ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

脱皮シーズン

2012-06-28 | 爬虫
暖かくなって、湿度もあって、爬虫さん達には絶好の脱皮シーズンみたいです。

まあ、ニャンコ達もアンダーコートが抜けて夏毛に換わるし
野鳥達も子育てが終わって換羽に入るし、自然のルールなんですかね。

幼体の頃と違い、あまり脱皮もしなくなったカメレオン軍団も、この時期、
皆、みごとな脱ぎっぷりだったし、壁チョロさん達も、密かに脱いでました


そして、ほんと、一年ぶりかも ってくらい久しぶりの脱皮を始めた
バナナスパイニーテールの《ピッコロ》





足先とか口角あたりは時々するんですけど、今回は本格的なようです。
一週間前くらいから、白く、くすんできていたので、霧吹きで多めにシャワーを掛けてました。
温浴すれば良いんですけど、《ピッコロ》は水に入るのが大嫌い、大騒ぎになります
今ではシャワーは慣れましたが、最初はそれすら逃げ回って大変でした
なので、毎朝、ちょっとづつシャワーを掛けて慣れさせ、日光浴の時に
思いっきり掛けるってことにしてます。






この分だと、しっぽの先まで、全部脱皮しそうですが、4~5日掛かるだろうなあ?
特にしっぽの部分が堅いので、時間掛かるんですよね。





にしても、気持ち良いくらいの剥けようだねえ
一皮剥けて、また良い女になるね




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに作ってみました

2012-06-27 | その他
まずは、庭で採れた梅で漬けた梅酒。




ここ何年も、作ってなかったんだけど、今年は何となく作ってみようかなあ・・と
私も娘も酒飲みなので、基本的に梅酒は酒の部類には入らないんだけど、
たま~に、ぎんぎんに冷やして、ロックで飲むのも美味しいし、
揚げ物とか、マリネを作るときの隠し味にも使えるので、あれば重宝なんです。

これ漬けたのは5月31日なんだけど、今朝、梅の木を見たら、
まだ結構、実が付いていました。
大分、色づいてるから、採って梅干にすれば良いんだけど、たぶんしないだろうなあ



そして、もうひとつ、野菜ピクルスです。




先日、譲渡会で行った、鎌倉の鎌人市場で食べたピクルスが
すごく美味しかったので、作ってみました。

赤と黄のミニトマト、きゅうり、ペコロス、パブリカを粒胡椒と鷹の爪を加えて
甘さを控え、ちょっと大人の味にしました。

3日目くらいから食べれるので、昨夜味見してみましたけど、
後を引く美味しさ いくらでも食べれちゃいます。 (←自画自賛


こいうのって、たまにやると楽しいですよね
やっぱり、梅干も作ろうかなあ~


おまけの画像。
昨夜、脱皮前で、鼻ずらだけ剥けて、可愛かったガーゴイルの《エンジェル》





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結構似合ってるよ

2012-06-26 | 
ケアンテリアとチワワのMIXかと思われる《ポポ》ですが、
なんとも愛嬌のある顔をしてます。


たれ目で、いつも困ったような顔してる





髭もじゃで、耳デカで、女の子なのに 「爺がお」





こんななんで、洋服は似合わないだろうなあ・・・と、頭から思っていたのですが、
まあ、着せてみるかってんで、1着買って着せてみました。





ん? なんか似合ってません

可愛い~


気を良くしたママ、もう1買ってしまいました
《ポポ》って胴周り25cmなんですけど、こんな小さい子の服でも
結構可愛いのが、あるんですよね。
超小型犬が流行ってるからなあ。
フリフリや、レースが付いたのは似合わないかもしれないけど、
《ポポ》に似合いそうな服を探す楽しみが、また増えてしまった






久しぶりの動画。

《メモル》は《ポポ》の良い遊び相手


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また、一つ・・・

2012-06-25 | 
「ロンサム・ジョージ」が死んだという記事が出てました。
たった1匹生き残ったガラパゴスゾウガメの固有種で、絶滅危惧種の象徴でした。
推定年齢100歳以上で、何回も近親種との交配を試みましたが成功しませんでした。

ガラパゴスという孤立した島で、何千年も生き続けてきた種が、
人間が踏み入ったこと、また地球全体の環境汚染による自然破壊で
また一つ、地球から姿を消してしまいました。

彼のことは、あまりにも有名でしたが、皆が気がつかないだけで、
身近でも、いろいろな種が絶滅の危機に瀕しています。
私達が子供の頃にはどこにでもいたメダカがそうだし、
どこにでも咲いていた青い小さな花をつけたイヌフグリがそうです。


また、絶滅とまではいかないにしても、自然の中で傷つく野生動物は後を絶ちません。
先日の台風でも、コロニーが壊滅し、衰弱したゴイサギとアオサギのヒナと幼鳥が
保全センターに30羽運び込まれました。
原因は台風ですが、自然が破壊され、コロニーに適する場所が減り、
到底、暴風を避けられそうにも無い場所に営巣していたようです。


ゴイサギの巣内ヒナ




エサをねだって、ギャー、ギャー  (うるさ~い
エサは魚なので、臭いし、汚れるし、世話するのも大変です





お世辞にも可愛いとは言えないけど、ちなみに成鳥は、こんな感じ。
綺麗でしょう!  (こうなるまでが、大変)





こちらは、アオサギの巣内ヒナ





この子は大分育ってますね。
このくらいになると、思いっきり嘴で突いてきますよ。
人間の目が動くのをエサと勘違いして突いてくるので注意しないと危ないです。





そして、ツミの巣内ヒナ。(超可愛~い
巣がカラスに襲われ、この子だけ助かったようです。





幸い外傷は無いので、食べさせて体力つけ、リハビリすれば野生に戻れると思います。





保護されたばかりなので、最初は胃にやさしい(?)鶏肉から
2~3日すれば、ピンマをいけると思います。

たくさん食べて、頑張って野生に戻るんだよ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卵食べた!!

2012-06-20 | 爬虫
昨日の台風、雨よりも風が凄かったですね
皆さんのところは、大丈夫でしたか?
我が家は、案の定、雨トヨが風に煽られて、また落ちましたけど、他は大丈夫でした。

あ、娘が、仕事の関係で帰宅時間が、ちょうど台風のピークと重なり、
電車は止まるは、タクシーは来ないはで大変だったみたい
今朝は寝不足で、ふてっておった


で、本題。
タマゴヘビの《エグ》ちゃんが卵食べてるとこ、見れましたよ~





昨夜、あまり風が強かったので、夜中に飼育部屋の様子を見に行きました。
爬虫類は、大丈夫なんですが、オオコノハズクの《ラブ》が、音に敏感なので
暴れて、羽を痛めてもいけないと思ったからです。
幸い、《ラブ》はマウスも完食し、お気に入りの止まり木で寛いでましたから
安心して部屋を出ようとして、ふっと見ると・・・、

なんと、ちょうど食べてるではありませんか 

前日に入れて食べないので、あすの朝取り出そうと思っていたのに・・・。





凄いですよねえ、もう、はち切れんばかりです。
うっすら、黒く見えるのは、ウズラの卵の柄ですよ。

この状態で、ゆっくり、ゆっくり体を引き締めて、卵を圧迫してます。
ず~と見てるのも可哀想なので、途中でやめましたが、
この後、殻が破れて出てきた中身を吸収して、のこった殻は吐き出すようです。


朝、吐き出されていた殻。





まあ、想像はしてましたが、実際に見ると、やはりビックリです。
鳥の卵しか食べない、 すごい適応力ですよね。

マウスを扱わなくても飼えると言うことで、最近人気上昇中とか。
地域によって、模様も色合いも違うので、5匹くらい飼育してみるのも良いかも。

え、理由?

それは、売っているウズラの卵が10個入りだから。
10日に一回あげるとして2回分、残った分を人間が食べないで済むものね


コメント
この記事をはてなブックマークに追加