★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「GOEMON」

2009-05-02 03:38:48 | 映画(か行)
<T983/2009/A076/S039>

今週の週末ナイトショウ鑑賞は・・・
紀里谷和明監督自らプロモーションで「笑っていいとも」に出演してたし・・・
主演の江口洋介の「ひとつ屋根の下」は再放送してるし・・・
ということで、初日に観に行っちゃいました。
2008年製作の時代劇系アクション・アドベンチャー、128分もの。


あらすじ・・・今回は「シネママガジン」さんから引用させてもらいました。
超詳しいので反転モードで・・・
1582年、天下統一を目指した織田信長(中村橋之助)はその夢目前にして、家臣、明智光秀の謀叛により本能寺で暗殺される。しかし、信長の右腕であった豊臣秀吉(奥田瑛二)が光秀を討伐。その功績をもって信長の後を継ぎ、豊臣政権を樹立する。
世は火種を残しつつも、一時の平和を謳歌していた。とはいえ格差は広がり、景気は悪く、民衆の生活は一向に楽にならない。そこに彗星のごとく現われる一人の義賊。天下の大泥棒、その名は石川五右衛門(江口洋介)。超人的な身体能力を武器に、金持ちから盗み、貧しきものに分け与える英雄に庶民は熱狂していた。
ある夜、五右衛門は紀伊国屋文左衛門(六平直政)邸の財宝の中に南蛮製の箱を見つけるが、盗み出した後で中身が空であることを知り、屋根から放り捨ててしまう。それを拾ったのは、貧しい境遇に身を置く小平太(深澤嵐)だった。
翌日、五右衛門は行動を共にしている猿飛佐助(ゴリ)から、石田三成(要潤)が紀伊国屋邸に乗り込みながら箱を手に入れることが出来なかったため、当代随一の使い手である霧隠才蔵(大沢たかお)を差し向け、躍起になっていることを聞く。
箱を再び手に入れようと貧民街へ向かった五右衛門は、役人の又八が小平太の母(鶴田真由)を斬り殺す現場に居合わせる。その瞬間、五右衛門の胸によみがえる、両親を斬り殺された悲しい過去。鬼のような形相で又八の手を斬り落とした五右衛門は、小平太に「強くなれ坊主。そうすれば、何も奪われやしない」と語るのだった。そこへ、彼らを取り囲む才蔵と忍びたち。五右衛門は箱を抱えて駆け出していく。走る五右衛門と追う才蔵。森を抜けて戦うふたりを見つめるのは、かつて2人を信長の忍びとして厳しく育て上げた服部半蔵(寺島進)だった。
石田三成が霧隠才蔵を、徳川家康(伊武雅刀)が服部半蔵を使い、血眼で手に入れようとしている箱。その箱の中には織田信長暗殺の真の首謀者が豊臣秀吉であることを告げる証拠が隠されていた。衝撃の事実を知った五右衛門は単身で大坂城に乗り込み、小太刀で秀吉を刺し殺して逃げ出すが、その騒ぎの中で、思いがけなくも茶々(広末涼子)と再会することになる。そして殺したと思った秀吉は、ただの影武者だった。
五右衛門は忘れ去ろうとしていた過去の扉を開いてしまう。両親を失った自分を救ってくれた信長に命を預け、才蔵とともに過ごした忍びとしての鍛錬の日々。信長亡きあと自由を求めて旅立った自分と、侍になることを夢見て三成の手下になった才蔵との別れ。そして大坂城で再会した茶々との幼い日々の思い出。かつて信長のいた安土城で、五右衛門は少女だった茶々の護衛を任され、互いにほのかな恋心を抱いていたのだった。
ついに自らの運命と向き合い、闘うために立ち上がった五右衛門。侍を夢見ながら運命に翻弄されていく霧隠才蔵。権力を手に五右衛門の愛する人々を奪っていく豊臣秀吉。次の天下を狙い、秀吉暗殺を企てる石田三成。戦乱の世を終わらせるために心を砕く茶々。新しい時代を目指そうとする徳川家康と服部半蔵。それぞれの思いを胸に、壮絶な戦いの火蓋は切って落とされようとしていた。


                  

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.「笑っていいとも」で紀里谷監督が言ってたけど、
この作品、屋外ロケなし・・・背景なんかはほとんどCGらしいねーーー。
ちょっと殺伐とした風景にも見えるけど、
冒頭の「お城に花火」のシーンは、
ディズニー映画のオープニングの「シンデレラ城」みたいだったね。
2.それと衣装とか、髪型・・・
おおよそ戦国時代とは思えぬハデハデさ・・・ちょんまげしてる人いないしーーー。
3.茶々役の広末涼子は、いたいけな顔して清ましてる宇多田ヒカルみたいだしーー。

4.キャスティングミスで監督自ら明智光秀役をやったってテレビで言ってたけど、
セリフはないけど、2カットで15秒くらいは登場してたね。
5.その明智と秀吉が密約を交わして、信長を暗殺したって筋書き・・・
それを知った五右衛門は家康から秀吉暗殺を依頼され・・・
才蔵は光成に秀吉暗殺を命じられるのねーーー。
6.秀吉と茶々の側室就任の祝宴の席で暴動が起きるが、五右衛門は動かず・・・
才蔵は秀吉をもう少しのところまで追い詰めるが、
一番の子分がチェ・ホンマンだったので、逆に捕まっちゃうのね。
7.才蔵は暗殺依頼者が主人の光成だとは言わず拷問を受けまくるが、
五右衛門に救われる・・・
しかし、妻を殺され、子供も人質になり、秀吉の元へ出頭・・・

8.民衆の前で巨大釜茹での刑は、五右衛門なんじゃないの????と思ってたら、
才蔵は、自らを五右衛門と名乗り、「絶景かなーー」と、歌舞いて見せたのでした。
9.ここで終わりかと思いきや、復讐劇が残ってたのねーー。
茶々を救うってのもあるけど、洋風なお城風の大阪城に乗り込む五右衛門。
お城の中の吹き抜けは、構造上、耐震不足は明らかなほど開放的で、戦いやすそう!!
10.そして最後は、関が原の合戦・・・
秀吉亡き後の石田光成率いる西軍を蹴散らした後に、
スターウォーズのクローン軍団みたいな徳川軍に乗り込む五右衛門。
まあ、徳川さんは殺す気はなかったんでしょうが、
途中まで五右衛門に付いてたけど、愛想を尽かして戦に仕官した佐助に刺されるとは・・・。
戦国時代・・って諸行無常なのね・・・という結末。

●「キャシャーン」はイマイチだったけど、
本作は登場人物が有名人ばかりで親しみやすかったね。
●世界配給目指してるらしいけど、これはこれで日本ぽくていいかもしれないね。
●徳川家康役だった伊武雅刀を見ると、毎回デスラー総統を思い出すのはひらりんだけ?

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
こないだ地上波で放映してた「少林少女」は、江口洋介繋がりだったのかなっ?
最近見た同年代の女優のともさかりえ内田有紀と比べると格段に運のいい広末涼子・・・
「おくりびと」より、「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 」が、
ひらりんは好き。
 


ということで今回は・・・
絶景度・・・
意外にもハデハデ衣装だったりしたけど、
映像は相変わらずセピアがかってて明るいとはいえず。
屋根を駆け巡る、躍動感ある大泥棒のシーンや、
五右衛門風呂?のシーンなんかは、まさに絶景だったね。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりなので、
ちと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様「ヒロスエが宇多田っぽく見えた」
と思ったあなたっ・・・
              
バナーにプチッとクリックおねがいしまーーす。
「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (86)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「バーン・アフター・リーデ... | トップ | 「アフタースクール」 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (nono)
2009-05-04 10:16:07
ホントにこれまでに見たことのない時代劇ですよね
徹底したエンタテイメントにただ楽しんでしまいました
また私のブログにも遊びに来てくださいませ
SW (たいむ)
2009-05-04 20:15:03
ひらりんさん、こんにちは。
関ヶ原?はクローン大戦でしたね(笑)

ぶっとびな演出とストーリーでしたが、私は割り切って楽しめました(^^)
TBありがとうございました (かみぃ@未完の映画評)
2009-05-05 03:37:54
こんばんは。
こんな奇想天外な時代劇を大まじめに創ってしまうのは、ある意味素晴らしいと思います。
なかなか楽しめました。
たしかに (こべに)
2009-05-05 11:35:14
こんにちは!ひらりんさん☆

ちょっと宇多田ヒカルっぽいかも?!
運なんか実力なのかはわからないけど
良く出てますよね☆

映画はハンパなく楽しかったです(^^;
こんばんは (まりっぺ)
2009-05-05 21:37:23
何気に五右衛門風呂まで見れるとは思いませんでした。
斬新、大胆 (メビウス)
2009-05-06 19:50:21
ひらりんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分も良く知ってる五右衛門の茹釜の刑や本能寺の変などを、監督の独特の解釈でもって斬新に描いてる辺りはエンタメとして面白かったと思いますね♪歴史の出来事って不確かな部分もたくさんありますから、これを観ると『もしかしたら・・・』って思う部分もあるかも?(笑
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-05-09 13:27:31
TB有難うございました。
時代考証や既成概念を取り除いた建築様式や
衣装に目が奪われるほど綺麗なシーンも多々ありましたが
戦闘シーンではゲームのCG映像?と思えるほどの
ギャップもありました。
ただ、邦画では珍しい映像手法なのでぜひ、次回作も
果敢にチャレンジしてほしいですね。
前作よりは脚本がよくなった思いますが…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
こんばんは! (kira)
2009-05-16 00:40:38
はい。
広末が宇多田っぽくみえた!!
あの前髪ぱっつん、コスチューム、メイクまで

しかも思い出のあの場所のちかちかひかるモノまで(笑)

好きなものいっぱい詰め込んだんだなぁ~でした

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

86 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「GOEMON」 (日々“是”精進!)
「GOEMON」を鑑賞してきました「CASSHERN」で鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明監督の長編2作目。戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門をはじめ歴史上の人気キャラクターたちが繰り広げる奇想天外なストーリーが、時代劇の枠にとらわれない大胆かつ斬新なヴィジ...
GOEMON (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『20世紀少年第2章』『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続き、今年3本目の邦画鑑賞です【story】織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊...
映画『GOEMON』(お薦め度★★) (erabu)
監督・原案、紀里谷和明。プロデューサー、一瀬隆重、紀里谷和明。脚本、紀里谷和明、
GOEMON (いやいやえん)
試写会に当たりましたのでせっかくなので行って来ました^^ ※これは試写会鑑賞時の感想です(レンタル開始後再編集予定) エンターテイメント重視のため、時代劇や歴史物としてみると悲惨なことになるのでそこはあえてスルー。鑑賞前の一部画像なんかでも「うわぁ...
GOEMON (Akira's VOICE)
スゴい事になってます!!  
GOEMON (いい加減社長の映画日記)
紀里谷監督の前作「CASSHERN」は未見ですが、あまり評判はよろしくなかったようで。 今回も、どうなのかな?と思いながら、キャストとストーリーに魅かれて「GOEMON」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーにしては、かなり多め。 ゴールデンウィークの大型...
GOEMON (LOVE Cinemas 調布)
「CASSHERN」でデビューした紀里谷和明監督2作目。主演は江口洋介ですが、大沢たかお、広末涼子、奥田瑛二、伊武雅刀等々、名前を挙げ始めたらきりがないほどの超豪華な出演陣は文句無く見所です。更に、恐らくほぼ全編に渡って加工されたであろう映像とVFXによる映...
GOEMON (だらだら無気力ブログ)
『CASSHERN』で映画監督デビューした紀里谷和明監督が懲りずに放す長編 第二作。監督だけでは物足りず、原案・脚本・プロデューサー・撮影監督・ 編集と何足のわらじを履くマルチぶり。戦国時代の日本を舞台に盗賊・石川五右衛門を主人公に大胆で斬新な解釈で 描く戦国...
[映画『GOEMON』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆『キャシャーン』の紀里谷監督の新作だ。  その前作では、その幼稚な思想性にとてつもなく落胆させられた。  でも欠点があり過ぎるが故に、語ることも多く、多くを語っていたら、なんか、その作品が嫌いではなくなっていた^^;  その幼稚な思想性と、くどい主張...
[GOEMON] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/05/01製作国:日本上映時間:128分鑑賞日:2009/05/03監督:紀里谷和明出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、六平直政、小日向文世、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二+あらすじ+織田信長(中村橋之助)を暗殺した明...
GOEMON (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は「CASSHERN」の紀里谷和明監督による第2作、江口洋介主演の「GOEMON」を観て来ました!!  時は戦国の世。  織田信長が死に、豊臣秀吉によって国が治められ一時的な平安が訪れている時代。  巷をにぎわせている大泥棒・石川五右衛門(江口洋介)が有る...
GOEMON (映画感想)
試写会へ行ってきました。 この映画に特別関心がなかったので、 ポスターのアップの男性が最近まで江口洋介さんだとは 気づきませんでした...
GOEMON (ともやの映画大好きっ!)
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) 戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門が奇想天外な事件に巻き込まれていくアクション・エンタテインメント作品。 1582年。天下統一を目指した織田信長(中村橋之助)は、夢目前にして家臣である明智光秀(紀里谷和明)の謀...
「GOEMON」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
「GOEMON」公式サイト で、御覧の通り、って、開くの時間掛かるんだけど!な激重な公式サイトですが(なので、ウィキペディアを参照推奨)、要潤が、まんま、自分は要潤です。と、キャラは変えようがありませんね、な、美味しい所を最期まで全部持って行く感じでした。 あ...
GOEMON/江口洋介、大沢たかお (カノンな日々)
あの『CASSHERN』の。もう一度リピート(笑)。あの『CASSHERN』の紀里谷和明監督が5年ぶりの最新作はやっぱり前作同様CGバリバリの映像みたいですね。でも『CASSHERN』は画面はくらいは台詞はボソボソだったのに比べるとこちらは明るくてちゃんと台詞も聞き取れそうです(...
映画「GOEMON」を採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画「GOEMON」を観て来ました。採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)です。ホントは30点位。俵型のおにぎりにゴマの代わりにチョコチップがまぶしてあるみたいな“ちょっと変わったお味の新幕の内弁当”って感じ。 味付けや素材の鮮度や盛り付けにこだわらず、とにかく満...
GOEMON (花ごよみ)
監督は「CASSHERN」から5年、 紀里谷和明。 歴史にも出てくる有名な大泥棒で義賊の、 石川五右衛門が主人公。 試写会で観ました。 出演は五右衛門に江口洋介、 大沢たかおの霧隠才蔵はおいしい役、 かっこよく描かれていました。 茶々には広末涼子、 前髪おろし...
「GOEMON」 監督のスタイルが強く表れている (はらやんの映画徒然草)
一般的にはあまり評判の宜しくない「CASSHERN」の紀里谷和明監督の最新作です
GOEMON (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本・編集・プロデューサー・原案・撮影監督: 紀里谷和明 キャスト 石川五右衛門☆江口洋介 霧隠才蔵☆大沢たかお 浅井茶々☆広末涼子 猿飛佐助☆ゴリ 石田三成☆要潤 又八☆玉山鉄二 織田信長☆中村橋之助 服部半蔵☆寺島進 我王☆チェ・ホン...
『GOEMON』 (つれづれなるままに)
火曜日にTvh 『GOEMON』の試写会に行ってきました。 あまり、期待していな
GOEMON (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。紀里谷和明監督、江口洋介、広末涼子、大沢たかお、ゴリ、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、奥田瑛二、中村橋之助、鶴田真由、りょう、藤澤恵麻、佐田真由美、福田麻由子、小日向文世、平幹二朗、伊武雅刀。一言でまとめてみると、こ...
GOEMON (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 登場人物のそれぞれのキャラが抜群に立っている。
■異次元の時代劇~GOEMON (AKATUKI DESIGN)
いやぁ~~~楽しかったです。 やはり紀里谷和明監督は天才だぁ。 ほんと今までの映画とは一線を画す出来だと思うんですよね。 CASSHERNを見た時も独特なCGとの融合した映像美は目を見張るものがあって衝撃だったんですけど・・・ なんなんでしょうこの世界観。 豊臣秀吉...
「GOEMON」 (てんびんthe LIFE)
「GOEMON」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 これは豪華ないい男祭り。 (いい女もたくさんいたみたい) とにかく、あれまあれま、出てくる出てくるいい男たち。 「こんな時代劇みたことない」ってコピーだったと思うんですが、みたことなくもない気もするんです。...
GOEMON (こんな会社でごめんあそばせ)
★★★★ 監督:紀里谷和明 出演:江口洋介 大沢たかお 要潤 広末涼子 時は1582年 戦乱の世の中 天下統一を目指した織田信長は志半ばにして、暗殺される そんな動乱の中、盗賊石川五右衛門が民衆は裕福なものから盗み、 貧しい者たちに分け与
『GOEMON』 (ラムの大通り)
----昨日話していた『これでも時代劇』ってこの映画のことだったんだ。 この監督の紀里谷和明って、 えいは、あまり買っていなかったんじゃなかったっけ? 「うん。前作の『CASSHERN』が、あまりにもビジュアル重視で、 物語としての整理のほうが ほとんどなされていなか...
GOEMON (映画通の部屋)
「GOEMON」STREET KINGS/製作:2009年、日本 128分 監督
試写会「GOEMON」 (流れ流れて八丈島)
仕事帰りに有楽町に直行して、日劇マリオンの上にある有楽町朝日ホールで試写会「GOEMON」を観てきました。(画像は、マリオンの1階にある巨大宣伝看板です。)さて、映画の方、はこれが案外面白かったですね「CASSHERN」の紀里谷和明監督なんでCGバリバ...
映画「GOEMON」感想 (Life on Mars)
映画「GOEMON」見てきました。「こんな時代劇、観たことない。」というキャッチコピー通り、絢爛豪華な映像と俳優の熱演が見どころの映画で...
映画「GOEMON」試写会@一ツ橋ホール (masalaの辛口映画館)
 今回の主権はテレビ朝日さん。「ミュージック・ステーション」のサブMCをしている竹内由恵アナウンサーの前説があり映画が上映された。 映画の話織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武...
「GOEMON」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「GOEMON」の試写会に行ってきた。桐里谷和明監督、江口洋介主演の、時代劇?太閤秀吉の時代、石川五右衛門が紀伊国屋文左衛門の家から何気なく盗んだ南蛮の箱には恐るべき秘密が隠されていて、その秘密を巡って石田三成と徳川家康のそれぞれ配下の忍者が動いてたりとか...
『GOEMON』 ('09初鑑賞54・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 5月1日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:35の回を鑑賞。
GOEMON (だめ男のだめ日記)
「GOEMON」監督紀里谷和明出演*江口洋介(石川五右衛門)*大沢たかお(霧隠才蔵)*広末涼子(浅井茶々)*ゴリ(猿飛佐助)*要潤(石田三成)*玉山鉄二(又八)*チェ・ホンマン(我王)*中村橋之助[3代目](織田信長)*寺島進(服部半蔵)*平幹二朗(千利休)*伊武雅刀(徳...
402: GOEMON (さくらの映画スイッチ)
いかに生きるべきなのか・・・ (悩) わけわからん ^^♪
「GOEMON」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
ここまで徹底的にこだわりを見せ付けられると、どれだけ荒唐無稽だったとしても愉快痛快としてナンデモアリを許してしまいたくなる。劇場ではスルーした『CASSHERN(キャシャーン)』だったが、TV放送時に
【GOEMON】★江口洋介★大沢たかお (猫とHidamariで)
GOEMONHPGOEMON シネマトゥデイ製作年:2009年製作国:日本日本公開:2009年5月1日スタッフ監督・脚本・編集・プロデューサー・原案・撮影監督:紀里谷和明プロデューサー:一瀬隆重脚本:瀧田哲郎編集:横山智佐子照明:牛場賢二装飾:西尾共未VFXスーパーバイザー:....
【映画評】<!-- こえもん -->GOEMON (未完の映画評)
大泥棒石川五右衛門を主人公に据えた、『CASSHERN』の紀里谷和明監督五年ぶりの新作。
映画 「GOEMON」 (ようこそMr.G)
映画 「GOEMON」
映画「GOEMON」を観てきました☆ (windy's note)
紀里谷和明監督作品「GOEMON」の“天下統一試写会”が、4月21日に開催されました。全国40都道府県の190スクリーンで、同じ時刻に開催されたこの試写会。3万5千人が鑑賞したというから驚きです。 “
GOEMON (せるふぉん☆こだわりの日記)
超久々に映画を見に行けました 近くの映画館でまだ「スラムドック$ミリオネア」をや
映画「GOEMON」 (FREE TIME)
5月1日のファーストデーに映画「GOEMON」を鑑賞。
試写会「GOEMON」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/4/15 中野サンプラザでの開催。 監督、脚本、紀里谷和明 江口洋介、大沢たかお、ゴリ、広末涼子、奥田瑛二、中村橋之助、 要潤、チェ・ホンマン、伊武雅刀、うー、書き切らん。 *** 1582年の本能寺の変の後、豊臣秀吉の天下となってしばらくののこと。 ...
★★★★ 『GOEMON』 (映画の感想文日記)
2009年。「GOEMON」パートナーズ。   紀里谷和明監督・製作・原案・脚本・撮影監督・編集。  「キリヤ・ピクチャーズ」という監督個人の映画製作会社による、ほとんど一人ですべてを思い通りに作ったら...
「GOEMON」試写会 (今日という一日。)
今日は、久しぶりに試写会。「GOEMON」を観てきました。CGがかなり使われたアニメーションのような作品です。 しかし、背景(CGの)にあまり奥行きがなく、人物だけが浮きあがって見える箇所がいくつもあり、思わずブルーのシートの前で撮影したのを想像してしまいまし...
GOEMON (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
GOEMON  5/1@TOHOシネマズ 時代劇って苦手だったりするんだけど こんなんなっちゃうんなら全然おっけぇだし。 今の技術ならリアルにしようと思えばいくらだって出きるハズなのに あえて、そうしないのは新鮮だし斬新だなー って、キャシャ
【GOEMON】 (ココアのお部屋)
GOEMON ←公式サイト 絶景、絶景--- 劇場予告を見てから すごい映像だなぁって気になってた映画。
江口洋介の石川五右衛門 GOEMON観ました。 (「大阪発」わたしは働く総務課員(共働きで三児の父のブログ))
まー面白い映画でした。この映画を時代劇と呼ぶのはふさわしくないね。城が、中国風だったり、武士達がダースベーダーの集まりみたいだったりします。絶景かなー! 絶景かなー!キャラクターの五右衛門が濃いいよね。こんなやついたら面白いだろうな。義賊って言うことな...
GOEMON (そーれりぽーと)
紀里谷監督と言えば巨額の製作費をつぎ込んで作った『CASSHERN』が散々叩かれてた記憶しかなかったので、今回またどうやって巨額の製作費と豪華な役者たちを集めたのか気にしつつ、全く期待せずに『GOEMON』を観てきました。 ★★★ こんなアクション邦画を待って...
レビュー:GOEMON (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[CGアクション][ファンタジー][SF時代劇?][ドラマ][実写CG][邦画] 最近のFFぽさ:★★★★☆ CGっぽさ:★★★★☆ 幻想的映像:★★★☆☆ 出演: 江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、福田麻由子、寺島進、伊武...
●『GOEMON』● ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、紀里谷和明監督&脚本、江口洋介主演。
豪勢!(映画/試写会:GOEMON) (美味!な日々)
映画『GOEMON』の試写会に行きました。もんのすごいお金のかかった映画だなぁというのが第一印象。衣装しかり、CGしかり、キャストしかり、、、。
GOEMON 絶景かな!絶景かな? (しまうまナイト)
映画では「絶景!絶景!」となっているが、歌舞伎では 南禅寺の山門で石川五右衛門が言うセリフ 「絶景かな、絶景かな」。 ダンナが仕事でどっぷりかかわった映画GOEMON。 さて、映画は絶景かな?
★GOEMON★ (CinemaCollection)
愛する者のために。上映時間128分製作国日本公開情報劇場公開(松竹=ワーナー)初公開年月2009/05/01ジャンルアクション/アドベンチャー/時代劇【解説】「CASSHERN」で鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明監督の長編2作目。戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門をはじ....
映画を観た~GOEMON~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
GOEMON (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
その箱には、信長暗殺の首謀者が秀吉だったという真実が封印されていた__。 信長、秀吉、家康、その天下統一の影で、ただ一人、民衆のために戦い続けた男__彼の名は石川五右衛門。金持ちから盗み、貧しき者に分け与え、乱世を自由気ままに生きた伝説の大泥棒。あ...
「GOEMON」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「GOEMON」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、藤澤恵麻、佐田真由美、深澤嵐、福田麻由子、広田亮平、田辺季正...
【試写会】GOEMON(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】紀里谷和明 【出演】江口洋介/大沢たかお/広末涼子/ゴリ/要潤/玉山鉄二/中村橋之助/寺島進/平幹二朗/伊武雅刀/奥田瑛二/他 【公開日】...
GOEMON (映画君の毎日)
●ストーリー●織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)がすい星のごとく現れ、庶民を熱狂させる。そんな中、...
GOEMON 子供の頃の忍者ごっこそのまんま!  (労組書記長社労士のブログ)
【 23 -7-】 キャシャーンで酷い目にあったので、紀里谷和明監督と言うだけで「普通の人が見ても大丈夫?」と臆してしまう{/m_0200/} 予告編で見ても、「やばいかも」って感じだったけど、試写会が当たったので「よし!褒める姿勢で見るぞ!」と前向きに気合いを入れて...
『GOEMON』 (Mooovingな日々)
GOEMONを見ました。紀里谷和明監督、江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリほか。 信長や秀吉や家康の影で民衆のために戦い続けた男石川五右衛門。 金持ちから盗み、貧しき者に分け与え自由気ままに生きた大泥棒。ある夜盗みだした南蛮製の不思議な箱、そこには...
「GOEMON」プチレビュー (気ままな映画生活)
紀里谷監督の初監督作品だった「CASSHERN」で賛否を 渦巻いていたが、どうやら今回もネット上を賛否が 駆け巡っているようです。
GOEMON・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「CHSSHERN」の十倍面白い。 前作の印象が芳しくなかったので、全く期待していなかったのだが、予想外に心揺さぶられる娯楽活劇であった。 ビ...
GOEMON (B-scale fan's log)
公開中 紀里谷和明監督 江口洋介主演     出演 大沢たかお、広末涼子、ゴリ、     要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、     福田麻由子、中村橋之助、寺島進、     平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二 新評価 2.0 (最悪ではない) かって「CASSHER...
GOEMON (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/日本 監督:紀里谷和明 出演:江口洋介、 広末涼子、 大沢たかお、 ゴリ、 要潤、 伊武雅刀、 奥田瑛二、 寺島進、 玉山鉄二、 ウド鈴木、 佐藤江梨子、・・・ まさに絶景だぁ~っ!
GOEMON~絶景だよねこの映画 (ポノちゃんのブログ)
『CASSHERN』は予告編で観るのはやめよと思ったけど、今回の『GOEMON』
GOEMON (Butterfly Stroke)
絶景、絶景、絶景かな~ いやはや、滅茶苦茶。。。 衣装、言葉遣いに始まって、時代公証も何もあったもんじゃないし、最初のうちはミュージックPVを見てるような感覚のキリヤ・ワールド。。。 でも見続けているうち、スターウォーズ、ロード・オブ・ザ・リングに...
GOEMON (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
今日は土曜日だけど、出勤日でした。(代わりの休みは、7月末の夏休み)で、仕事帰りに鑑賞。土曜のレイトショーでしたが、結構混んでいました。同じ監督の『CASSHERN』は原作の面影もなく、ストーリーもちょっと・・・な感じだったけど画面のつくりが妙に自分の感覚に合....
海外でもウケそう。『GOEMON』 (水曜日のシネマ日記)
戦国の世を舞台に描かれた盗賊、石川五右衛門の物語です。
GOEMON (to Heart)
製作年度 2008年 上映時間 128分 監督 紀里谷和明 出演 江口洋介/大沢たかお/広末涼子/ゴリ/要潤/玉山鉄二/チェ・ホンマン/深澤嵐/福田麻由子/広田亮平/田辺季正/佐藤健/中村橋之助/寺島進/平幹二朗/伊武雅刀/奥田瑛二 紀里谷和明が約5年ぶりに放つエンターテインメント...
GOEMON (You got a movie)
監督   紀里谷和明  キャスト 江口洋介 大沢たかお 末広涼子 ゴリ      要 潤 中村橋之助 平幹二朗 奥田瑛二ほか  CASSHERNの紀里谷和明監督の第二作。制作に3年、セット数100、エキストラ1000人、総スタッフ数300人をかけたという、全編CGに近い映...
「GOEMON」財界お坊ちゃまの虚と実 (再出発日記)
心配していたほどひどくなかった。なんと最後まで眠らないで興味深く見ることが出来た。そうか、この人は結局こういう人だったんだ、と判ったような気がした。作品は人なり監督:紀里谷和明出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊...
GOEMON (Sweetパラダイス)
健くんが出るということで「GOEMON」観て来ました出番が少ないのが残念です青年期を演じた健くん健くん、かっこいいよ~演技もいいね~もっとアクションシーンが見たかったです健くんファンは必見ですよー映像がCGだわ動きが人間離れしてるよ~スケール大なところが面白...
男は40歳から!/『GOEMON』 (movie-highway編集部!のブログ)
みなさまこんにちは! Movie-Highway 編集部のTannyです 宇多田ヒカルの元ダンナ(失礼!)、紀里谷和明監督の最新映画『GOEMON 』を観てきました! 主役の江口洋介と因縁関係にある大沢たかおと、そのふたりの戦いが見ものです。 しかしこの2人の戦いのシー...
『GOEMON』 (カエルノセカイ)
天下統一を目前にして織田信長(中村橋之助)が本能寺で命を落とし、信長を討った明智光秀もまた、羽柴秀吉(奥田瑛二)によって討伐される。 太閤豊臣秀吉の元、乱世は一時落ち着いたかに見えた。 しかし上辺だけの平和の下では、貧困や陰謀が渦巻き、くすぶっていた。 ...
GOEMON (Hey,Doc!)
JUGEMテーマ:映画終わりにすると誓え――。1852年、豊臣政権下。世は火種を残しつつも、一時の平和を謳歌していた。そこに彗星のように現われた天下の大泥棒・石川五右衛門(江口洋介)。超人的な身体能力を武器に、金持ちから盗み、貧しき者に分け与える彼を民衆は...
「GOEMON」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ (浜に在る無数の砂が仮に全て無くなる事が在ったとしても、世の中から泥棒が全て消え去る事は無い。) ***********...
『GOEMON』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「GOEMON」□監督・脚本・原案 紀里谷和明 □脚本 瀧田哲郎 □キャスト 江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、中村橋之助、寺島進、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、佐田真由美、福田麻...
GOEMON ★★☆☆☆ (TRIVIAL JUNK Blog)
五右衛門無双 <公式サイト> 「CASSHERN」で各方面から「CGだけやってろ」とボロクソ言われた世界のKIRIYAが、懲りずに世に放った監督作。 世界観はゲームや漫画ではよくある「オレ解釈の戦国時代」。 石川五右衛門や織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、石田三成と言った...
09-30「GOEMON」リアリティを求めなければ~1500円~ (いりりんの育児映画人生)
予想外に面白かった!! リアリティさえ求めなければ・・・(笑) 最初から紀里谷ワールド炸裂で、 ここはどこ?私は誰?状態の設定には唖然。 しかし、それを突き通して完成させ、 しかもこの豪華キャストを 見事に使いこなしている監督の才能に脱帽しました。 ...
GOEMON (2ちゃんねる映画ブログ)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1240309712/ 1 :名無シネマ@上映中 :2009/04/21(火) 19:28:32 ID:08uj8rtl 2009年5月1日公開予定 スタッフ 監督:紀里谷和明 脚本:紀里谷和明、瀧川哲郎
映画「GOEMON」 (~yatsufusa~)
『GOEMON』(ゴエモン) 2009年5月公開の日本映画。紀里谷和明監督作品の2作目 「CASSHERN」の監督を務めた、紀里谷和明が約5年ぶりに2作目となる エンターテインメント超大作。 戦国の世を舞台に、超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、 貧しき者に分け与え...
「GOEMON」見事な映像美で全編絶景! (ノルウェー暮らし・イン・London)
すごい!とにかくすごい!! こんなにすごくて、こんなに奇想天外、荒唐無稽でありながら、全てが練りに練って完全無欠な映画は、かつて観たことが無い。 広大なスケール、超越した映像美と、既成概念に捕らわれないストーリー展開は、それでも破綻することなく熱く心を...
GOEMON (むーびーふぁんたすてぃっく)
「GOEMON」 感想 GOEMON 天下の大泥棒か、天下を変えたヒーローか 鳥肌立つほどの映像美!! 前作「CASSHERN」に続く紀里谷和明監督第2作...
映画評「GOEMON」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・紀里谷和明 ネタバレあり
[映画]絶景かな、絶景かな (お父さん、すいませんしてるかねえ)
DVD視聴。 あらすじを簡単に 天下の大泥棒を自他共に認める五右衛門は、忍びとして育て上げてくれた恩人・織田信長が、秀吉の謀計により殺害されたことを知る。 同じく半蔵の元で育った才蔵は、天下を狙う三成の配下として秀吉暗殺を図る。 家康も茶々を煽動し、秀吉...
GOEMON(63点)評価:○ (映画批評OX)
総論:ノンバーバルコミュニケーション力の高い映画。圧巻の世界観。「CASSHERN」で長編映画デビューを果たして以来、約5年ぶりとなる紀里谷和明監督の第二作。豊臣秀吉による統治の時....