曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

アメリカ様様で神のごとく振舞える安倍政権

2017年11月04日 19時09分32秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

2017-11-04 14:58:22NEW !
テーマ:ブログ

 
アメリカ様様で神のごとく振舞える安倍政権
 
北朝鮮のミサイルで救われ、台風で救われ、芸能人スキャンダルで
救われ、大事件や事故で救われて安倍政権が勝ち残ってると書けば、
ネトサポが冗談交じりに、
 
「へえー、北朝鮮動かして、台風起こして、大雨降らせて、
 安倍って神様かよwwwww」
 
などと揶揄しますが、あながち的外れではないと思います。
 
今、トランプ一家のイヴァンカが来日し、
 
 
直後にトランプが来日しますが、その日程に合わせて衆議院解散選挙と、森友学園会計検査院や加計学園の獣医学部認可などの公表を
前後にぶつけたのは間違いありません。
 
加計学園の獣医学部認可へ
 
でなければ、下のような黒塗りばかりの文書に誰が納得しますか?
 
 
 
ほとんど黒塗りじゃないですか!
 
これで
 
「一点の曇りもない」
「何の関与もしていない」
 
などと、よく言えたものです。
 
本当に一点の曇りもないのなら即刻、黒塗りを外すのが筋でしょう。
 
安倍昭恵も加計孝太郎も、ちゃんと国民の前に出てきて説明する
べきでしょう。
 
 
 
 
安倍自民従業員のネトサポが社長の安倍晋三を庇う、これは理解
出来なくもありませんが、他の国民までが騙されて擁護する必要は
ないのです。
 
都合の悪いことは全部イベントにぶつけて、目をそらせるのが彼らの
やり口だということを頭に入れるべきです。
 
米軍の横田基地と傀儡の北朝鮮とは直行ルートがあるので、ミサイル
を飛ばせることぐらい、あるいは見せかけるぐらい出来るでしょう。
 
 
逆にアメリカと日本が行き来してるときは飛んできませんね。
 
詳しくは過去記事「北朝鮮と安倍晋三はグルだった」を見てください。
 
気象操作も不正選挙も、全てアメリカ発祥であることを考えれば、
 
安倍晋三がポチに徹する限り、アメリカの協力の下、日本国内で
400万公務員(霞ヶ関官僚を含む)を駆使すれば、神のごとく
振舞うことが可能なのです。
 
※転載元:simatyan2のブログより



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国民投票では圧倒的多数で安倍改憲を葬る

2017年11月04日 09時41分32秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

                                 

イメージ 1
 

                                「植草一秀の『知られざる真実』」

                                            2017/11/04 

           国民投票では圧倒的多数で安倍改憲を葬る

                                    第1886号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017110400300042148
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-42721.epub
────────────────────────────────────
秋最高の行楽日和となった11月3日、

安倍9条改憲NO!国会包囲大行動

が開催された。

4万人の市民が国会を包囲して、安倍改憲NO!を訴えた。

市民による正当な示威行動、政治行動に対する安倍政権の対応は不当極まりな
い。

国会周辺の歩道を封鎖したために、行動に参加する一般市民は、移動するにも
生命の危険を感じる状況であった。

皇居の一般参賀で、このような状況が生じれば、歩道を開放して、市民の通行
の安全を図るのではないか。

多数の警察員が動員されたが、市民の安全を守るための動員ではなく、行動に
参加する市民に身の危険を感じさせるために歩道や道路を封鎖するための動員
であったと言える。

休日で交通量も極端に少ないのであるから、市民の安全を確保するために歩道
使用の容認などの措置を取るべきであることは言うまでもない。

権力を濫用し、市民の正当な政治活動、言論活動を弾圧しようとする安倍政権
の姿勢は姑息以外の何者でもない。

国会議事堂周辺の普通の歩道を封鎖して、市民の交通に危険が生じるような状
況を人為的に創作する行為は「往来妨害罪」に該当する行為である。

野党は国会で厳しく追求するべきである。

このような権力による弾圧にもひるまず、多数の市民が貴重な秋の休日を国会
包囲大行動に充当した。

その意義は限りなく大きい。



私がスピーチした国会図書館前ステージでは、香山リカ氏や法政大学名誉教授
の五十嵐仁氏もスピーチをされた。

選挙結果は、反安倍勢力分断の効果により、自公の与党勢力が衆議院総議席の
67.3%を占有するものになったが、この議席分布と主権者の意思の分布は
まったく違う。

比例代表選挙で自公に投票した主権者は全体の24.6%に過ぎなかった。

4人に1人しか自公に投票していない。

自民党に投票した主権者は、全体の17.9%。

6人に1人でしかない。

しかし、自民党は議席総数の61.1%を占有。

自公は議席総数の67.3%を占有した。

小選挙区制度の欠点が表出したとも言えるが、小選挙区で反自公票の分断が図
られたことも大きい。

選挙戦術の早急な見直しが必要である。

ただし、この結果を裏側から見れば、まったく異なることを指摘できる。

自公に投票した者が全体の4分の1しかいないこと。

自民に投票した者が全体の6分の1しかいないことが、改めて明らかになっ
た。

実は、この投票結果は、2014年12月の総選挙結果と、ほとんど同一であ
る。

自公支持者、自民支持者はまったく増えていない。

頭打ちなのだ。



自公に投票しなかった残りの主権者が、国民投票で安倍改憲にNOの意思を明
示すれば、安倍改憲案は木っ端みじんに吹き飛ぶことになる。

安倍改憲の意味を正確に主権者に知らせて、国民投票の投票率を高めれば、必
ず安倍改憲の目論見を粉砕できる。

安倍政権は改憲で何を狙うのか。

もっとも有力な改憲案は、

憲法9条改定



緊急事態条項制定

である。

憲法改定では、すでに憲法違反の戦争法制が定められていることが重要であ
る。

日本国憲法は、国際紛争を解決する手段としての戦争を永久に放棄することを
定め、そのための陸海空の戦力を保持しないこと、国の交戦権を認めないこと
を明確にしている。

この憲法の規定により、日本は海外において武力行使、戦闘行為をできない国
になっている。

ところが安倍政権は戦争法制を定めて、自衛隊による、海外での武力行使、戦
闘行為を容認した。

この法律が憲法違反であることは明白である。

この違憲立法を温存しつつ、憲法に自衛隊の存在を明記すると、9条2項の規
定が空文化されて、自衛隊が海外で武力行使、戦闘行為を行うようになってし
まう。

日本が完全に「戦争をしない国」から「戦争をする国」に変質してしまうので
ある。

このような安倍9条改憲を、日本の主権者は絶対に認めてはならないのであ
る。



安倍政権は9条改定と併せて、緊急事態条項創設に突き進む可能性が高い。

緊急事態条項は極めて危険な条項である。

内閣総理大臣が勝手に「緊急事態」を宣言する。

理由は何でもよい。

デモに多くの人が参加して

「社会動乱の危険が高まった」

と言えば、それで「緊急事態」を宣言できてしまう。



「緊急事態」を宣言すると、内閣総理大臣は独裁者に変質する。

内閣総理大臣は、

法律と同一の効力を持つ政令を勝手に制定できる。

各種予算措置を取ることができる。

人権を制限できる。

衆議院を解散しなくてよくなる。

国会議員の任期を無限に延長できる。

一国の独裁権限を有してしまう。

そして、言論の自由などを完全に剥奪しておいて、憲法改定を一気に実行して
しまう。

日本はもはやこれまでの日本ではなくなってしまう。

安倍晋三氏による日本私物化が実現してしまうのだ。



自民党の憲法改定案は、日本転覆計画と言ってよいものである。

国民主権・立憲主義

基本的人権尊重

平和主義

の憲法三大原理を根底から破壊するものである。

この意図を有する自民党を

「破壊活動防止法」上の監視対象にするべきことは当然のことだ。



安倍自公と戦い、これを撃破するにはどうしたらよいのか。

その答えは、今回の選挙結果のなかにある。

北海道、新潟、沖縄では、今回の選挙に際して、オールジャパン平和と共生が
提唱してきた戦術が採用された。

政策を基軸にして、党派を超えて、主権者が主導して、一選挙区一候補者擁立
の体制を構築したのである。

この結果、立憲民主・共産・社民・自由連合で、自公と完全に互角に対抗する
結果をあげた。

この方式を用いれば、自公勢力に十分対抗できることが証明された。




今回の総選挙では、「希望の党」が創設されて、重大なかく乱要因になった。

最終的に「希望の党」は、

戦争法制容認、憲法改定推進、共産党排除

の色彩を強く有したままで選挙戦に突入した。

「希望の党」が「自公補完勢力」としての性格を明確にしたために、この新党
に対する支持は急落したが、「反安倍勢力結集」にとって、大きなマイナスに
なったことは間違いない。

次の選挙に向けては、自公補完勢力の排除が絶対に必要である。

従来の民進党を丸ごと共闘に組み入れる野党共闘の最大の問題点がここにあっ
た。

民進党の主要部分が「自公補完勢力」であるために、野党共闘の威力が半減し
たのだ。



衆議院では民進党の分離・分割が実現したために、民進党の自公補完勢力を排
除した立憲民主党との共闘で、本当の意味の野党共闘体制が確立された。

しかし、参院民進党が分離分割を積極的に進めないために、現状では、参院民
進党が「鵺(ぬえ)」の存在のままになっている。

これでは、次の参院選で、また同じ過ちが繰り返されることになる。

自公と対峙する勢力を明確に確立して、このなかで、早い段階で候補者の一本
化を進めるべきである。

同じことが安倍改憲NOの国民投票にも言える。

安倍政治に対峙する勢力が結集して、安倍改憲NOの大連帯を形成するのであ
る。

オールジャパン安倍改憲NO!の運動を広げてゆかねばならない。

主権者が問題の重要性に気付き、主権者多数が国民投票に参加すれば、憲法破
壊、憲法改悪を阻止することができる。

11・3国会包囲大行動を、新たな出発点として、安倍改憲NO国民投票での
全面的な勝利を勝ち取らねばならない。

 



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加