ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

お姉さんになったね

2017-03-30 | 
いつまでも末っ子の、甘ったれだと思っていた《ポポ》
考えてみたら、末っ子じゃなかったんですよ
《ポポ》は、2012年4月、2か月くらいで我が家に来たから、今は、5歳
と言うことは、4歳半の《エルザ》の方が年下なんだよ。





そう言えば、最近の《ポポ》、すごくお姉さんになってきた気がします。

(その1)、夜は、一人で寝るようになった。
朝、私の起きた気配を感じると、すっとんで来るけど、階下で
寝てるんですよ。

(その2)、「うぇ~い、うぇ~い」言うのが減った。
前は、私の姿が見えなかったり、出かける素振りをしようものなら
すごい騒ぎだったし、それだけでなく、原因不明でも、突然、「うぇ~い、うぇ~い」が
始まるので、分離不安症と言うより、どこか一本切れてる?なんて
思ったこともあったけど 治まってきました。
もちろん、まだ、たまにはあるけど、ほんと見違えるようになったんですよ。


子犬の域を脱して、《エルザ》を始め、《花篝(ゆら)》、《エンジェル》と言った
年下が増え、自覚が出て来たのかな?
もちろん、まだ甘ったれだし、テンション高いけど、《ポポ》なりに
成長してるんだよね





今、《ポポ》と、ママのマイブームは、ほっぺと、ほっぺをくっつけて、
「ほっぺ、チュ~
何回でも、飽きずに、これやるの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お多福豆?

2017-03-28 | 爬虫
「もう、これ以上増やさない」宣言をしておきながら、さらっと前言を
取り消してしまうのが、生き物好きの性でして、ご多聞にもれず、
私も、しら~っと取り消させて頂きます

その子、3年くらい前から気にはなっていたのですが、時期物なのか、
最近人気が落ちたのか、あまり見かける事が無く、今に至ってました。
元々、マイナーな種なのか、扱っているショップも少なく、目立たない存在の子、
それが、先日のアクアリウムバスで偶然、見つけたんですよ。
てか、私が、ず~っと気になっているのを知っている友人が見つけてくれました

アメフクラガエル(モザンビーク)
どう見ったって、お多福豆だよ




基本、土の中に潜っていることが多く、飼っていても、見かける機会が少ないと言う種
飼育環境としては、ソイルを厚めに敷き、乾燥した場所もあった方が良いらしいので
一応、カメ用の陸を置いてます。
あ、あくまでも、これ自己流だからね。





エサは、コオロギ、しかも、カエルの癖に口が小さいんで、1令をあげてます。





それと、この子達、カエルの癖に飛び跳ねないんですよ。
だが、よじ登る
飛ばないとは聞いていたので、安心していたら、朝、プラケの途中までよじ登っているのを
見つけて、びっくり。
しかも、もう一匹は、姿が見えない。
一瞬、プラケから脱走したかと焦って周りを見たけど、いや、蓋はしてたしなあ・・・
落ち着いて、ソイルの中をほじくったら居ましたけどね


一生懸命登ろうとしてるのが、可愛いよ




当初、一匹だけのつもりだったんだけど、まったく売れないらしく
ショップのオジサンに強引に勧められ、2匹連れ帰りました。
と言っても私の事、オジサンが真っ青になるくらい値切りましたけど
でも日曜日のBLACK OUTで会ったら、あれから一匹も売れてないって言ってたから
よっぽど人気無いのかなあ?


ちょっと大きい方の《お多福1号》





小ぶりの《お多福2号》





派手さも無いし、動きもアクティブでないけど、マイナーにはマイナーの
可愛さってあるんだよ。
大体、水物(水亀とか、カエルなど)が、あまり好きでない私だけど惚れちゃった
カエルだけど。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春休み子供ふれあい教室

2017-03-27 | 野生動物救護
毎年、春休みと夏休みに開催している、「子供ふれあい教室」
今回も10組のご家族に参加して頂きました。
本当は、もっと多くの方達に参加して頂きたいのだけど、
野生動物に触れたり、野鳥観察で谷戸に入ったりするので、
大人数だと、ボランティアの目が届かないため、10組が限度かな。

センターを9時に出発して、午前中、鳥達が活発に活動する時間帯に
野鳥観察をしました。
葉が落ちた冬木の間からは、全部で23種類かな?沢山の鳥が観察され、
ラッキーな一日、図鑑でしか見たことの無い鳥の声を聞き、
餌を、ついばむ姿を、双眼鏡やスコープで見て、皆、大興奮でした。

2時間あまりの観察の後は、センターに戻り、スライドを見ながら
観察出来た鳥達の確認です。





続いては、動物とのふれあい時間。
今回、エデュケーショナルアニマルとして活躍してくれたのは、
タヌキの《疾風》君。




ロードキル、交通事故で後両足を切断してしまったけど、
長期飼育ボランティアさんの家で元気に暮らしています。
里山が減り、餌を探して町中へ出て来て、車にはねられてしまう、
人と野生動物が共存出来る環境の必要性を、子供達にも解る言葉で
説明していきます。




そして、《疾風》君に触れてみて、生き物の温もり、命を感じ取ってもらえれば
ここはいつも、ご両親による大撮影大会になるんだよ










昼食の後は、巣箱作りです。
あらかじめボランティアさん達が、キット化しておいた巣箱を組み立てていきます。





小さい軍手をして、トンカチを握りしめ、真剣に釘を打つ子供達、
それ以上に、楽しんでるお父さん、親子で作った巣箱、
ぜひ、ご自宅の庭か、学校などに取りつけて下さいね。





次回、「夏休み子供ふれあい教室」は、7月29日(土)を予定しています。
応募受け付けは、6月に入ってからになると思いますが、神奈川県の
県のたより、救護の会のHP、ブログなどでお知らせしますので
興味のある方は、ぜひご参加下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テンション、高すぎ(^ ^);

2017-03-26 | 
久しぶりに5匹、全員揃ってのトリミング、朝9時に届けても、夕方4時に
迎えに行くと、彼らにしてみれば、ほぼ一日、いつもと違うところに居るわけですから、
テンションの高さは、凄いです
まず、ケージから出るのにも、大騒ぎで、我先にと私に抱かさって来て
スリングエプロンなんかに、大人しく入りゃしない(何気に、自慢
何とか車に乗せ、しばし、皆の言い分を聞き、皆に「可愛くなったねえ」と
スキンシップをして、落ち着くのを待って車をスタートさせます。





それでも、ひと騒ぎすれば、それぞれにお気に入りの場所へ。
アームホルダーの上をゲットしたのは《エルザ》





《凛》は、後部座席で、のびのびと。





《ライラ》は、相変わらず、私の肩の上





《ヨン》は、膝に乗りたいけど、運転中は駄目って言われるから
我慢してる?





《ポポ》は、助手席を独り占め。





家まで、5分くらいの道のりを、何とか安全運転でたどり着き、
また、車から降りて家に入るまでの順番で大騒ぎをし、やっと終了するのです。

いや、躾をすれば、迎えに行っても、整然と車に乗ったり、降りたりすることが
出来る様になるのかもしれないけど、そういうのって、私の性分には合わないんだよね。
例え何時間かの間でも、いつもと違う環境に居て、迎えに来てもらったら、嬉しいよね。
迎えに行く私だって嬉しいもの。
だから、素直に、その感情を表して欲しいんだよ。
それって、甘やかしてるのとは違うと、私は思うけどな。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼の居ぬ間に

2017-03-24 | 
今日は、ワンコ全員がトリミングの日、朝、送り届けて、
敷物などの大洗濯をして、掃除をして、ホッと一息ついたら
すかさず膝に乗って来た《チチ》、いつもは、ワンコ軍団に占領されていて
なかなかママの膝に乗れないんだよね。





だけど、あんたの場合は、甘ったれだけじゃないよね。
絶対、ママの朝食狙ってるよね





耳のところを、ほんの一欠けらでも貰らえば気が済むんだけどね。
そして、その代償は、「抱っこの刑」
ママに、抱きしめられて、くちゃくちゃにされる≪チチ≫なのです。




         ぎゅ~~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加