ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

今日の一番は誰?

2017-02-23 | 犬・猫
昨夜は、雨と風がすごかったけど、一雨ごとに春が近づくらしくて、
今朝は変に暖かい朝でしたね。

でも、日中は、風は冷たいけど、ガラス越しのお日様は、ぽかぽかだったので、
みんな窓辺で日光浴してました。










あんまり暖かそうなので、私も仲間入り。
さて、一番に膝に乗って来るのは誰かな?


あっという間に駆け上って来たのは、《ポポ》




続いて《花篝(ゆら)》





何?この子達、信じられないわ、ママは、あたちのものなのに





《ライラ》、たまには《ポポ》に譲ってあげて、《ポポ》はね、末っ子だから
まだ甘えたいんだよ。


なぜか《花篝(ゆら)》は、膝を素通りして、肩の辺りにくっついてます。






そうだね、《ポポ》と《ライラ》の膝争奪戦には、関わらない方が賢明だよね







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べ方だって、いろいろあるさ

2017-02-22 | 爬虫
舌を、ビュ~ンて伸ばして捕食する、カメレオン、それが見たくて
飼育してる人って、結構いるんじゃないでしょうか?
しかも、自分が与えるピンセットから食べてくれたら嬉しいですよね。
うちの子で、その典型なのが、エボシカメレオンの≪桜姫≫





片手にカメラ持ちながらって、難しいね。
左脳と右脳が同時に別の事出来ないって、やっぱり年かな







一方、パンサーカメレオンの《二代目菊之助》は、こんな感じ。

コオロギ見つけると、足早に近づくんだけど





そこからが、長い
ゆっくり、ゆっくり、距離を縮めて





舌伸ばすってより、咥えてないかい?







どちらも食欲は旺盛なんだけど、種の違い? 性格の違い?じゃないでしょうか。
特に、♀の食い気は凄いですよ。
そりゃ、体作って、卵産んで、種を残さなきゃいけないんだから、本能だろうな。


 種の保存という使命があるんですから当然でしょう





はい、はい、仰るとおりです
その点、君は、おっとりしてますねえ。
エサ入れの中だから良いけど、自然界だったら、絶対逃げられてるよね。


ん、 何か?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐ春

2017-02-21 | その他
この冬嵌っていた<餅あら>れを作りたくて、「あい菜ふぁーむ」まで買いに行ったら、
残念、もう餅類は置いてないんですって
その代り、大好きなメレンゲを見つけました
一袋¥220って安くないですかあ?
5袋も買ってきてしまった





それと、蕗の薹。
そうだよね、もう春はそこまで来てるんだよね、。
お餅じゃないよな


地元で採れたものだから小さいけど、天ぷらにして、お塩で頂きました。
蕗の薹独特の風味と香りがあって、美味しかった
お酒も進むしね。






たらの芽、こごみ、たけのこなどの春野菜の季節も近づいて来た。
ワンコ連れて、ドライブがてら、山菜買いに出かけようかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美味しいじゃん!

2017-02-20 | 爬虫
大量に買い込んでしまった馬肉と鹿肉、いつもはワンコ達だけなんだけど
今回は、大判振る舞いで、爬虫さんにもあげてみました
と言っても、普段から肉食系の子だけだけどね。


ラフネックモニターの《もも》
お肉大好き、すごい勢いで咥え込みました。
そう焦るな、落ち着け、沢山あるから心配するな





アオジタの《マカロン》
雑食系だけど、食べるかな?って思いながらあげてみたら、お気に召したみたい。








これ何ですかあ~? 美味しいです~、もっとくださ~い!


はい、はい、また今度ね。
あなた達の分は、ちゃんと取って置くから大丈夫よ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野鳥の受け入れ中止

2017-02-19 | 野生動物救護
ついに、神奈川県自然環境保全センターも、2月3日に足立区で回収された野鳥から
遺伝子検査でA型鳥インフルエンザウイルス陽性が判明したのを受け、
傷病野鳥の受け入れを中止しました。
神奈川県の各動物園では、昨年より、すでに受け入れ中止を決めていたのですが、
センターは、明らかにケガをしている傷病野鳥に限っては受け入れていました。
しかし、この事態において、飼養野鳥への感染防止、周辺家きん等への感染拡大の防止、
及び人的拡散を防止するため全面的に受け入れ中止に踏み切りました。
昨日、センターに行って来ましたが、今まで以上に傷病舎への出入りの際の消毒を
徹底させ、保護されている子達の安全を確保しています。



左足にナックルと衰弱が見られたツグミ、
現在は、エサ食いも良く、止まり木にも止まれるようになりました。





左羽骨折のアオバト
この、ほわ~んとした可愛らしさが、私のツボです




ヨタカも、頑張ってますよ。
差し餌も食べてくれるようになったし。
でも、骨折が複雑で、野生復帰は無理だろうなあ




問題は、この子。
鳥の専門家の見立てでも、おそらく、シロオオタカ。
ってことは、CB個体?飼育個体のロスト?
身元を証明する足環は付けておらず、警察への届け出もありません。
呼吸器系にトラブルを抱えているのだけど、野鳥でないとなれば
センターでの受け入れは不可?
でも、傷病鳥なんだよ!
只今、意見が分かれ、おお揉め中




哺乳類では、またまた来ちゃいました。
違法のトラバサミで左前足と右後足を断脚したタヌキ。
違法なのに、まだ売っている店があって、使っている人が居る現実。
丹精こめた作物を荒らされて怒る気持ちはわかるけど、タヌキだって
生きてかなきゃならないんだよ。
どこかで折り合いを付けられないのだろうか?
少なくとも、トラバサミなんて言う残虐な道具は絶対使わないで欲しい






受け入れ中止で、久しぶりに暇が出来たセンター、でも、思った。
春まであと少し、鳥たちの巣作りが始まり、ヒナが生まれ、飛び立つ季節。
そして、センターへも持ち込みが一番多くなる季節。
どうか、その時期までには受け入れ中止が解除されますように。
助けられる命が見捨てられることなど無いように。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加