言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長期不況とケインズ経済学

2009-05-19 | 日記
吉川洋 『構造改革と日本経済』 (p.38)


 経済学者・エコノミストの間でかわされた論争において最も重要な論点の一つは、日本経済がこれほどの長期停滞に悩まされているのはサプライ・サイド、需要不足、一体どちらに問題があるからなのか、というものだ。結論的に言えば「両方だ」というのが本書の立場なのだが、

(中略)

 サプライ・サイドに焦点を絞る経済学者・エコノミストが後を絶たないのは、「一〇年」に及ぶ問題は「長期」の問題であり、「長期」の問題は「サプライ・サイド」の問題だ、という考え方が経済学者の頭にこびりついているからだ。林(二〇〇三)の見解は代表的なものだと言えるだろう。

 「総需要を強調するケインズ経済学でさえも、需要不足は長期的には価格の調整を通じて解消されるとされる。ケインズ経済学は、景気循環のような短期の経済変動を説明するには有効かもしれないが、九〇年代の日本のような長期の停滞を説明するには無理がある」(林 二〇〇三、三頁)。


(註: 引用文中に引用文が含まれています)

引用文中に引用されている部分には、ケインズ経済学の論理は、長期に及ぶデフレ下では、有効に機能しない、と書かれているのだと思います。説得的なのですが、もともと、ケインズ経済学は、長期に及ぶデフレ下で唱えられたものではなかったのか、という疑問が頭をもたげます。

もっとも、ケインズ経済学は、長期に及ぶデフレ下で唱えられた、長期に及ぶデフレに対処するために考えだされた理論である、という私の理解が誤っているのかもしれません。調べてみたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国人研修・実習生の賃金例 | トップ | 年金給付減額の論理 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。