言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母子家庭の世帯収入

2009-05-16 | 日記
NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班編 『ワーキングプア 日本を蝕む病』 (p.97)

 男性は仕事をし、子育てや親の介護は女性の役割だという考えは未だ根強い。一方、そうした負担を抱えながら働く女性を支える社会の仕組みも整っていない。日本の母子家庭は百二十三万世帯(二〇〇三年)。別れた夫から養育費が支払われているのは、わずか十八%だ。母親の八割以上が働いているが、平均の年収は二百二十五万円。一般世帯の平均年収五百八十万円の半分にも満たない。


養育費が支払われているのは、18%。

8 割以上が働いている、というのは、「養育費が支払われていなければ、ほぼ全員が働いている」ということでしょう。


未婚女性よりも優先的に雇用すべきかどうかはともかく、母子家庭の世帯主 (女性) についての配慮を忘れてはならない、といえそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホームレスの定義 | トップ | 中国人研修・実習生の賃金例 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。