言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国人研修・実習生の賃金例

2009-05-17 | 日記
NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班編 『ワーキングプア 日本を蝕む病』 (p.140)

 この制度では、研修生は労働者とはみなされず、残業をさせるなど、研修以外の目的で働かせることは禁じられている。一年の研修を終えた後になる技能実習生は、一日の労働時間を八時間以内などと定める労働基準法が適用され、最低賃金法で定められた額以上の賃金で、使用者と雇用関係を結ぶとされている。
 しかし実際は、最低賃金を下回るわずかな額で、長時間働かせているケースが全国であとを絶たない。国際貢献という制度本来の目的を大きく逸れ、研修生や実習生が、人件費を削るための安い労働力として利用されているのだ。そのため、制度の根本的な見直しを求める声が強まっている。

(中略)

 五人の中国人は、二十代から三十代の女性ばかりで、故郷に夫と子どもを残して来た人もいる。勤務時間は原則として朝の八時から夜十一時までで、その間、昼に一時間、夜に三十分の休憩があるだけだ。休日は月に一度、あるかないかだという。共同生活をしているアパートと、作業場を往復するだけの毎日だ。
 賃金は、組合に言われた通りにしている。月五万円を、研修生には「手当」として、実習生には「給料」として支払う。「残業代」は研修生は時給二百円、実習生は二百五十円だ。
 こうした待遇は、もちろん違法だ。研修生の場合は、賃金の低さ以前に、規定の時間外や休日に働かせていることが問題だ。実習生の場合は、岐阜県に適用される、時間当たりの最低賃金六百七十五円(二〇〇六年十二月現在)を大きく下回っていること、労働時間の長さや休日の少なさが問題となる。
 しかし、女性たちはもともと違法な待遇を前提に来ているので、不平不満を漏らすことはない、と井上さん(引用者註:仮名)は言う。日本ではわずかな賃金であっても、中国では大金となる。研修と実習を合わせた三年の期間内に、できるだけお金を貯めようと必死だ。食事は極めて質素で、ご飯や、根菜を煮ただけの弁当を寮で作り、パックに詰めて持って来る。粉末で作ったスープを、ご飯にかけてかきこむ。支出をギリギリまで抑え、実族のもとに送金している。


日本国内で、月に 5 万円の「給料」、1 時間 200 〜 250 円の「残業代」で働く中国人がいる。しかも、文句を言わない。

ざっと概算すると、毎日、朝から夜遅くまで、ほとんど休みなしで働いて、年収 120 万円程度だと思います。帰国すれば大金になる中国人はともかく、日本人で、死ぬまでこの条件で働く、というのは厳しすぎると思います。


為替レートを変えれば解決しそうですが、それは個人の努力では不可能だと思われます。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ワーキングプア 為替レート 労働基準法 最低賃金法
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 母子家庭の世帯収入 | トップ | 長期不況とケインズ経済学 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。