歴史と旅と少しのグルメ

ぐんまを中心とし、日常の気ままな話題を書き込みます。

旅紀行(郡上八幡・白川郷など)

2008年10月30日 | まち歩き

10月中旬に妻籠、郡上八幡、高山、白川郷にいってきました。

今まで行ったことのない郡上八幡と白川郷を楽しみにしていました。

妻籠に行ったのは、すでに23年前。雰囲気も変わっている気がしました。

江戸から数えて42番目の中山道の宿場町。昭和40年代の保存活動により、江戸時代にタイムスリップしたような町並みが残りました。平成になって復元された妻籠宿本陣。島崎藤村の母の実家で、次兄広助が養子に来た所です。「木曽路はすべて山の中である」の言葉で」始まる

島崎藤村の夜明け前。藤村に生きた時代に一瞬行けた気がしました。

また、郡上おどりで有名になった郡上八幡。初めての旅でしたが、こじんまりとした町並み。豊かな水。生活には欠かせない共同の水場など、完全には観光地化されず、かつての風情を残した町並みはしばらく眺めていたいそんなところでした。賑やかで店が集積した場所も必要ですが、人々の生活が息づく素朴な、どこにでもある、でもまたいって見たくなる場所、そんな場所を残して行くことが必要と強く感じました。

それに比べ白川郷は人、人、人の洪水で大渋滞でした。

東海と北陸をつなぐ高速道路の全面開通。秋の観光シーズン、どぶろく祭りなどいろんなことが重なったとはいえ、世界遺産の影響はとにかくすごい。自分も行っていて恐縮ですが、観光客を呼びたい人と、普通に生活している人との摩擦はないのか、日々の暮らしは大丈夫かそちらの方が心配になってしまいました。合掌作りの民家も多くが、土産物屋に改装され、何かむなしさも感じてしまいました。

074

妻籠宿。昔の風情が残っています。勝新の座頭市の撮影もありました。

088

水豊かな郡上八幡。人々の生活」水は欠かせません。

104

高山の町並み。朝冷え込みました。9時前なのでまだ観光客も少ないです。

117

白川郷。人々の波。びっくり。

130

静かな時期にまた来たいものです。


この記事をはてなブックマークに追加

はるかな尾瀬VOL.8

2008年10月14日 | 旅行記

10月半ばで秋も深まって朝夕冷え込んできましたね。

いままでブログでたびたび触れた尾瀬ももうすぐ冬を迎えます。

その直前の山が輝きを見せる紅葉の季節は、言葉では言い尽くせない美しさを見せてくれます。ブナの鮮やかな黄色、カマドやウルシの赤色など天然林のコントラストは見事です。

先日は福島県の御池、会津駒ヶ岳などの尾瀬地域に行ってきました。

着いた日は、あいにくの雨でしたが、御池~七入間のブナ林の紅葉、翌日の会津駒ケ岳の冬を思わせるような早朝の霧氷、会津駒ヶ岳~中門岳の稜線の赤、黄、緑の美しいコントラストなど見所満載で、めまぐるしくその姿を変える景色に自然の神秘を感じました。

089_2

御池~七入間の紅葉。ブナの黄色、カマドの赤など美しい

091

国内でも有数の天然ブナ林がある御池付近

111

駒の小屋付近の霧氷。この日は本当に寒くて、付近の木道も凍っていました

124_2

中門岳方向から見た会津駒山頂方向。雲が切れて日が差してきた。神秘的。

131

  中門岳への稜線。雪の白。笹の緑。草紅葉の茶のコントラスト

198

会津駒中腹の見事な紅葉。


この記事をはてなブックマークに追加

はるかな尾瀬VOL.7

2008年10月02日 | まち歩き

秋深まる尾瀬のアヤメ平、横田代に行ってきました。9月の中旬で天候もいまいちでしたが、

鳩待峠からゆっくり登って2時間、その開けた田代は、まさに天上の楽園の風情でした。

四方に見える至仏山、燧ヶ岳、オレンジに染まっていく草紅葉など、自然の季節の移り変わりの

早さを感じました。自分の年齢も関係するかもしれませんが、日常、平地に暮らしている時間倍

のスピードで尾瀬は季節が移り変わっていくような気がしました。少し見ない間にめまぐるしく風

景が変化していく。毎日ドラマチックに変わっていく自然の偉大さに多くの人が惹かれるのかも

しれません。131_2

横田代の風景。草紅葉が色づき始めています。

152

天上の楽園といわれたアヤメ平。霧が巻いて幻想的雰囲気でした。150

かつて多くの人が訪れたアヤメ平。木道もなく、多くの人が踏み荒らした荒廃した湿原は

40年たった今も簡単には、復元しません。


この記事をはてなブックマークに追加