視船」になっているわけで、それを考えれば日本が「元・自衛艦」を活用することに、なんら問題はないでしょう。



 また、今日、次のようなニュースも流れました (↓) 。

 「南シナ海で」と報じられてはいるものの、「中国が領有権を主張する海域」で中国の警察が強権を発動するというのですから、そのうち「東シナ海で」中国が同様の方針を打ち出すことが予想されます。

 したがって日本もなんらかの準備をしておくべきだといえ、そのためには上記、安倍総裁の方針は「適切」なのではないかと思います。



REUTERS」の「中国、南シナ海で「領海侵犯」の外国船に警察が強権発動へ=報道」( 2012年 11月 29日 14:36 JST )

 [北京 29日 ロイター] 中国の国営英字紙チャイナ・デーリーは29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた外国の船舶について、海南省の警察当局が乗り込み、捜索すると報じた。アジアの各諸国が領有権を主張する南シナ海をめぐり、緊張が一段と高まりそうだ。

 同紙によると、新たなルールは来年1月1日から実施される。中国の海域に「侵入」した外国の船舶に対し、海南省の警察当局が船内に乗り込み、支配下に置いた上で、航路の変更や航行の停止を命令することが可能となる。

 南シナ海をめぐっては、中国やベトナム、フィリピン、ブルネイ、台湾、マレーシアが領有権を主張している。

 中国は時折、中国の領海内で不法に操業していたとして、主にベトナムの漁業従事者を拘束しているが、すぐに釈放する措置をとっている。




■関連記事
 「韜晦之計
 「中国旅券に領有権主張地域の地図
 「自民党の安倍総裁が掲げる政策
 「今後の日中関係は悪化する見通し
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日銀出身エコノミストは日銀... | トップ | 中国、米国に「ハワイ領有権... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。