ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

2月も終わり

2014-02-28 | 爬虫
この間、新年だと思ったのに、もう2月末、明日からは3月ですよ~
なんて、のんきなこと言ってられないんですが。
月末だし、確定申告終わってないし、で、ドタバタしております


「そんなの知らねえよ~、さっさとやらんから悪いんだよ」


と、言っているような目線が、グサリ
《成駒屋》、久々の脱皮です。






「いつも言ってるだろう、物事は計画たててやるんだよ」







「はい、以後、気をつけます」


「わかりゃいい、まあ、頑張れよ!」






あ~、完全に現実逃避してるな~私

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこが違うんだよ~

2014-02-26 | 爬虫
爬虫類の中でも、フトアゴの人気って、凄いですよね。
初めての爬虫類として飼育をする方もいれば、蛇やカメレインが
メインだったのに、ふ、っと魅せられて迎えてしまった・・
なんて方もかなりいらっしゃいます


なのに・・・・


何故、イロヌリアガマの人気は、今一なんだろうか?????


見て下さい、この可愛さ





フトアゴ同様、非常に大人しいし、良く慣れます。
スピード感はあるけど、慣らしてしまえば普通に手や肩に乗ってます。
食事も、野菜、バナナ、コオロギ、ワームなど、好き嫌いなく食べてくれます。
私は、使ったことが無いんだけど、フトアゴフードでも大丈夫だと思います。




いや、もうちょっと可愛い顔撮れば良かったかなあ



気を取り直して・・・色合いもオレンジが入って、綺麗でしょう!
我が家の≪権兵衛≫は、オレンジが少ない方だけどね。






温浴も大好き、気持ち良さそうだね。






温浴の後は、バスキング・タイム





大きさも、お手頃サイズで、お値段もお手頃と、言うこと無しのイロヌリアガマ
あんまり売ってないから飼う人が居ないのか、
飼う人が居ないから売ってないのか、
どちらにしても、こんな飼い心地の良い爬虫類、もっとメジャーになってくれ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑誌の取材

2014-02-24 | 野生動物救護
ある雑誌社から野生動物救護のボランティアを取材したいという
申し出を受け、保全センターへ行ってきました。
色々な場で活躍している50~60代の女性のことを
載せている雑誌だそうです。


インタビューを受け、傷病舎の掃除や、エサやりなどの撮影をして、
結構時間掛って大変だったあ

だって、エサ食べてるところ撮りたいって言われても、相手は野生、
目の前で、そう簡単に食べてはくれないし、逃げて隠れてしまったり
大騒ぎでした

しかも、掲載が5月ということで、撮影のシチュエイションも5月、
でも、周りは雪残ってるし・・・

で、屋外の撮影は、雪の無い場所を選び、しかも寒空の中、ダウンは脱いで
スタッフが持ってると言うヤラセ
雑誌の編集って大変なんですねえ。





まあ、それでも、何とか取材をこなし、最後は、いつもの通り主役登場!
チョウゲンボウの≪ケイスケ≫、もう慣れたものです。
ばっちりポーズ決めてます





どんな仕上がりになるかは、見ての、お楽しみですけど、
おばさん軍団、頑張りました



そして、傷病舎には、新しく保護された子が、結構来てました。


衝突で片翼無くしたトビ
片翼だけで、命は取り留めたけど、また大空を飛ぶことは出来ないね






右翼骨折のオオタカ
一回り大きいから♀かな?
カメラ目線もらっちゃった。






な、な、なんと!
オオコノハズクが2羽も!


この子は、軽い脳心頭を起こしただけなようなので、
栄養つけて野生に戻れそうです。





で、この子、左翼骨折、我が家の≪ラブ≫と同じ、複雑骨折です
治療中なので、どうなるかは解りませんが、万が一の時は
預かる、と宣言してきてしまった






この寒さと大雪で、傷ついても発見されず、保護されずに
命を落としてる子達は相当いるのではないでしょうか?
疥癬に掛ったタヌキなども、暖冬の方が多く保護されてきます。
動いて人前に出てくるからだと思うのだけど、
こう寒くては、それすら出来ずに死んでしまってるんだろうなあ
だから、せめて保護出来た子達は、元気して野生に戻してやりたいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少し進歩

2014-02-23 | 爬虫
フトアゴの≪ショコラ≫、大分大きくなりました。





部分的にですが、脱皮もしてます。





齧られた鼻先も、一皮剥けて、きれいになってきたでしょう?
あとちょっと、もう一回脱皮すれば、完璧かな





これで、コオロギも捕まえられるようになれば、いっちょ前なんだけどね。
只今、特訓中








ご対面~





≪越後屋利兵衛≫は、眼見してたけど、≪ショコラ≫は、まるで関心なし。
≪越後屋≫さ~ん、みごと振られちゃったねえ






「私、ママの方が好き だって美味しい物くれるもの」


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

≪きららっち≫の嘔吐

2014-02-21 | 
朝方、「ガコッ」っという音に、びっくりして起き上がると、
≪きららっち≫が嘔吐していました。
昨夜食べたのが、未消化で、ほとんど戻してます。

昨夜と言っても、食べたのは6時ころだから10時間は経ってるし
もともと、ドッグフードは、ふやかしてるので、
もっと消化していても良いはずなのに消化されてない。

それでも食欲はあるらしく、他の子達の朝食を用意してると寄ってくるので
少し与えてみたら、食べたけど戻してしまう状態
あまり嘔吐が続くようだと、膵炎などの疑いもあるけど?


とにかく、病院へ行き診て頂きましたが、熱もなく、心臓と肺の状態は
安定しているので、胃の炎症を抑える注射をして頂きました。
炎症を抑える薬は2種類あって、一つは、一発で効くけど
心臓に負担が掛るとのこと、そんなの≪きららっち≫には打てないので、
軽い方・・1日2回打つ方にしました。

それと、少しづつ食べても良いように、高栄養の食事をもらい、
2時間おきに、少しづつあげることにしました。





なんとか薬は飲ませなきゃいけないので、様子をみながら少しづつ、少しづつ。
せっかく薬を飲ませても、戻してしまっては何にもならないですからね。





でも、朝の注射で、大分胃の状態も治まったらしく、食べても戻すことは無くなり
夕方の注射をしてからは、いつもの≪きららっち≫が戻ったらしく、
もっと、ちょうだい!と催促するほどになりました。
だけど、一遍に食べて、また具合悪くなっても困るので、控えめにね





毎日、朝晩、4種類の薬を飲んでいるので、胃に負担が掛ってたんでしょう。
抗生剤は、もう飲むのは止め、フォルテコール(降圧剤)も、
しばらく様子見ということで服用を止めました。

1日2回も病院行きで、≪きららっち≫も大変だったけど、
大したことなくて良かった
薬を続ける以上、あちらが良ければ、こちらに負担が掛る、と
何かしらの問題は出てくる覚悟は必要なんだと
改めて痛感した一日でした



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加