ライラと仲間たち

いろいろな生き物と暮らす楽しくて大騒ぎな日記です。

GWは

2013-04-28 | 
GWに入りましたね。
中には10連休の方もいるようですが、私は残念ながら暦どおり、
何とか、1日、2日は休もうと画策したんだけど、駄目だった
別に、これと言って予定があるわけではないのですが
(どこへ行っても混んでるしね)
お天気も良いみたいなので、まあ、気儘に過ごすつもりです。

で、一日目は、まず狂犬病の予防注射へ
≪ライラ≫≪ヨン≫≪ミモ≫はトリミングをして、その後≪ヨン≫≪ミモ≫≪ポポ≫の
注射をしてもらうつもりだったのですが、≪ライラ≫の抜歯がまだで
トリミングが出来なかったので、代わりに≪ポポ≫をしていただきました。
ちょうど良かったかも。

≪ポポ≫さん、久しぶりにプロによるカットです
トリマーさんに会って、嬉しくて(いや、本当に嬉しがっているのです)、
雄叫びあげてたけど

どうですか?




シュナイザーっぽくしてもらったんだけど、超~似合ってるよね


こちら≪ヨン≫ちゃま。
相変わらず、イケメンです





≪ミモ≫はね、う~ん、どこが変わったのか、ぱっと見には判らないんだけど
アンダーコートとか減らしるから、ちょっと軽くなったかな





≪ライラ≫の傷も、順調に治ってるし、気になっていた狂犬病の
予防注射も済ませたし、ワンコは、一先ず安心です。
さて、次は、ニャンコだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライラの手術

2013-04-25 | 
23日(火)、《ライラ》が乳腺腫瘍の手術をしました。
そのため、他のことは、全て手に付かず、全神経が、その事だけに集中していましたので
ブログの更新も滞ってしまいましたね。
でも、お陰さまで、手術は無事終了です。
取った腫瘍を病理検査に回しているので、その結果、もし悪性なら・・
と言う心配はありますが、今の段階では、無事に終わってくれたことだけで
感謝!感謝! です





《ライラ》の乳腺腫瘍は、実は、3年以上前からあったのです。
大豆くらいの大きさで、外に飛び出している・・そう大きなイボのような腫瘍でした。
でも、それ以上大きくなるわけでもないのと、《ライラ》は、肝臓の値が悪く、
麻酔をすることが出来ない子なので、経過観察を続けていました。
それが、1ヶ月半前くらいに、紫色っぽくなってきたのと、反対側にも
小さいけど新たな腫瘍が出来たので、手術を検討することにしました。

まず、体調を維持して、肝臓の値を、より良い状態に持っていくことに専念し、
1週間前の血液検査で、ALT(肝炎・肝壊死)が、164(参考値<123)
ALP(肝疾患・胆管閉塞)が130(参考値<132)、LDH(肝炎・悪性腫瘍)
191(参考値<328)と言う結果を受けて、手術に踏み切りました。

手術は、全身麻酔を使わず、精神安定剤と鎮痛剤と軽い吸入麻酔を用い
局所麻酔のみで行う予定でしたが、安定剤が効いて、状態が落ち着いていたので
局所麻酔も使わずに済んだそうです。
そのため、麻酔の醒めも良く、手術後様子を見に行くと、しっかりと両足で立ち
私の声が聞こえるのでしょうか、じーっとドアの方を見つめていました。
見つからないように物陰から覗いたんだけど、ばれてたかな


一晩入院して、翌日迎えに行くと、
「強い子だねえ、普通は、点滴してぐったりしてるんだけど、
鳴きもせず仁王立ちしてドアを開けるたびにママ探してたよ」
って言われました(うれし涙、飼い主冥利につきるよ)


当然、家に帰ってからは、ママ独占。
どの子も、寄り付けません





《ライラ》は2歳くらいで西伊豆の海岸に捨てられ、ボロボロになって彷徨い
極度の栄養失調から角膜破裂とぶどう膜炎を併発、片目を失いました。
その時も、治療のため両目の目蓋を縫合して、暗闇の中で1ヶ月も耐えた子。
片目しか助けられなかったけど、めげずに強く行きてる子。
今度も、頑張ってくれました。





昨日の雨と打って変わった暖かい日差しの中で、《ヨン》とお昼寝だね。

よ~く頑張った!偉いぞ、ライラ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原因は?

2013-04-19 | 爬虫
ジャイゲコの《バンビーノ》ですが、実は、拒食してました。





10日くらい前から、食が細いなあ・・とは思っていたのですが
ここ5日くらい、まるで食べませんでした。
もともとSHOPさんで、バナナプリンをあげていたらしく、レパシーフードより、
そちらを好む傾向、てか、食べ物は、それ!ってな感じではあったのですが、
(SHOPでは、何ヶ月も、それだけだったんだろうなあ
そのバナナプリンさえ、見向きもしませんでした。

かと言って、動かずじっとしているわけでもなく、
見ると場所があちこち変わっている・・止り木の上だったり、ガラスに張り付いたり

何なんだろう?
温度が低いのかなあ?・・・27℃なんだけど
ケージが気に入らないのかなあ?・・・今更?

なんて、もやもやしていて、土曜日に病院連れてくかと思って覗き込んだら


ん!




なに? 卵?


《バンビーノ》って、女の子だったの

でも、確か、男の子と聞いたよなあ?
だから名前も《バンビーナ》じゃなくて《バンビーノ》にしたんだし。

そうかあ、女の子だったんだあ
名前変えなきゃね。

否、いや、そんなこと考えてる場合じゃないよ。
卵、1個しか産んで無いけど、これだけ?
まだ詰まってる?
卵詰りなんてこと、ないよね

卵の乾燥具合から、産んで時間が経っているようだし、ケージ内には
他に見当たらないし、これだけなのかな?

念のため、お腹触ってみたけど、デコボコ感はないので、まあ大丈夫だろうと

で、ひょっとしたら、このせいで食べなかったのかも・・と思い
バナナプリンを与えてみると、

がぶっ

食べること、食べること。
思わず、スプーンを取り落としてしまいそうになったよ

3cm弱くらいの卵でしたが、産んですっきりしたみたいです。

まあ、何はともあれ、良かった、良かった。
昨夜も普通に食べ、ウン○も出てましたので、ひとまずは安心でしょうか。


《バンビーノ》改め、《バンビーナ》、お騒がせ子です


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

週末はワンコと Part2

2013-04-16 | 
前日、のらくろ家で、大いに盛り上がって、「ドッグラン行きたいね!」と
私が言ったことから、日曜日は、急遽、マザー牧場へ

お譲さんもBaby連れて参加して、ベビーカートと2台のワンコカート積んで
5匹と共に出発です。


到着したら、まず腹ごしらえで、ジンギスカンを
ワンコ連れなので、生憎、外の席にしか座れず、しかも折からの強風で
キャベツは飛ぶは、お肉は飛ぶは、お皿は飛ぶはの大騒ぎだったけど、
皆で食べれば怖くない~、きゃ~きゃ~言いながら結構食べましたねえ。




牧場らしくヒツジさん見たり、




お馬さん見たり(ベートーベンがびびってる




満開の八重桜と新緑に心和ませ




お目当てのドッグランへ。

広々としたドッグランには、沢山のワンちゃん達が来てました。

一緒に遊ぼう!




《ヨン》が、こんなに走り回るの、初めて見た
楽しいんだね。
気持ち良いもんね。




《ポポ》さん、お兄さんに構ってもらって、ご機嫌です。




《のらくろ》《ベートーベン》《ソナ》も、元気いっぱいにはしゃいでます




《ヨン》ちゃま、ちょっと疲れたかな




お日様浴びて、思いっきり走って、ワンコ同士たわむれて、
ドッグランでは、どの子も生き生きしてます
マザー牧場までは、渋滞なしでも片道1時間半くらい掛かるので、
このくらい広いドッグランが、もうちょっと近場にあるといいのになあ。


いっぱい遊んだ帰り道は、渋滞時間を避けて、アウトレットへ寄り道です。




ぶらぶらウインドウショッピングをした後は、また腹ごしらえ
ボリュームたっぷりのビュッフェとデザート。
私達って、どこへ行っても、ほんと良く食べるよね







またまた、めいっぱい遊んでしまった週末、《ライラ》と《ミモ》も
連れて来てやれたら、もっと楽しいんだけどな。
夜、お留守番していた2匹をひざに乗せて、そんなこと思ってました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末はワンコと

2013-04-15 | 
久しぶりに、のらくろ家へ《ポポ》連れて、遊びに行って来ました。
なら、皆連れて行けるのですが、飲めないから例のスリングエプロンに
《ポポ》入れて、で行きました。
改札で駅員さんから、「ケージに入れてないと・・・」と言われましたが
留め金でハーネスを、ちゃんと固定していることを見せると、
「あ、それならOKですよ~」と乗車許可されました。
がさばるケージ持つこともないし、お土産も持てるし、スリングエプロン様々です


のらくろ家で、まず《のらくろ》
お~、めずらしく良く撮れた




《ベート-ベン》
この、お耳が、何とも言えず可愛いねえ




のらくろ家の、お姫様、《ソナ》
美人さんだわ (←でも、ちょっと太ったんだよ




そして、保護犬の新入りさん、仮名《つぶ》
推定7歳のトイプードル ♀、またもやブルーダー放棄の子です。
実は、この時、もう一匹トイプードルを保護していて、その子の名前が《あん》
併せて《つぶあん》だったのですが、《あん》ちゃんは早々に里親さんが
決まりました。
《つぶ》も、頑張って、素敵な里親さん見つけようね。Pooch Dog Rescue

甘ったれで、人間大好き、他犬、猫とも、そつなく暮らせます。




続いて、4ヶ月半くらいのプードル♂の子犬、仮名《てん》



洋服着て、ハーネス付けて愛護センターに保護・・・当然迷子だと思いますよね
センター側も、飼い主が必死で探しているだろうと、収容期限を過ぎても
待っていました。
でも、飼い主は現れませんでした。

何なんだよ?????

でも、会ってみて判ったのは、毛並みがふわふわしているけど、触ってみると
背骨とかが、はっきり判るくらい痩せてる。
あんまり食べてなかったみたいです。
迷子で何日も彷徨っていたなら、もっと汚れているはずです。
最初から、捨てた、命を殺すために捨てた・・・。
愛護センターなんて名称だけど、そこに入るということは=なんだよ。
Poochさん達のような団体が、助けたとしても、それは、ほんの一部の子、
助けられない命が、どのくらいあることか
平成22年度で、犬53,473匹、猫160,134匹、合計213,607匹です。

そんな中から、助かった命なんだから、いっぱい、いっぱい幸せになるんだよ。

ちょっと大きいので、トイプードルではなく、恐らくミニチュアプードルかと思います。
躾も、これからしていかないと、いけません。
でも、のらくろさんが、付けた仮名、天真爛漫の《てん》、
その名の通り、毎日が楽しくてしょうがない、と言うような子です






のらくろ家の3ワンコ、お行儀良く、ポーズとってくれました。




ニャンコの《しー》ちゃんと《りん》ちゃんとも会えたし







何てったて、美味しい料理で飲むお酒、最高ですね




大いに盛り上がって、挙句の果てに、翌日の約束まで


と言うことで、明日へ続く~。


あ、最後に、可愛い《ポポ》の写真載せとこう




コメント
この記事をはてなブックマークに追加