to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

GOEMON

2009-05-14 21:28:05 | the cinema (カ行)
製作年度 2008年
上映時間 128分
監督 紀里谷和明
出演 江口洋介/大沢たかお/広末涼子/ゴリ/要潤/玉山鉄二/チェ・ホンマン/深澤嵐/福田麻由子/広田亮平/田辺季正/佐藤健/中村橋之助/寺島進/平幹二朗/伊武雅刀/奥田瑛二

紀里谷和明が約5年ぶりに放つエンターテインメント超大作。
1582年。天下統一目前の織田信長が明智光秀の謀反に遭い本能寺にて非業の死を遂げた。その悲報を受け、信長の右腕・豊臣秀吉はすぐさま光秀を討ってとり主君の無念を晴らすとともに、自ら天下統一を果たし、ここに豊臣の治世が始まった。しかし、それなりの平安は訪れたものの、格差は広がり、庶民の困窮ぶりはひどくなるばかり。そんな時、彗星のごとく現われた天下の大泥棒・石川五右衛門。金持ちだけを狙って盗みを働き、貧しき者に分け与える義賊行為で一躍庶民のヒーローに。ある夜、五右衛門が紀伊国屋文左衛門の屋敷からたまたま盗み出した南蛮製の箱。やがて五右衛門は、石田三成が配下の霧隠才蔵を使い、その箱の行方を血眼に追っていることを知るのだが…。

予告を観た時点で、こういう感じは予想できていましたし、
映像もおそらく凄く綺麗なんだろうなぁ〜とか思いながらもパスするつもりでした
が、
オススメしてくださる方がいらしたので観てみると、予想以上の迫力で良かったです〜

やっぱりちょっとヒカルちゃんのPVっぽいかな〜と予想した映像は的中(笑)
茶々のヘアとか衣装までも、ちょっと思い出されましたが

コスチュームが、とにかく絢爛豪華。戦国時代だよ?
城の外観を見て どこの国だよっ とか、
茶々を始め女たちのコスチュームに 誰なんだよっ とか
ツッコミを入れながら楽しみました〜♪
いくら派手好き、豪華だったとはいえ独特の世界ですよね(笑)徹底してアニメちっくです。

トレンディドラマの頃はちっとも惹かれなかった江口君ですが、
いつもアツイあんちゃんという役が多い彼が、このところ地味でもいい作品に出ていたりしてるので、
こういう大作系に出て、しかもそれがかなりカッコよく決まってて良かった〜



才蔵役の大沢たかおもカラーコンタクト、よく似合ってて(笑)何をやってもカッコいい!
この二人の少年期を演じた子役も見覚えがある子達で上手かったし、
五右衛門の青年期を演じた田辺季正くんはこれから要注目だわ!
福田麻由子ちゃんもさりげなく巧いし、この二人のシーンが凄く良かった
先ず90%以上がアクションシーンなので、この二人のシーンは貴重でした♪

五右衛門と信長の不思議な関係。彼を育てた一言。
そこでめぐり合った生涯の友。
五右衛門と茶々をつなぎ合わせたのも信長。
先日の大河ドラマではすっ飛ばされた「本能寺」の信長の謡いのシーンをここで観てしまうという(笑)
何度も見せられる「天下布武」の文字といい、紀里谷監督は信長を影の主役にしたかったのかも知れない。

いかにもルパンを連想させるオープニングからして、普段時代劇を観ることのない若者にも、
忍者好きのガイジンにも楽しめる作品になっていると思いました〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォーロード/男たちの誓い | トップ | 余命1ヶ月の花嫁 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは〜♪ (ひろちゃん)
2009-05-15 01:28:38
先日は4周年記事にやさしいコメント
ありがとうございました♪

この作品、意外と観れたでしょ?よかったで
しょ?私もあまり観る気はなくて(笑)でも
観たいような気もして(笑)試写会応募したの
ですが、当たって試写会で観れました!

最初は、ゲームのような映像に引きましたが
いつのまにやらなじんでました(笑)
確かに、ツッコミながら観るのも楽しい
かも〜〜♪

私も江口さんは、最近のほうがステキ〜〜って
思います^^
ちなみに、私は、田辺季正くんより、才蔵の
青年役の佐藤健くんが好みです(*^o^*)
って、別に聞いてないよね?(笑)
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-05-15 08:34:03
普段時代劇を見ない若者がこれ見て、時代劇ってこうなんだ!!なんては思わないですよね。
おばちゃんとしては、そこが心配です。
大沢たかおが、なかなか決まってましたね。
あたしとしては、寺島さんの渋い存在が買いでした。
感謝感謝 (SGA屋伍一)
2009-05-15 21:26:57
おおお。ご覧イタダキまことにありがとうございます〜
そしてまずまず楽しんでいただけたようで、心からほっとしております(笑)

わたしはてっきりこれファンタジー世界の話なんだろうと思い込んでいたのですが、見ているうちに秀吉とか石田三成とか出てきて目が点になりました(笑) ずいぶんハチャメチャやってくれたけど、意外にもおおまかな歴史の流れは史実どおりでしたね
有名なゴエモンの釜茹でをああいう風にもってきたのは感心しました

わたしも特に印象に残ってるのは信長さまですね。「躍らされるな! 躍れ!」 いいセリフです

あと司馬遼太郎先生の『梟の城』という小説を思わせるところが随所にありましたです
江口洋介さん。 (BC)
2009-05-15 22:08:08
kiraさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうです。(*^-^*

江口洋介さんの昔の出演作では
『東京ラブストーリー』『愛という名のもとに』でのプレイボーイ系?の役は苦手だったけど(^-^;
『ひとつ屋根の下』の人情味あふれるあんちゃんは大好きでした♪

江口さんはご結婚されてからダンディに洗練されてきたように感じます。
彼は短髪の今のほうがカッコ良いですね☆
宇多田似 (ひらりん)
2009-05-16 03:18:30
ヒロスエの宇多田似説に同調していただいて嬉しいです。
エンタメ性の高い時代劇の邦画って少ないので、
あんな衣装もド派手なお城も、結構楽しめましたね。
こんにちは (たいむ)
2009-05-16 08:23:36
まずは、戦国時代劇”ファンタジー”って意識しないとだけですよね〜この作品(^^)

>五右衛門の青年期を演じた田辺季正くん
イイ感じの男の子でしたね。私も用チェックかも♪
こんにちは (くま)
2009-05-16 16:00:38
YOSHIKIさんが音楽担当ということで見ました
紀里谷監督の前作、CASSHERNは・・・でしたが(笑)
今回のGOEMONは映像、内容共に楽しめました

ただ、秀吉の茶々との絡みがなんか嫌でした
恭子ちゃんの淀殿はどうなるのでしょうか
ひろちゃん* (kira)
2009-05-16 21:45:07
試写会だからこその紀里谷氏タイプ発言?(笑)
まさかね〜、ひろちゃんが観てるとは思わなかっただわ〜
たしかにイケメン揃いではあるけどね!

男性の好みはともかく、苦手俳優と女優が、ここでも同じでした。
(誰かさんのところでのコメント

江口さん、彼はやっぱりちゃんと男で、ある程度はノーと言ったから、まだ
この程度で済んだ、人間味が残されたんだと思いますね。
才蔵、青年期の佐藤くん、出番が少なくて残念な程。
もっと彼のアクション見たかったです!
彼、次は月末に登場ですが、行きますか?
こちらにも♪ (ひめ)
2009-05-16 21:46:52
これ見たいですー。
前作のキャシャーンがという感じだったのですが
予告の迫力にやられました。
あー、見に行こうかな!!
sakuraiさん* (kira)
2009-05-16 21:54:24
こんばんは!
>時代劇を見ない若者がこれ見て、時代劇ってこうなんだ!!なんては思わないですよね

そうなんですよね(笑)
「隠し砦〜」の時も感じたものですが、
今回の方が「日本の戦国時代」はこうなんだ〜なんて
ガイジンが思ったら・・と、いらぬ心配をしながらみてました
寺島さんは最近珍しい時代劇でしたが、殺陣は流石でしたね!
なんだか色んな映画のシーンがよぎりました
SGA屋伍一さん* (kira)
2009-05-17 14:42:47
こんにちは〜♪
CG多用の、PVみたいなんだろうなぁ〜、と
まったく観る気がなかったのに、けっこう評判がいいし、迷ってたんで、
背中を押していただいてよかったです

内容は「大まか過ぎるよっ」でしたが、
人気キャラをてんこ盛りで、ビジュアルも派手でしたね〜(笑)

>あと司馬遼太郎先生の『梟の城』という小説を思わせるところが
ほう、、未読ですが、何やら後半のアクションシーンでしょうかね?
信長も秀吉も派手好みだったし、城も豪華だったようですが、
それにしても城内バトルのシーンは凄かったですね〜
こっちの信長 (メビウス)
2009-05-17 23:49:01
kiraさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

そいえば『天地人』の本能寺の変はかなり軽い描かれ方だったので、信長がとてもあっけなく見えてしまったんですよね〜(汗)同じ信長だったらこっちの方が断然イイかも?(笑

和風と洋風のハイブリッドな世界観を受け入れられるかは人それぞれだと思いますが、エンタメとして観ればやっぱり面白いですよね。キャスティングも意外に豪華でしたし、仮面ライダー好きとしては、才蔵の少年時代を佐藤健が演じてた所にピクッと反応してしまいましたw
Unknown (にくきゅ〜う★)
2009-05-18 01:11:37
こんばんは〜♪

新感覚の時代劇でしたね〜
古臭くなくって堅苦しくないので、気楽に楽しめました〜(*^^)v

江口さんはカッコいい五右衛門でしたが、私は大沢たかおさんに軍配を上げました〜☆

あのシーンカッコ良かった〜。
BCさん* (kira)
2009-05-18 15:17:00
こんにちは!

江口洋介さんの昔の出演作、よく再放送でやっていますね〜。
「ひとつ屋根の下」もついこの前やっていましたが、
私は彼は社会派ドラマの方があっていると思っています。
ただひとつ、「東京ラブ・シネマ」は、好きで楽しみに毎週録画してみていました

硬派な役がほんとは似合うと思いますが、こういう役も新鮮だったですね♪
ひらりんサマ* (kira)
2009-05-18 15:22:12
>ヒロスエの宇多田似説に同調していただいて嬉しいです
本当にそう感じていたので、私も思わず反応しちゃった♪
似ていると言うより、、似せちゃった感が・・
どうしても、好きなものを作るとああなっちゃう監督なんでしょうね〜
たいむさん* (kira)
2009-05-18 15:27:57
>まずは、戦国時代劇”ファンタジー”って意識しないと
まず、日本人は多分大丈夫でしょうが、ガイジンはどうでしょうね

田辺季正くん。飛びぬけて美形というのではないかもですが、
雰囲気のある青年ですよね
いい作品に出会って、また見てみたいです
くまさん* (kira)
2009-05-18 23:58:29
時代劇というよりは、ゲーム感覚で観れる映像でしたね♪

登場人物の繋がりや、年齢的なこととか
結構ハチャメチャでしたが、
独特の世界観として軽く楽しめましたね!

まぁ、大河の方も、今回豊臣側で美味しいのは(登場回数的にも)
三成役の小栗旬くんだけかもしれませんね〜
ひめちゃ〜ん* (kira)
2009-05-19 12:47:53
この、邦画2作のうちのどちらかと言われれば、
まだこちらの方がオススメかな〜。

私は監督の前作は観てないんだけど、
多分、全体の雰囲気、画面的には同じだと言う気がします。
ただ、キャストが豪華だし、戦国時代のお馴染みのキャラが活躍するし(笑)
ただね〜、戦いばっかりなんで、そのへんは飽きるかも(笑)
正直私は後半は飽きてました
メビウスさん* (kira)
2009-05-21 00:28:48
こんばんは〜♪
カメレスでごめんなさい

>『天地人』の本能寺の変はかなり軽い描かれ方だったので
ご覧になりました?
何度も同枠で描かれているにせよ、あの時代のキーになった事件、
さっさと行かれちゃいましたかね〜(笑)
あのシーンの為のキャスティングだったと思わせる信長の謡でしたね

そうそう、ウチの男子も仮面ライダー好き。
佐藤健君のアクションシーン、もっとみたかったです!
にくきゅ〜う★さん* (kira)
2009-05-22 13:01:00
お返事が遅くなってしまって、ごめんなさい

>江口さんはカッコいい五右衛門でしたが、私は大沢たかおさんに軍配を上げました〜☆
あのあと長々と続く戦いですが、
あのシーンは、あの大沢さんは仰るとおり凄〜くかっこよかったです
ああいう見得を切るシーンが似合いますよね〜
TBありがとうございました。 (ヨメ)
2009-05-30 11:31:30
>どこの国だよっ

お城の形もコスチュームも斬新でしたぁ。
時代劇としては違和感ありありなんですが、全体的に醸し出してるアニメっぽさが、全て許せる感じにしちゃってました。

>忍者好きのガイジンにも楽しめる作品
本当ですね(笑)
ヨメさん* (kira)
2009-06-01 12:18:28
ヨメさんは「CASSHERN」も伽藍になっていらっしゃるんですね♪
あの時は散々なレビューを沢山目にしましたが(笑)
今回の作品に関しては、評価は分かれているものの、
前作よりは数段ヨカッタとの記事が目立ったように思います。

監督の野心あふれるエンタメ作品に仕上がっていましたね
独自の世界観 (ノルウェーまだ〜む)
2009-10-24 08:43:17
kiraさん、こんばんは☆
ご無沙汰です〜
監督の独自の世界観が、とにかくぶっ飛んでいて気持ちがいいくらいでしたね。
久しぶりに痛快なエンタメを見せてもらいました。
役者さんも豪華キャストで、才蔵&五右衛門の青年期は、それぞれ面影も似ていて、上手い配役でしたね☆
佐藤健くんもかっこよかったわ♪
ノルウェーまだ〜む* (kira)
2009-10-27 00:59:02
こちらこそ、相変わらずの遅いレスで
ごめんなさいです〜

色使いも独特の、設定や解釈もぶっとんだ
新戦国時代劇でしたね♪
あの青年期のふたり、あれっぽちじゃ勿体無かったですよね!
佐藤健くん、もっとアクションがあってもよかったわ〜!
後編部分のアクションシーンの長さを詰めてでもね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 「GOEMON」 (ようこそMr.G)
映画 「GOEMON」
映画「GOEMON」試写会@一ツ橋ホール (masalaの辛口映画館)
 今回の主権はテレビ朝日さん。「ミュージック・ステーション」のサブMCをしている竹内由恵アナウンサーの前説があり映画が上映された。 映画の話織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武...
GOEMON (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
すべてが過剰でけれん味たっぷり。独特の世界が広がる歴史異聞だ。秀吉が天下人として君臨する時代、世間を騒がせた義賊・石川五右衛門の壮絶な戦いを、驚きの設定で描く。秀吉、三成、霧隠才蔵に服部半蔵が追うのは南蛮製の箱に入った信長暗殺の秘密。徹底的にデジタルに...
『GOEMON』 (Mooovingな日々)
GOEMONを見ました。紀里谷和明監督、江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリほか。 信長や秀吉や家康の影で民衆のために戦い続けた男石川五右衛門。 金持ちから盗み、貧しき者に分け与え自由気ままに生きた大泥棒。ある夜盗みだした南蛮製の不思議な箱、そこには...
●『GOEMON』● ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、紀里谷和明監督&脚本、江口洋介主演。
GOEMON・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「CHSSHERN」の十倍面白い。 前作の印象が芳しくなかったので、全く期待していなかったのだが、予想外に心揺さぶられる娯楽活劇であった。 ビ...
【映画評】<!-- こえもん -->GOEMON (未完の映画評)
大泥棒石川五右衛門を主人公に据えた、『CASSHERN』の紀里谷和明監督五年ぶりの新作。
『GOEMON』 (だらだら無気力ブログ)
『CASSHERN』で映画監督デビューした紀里谷和明監督が懲りずに放す長編 第二作。監督だけでは物足りず、原案・脚本・プロデューサー・撮影監督・ 編集と何足のわらじを履くマルチぶり。戦国時代の日本を舞台に盗賊・石川五右衛門を主人公に大胆で斬新な解釈で 描く戦国...
★GOEMON★ (CinemaCollection)
愛する者のために。上映時間128分製作国日本公開情報劇場公開(松竹=ワーナー)初公開年月2009/05/01ジャンルアクション/アドベンチャー/時代劇【解説】「CASSHERN」で鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明監督の長編2作目。戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門をはじ....
★「GOEMON」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウ鑑賞は・・・ 紀里谷和明監督自らプロモーションで「笑っていいとも」に出演してたし・・・ 主演の江口洋介の「ひとつ屋根の下」は再放送してるし・・・ ということで、初日に観に行っちゃいました。
試写会「GOEMON」 (流れ流れて八丈島)
仕事帰りに有楽町に直行して、日劇マリオンの上にある有楽町朝日ホールで試写会「GOEMON」を観てきました。(画像は、マリオンの1階にある巨大宣伝看板です。)さて、映画の方、はこれが案外面白かったですね「CASSHERN」の紀里谷和明監督なんでCGバリバ...
劇場鑑賞「GOEMON」 (日々“是”精進!)
「GOEMON」を鑑賞してきました「CASSHERN」で鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明監督の長編2作目。戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門をはじめ歴史上の人気キャラクターたちが繰り広げる奇想天外なストーリーが、時代劇の枠にとらわれない大胆かつ斬新なヴィジ...
『GOEMON』 (つれづれなるままに)
火曜日にTvh 『GOEMON』の試写会に行ってきました。 あまり、期待していな
映画「GOEMON」を採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画「GOEMON」を観て来ました。採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)です。ホントは30点位。俵型のおにぎりにゴマの代わりにチョコチップがまぶしてあるみたいな“ちょっと変わったお味の新幕の内弁当”って感じ。 味付けや素材の鮮度や盛り付けにこだわらず、とにかく満...
「GOEMON」試写会 (今日という一日。)
今日は、久しぶりに試写会。「GOEMON」を観てきました。CGがかなり使われたアニメーションのような作品です。 しかし、背景(CGの)にあまり奥行きがなく、人物だけが浮きあがって見える箇所がいくつもあり、思わずブルーのシートの前で撮影したのを想像してしまいまし...
GOEMON (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『20世紀少年第2章』『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続き、今年3本目の邦画鑑賞です【story】織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊...
GOEMON (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
GOEMON  5/1@TOHOシネマズ 時代劇って苦手だったりするんだけど こんなんなっちゃうんなら全然おっけぇだし。 今の技術ならリアルにしようと思えばいくらだって出きるハズなのに あえて、そうしないのは新鮮だし斬新だなー って、キャシャ
GOEMON (迷宮映画館)
配役のイメージはいいんだけど・・・・。
海外でもウケそう。『GOEMON』 (水曜日のシネマ日記)
戦国の世を舞台に描かれた盗賊、石川五右衛門の物語です。
GOEMON (Akira's VOICE)
スゴい事になってます!!  
GOEMON / 62点 / 悪くはないんす・・・でも長いよ・・・ (FUNNY GAMES?)
アクション部分やなく、まったりしたドラマ部分で長くなってるのはどやねん! 『 GOEMON 』 2009年 日本 128分 監督 : 紀里谷和明 脚本 : 紀里谷和明 出演 : 江口洋介、広末涼子、大沢たかお、ガレッジセール ゴリ、要潤、玉山鉄二、チェ・ホン
GOEMON・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「CHSSHERN」の十倍面白い。 前作の印象が芳しくなかったので、全く期待していなかったのだが、予想外に心揺さぶられる娯楽活劇であった。 ビ...
GOEMON (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は「CASSHERN」の紀里谷和明監督による第2作、江口洋介主演の「GOEMON」を観て来ました!!  時は戦国の世。  織田信長が死に、豊臣秀吉によって国が治められ一時的な平安が訪れている時代。  巷をにぎわせている大泥棒・石川五右衛門(江口洋介)が有る...
GOEMON (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] 登場人物のそれぞれのキャラが抜群に立っている。
『GOEMON』 ('09初鑑賞54・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 5月1日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:35の回を鑑賞。
GOEMON (だめ男のだめ日記)
「GOEMON」監督紀里谷和明出演*江口洋介(石川五右衛門)*大沢たかお(霧隠才蔵)*広末涼子(浅井茶々)*ゴリ(猿飛佐助)*要潤(石田三成)*玉山鉄二(又八)*チェ・ホンマン(我王)*中村橋之助[3代目](織田信長)*寺島進(服部半蔵)*平幹二朗(千利休)*伊武雅刀(徳...
超能力カカシ 伊坂幸太郎 『オーデュポンの祈り』 (SGA屋物語紹介所)
『フィッシュ・ストーリー』につづき、『重力ピエロ』『ラッシュライフ』と映画化が続
GOEMON (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/日本 監督:紀里谷和明 出演:江口洋介、 広末涼子、 大沢たかお、 ゴリ、 要潤、 伊武雅刀、 奥田瑛二、 寺島進、 玉山鉄二、 ウド鈴木、 佐藤江梨子、・・・ まさに絶景だぁ〜っ!
「GOEMON」 (てんびんthe LIFE)
「GOEMON」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 これは豪華ないい男祭り。 (いい女もたくさんいたみたい) とにかく、あれまあれま、出てくる出てくるいい男たち。 「こんな時代劇みたことない」ってコピーだったと思うんですが、みたことなくもない気もするんです。...
「GOEMON」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
ここまで徹底的にこだわりを見せ付けられると、どれだけ荒唐無稽だったとしても愉快痛快としてナンデモアリを許してしまいたくなる。劇場ではスルーした『CASSHERN(キャシャーン)』だったが、TV放送時に
[映画『GOEMON』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆『キャシャーン』の紀里谷監督の新作だ。  その前作では、その幼稚な思想性にとてつもなく落胆させられた。  でも欠点があり過ぎるが故に、語ることも多く、多くを語っていたら、なんか、その作品が嫌いではなくなっていた^^;  その幼稚な思想性と、くどい主張...
GOEMON (You got a movie)
監督   紀里谷和明  キャスト 江口洋介 大沢たかお 末広涼子 ゴリ      要 潤 中村橋之助 平幹二朗 奥田瑛二ほか  CASSHERNの紀里谷和明監督の第二作。制作に3年、セット数100、エキストラ1000人、総スタッフ数300人をかけたという、全編CGに近い映...
GOEMON (映画通の部屋)
「GOEMON」製作:2009年、日本 128分 監督:紀里谷和明 出演:江口洋
【GOEMON】 (ココアのお部屋)
GOEMON ←公式サイト 絶景、絶景−−− 劇場予告を見てから すごい映像だなぁって気になってた映画。
【試写会】GOEMON(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】紀里谷和明 【出演】江口洋介/大沢たかお/広末涼子/ゴリ/要潤/玉山鉄二/中村橋之助/寺島進/平幹二朗/伊武雅刀/奥田瑛二/他 【公開日】...
【GOEMON】★江口洋介★大沢たかお (猫とHidamariで)
GOEMONHPGOEMON シネマトゥデイ製作年:2009年製作国:日本日本公開:2009年5月1日スタッフ監督・脚本・編集・プロデューサー・原案・撮影監督:紀里谷和明プロデューサー:一瀬隆重脚本:瀧田哲郎編集:横山智佐子照明:牛場賢二装飾:西尾共未VFXスーパーバイザー:....
男は40歳から!/『GOEMON』 (movie-highway編集部!のブログ)
みなさまこんにちは! Movie-Highway 編集部のTannyです 宇多田ヒカルの元ダンナ(失礼!)、紀里谷和明監督の最新映画『GOEMON 』を観てきました! 主役の江口洋介と因縁関係にある大沢たかおと、そのふたりの戦いが見ものです。 しかしこの2人の戦いのシー...
映画日記りぼーん『GOEMON』 (CHEAP THRILL)
GW初日。 何を思ったか、うっかり『GOEMON』を見る。 まあ、思ってたよりかはいいかな。 要は 本能寺の変から関ヶ原の闘いまでの日本史を上手くデフォルメしたアクション映画ですな。 茶々姫をヒロインにして秀吉、石田三成、徳川家康の三...
「GOEMON」 監督のスタイルが強く表れている (はらやんの映画徒然草)
一般的にはあまり評判の宜しくない「CASSHERN」の紀里谷和明監督の最新作です
GOEMON (愛猫レオンとシネマな毎日)
「CASSHERN」の紀里谷和明監督の最新作は時代劇です。 戦国の世、豊臣秀吉政権下の大泥棒、石川五右衛門が主人公です。 もう、驚きの連続でした! ケレン色あふれる色彩で、豪華絢爛。 アクションシーンは、スピード感がハンパじゃないし、 衣装は和洋折...
「GOEMON」 (大きな栗の木の下で)
2009年 日本 監督:紀里谷和明 出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、佐田真由美、福田麻由子、佐藤健 【内容】 1852年、豊臣政権下。世は火種を残しつつも、一時の平和を...
豪勢!(映画/試写会:GOEMON) (美味!な日々)
映画『GOEMON』の試写会に行きました。もんのすごいお金のかかった映画だなぁというのが第一印象。衣装しかり、CGしかり、キャストしかり、、、。
「GOEMON」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ (浜に在る無数の砂が仮に全て無くなる事が在ったとしても、世の中から泥棒が全て消え去る事は無い。) ***********...
『GOEMON』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「GOEMON」□監督・脚本・原案 紀里谷和明 □脚本 瀧田哲郎 □キャスト 江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、中村橋之助、寺島進、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、佐田真由美、福田麻...
【GOEMON】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督・原案】 紀里谷和明 【脚本】     紀里谷和明、瀧田哲郎 【上映時間】  2時間8分 【配給】     松竹、ワーナー・ブ...
「GOEMON」見事な映像美で全編絶景! (ノルウェー暮らし・イン・London)
すごい!とにかくすごい!! こんなにすごくて、こんなに奇想天外、荒唐無稽でありながら、全てが練りに練って完全無欠な映画は、かつて観たことが無い。 広大なスケール、超越した映像美と、既成概念に捕らわれないストーリー展開は、それでも破綻することなく熱く心を...
GOEMON (むーびーふぁんたすてぃっく)
「GOEMON」 感想 GOEMON 天下の大泥棒か、天下を変えたヒーローか 鳥肌立つほどの映像美!! 前作「CASSHERN」に続く紀里谷和明監督第2作...
GOEMON (paseri部屋)
「GOEMON」(2009)を観ました。監督:紀里谷和明出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン<内容>1852年、豊臣政権下。世は火種を残しつつも、一時の平和を謳歌していた。そ...
「GOEMON」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
なかなかエキサイティングでファンタスティック・・
映画評「GOEMON」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・紀里谷和明 ネタバレあり