言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沖縄県知事選の結果と、普天間移設問題の見通し

2010-11-29 | 日記
YOMIURI ONLINE」の「沖縄知事選 「経済の仲井真」選択」( 2010年11月29日 )

 沖縄県民が選んだのは、「反基地」よりも経済振興だった。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題や経済振興を争点に、28日投開票された同県知事選。経済活性化を掲げ、国とのパイプを強調した仲井真弘多さん(71)が、普天間の米領グアム移転と同県名護市辺野古への移設拒否を掲げた伊波洋一さん(58)を破った。「沖縄の更なる発展を目指す」。普天間の県外移設を主張しながら、選挙戦で触れるのは最小限にとどめた仲井真さん。当選後も経済問題に取り組む決意を強調した。

 午後10時過ぎ、仲井真さんの当選確実がテレビニュースで流れると、那覇市の事務所では「やったあ」と歓声が上がり、詰めかけていた支持者たちは喜びを爆発させた。すでに事務所入りしていた仲井真さんは笑顔で支持者たちとがっちり握手。バンザイとともに指笛が鳴り響いた。

 仲井真さんは「1期目の仕事ぶりが評価され、これから4年間の公約も理解していただいた。基地(問題)から解放され、地域の活力を生かした特色ある県にしていきたい」と語った。

 普天間移設問題では「沖縄での移設が難しくなった現在では、日本全国で解決(策)を見いだしてもらいたい」と持論を繰り返した。

 沖縄電力会長などを務めた仲井真さんは選挙戦で、地元振興策や雇用創出など経済政策を中心に訴えた。特に、沖縄振興特別措置法が来年度末で期限切れを迎えることから、代わりとなる新法制定の必要性を強調。実現に向けて政府とのパイプをアピールした。

 一方、普天間移設問題は「県外移設を政府に求める」などと簡単に触れる程度で、言及しないこともたびたびあった。陣営幹部は「普天間問題に関心が集中すると、伊波さんに負ける可能性があった。『争点外し』が成功した」と打ち明けた。


 沖縄県知事選で、仲井真弘多さんが当選した。同氏陣営幹部は「普天間問題に関心が集中すると、伊波さんに負ける可能性があった。『争点外し』が成功した」と打ち明けた、と報じられています。



 仲井真弘多さんは普天間飛行場の県外移設を主張されていますが、対立候補 (伊波洋一さん) はもっと強硬な県外移設派ですから、沖縄県民は「穏健な選択」をした、といってよいと思います。

 沖縄県民は「基地問題は重要だが、経済も重要。中央とのパイプを考えれば、仲井真さんが適任である」と判断したと解釈してよいのではないかと思います。



 ところで、選挙選において「『争点外し』が成功した」と仲井真陣営幹部が述べた、と報じられています。

 したがって、普天間移設問題について「沖縄での移設が難しくなった現在では、日本全国で解決(策)を見いだしてもらいたい」と仲井真氏は発言されているものの、「なにがなんでも県内移設反対」ではない、とみてよいと思います。

 とすれば、



時事ドットコム」の「県内「諦めた方がいい」=普天間移設で仲井真氏」( 2010/11/29-18:55 )

 沖縄県知事選で再選を果たした仲井真弘多氏は29日午後、那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先は「県内にはもうない」と指摘し、「(政府は)県内移設はある意味でもう諦めた方がいい」と述べた。
 また、日米合意に基づき、政府が名護市辺野古周辺海域に移設する場合、県知事が埋め立てを許可することが必要となるが、仲井真氏は許可の可能性について「ほとんど不可能に近いものを埋め立てたいと言っても、これは(検討)対象にならない」と語った。


 沖縄県知事選で再選を果たした仲井真弘多氏は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先は「県内にはもうない」と指摘し、「(政府は)県内移設はある意味でもう諦めた方がいい」と述べた、と報じられていますが、



 これはおそらく、「日本全国で解決(策)を見いだしてもらいたい」という知事の主張をちがう角度から表現したものではないかと思います。すなわち、「沖縄のみの問題としてではなく、日本全体の問題として日本中の人々に考えてもらいたい」という知事のメッセージなのではないかと思います。

 したがって、

   「日本全体の問題として、日本中の人々が真剣に考え始めれば」
       普天間移設問題は解決するのではないか、と予想されます。



 普天間移設問題は難しいので、いままでこのブログでは書いてきませんでしたが、まったく関心がないわけではありません。それどころか、大いに関心があります。

 上記、私の予想が正しいか否かはわかりませんが、「日本全体の問題として、日本中の人々が真剣に考え始め」なければならないことには変わりありません。また、「難しい問題とはいえ、『わからない』ですませてはならない」ことにも変わりありません。「沖縄のみの問題としてではなく、日本全体の問題として日本中の人々に考えてもらいたい」という仲井真沖縄県知事のメッセージを無視してはならないでしょう。

 私も、なにか書くべきではないかと思いました。そこで、私もささやかながら、考えつつブログに書いています。



 米軍基地の移設先については、「米軍」すなわち米国の意向も重要であり、日本側の事情のみで決めるわけにはいかないと思います。現実問題として、

   米国が「基地は沖縄に」と望んでいる以上、県外移設はあり得ない

と思います。そしてそのことを踏まえれば、

   日本中の人々が真剣に考え始めれば、
    (沖縄) 県内移設の可能性は「まだある」とみてよいのではないか

と思います。



時事ドットコム」の「「合意履行」「継続使用」両にらみ=普天間移設、日本側の調整注視-米」( 2010/11/28-23:41 )

 【ワシントン時事】沖縄県知事選で現職の仲井真弘多氏が再選されたことについて、オバマ米政権は懸案の米軍普天間飛行場移設が前進する余地が残ったと判断、当面は日本政府と地元の話し合いを見守る方針だ。一方で、今後も足踏みが続く可能性があるとみており、現飛行場の継続使用を想定した準備も進める両にらみの構えで臨む。
 米政府当局者は普天間問題について「日米合意を履行するか、海兵隊が今の場所に残るか、二つの選択肢しかない」と断言する。
 返還合意から約15年。一向に代替施設の着工に至らない現状に米側のいら立ちは募る。加えて、決着の遅れが同盟深化を妨げたとの不満があり、同当局者は「どちらの道を取るか、日本が決めることだ」と突き放す。
 普天間移設とセットと位置付けられた沖縄海兵隊グアム移転の予算をめぐり、米議会は今年、普天間問題で「目に見える進展がない」ことを理由の一つに挙げ、要求額を大幅カットした。
 海兵隊はグアムを沖縄、ハワイと並ぶ太平洋地域の拠点とする構想を持ち、順調に施設整備するには同問題の打開が必要。沖縄で反発の強い垂直離着陸輸送機MV22オスプレー配備も2年後に計画しており、人口過疎地の同県名護市辺野古への移設はできれば早期に実現したいのが本音だ。
 ただ、仲井真氏が県外移設を掲げ、選挙前より状況が厳しくなっているのは米側も認識している。米軍準機関紙「星条旗」(電子版)は最近、同氏当選でも「日米同盟は打撃を受ける」と報じた。
 海兵隊が先に策定した航空計画は、移設完了まで現飛行場を「100%運用できることが要求される」と主張。代替施設建設の遅れや頓挫に備え、老朽化した滑走路の改修や基地近代化のプロジェクトを列挙した。
 「普天間だろうが辺野古だろうが関係ない。沖縄に飛行場が欲しいのだ」。米軍関係者からはこんな声も漏れている。


 米政府当局者は普天間問題について「日米合意を履行するか、海兵隊が今の場所に残るか、二つの選択肢しかない」と断言する。米軍関係者からは「普天間だろうが辺野古だろうが関係ない。沖縄に飛行場が欲しいのだ」という声も漏れている、と報じられています。



 米政府・米軍は「沖縄」に飛行場がなければならない、と言っているのですから、「(沖縄) 県外」はあり得ない、とみなければならないと思います。どう考えても、移設先は「(沖縄) 県内」しかあり得ません。



 なお、次に引用する沖縄タイムスの記事は、じつは米国は沖縄基地を重視していない、と言わんばかりの主張をしています。しかし、その根拠となっているのが 1967 年の米国防長官の発言であり、いかにも古く、下記沖縄タイムスの主張には説得力がないと思います。



沖縄タイムス」の「[大弦小弦](2010年11月29日)」( 2010年11月29日 09時24分 )

 「沖縄基地は沖縄人や日本が考えているほど重要ではない」。1967年、マクナマラ国防長官が松岡政保主席に語ったことが、外交文書で明らかになった

 ▼一方の日本は沖縄が「最適の位置」として米軍基地の移転に否定的だったという。国際情勢への見方は時代によって異なるが、「沖縄に米軍基地が必要」と固執し続けているのは日本だった、ことをあらためて裏付けた

 ▼ほかにも67年の日米首脳会談直前、佐藤栄作首相が沖縄の早期返還を主張したことに対し外務省は難色を示した、と共同電は伝える。本土復帰は政治主導によって実現したということだ

 ▼そこで思い出すのが民主党の普天間問題への対応。「最低でも県外」と言った鳩山由紀夫元首相は「学べば学ぶほど」沖縄に米軍基地は必要、と前言を翻した。学ばせたのが官僚であることは間違いない

 ▼手ごわいのは、「政」より「官」の方だ、と過去は照らす。今後4年、県政を担うリーダーが、長きにわたって築かれた「官」をどう動かし変えていくか。一筋縄ではいかないが、強い信念と胆力が求められる

 ▼そして何より知事を支えるのが県民世論だ。今後「アメ」と「ムチ」の猛威が待っていよう。「アメ」に媚(こ)びぬ自立の力を育て、「ムチ」打たれても動じぬ独立の気概を忘れたくない。(平良哲)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労働力不足の解決策 | トップ | 科学技術関連予算の必要性 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。