KAZUの雑記帳

足の向くまま 気の向くままに

日本国憲法 第二十四条

2016年11月05日 14時49分52秒 | 日本国憲法

日本国憲法  第三章  国民の権利及び義務

第二十四条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

② 配偶者の選択、財産権、相続、住所の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

日本国憲法 前文 http://blog.goo.ne.jp/kw1555/e/b66fb6aa178bd23ea9d84fb4f3e2246d 

憲法  第二十三条 http://blog.goo.ne.jp/kw1555/e/7922817b3f511d246c6b4b9ab6630d3f

憲法  第二十五条 http://blog.goo.ne.jp/kw1555/e/8a29bcab82f22465155e97cf347648e7

 

日本国憲法は11月3日で 公布から70年を迎えました。

日本国憲法だけを閲覧する時は画面左側の「カテゴリー」から「日本国憲法」をクリックして下さい。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数独ご馳走様でした | トップ | よいしょ!  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。