言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

普天間問題の根本的原因

2010-12-19 | 日記
西部邁・宮崎正弘 『日米安保50年』 ( p.165 )

(西部) 僕はつい先だって、沖縄に五回目ぐらいに行ってきて、また同じことを思ったのです。たとえば米軍基地は主として沖縄にあるわけです。そうすると、僕が勝手に忖度している沖縄人の半ば無意識の気持ちは、こうであるに違いない、あるいはこうであってほしいということで言うと、それは「俺たち、ヤマトンチュの要望に従って立派に戦ったじゃないか、島民の三分の一が。それなのにヤマトンチュは俺たちに対してありがとうの一言もないじゃないか」というものです。我々本土の側は、「おまえたちに戦ってもらって陸上決戦は沖縄だけ、本土はもちろん原爆も空襲もあったけど、天空高くから何か火砕流が降ってきたようなもので、陸上決戦はやらなくて済んだ。沖縄には本当に感謝の言葉もない」といった態度を戦後、今に至るも一度も示してきませんでした。そのことが、沖縄人をしてあの莫迦げた平和主義に追い込んでしまったのであろうと僕は思っています。
 それで、自分が思っていることを、実は沖縄の人たちに一度目から五度目まで、毎回、言う場があれば言ってみるのです。ところが沖縄の人たちの反応は、僕のそういう解釈にイエスも言わないしノーも言わない。左翼なら平和主義的反対をやるでしょうが、彼らは左翼の連中ではなくて普通の人です。その普通の人である彼らは、ただ黙っているだけ。見事に五回とも黙っているのです。おもしろい現象だなと思いました。
 もちろん沖縄については、日本の思いやり予算の支出がなければ経済的に困るとか、そういった経済計算は山ほどできますが、そんなことではなくて、それこそナショナルなもの、パトリオティックなものとして、沖縄には会わす顔がないぐらいの切実な思いがあってしかるべきなのに、それがないことが問題です。「俺たちは死ぬまで戦う」「一億玉砕だ」と言いながら、実は本土で言えばたった九十万死んだだけで、太平洋で百万、中国大陸で百万死んだだけで、白旗を掲げてしまった。それは時の運で致し方なかろうけど、その時に、徹底的に戦ったかどうかは別として、爆弾の雨あられに全身を曝す(さらす)とか、それに類する戦闘を経験した島民に対して、本土の日本人が大東亜戦争の評価も踏まえながら「ありがとう」の一言も言わなかったということで、そのことが沖縄をおかしくしてしまった。そして、日本 "列島" 人のいびつな戦争観が、とうとう思いやり予算を是とするような馬鹿げた国防論をもたらしてしまったと思われてなりません。

(中略)

(宮崎) 私も沖縄の人と議論することがありますが、彼らは私から見れば非常に身勝手なことを言っていると思うことがあります。ヤマトンチュはけしからん、と。それに対して、「では、沖縄は独立したらどうか」と言うと、二の句が継げないようです。そういう発想が全くありません。
 沖縄に謝らなければいけないのはもちろんとして、我々は台湾の人にも謝らなければいけないのです。しかし、戦後の日本は、台湾を切り捨ててしまいました。好意を持っている人たちに対して裏切りの限りを尽くしています。


 戦後、日本(本土)は沖縄に対して感謝の気持ちを示してこなかった。現在の沖縄の状況は、ここに原因があるのではないか、と書かれています。



 この評価は、おそらく的を射ているのではないかと思います。最新のニュースを引用します。



毎日jp」の「在日米軍再編:普天間移設 首相沖縄訪問 住民と対話せず 深まる失望、不信感」( 2010年12月19日 )

 普天間問題の事態打開に向け訪沖した菅直人首相は18日、日米合意した移設先・辺野古(沖縄県名護市)を上空から視察するなどして2日間の訪問を終えたが、過重な基地負担に苦しむ住民と直接対話することはなかった。民意とすれ違ったままの訪問に、県民からは「現場の生の声を聞くべきだ」との声が上がり、沖縄の失望と不信感は深まるばかりだ。

 首相はこの日午前、空自那覇基地からヘリに乗り込み、「世界一危険な飛行場」とされる米軍普天間飛行場(宜野湾市)や辺野古などを視察。午後、普天間飛行場内に足を運び、在沖米軍の責任者と会うなどした。17日の仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事との会談で、「沖縄のみなさんの気持ちを理解したい」と語った菅首相だったが、基地周辺住民や基地を抱える市町村の首長の話を直接聞くことはなかった。

 普天間飛行場の視察の際、首相が乗った車が通った第1ゲート近くにある普天間爆音訴訟団の事務所。高橋年男事務局長(57)は「基地周辺で暮らす住民の声を直接聞き、そこできちんと説明すべきだ」と憤った。

 辺野古移設を「ベターな選択」との言葉を残して、沖縄を去った首相。首相発言への沖縄の怒りは高まるが、県議会の玉城義和副議長(名護市選出)は「ベター発言や仙谷(由人)官房長官の『甘受』発言が出てくる背景には、沖縄の基地負担に無理解な国民世論があるからだ。一番の問題がそこにある。首相への怒りは、本土へ向けられた怒りでもある」と話した。【佐藤敬一、井本義親】


 沖縄県民からは、「現場の生の声を聞くべきだ」「基地周辺で暮らす住民の声を直接聞き、そこできちんと説明すべきだ」「ベター発言や仙谷(由人)官房長官の『甘受』発言が出てくる背景には、沖縄の基地負担に無理解な国民世論があるからだ。一番の問題がそこにある。首相への怒りは、本土へ向けられた怒りでもある」との声が聞かれる、と報じられています。



 沖縄県民が言っているのは、要するに、「俺たちの気持ちをわかってほしい」ということにほかなりません。



 報道によれば、首相は「沖縄のみなさんの気持ちを理解したい」と語ってはいます。しかし沖縄県民にしてみれば、

   本当に気持ちを理解したいと思っているなら、
     なぜ、直接会って話を聞こうとしないのか、
     なぜ、直接会って話をしようとしないのか、

ということになるでしょう。

 ここであえて首相の立場を代弁すれば、一国の首相職は激務であり時間的に難しい、ということになります。

 しかし、このような説明では、沖縄の人たちは納得しないでしょう。なぜなら、「それなら米軍沖縄基地は重要ではないのか。重要ではないなら、基地はいらないのではないか」ということになるからです。



 私が考えるに、米軍沖縄基地は日本にとって、きわめて重要だと思います。首相が行うべき職務は多様であり、多忙を極めていることはわかるのですが、

   「どれだけ沖縄県民との対話に時間を割くか」は、
   「どれだけ米軍沖縄基地を重視しているのか」のバロメーター

でもあります。沖縄県民も子供ではない以上、「無理な要求はしない」と思います。首相に対して、「沖縄にかかりきりになれ」とまでは思っていないはずです。

   要は、首相(日本政府)に「誠意が感じられるかどうか」が重要

なのではないでしょうか。このことは、本土の人々の態度についてもあてはまります。



 「沖縄県知事選の結果と、普天間移設問題の見通し」に書いた通り、普天間飛行場(基地)の移設先は、沖縄県内しかあり得ないと思います。

 沖縄県民も、このことはおそらくわかっているでしょう。沖縄県民が言いたいのは、日本政府 (及び本土の人々) は基地の負担を沖縄に押し付けておいて、あとは「知らんぷり」じゃないか。すこしは感謝の気持ちを持ってほしい。すこしは本土の人々も、基地問題を自分のこととして考えてほしい、ということなのではないかと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三島由紀夫の「生きる意味」 | トップ | 「思いやり予算」は異常では... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。