to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

探偵はBARにいる

2011-09-11 16:54:55 | the cinema (タ行)
何かあったら
電話してくれ。

製作年度 2011年
上映時間 125分
原作 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊)
脚本 古沢良太/須藤泰司
監督 橋本一
出演 大泉洋/松田龍平/小雪/田口トモロヲ/波岡一喜/有薗芳記/松重豊/高嶋政伸/榊英雄/片桐竜次/本宮泰風/野村周平/竹下景子/石橋蓮司/西田敏行

札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”第2作『バーにかかってきた電話』を基に大泉洋と松田龍平主演で映画化したハードボイルド・エンタテインメント・ミステリー。
札幌のススキノでグータラな男・高田を相棒に探偵稼業を営む“俺”。携帯電話を持たない彼との連絡手段は、もっぱら彼が入り浸るBAR“ケラーオオハタ”の黒電話。ある夜、その黒電話に“コンドウキョウコ”と名乗る女からの奇妙な依頼が舞い込む。いぶかしく思いながらも、簡単な依頼と引き受けてしまった探偵。案の定、その筋の男に拉致されて危うく死にかける。腹の虫が収まらない探偵は、キョウコの依頼とは関係なく、報復へと動き出す。調べを進めていく探偵は、その過程で謎の美女・沙織を巡る不可解な人間関係と陰謀の匂い渦巻く複数の事件に行き当たるのだが…。

昨日の初日はせっかくの地元シネコンのサービスデイなので、
友人も観たいといっていた本作、監督と脚本家だけチェックして行って来ました。
原作は知らないけれど、脚本が『キサラギ』の原作者だし、大ハズレはないと思ったのですが、
予想通り、愉しめました♪

雑居ビルの地下BAR、探偵“俺”の語り、、無口なマスター、、、いいねぇ~
昔夢中で読んだH.チェイスやR.チャンドラーの世界に近いわっ
ハードボイルドったらマティーニよバーボンよと思っていたけど、
ここで絶対あれが出てくるわよね?だって小雪が出てるんだもん~♪
ウィスキー~はお好きでしょう~~ぅと、アノメロディーが!!!......流れません
しかも!途中でトリスなコまで顔出し(笑)
なんかもう、展開も結末も解ったから一杯作ってくれと言う感じなります

ススキノの歓楽街を舞台に、
孤独とは縁遠い大泉・探偵(笑)が、謎の依頼人コンドウキョウコの電話によって
事件の真相に迫っていくストーリーは、どことなく昭和テイスト。
序盤の大物を祝うパーティで、久々歌声を披露したマキちゃんが余計にそういうイメージを植えつけたのかも(笑)時計を止めて
(・・・にしても、この方の名前を知ってるひとがどのくらい観客にいたの?(爆)

キサラギ』に負けない登場人物のキャラ!
トモロヲさん、いい味出してます!もっと観ていたかった~♪
現在放送中の「陽はまた昇る」では東野を支える副教官の浪岡くんステキな壊れ方~
思わず「鬼太郎か?!」「韓タレか?・・」と突っ込みたくなる高嶋サンのヘアーに、怖さより可笑しさの方がこみ上げてきて(爆)スミマセン!あんなに怖いのに笑っちゃって
だってよくK-POPや韓ドラの男の子に多いんですもん黒髪でアノヘア。。最新ウォンビンもあんな髪してたっけ

こち亀』はレギュラー陣がコメディ担当でゲストキャストはシリアス担当でしたが、
コチラはほぼ逆??
アクションシーンとか、かなりヤバイシーン(R-12指定)があっても、どこかコミカルなんですね~。
“俺”の朝食がゆで卵じゃなく、ナポリタンだったせいなのかなー?



上の画像のぽんこつビュート高田くんの愛車の中でのお約束とか
“俺”の朝の日課に登場するきもいお嬢さんとか、
ピンチの時の切り抜け方とか、
決して起こって欲しくないけど(笑)なんとなく仕方ないよね~みたいなとこも
安心して観ていらるのがいいです♪
この“俺”&“相棒”コンビ、もしかしたらシリーズ化?あるかも知れないですね、期待します♪


最後に、小雪さんもはまり役でした
彼女にはこういう愛に対して男前な生き様をみせる役が似合いますよね~
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビちぇっく♪ | トップ | 深夜にドラマ♪ »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆう)
2011-09-11 23:06:51
今月の気になる作品に挙がってなかったので、おすすめしようと思ってたんですが、ご覧になられたんですね~私も観たいっ!!何てたって洋ちゃん主演ですもの!拡大上映になってくれると嬉しいんですけど。と、『ゴーストライター』のレビューよりもこちらに食いついてしまいました(笑)
マキちゃん (悠雅)
2011-09-12 22:39:42
こんばんは。

わたしも詳細のチェックをしてなかったので、
「マキちゃん」の登場にビックリでした。
知ってますとも、彼女のお名前。その昔、どんな風にテレビに登場して、
どんな表情で何歌ってたかも良く覚えてます(古い、ってこっちゃ。。。)

主人公2人の持ち味や魅力が生かされて、より楽しく見れたと思うこのお話、
これは続編作る気満々なんじゃないかと思うラストでしたね。
期待して待ってしまいます。
Unknown (KLY)
2011-09-13 01:48:42
ああ、言われてみれば確かにウイスキー女優が2人も!よく気付きましたね~(笑)
それにしても登場人物のキャラ命の作品でしたが、実に魅力的でした。
大体電話口でノリツッコミかよ!ってww
何気に高嶋さんの微妙に似合ってないヤクザ役がまた面白かったなぁって思ってます。
ゆうさ~ん* (kira)
2011-09-13 12:40:37
友人もトクベツ大泉くんが好きなわけでも、松田兄が好きなわけでもないのですが、
「キサラギ」が気に入ってたし、こういうの観たがるだろうな~と思ってたのですよ
大泉さんのファンのゆうさんはきっと、かなり満足の作品じゃないかな~。
上映ナイですか??
遅れてもきっとやって来ます!言い切っちゃう(笑)
悠雅さん* (kira)
2011-09-13 12:57:05
この頃いつもTBのみでご無礼を重ねておりました

大泉サンの作品、っていうと
思い浮かぶ方の中に悠雅さんがいるの

で、私もキャストなんかはチェックしなかったので「マキちゃん」呼びに
もしや???でその後ず~~~っとEDを待ってました(笑)
動画は後で探して塚しちゃった

続編は興収にかかっているのかな?
久々にセリフの面白い作品でした~
続編希望~ (cyaz)
2011-09-14 08:42:08
kiraさん、おはようございます^^

プチおひさです
いや~実に楽しい映画でしたね
大泉洋は地元ッチで、水を得た魚(笑)
更に探偵助手の龍平のキャラが活きていました
どなたかのブログにシリーズ化希望と
書いてありましたが、激しく賛成です(笑)

ところで、もうすぐですね『セカンドバージン』
こんにちは^^ (ひろちゃん)
2011-09-14 15:19:22
>孤独とは縁遠い大泉

ウケました(笑)確かにそうだよねえ。

私も、大泉さんなら大外れはないだろうと
思って観に行きましたが、ハズレなかったです
(笑)私も、高島さん、あんな不気味な役なのに、笑っちゃいました(汗)

そそ、悲しいことに、カルメン・マキを
知っている私(笑)
シリーズ化されるといいですね(^^)
KLYさん* (kira)
2011-09-14 18:36:52
えへへ
昔からCMって好きなんですよぉ~。
特にウィスキーのCMは昔からカッコイイのが多いですもんね

あのちょいととぼけた大泉さんのいつもの口調にあのセリフが
全く嵌っていましたよね!
高嶋さんにはずっと笑わせていただいちゃいましたよ~。ひたすら「オカシイよっ」でした
cyazさん* (kira)
2011-09-14 18:45:56
コメント、有難うございます~♪

あまり強そうにも、
あまり切れそうにもみえない(失礼)「オレ」が
やっぱりカレだから嵌るんでしょうか~
いかにも理系な高田君がメチャ強いって言うのも松田くんによく合ってたしね!
私も続編希望~~

あと、松田くんの好物おかき、リンク有難うございます!
やっぱ・・ホタテ味かなぁ~
ひろちゃん* (kira)
2011-09-14 18:53:58
大泉さんって、なんか学生時代の友人と
ずっとつるんで大きくなった~って感じがありますよね
孤独は・・似合わないって(笑)

ひろちゃん、あんまり悲しまないで
一緒に行った私の友人はマキちゃんをテレビで観たことがない
にもかかわらず、あのヒット曲を知っていたのよ。
私より10才も下なの(爆)
だからカルメンと浅川が、顔じゃわからないって。納得でした~
こんにちは♪ (yukarin)
2011-09-15 12:53:54
私も俺&相棒コンビ面白かったからシリーズ化してほしいですねぇ。
yukarinサマ* (kira)
2011-09-16 20:25:52
コレ観ると、何気に北海道に行きたくなりますよね~。
ラーメンも上手そうだったし、おかきもね♪
このコンビでまだ作れそうですよねー
こんにちは。 (えい)
2011-09-17 13:44:19
あそこでカルメンマキが出てくるところが
東宝じゃなく東映。
健全ばかりの映画よりも、こういう方が
映画という暗闇の世界にあっていて好きです。
もう、今だから言えるトリュフォー『黒衣の花嫁』小雪もよかったです。
えいさん* (kira)
2011-09-17 18:22:15
本当にいつもTBのみですみません!

>あそこでカルメンマキが出てくるところが東宝じゃなく東映

そうですね(笑)
あれでぐっと観客の年齢層を拡げたかも、
「相棒」チームだし~
>『黒衣の花嫁』
白いイブニングドレスも意識してたのかな?
早い段階で読めても愉しめましたね!
いつもお世話になっております (sannkeneko)
2011-09-23 18:01:43
第二弾もめでたく決まったようで、
大泉洋のファンでも何でもない北海道人としても嬉しい限りです。

>久々歌声を披露したマキちゃん
"ちゃん"付け(苦笑)。
確かに知らない世代の方が多いのでしょうねぇ。
でも相変わらずの素敵な歌声でした。

札幌名所やら名物やら違う意味でも楽しめました。
sannkenekoさん* (kira)
2011-09-25 20:36:03
こちらこそ、いつも有難うございます!

この作品公開時に、大泉さんご出演の番宣番組で
彼の母校でのエピソードなどをご本人が披露していましたが、
やはり北海道での人気は凄いんですね~、知りませんでした。
(私の脳内では、北海道の大スター=GLAYです~)

好きな雰囲気の作品でしたので、
第2弾、楽しみに待ちます~
Unknown (Ageha)
2011-09-26 11:33:05
探偵はバーにいる、
…吉高由里子はどこにおんねんって
ツッコミたかった。マジ写真だけでした?
としたら、あまりに贅沢な、いや残念(笑)

脇役が濃いっ。高島政伸がキモイ。(笑)

ホントならウイスキー小雪に対して
ハイボール2連発で
吉高由里子と大泉洋にはしゃいでもらいたかったのですが

いかんせん、ハードボイルドなのよね、コレって・・・。

ポンコツ車のなだめかたとか
焼肉やサウナにひたすら我慢のやくざの子分とか
笑えるツボはいっぱいあったけど

実は大泉洋は渋い主役だったのね・・・?!
そもそもここがうそだぁ~~(オイ)で
引っかかってしまいました。(コラコラ)
Agehaさん* (kira)
2011-09-26 22:07:36
コメント、有難うございます♪

>…吉高由里子はどこにおんねんっ
あはは~
私の友人も、「エンドであんなに早く名前が出たんだから」と、
無理やり終盤、オレが張ってたバーに同伴で入ってく女がそうだったんじゃない?
などと言っておりましたよー(笑)

そうそう、笑いのツボが其々違っても、
ダブル主演のふたりが妙に嵌っていて引っ張っていってくれましたよねー

続編にも高嶋さんをご所望だとか(笑)
だったら私は波岡くんと、トモロヲさんで

笑えた~ (ノルウェーまだ~む)
2011-09-29 07:49:44
kiraさん、こんにちは☆
高嶋さん、私も笑っちゃいました。
ある意味怖い・・・(笑)
それにしてもどの作品でも必ず悪役の高嶋さん、次はどんな悪役なのか、楽しみになってきますね。
ノルウェーまだ~む* (kira)
2011-09-30 21:29:42
まだ~む的にはちょっと不満の残る
展開というか、ラストで、テンポもイマイチだったですか?
ラストは読めていたんですが、「オレ」は全く気がつかず・・でしたもんね~。
あれは2時間ドラマだと気がついて寸でのところで止めますよね(笑)
高嶋さん、怖いんだけど~もう可笑しさの方が勝っちゃって
ホント、この路線でいかれるんでしょうか
こにゃにゃちわ (sakurai)
2011-10-04 11:34:49
ちょいと忙しかったもので、遅れてすいませんです。
なんかねえ、あたしのツボと違ったんですよ。
中身に比して、やたら血なまぐさいし、「まほろ・・」の龍平ちゃんとかぶるし、もともと大泉さんが好きじゃない人は、はまらないかもですね。

アジョシは、大変なんすか?
再来週から始まるんで、楽しみだけど、なんかこわいっす。
sakuraiさん* (kira)
2011-10-05 22:16:30
お忙しそうだなぁ、、と思って
コメント自粛していたんですが、処刑剣をTBしたら
やっぱり、う~~んとなんか引っ掛かってらっしゃる気味なコチラにコメントしちゃいました
大泉さんはどちらかというと得意な方ではないんですよ~。
多分私、ススキノ・探偵・ハードボイルド、っていうのが良かったんだと思います

「アジョシ」はちょっとコメント欄で、色々あって・・非公開としました
思いのままに語れないのがザンネンです~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
探偵はBARにいる (Akira's VOICE)
地味だぁ・・・  
探偵はBARにいる (佐藤秀の徒然幻視録)
吉高由里子はどこにいる 公式サイト。東直己原作、橋本一監督、大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、榊英雄、本宮泰風、安藤玉恵、新谷真弓、街田しおん、野村周平、カル ...
探偵はBARにいる (LOVE Cinemas 調布)
札幌在住の作家・東直己の「バーにかかってきた電話」をベースに映画化。札幌を舞台に2人の探偵がとある依頼から危険に巻き込まれていく様子を描いたクライムミステリーだ。主演は『アフタースクール』の大泉洋と『まほろ駅前多田便利軒』の松田龍平。共演は小雪、西田敏...
*探偵はBARにいる* (Cartouche)
        ***STORY***                   2011年  日本 札幌のススキノでグータラな男・高田を相棒に探偵稼業を営む“俺”。携帯電話を持たない彼との連絡手段は、もっぱら彼が入り浸るBAR“ケラーオオハタ”の黒電話。...
映画『探偵はBARにいる』  (よくばりアンテナ)
まぁ、とにかく、 昭和テイストなんですね(^_^;) 探偵の物語でハードボイルドだとこうなるんです!って言わんばかりの ベタな展開で(^_^;) 懐かしい「探偵物語」とか「太陽にほえろ」とか30年前...
探偵はBARにいる (うろうろ日記)
試写会で見ました。タイトルがストーリーをすべて語っていますね。BARに掛かってく
探偵はBARにいる (悠雅的生活)
黒電話。缶ピース。時計を止めて
探偵はBARにいる (とりあえず、コメントです)
東直己のすすきの探偵シリーズの『バーにかかってきた電話』を原作に映画化したサスペンスです。 原作はずっと前に読んでいたので、あのハードボイルドがどんな作品なったのか楽しみにしていました。 全体的に雰囲気が“大泉洋”色に染まっていました~
探偵はBARにいる (近未来二番館)
監督が橋本一、シナリオが古沢良太・須藤泰司(兼☆プロジューサー)、みんな「相棒」のメンバーです。これで面白くないものが出来るわけがないのです。期待して、しかも映画仲間の姑まで誘って、初日の初回に見...
大好き♪松田龍平(そっちかいっ!)~「探偵はBARにいる」~ (ペパーミントの魔術師)
探偵はBARにいる。Agehaはどこにいる?(笑) 京都叡電の元田中駅から徒歩で5,6分てとこですかね? 「BAR探偵」というお店があります。 2011年の「京都カフェじかん」というガイドブックには 喫茶タイムもあるみたいなことを書いてたんで、 映画見てすぐにランチ...
探偵はBARにいる(2011-069) (単館系)
映画の『探偵はバーにいる』の原作はシリーズ一作目の 「探偵はバーにいる」じゃなくて、二作目の「バーにかかってきた電話」 が原作。 そして映画のタイトルは「探偵はBARにいる」 例によって原作は読ん...
「探偵はBARにいる」みた。 (たいむのひとりごと)
舞台が北海道とあって、主演の探偵役に大泉洋が起用された理由は分からなくはないけれど、これまでの大泉キャラとハードボイルドはどうにもギャップがあり過ぎて、私にはどうもなじまなかったかな?と。松田龍平演じ
映画『探偵はBARにいる』 (闘争と逃走の道程)
 東直己氏の代表作〈ススキノ探偵〉シリーズを、北海道出身である大泉洋を主演に迎えて映画化。アジア最北の大歓楽街、札幌・ススキノを、探偵が駆ける! バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)東 直己 ...
大泉洋が素敵。【映画】探偵はBARにいる (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】探偵はBARにいる 東直己の小説「バーにかかってきた電話」原作。 「相棒」シリーズの橋本一が監督。 【あらすじ】 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコという女からの依頼の電話を受けて...
探偵はBARにいる (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
バーにかかってきた電話だけで仕事を引き受ける探偵は、自分の身の安全を守るのが非常に難しい。でも、助手の高田(松田龍平)が強いので可能なのだろう。登場人物を丁寧に描いているので、2時間の上映時間退屈しないで楽しめた。小雪がなぞめいた女性を好演していて、高...
探偵はBERにいる 【映画】 (as soon as)
「ギムレットにはまだ早い」 レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』の中で使われるセリフ 最初に大泉洋扮する探偵が、Barでこのギムレットを注文する おお~… ハードボイルドを意識している...
シリーズ化希望! ~『探偵はBARにいる』 (真紅のthinkingdays)
 札幌・ススキノのバー「ケラー・オオハタ」で依頼の電話を待つ探偵(大泉洋)は 携帯電話を持たず、運転手の高田(松田龍平)とオセロ三昧。そんな彼に、「コン ドウキョウコ」と名乗る謎の女性から電話...
探偵はBARにいる (勝手に映画評)
東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」が原作。ちなみに、「探偵はBARにいる」と言うのは第1作のタイトル。 「ススキノ探偵シリーズ」と言う事なので(?)、北海道の大スター大泉洋が主演です。この人は、基本・・・って言うか、絶対コメ...
探偵はBARにいる (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画「探偵はBARにいる」オリジナルサウンドトラック名無しの探偵を演じる大泉洋がハマリ役。ススキノを舞台に、コミカルな味を加味して描くハード・ボイルドの快作だ。札幌の歓楽 ...
「探偵はBARにいる」 (2011 東映) (事務職員へのこの1冊)
ハードボイルドミステリの主人公は、とにかく渋くなければならない。 だってそうでし
★探偵はBARにいる(2011)★ (Cinema Collection 2)
何かあったら 電話してくれ。 上映時間 125分 製作国 日本 初公開年月 2011/09/10 ジャンル ミステリー/サスペンス/犯罪 映倫 PG12 【解説】 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”を 「アフタースクール」の大泉洋と「まほろ駅前多田便利...
『探偵はBARにいる』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、石橋蓮司、松重 豊、       高嶋政伸、阿知波悟美、...
『探偵はBARにいる』 (beatitude)
札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が……。職業柄、....
探偵はBARにいる  監督/橋本 一  (西京極 紫の館)
【出演】  大泉 洋  松田龍平  小雪 【ストーリー】 舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が。職業柄、危険の...
探偵はBARにいる (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/09/10公開 日本 PG12 125分監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸 何かあったら電話してくれ。 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”か...
『探偵はBARにいる』 (ラムの大通り)
-----今日は、もう出かけるから、フォーンに喋るようにだって。 だったら、帰ってきてゆっくり話せばいいのにね。 さて、この『探偵はBARにいる』。 実はスゴくお気に入りの作品ニャんだって。 どこが違うのかって聞いたら、 「やはり撮影所育ちの監督だからだな」だって....
映画 「探偵はBARにいる」 (ようこそMr.G)
映画 「探偵はBARにいる」
「探偵はBARにいる」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給: 東映 監督: 橋本 一 原作: 東 直己 (「バーにかかってきた電話」)脚本: 古沢良太、須藤泰司 音楽: 池 頼広 エグゼクティブプロデューサー: 平城隆司 プロデューサー
「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り (はらやんの映画徒然草)
なんか懐かしい昭和の香りがしますね。 場末のバー、気の置けない相棒、依頼の電話、
探偵はBARにいる (ダイターンクラッシュ!!)
2011年9月18日(日) 18:00~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『探偵はBARにいる』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。2本目。 東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」というのが...
探偵はBARにいる (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「探偵はBARにいる」監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸配給:東映概要:行きつけの ...
探偵はBARにいる (りらの感想日記♪)
【探偵はBARにいる】 ★★★☆ 映画(47)ストーリー 札幌のススキノでグータラな男・高田(松田 龍平)を相棒に探偵稼業を営む“俺” (大
「探偵はBARにいる」(日本 2011年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
女性からの電話での依頼。 去年の2月5日、カトウは何処にいたか。
会員デー (Break Time)
今日も、残暑厳しい日でした…
「探偵はBARにいる」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
評判がいいんで、続編もつくるらしいな。 タイトルは、「探偵はBARBERにいる」。 はい、ちょっとこの天然パーマなんとかならない・・・って散髪中かよ! 冗談はともかく、続編ができるのも納得できるほど、愉快な映画だった。 探偵が大泉洋。その相棒が松田龍平。こうい...
探偵はBARにいる (だらだら無気力ブログ!)
二人のキャラクターが面白かった。
「探偵はBARにいる」やわらかいハードボイルド (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
学生時代、ススキノの飲み屋に新聞配達のバイトをしていたパパン。 きっとススキノが舞台で懐かしいよ?と、最近めっきり私の映画に誰も付き合ってくれないので、こんな誘い文句で連れ出してみた。
探偵はBARにいる(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ 旦那が珍しく公開初日に見に行きたいと言っていた 『探偵はBARにいる』 ですが、私がバタバタしていたので見に行けなかったんですが 先日ようやく見 ...
探偵はBARにいる (映画的・絵画的・音楽的)
 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出かけました。  物語は、オフィスが持てないために、札幌ススキノにあるバ...
「探偵はBARにいる」 (気楽にMyway)
北海道、サッポロ、雪まつり、ススキノ、
探偵はBARにいる (迷宮映画館)
バランスの悪い乗りだったなあ。
No.258 探偵はBARにいる (気ままな映画生活)
【ストーリー】 作家・東直己のデビュー作「探偵はバーにいる」を1作目とする「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌の歓楽街ススキノで活躍す ...
探偵はBARにいる (C'est joli~ここちいい毎日を~)
探偵はBARにいる’11:日本◆監督:橋本一「茶々 天涯の貴妃」◆出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー◆STORY◆“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高 ...
探偵はBARにいる (気ままにブログ)
 10月1日(土)TOHOシネマズにて映画「探偵はBARにいる」を鑑賞。  サービスディだけど、レイトショーなら観る人も少ないだろうと上映開始5分前にチケットを買おうとしたら、前2列しか空いて...
探偵はBARにいる (銀幕大帝α)
11年/日本/125分/犯罪ミステリー・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:橋本一 原作:東直己『バーにかかってきた電話』 出演: ◆大泉洋…探偵<俺> 過去出演作:『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 ◆松田龍平…高田 ...
映画「探偵はBARにいる」感想(DVD観賞) (タナウツネット雑記ブログ)
映画「探偵はBARにいる」をレンタルDVDで観賞しました。2011年9月に劇場公開された日本映画で、北海道を舞台に繰り広げられるハードボイルド・ミステリー作品です。今作...
探偵はBARにいる (のほほん便り)
大泉洋、ノリにノッてますね。今や映画にエッセイに大活躍! 大泉洋と松田龍平のコンビが味でした。ちょっとトボケたユーモラスな持ち味がヨイです。こういうハードボイルドもアリなんですね。札幌を舞台に、大暴れ! 小雪の美しさが、ラストのハードバイオレンス・...
探偵はBARにいる (Yuhiの読書日記+α)
東直己の小説「バーにかかってきた電話」を基にした、札幌を舞台に危険に巻き込まれるスリリングな犯罪ミステリー。監督は 橋本一、キャストは大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、高嶋政伸他。 <あらすじ> 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の...
映画評「探偵はBARにいる」(地上波放映版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・橋本一 ネタバレあり