言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

普天間移設問題、沖縄県知事の発言も「おかしい」が

2011-06-23 | 日記
時事ドットコム」の「沖縄での菅首相発言」( 2011/06/23-13:49 )

 菅直人首相が23日、沖縄県糸満市で記者団に語った内容は次の通り。
 -米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題で、なぜ県外移設は無理なのか。
 沖縄の皆さんが、県外あるいは国外移転を望んでいることはよく理解している。そうしたことを含めていろいろ検討もしてきたが、大変そのことが難しい状況にあるということで、何とか危険性を除去し、固定化を避けるため、努力しなければいけない。これからも沖縄の皆さんの声を聞きながらそうした方向で取り組んでいきたい。
 -延長国会で成し遂げたいことは何か。
 私がやらなければいけない課題は(震災の)復旧・復興、そして原子力事故の収束。それに向けて全力を挙げ、私自身、燃え尽きる覚悟でこのことに取り組んでいきたいと考えている。


 菅直人首相は今日、(日本)政府が普天間飛行場の(沖縄)県内への移設を進めようとしているのは、県外への移設についても検討してきたが(県外移設は)大変難しいからであると述べた、と報じられています。



 これに対して、沖縄県知事は、



47NEWS」の「沖縄知事、辺野古以外も検討を 普天間移設で」( 2011/06/23 17:49 )

 沖縄県の仲井真弘多知事は23日、同県宜野湾市の米軍普天間飛行場について「移設先が沖縄県名護市辺野古しかないとの思い込みは理解できない」と述べ、政府に県外移設の可能性を再検討するよう求めた。菅直人首相との会談後、那覇市で記者団に語った。

 同日の沖縄全戦没者追悼式に出席した首相が、日米合意に基づき辺野古移設を目指す考えを示したのを受けた発言。仲井真氏は「沖縄のせいで移設問題解決に時間がかかっていると言われるのはとんでもない話だ」として、政府に一層の取り組み強化を促した。

 首相が、新たな沖縄振興策に地元の意見を反映させると述べたことは「高く評価できる」と歓迎。


 「移設先が沖縄県名護市辺野古しかないとの思い込みは理解できない」と述べ、政府に県外移設の可能性を再検討するよう求めた、と報じられています。



 首相は「県外移設についても検討してきた」が、それは「大変難しい」と言っているにもかかわらず、

 知事は「移設先が沖縄県名護市辺野古しかないとの思い込みは理解できない」と述べ、政府に県外移設の可能性を再検討するよう求めたわけです。

 とすれば、沖縄県知事の発言は「おかしい」のではないかと思います。なぜなら国側は「(県内しかないなどと)思い込んでいない」のであり、知事のほうが「(国側が思い込んでいると)思い込んでいる」というべきだからです。



 ところで、「沖縄県知事選の結果と、普天間移設問題の見通し」に引用した報道(記事)によれば、知事選の際に仲井真陣営は「普天間問題に関心が集中すると、伊波さんに負ける可能性があった」ので「争点外し」を画策していたというのですから、

   本来、知事は徹底的に反対ではなかった

とみるのが自然ではないかと思います。そしてまた、沖縄県民もそれをわかったうえで、「ある程度の含み」をもって当選させたのではないかと思われます。とすれば、すでに「県内移設を認める下地がある」わけです。



 知事は「あくまでも県内は反対」という姿勢を「一度は徹底的に示さなければならない」のかもしれませんし、知事が
首相が、新たな沖縄振興策に地元の意見を反映させると述べたことは「高く評価できる」と歓迎
すると述べていることも、要は「条件次第では県内移設も認める」という姿勢の現れではないかとも思われます。



 したがって、知事の上記「おかしな」発言も、私には、すこしでも有利な条件を引きだすための「交渉戦術」なのではないかと思われてなりません。



■関連記事
 「普天間問題の根本的原因
 「那覇市長の主張はおかしい (普天間基地移設問題)
 「宜野湾市長の主張もおかしい (普天間基地移設問題)
 「普天間飛行場、名護市辺野古への移設方針を正式伝達
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由貿易の是非 | トップ | 家賃規制の効果 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。