歴史と旅と少しのグルメ

ぐんまを中心とし、日常の気ままな話題を書き込みます。

ぐんまの歴史訪問記3(前橋市大室公園)

2009年04月19日 | まち歩き

先日、春の陽気に誘われて前橋市にある大室古墳群に行ってきました。この古墳群は、公園事業として整備され、今では、古民家や遊び場、芝桜など整備され多くの人でにぎわっています。少し桜の満開時からは過ぎていましたが、そよ風に揺れる桜はとても綺麗でした。

さて、大室古墳群は、前二子山、中二子山、後二子山の3つの前方後円墳を中心に形成されています。

この古墳は、6世紀初めに造られた前二子山古墳を始め、100m級の古墳なため、古代群馬の有力者の墓であることが想定でき、「日本書紀」に書かれている豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)をはじめ、その子供たちの墓だという説もあります。

前二子山古墳の後円部には横穴式石室があり、羨道と玄室(遺体や副葬品が在るところ)が長く、玄室にはベンガラで赤く塗られていました。

また、中二子山古墳は、もっとも墳丘が大きく、中堤には円筒埴輪や人物埴輪が数多く配列されていました。

以前紹介した保渡田古墳の処でもお話ししましたが、埴輪は、葬送の儀式を再現するために古墳にたてられたもので、家長や首長の儀式を表していると言われています。

この地域のもっとも栄えた時期がこの中二子山古墳の造成時期に重なるのかもしれません。

というのもこの後造られた、後二子山古墳の後円部石室前には、儀式に使われた土器の一部が復元されていますが、土器の年代からすると、6世紀後半から7世紀前半にかけてのもので3期に分かれることがわかっています。

ということは、数十年の間に、3期にわたって儀式が行われたということは、支配力が弱まってあらたな古墳をつくることができないために、儀式や追葬を同じ古墳で行った可能性も考えられます。

011

前二子山古墳の玄室。副葬品の出土状況も再現されています。

006

中二子山古墳の中堤上の埴輪群。円筒埴輪。人物埴輪など人々に支配者の威厳を知らしめるのにも効果があったでしょう。

036

後二子山古墳の石室前の儀式を再現。3期にわたる土器類が在ります。

葬送や権力交代の儀式がここで行われたのでしょうか。

007

桜が綺麗でした。

056

芝桜も植えてあります。今週あたりは見頃かも。公園も広く、遊び場としては良いですよ。


この記事をはてなブックマークに追加

ぐんま歴史訪問記2

2009年04月05日 | まち歩き

4月に入り、桜もようやく咲き始めました。

新年度を迎え、新しい人との出会いの季節。まだまだ落ち着かないですが、今年も自分のペースで、健康で過ごせて行けたらと考えています。

さて、先日は群馬県の国分寺史跡(高崎市)に行ってきました。

国分寺は、奈良時代の天平13年(741年)、聖武天皇が国ごとに僧寺と尼寺 を建立することを命じ、後に僧寺が国分寺といわれるようになりました。

750年頃には主な建物が完成し、金堂や7重塔を囲む築垣や南大門など壮大な規模であったそうです。

現在では、金堂や7重塔の基壇や築垣などが復元され、資料館も併設されています。

今は、昔の興隆の面影をわずかに残すのみですが、当時の災害や政治情勢を憂い、国家安堵を願って建立された国分寺の規模や数を考えると、中央集権国家を確立した聖武天皇の当時の政治力が卓越したものであったことが窺えます。

史跡にいく1つの楽しみは、発掘による明らかになった遺構から類推して当時の容姿を思い浮かべることであると思います。

史跡には当時の人々の生活、考え、願いなど多くの痕跡が残されており、それを紐解くことにより、現代人にも多くの知恵を与えてくれますね。

002

当時の国分寺復元図

009

7重塔の復元した基壇

005

復元した築垣。古代と同じ棒で土を固める版築という工法で造ってあります。


この記事をはてなブックマークに追加