to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

柘榴坂の仇討

2014-09-21 21:15:55 | the cinema (サ行)

制作年度 2014年
上映時間 119分
原作 浅田次郎『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収)
監督 若松節朗
脚本 高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫
音楽 久石譲
出演 中井貴一/阿部寛/広末涼子/高嶋政宏/真飛聖/吉田栄作/藤竜也/中村吉右衛門

主君・井伊直弼の仇を追い続ける男と、武士を捨て車引きとなり孤独に生きる
刺客の最後の生き残りの男が、暗殺から13年後に迎えた邂逅の行方。――
安政七年(1960年)。時の大老・井伊直弼に仕える彦根藩士の志村金吾。
桜田門外で暗殺者集団の襲撃を受けた際、直弼の警護役を務めながらその命を守りきることができなかった。その失態を恥じた両親は自害するも、自身は切腹を許されず、逃亡した水戸浪士を討ち取れとの藩命が下る。以来、献身的な妻セツに支えられ、仇を捜し続ける13年。時代は明治へと変わり、武士の世は終わりを告げ、彦根藩もすでにない。にもかかわらず、金吾の仇討ちへの執念は揺らぐことはなかった。そしてついに、18名の刺客の最後の生き残り、佐橋十兵衛の居場所を知る金吾…。

大久保利通の暗殺等、倒幕派寄りの視点で描かれた流浪人・剣心に対して、本作は
同じ幕末を舞台にしていても、武士の心情に迫る、桜田門外の変により主君を失った彦根藩士が主人公。
今年の邦画、劇場鑑賞作、ここまでハズレなし!とってもヨカッタです

序盤に描かれる井伊直弼の人物像。
金吾が近習役となったその日から、自分が命をかけて護るべき殿に魅了される幸せ・・。
風流であり、身分の垣根を超えて人との出会いを尊び、
しかし、英断に際しての覚悟の決まった人物であることが、
桜田門外の変以降の、金吾の武士の矜持を失わせず、苦節十三年の時を支える。
以下、ちょっとネタバレ気味感想(結末は回避)です。


明治となり、武士も刀を捨て、髷を切り、、生きる為に新しく職をみつける者、
それが巧く行かずに辱められている、とある光景に遭遇する金吾と偶然再会した友(高嶋政宏)。
あってもちっとも不思議じゃない廃藩置県後の、とある街角の出来事に、
今は姿かたちを変え、精神的支柱を失い街に散っている、心はサムライのままの人々は…―


言っても詮無い事は口にせず、
ボロは着ててもココロは錦、、、武士の潔い美意識に徹した金吾の人生。


口に出さねど、逼迫した生活の中で、妻へのいたわりも忘れず、
妻もまた一切の愚痴や不安を口にせず。武家の妻女として当然のように夫を支える。
尊敬に値する主君に仕え、出来た妻を娶り、、、
あの日、雪さえ降っていなければ―、、の金吾の仇討ち人生ではあるけれど、
生き残り、刀を捨て名を変えて孤独を友とし生き続けた佐橋十兵衛の十三年もまた同じ。

そして運命の仇討ち禁止令が発令されたその日、
あの日と同じ雪の降る中、辿り着いた柘榴坂。。。

さあ、、殺ってしまって全てから解放されるのだ.......この時を待っていた。追う者も、追われる者も。
その二人をじっとみつめる一輪の寒椿。それは
金吾が心底慕った主君、直弼の姿ではなかったか・・・そう思えました。


恭子ちゃん関連では、名作「それが答えだ!」(三上博史主演)、「夜明けの街で」ですが、
「振り返れば奴がいる」も、「恋ノチカラ」も大好きだった若松監督の作品は沢山ありますが、
その中でも珍しく寡黙な男二人の生きざまを見つめ続けた本作は素晴らしい。

女も、袂を握りしめて、声を押し殺して男泣きする。…―そんな作品。
どうぞ、ご夫婦で、いえ、お一人ででも。是非劇場でご覧になっていただきたいデス。


数年前にテレビのSP版で制作された『遺恨あり 明治十三年最後の仇討』(源孝志+藤原竜也)は、本作とは逆に
開国派であったが為に父を惨殺され、その仇を追う青年の、立場は逆でも状況は同じ、な
この日本の動乱期を生きた最期の武士のドラマがよぎりました。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今度のテーマはいきものがかり♪ | トップ | ジョーカー・ゲームの全貌・・? »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2014-09-22 08:22:50
中井貴一さんのブログまで覗きにいくほどハマりました。(^_^;)
さすがに年齢層高かったんですが
老夫婦がおぼつかない足取りを支えあって歩きながら
座席さがしてにこっとしてる、そんなのをみかけたら
こういう人たちの為の映画があってしかるべきって思いました。50割引が使える年齢になっちゃったから余計
その光景はうらやましかったです。(;´∀`)
映画ファンはえてしてどんな作品にもツッコミをいれてしまいますが
たぶんこういうひとらは夫婦で映画に来て
楽しかったね~ええ作品やったね~って
二人で見れたことを幸せだとおもって帰ると思うんですよ。
・・・もちろん古きよき時代にあった武士の心とか
3歩さがって何も言わず支える妻の姿勢とか
そういうものも”懐かしく美しく”思ってるでしょうけどね。(^_^;)・・・長文失礼しました。
Unknown (ふじき78)
2014-09-22 22:47:26
中井貴一のお侍さんに「おろっ」と言ってほしいといきなり思い付いてしまった。「おろっ」って言ったら最高にオチャメだよなあ。
こんにちは (kazu)
2014-09-23 13:24:50
静かで凜とした映画でしたね。
時代が変わっても侍のまま。
不器用な生き方しかできない男、
中井貴一と阿部寛、
うまく演じていました。
広末涼子もよかったです。
Agehaさん♪ (kira)
2014-09-23 23:17:19
>中井貴一さんのブログまで覗きにいくほど
Agehaさんのこのコメントで、私も覗いてきましたわ(笑)
ホントに、オトナで、チャーミングで♪
観る作品で全く違う男を演じながら、いつも魅力的ですよね~。
サラメシの声の人と同じだなんて思えない

阿部ちゃんはいつも阿部ちゃんなんだけど、どんな作品でもハマッてると思えるのも
それも才能なんでしょう(笑)コレ、泣けましたもん。

あちこちで嗚咽が聞こえてましたが、イチバンはヒロスエのとこでした。
あの寒い日も、素足でしたよね?そこがもの凄く印象的でした。。。
ふじき78さん♪ (kira)
2014-09-23 23:21:10
中井さんは一度も笑いませんでしたよね~。
私的に恋愛ものが似合わない阿部ちゃんぢゃあ、ダメですかぁ~?
kazuさん♪ (kira)
2014-09-23 23:29:03
こんばんは♪
主な舞台が冬設定というのもあって、
ホントに仰るように、静かで凛とした、
真っ直ぐにしか生きられない男たちの、
13年もかけて辿り着いた答えでしたね。
広末さん、出来た武家の妻女っぷり、似合ってましたよね
思わずコメしてしまいました^_^ (ぺろんぱ)
2014-09-28 19:28:40
また観てもいないのに投稿ごめんなさい、です。しかしこれは某紙面での評で「いつかきっと」の作となりましたので。主人公二人の緊迫の会話のシーン、観たいものです。
中井貴一さんも阿部寛さんも、お見受けするたびに好きになる俳優さんです。

どう変えようもなかった自身の人生、、、それを想います。いつか観られる日を楽しみにします。おすすめの通りスクリーンで観たいですが。

ぺろんぱさん♪ (kira)
2014-09-30 07:51:08
出る度にまるで印象の違う中井貴一さん
いつでもどこでも阿部ちゃんはアベちゃんだけど、不思議とどれも嵌ってみえる阿部寛チャン

加えて確かな存在感で印象的な中村吉右衛門さま。
楚々としてデンとした広末さんのお内儀振りもとっても似合ってました!

運命を受け入れてそこに立つサムライ二人。
きっと静かなアツイものを感じられると思うのですが・・、
ぺろんぱさん、ご自愛くださいね。。。
Unknown (Nakaji)
2014-11-03 21:34:14
なんかこの時期の時代劇っていいのありますよね。

>女も、袂を握りしめて、声を押し殺して男泣きする。…―そんな作品。

なるほど・・・なんかこれが支えるって妻なんだな~って思いましたね。
Nakajiさん♪ (kira)
2014-11-05 00:16:57
あの街角の、我も我もと、名乗り出るかつての二本差しの男たち、、
この和洋入り混じる明治初期、、きっとあっただろうなあ~と感じさせましたよね~。。。

オンナであってもヨヨとなく感じじゃなくて、
くぅ~~っと握りこぶしでなく感じと言ったら解ってもらえるかな?
行間を読ませる画の連続で、かなり好みでした~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
柘榴坂の仇討 (あーうぃ だにぇっと)
柘榴坂の仇討@松竹試写室
ミサンガと椿の花。~「柘榴坂の仇討」~ (ペパーミントの魔術師)
「ポイント鑑賞」で「初日に見に行った」映画・・・って 自分の中でどんな位置づけだよ・・(^_^;) 先月、梅花藻を撮りに行った日に寄り道をした話をブログでアップしたのですが ⇒「彦根城へは行きませんでした」 この時の日記には書かなかったんですけど、実は四番町ス...
『柘榴坂の仇討』 (こねたみっくす)
ひたむきに生きる。例え時代が変わっても。 仇討と聞いて武士の悲哀を描いた作品かと思いきや、その中身は雪景色の似合う大人のラブストーリーでした。全てが予定調和で緊張感も ...
柘榴坂の仇討ち (Break Time)
連休2日目です・・・
『柘榴坂の仇討』を丸の内ピカデリー1で観て、地道に着実にだなふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★広末好きやもん】   全体的にゆっくり、地道に、一つ一つ確かめながら、みたいな演出で、 それは確信犯的にそうやろうと思っているのだろうが、 テンポ ...
柘榴坂の仇討 (花ごよみ)
  原作は浅田次郎の短編集 「五郎治殿御始末」の中の一編。 五郎治殿御始末 (新潮文庫) 本は以前に買ってあったのに、 読まずにいましたが 短編なので映画の始まる直前に読みました。 原作はすぐに読み終えることのできる短編、 それをどう映画化したのか 楽しみに....
柘榴坂の仇討 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。彦根藩士・志村金吾は敬愛する主君・井伊直弼に仕えていました。しかし「桜田門外の変」で井伊直弼は暗殺されてしまいます。主君を守れず一人生き残った金吾は切腹することも許されず、生き残りの刺客を探し出し仇を討つよう命じられます。幕末から明治...
『柘榴坂の仇討』 (2014) (相木悟の映画評)
時代の荒波を乗り越える人の情! 誇り高き男の生き様を描いた直球の時代劇であった。ゆえに好感度は高いのだが…。 本作は、浅田次郎の短編集『五郎治殿御始末』に収められた同名小説の映画化。浅田原作、主演:中井貴一、音楽:久石譲とくれば、監督は滝田洋二郎かと...
「柘榴坂の仇討」仇を追い続けた先にみた誰も止められなかった追う追われる立場の苦しみ (オールマイティにコメンテート)
「柘榴坂の仇討」は桜田門の変で井伊直弼を守れなかった武士が仇を討てという命を受け明治維新になってからも仇を追い続けるストーリーである。時代は江戸から明治へ移る時を経て ...
『柘榴坂の仇討』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「柘榴坂の仇討」 □監督 若松節朗□脚本 高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫□原作 浅田次郎□キャスト 中井貴一、阿部 寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ...
柘榴坂の仇討  監督/若松 節朗 (西京極 紫の館)
【出演】  中井 貴一  阿部 寛  広末 涼子  藤 竜也 【ストーリー】 安政7年、彦根藩士・志村金吾は主君である大老・井伊直弼に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治...
柘榴坂の仇討 (映画好きパパの鑑賞日記)
 俳優陣は安定しているし、浅田次郎原作ということでストーリーも手堅いのですが、セットが今一つ。また、終盤のアクションシーンは「るろうに剣心」を見てしまうと、どうしても迫力に欠けますね。こちらのほうが現実的な殺陣なのですが。  作品情報 2014年日本映画 ...
映画『柘榴坂の仇討』 (健康への長い道)
 15日、17日、本日20日と久々にハイペースで映画鑑賞です。今日は『柘榴坂の仇討』。歴史・時代小説も好きで良く読みますが、浅田次郎さんの作品は読んだことがなく、浅田文学が原作の映画も初めてです。元は短編だそうです。 Story 安政7年3月3日、江戸城桜田門外で大...
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 2014年6月11日 松竹試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 をモニター試写会で鑑賞しました。 観た当時は情報を書き込まないように署名していましたので控えていました。 で、案の定、内容は忘却されています。。。 【ストーリー】  安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大...
柘榴坂の仇討 (映画と本の『たんぽぽ館』)
良くも悪くも武士の矜持 * * * * * * * * * * 幕末期。 歴史に名高い「桜田門外の変」が発端となります。 彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、 主君井伊直弼(中村吉右衛門)の警護にあたっていました。 しかし雪の降るその日、水戸藩浪士によって...
映画:柘榴坂の仇討 予想外に! 当ブログのテーマ「変化」に合致。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
柘榴坂=ざくろざか 当ブログにしては珍しく(笑)、時代劇。 この前観た西部劇(あれはひねってるけど、ね)じゃないが、とても久々! どうせオーソドックスな展開なんだろうとと思いきや、時代が幕末→明治。 ていうか、この事件がそのきっかけに?な桜田門外の変...
柘榴坂の仇討 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) すでにスルー作品と決めていたが、台風の影響でどこにも行けず
柘榴坂の仇討 (映画的・絵画的・音楽的)
 『柘榴坂の仇討』を渋谷シネマパレスで見ました。 (1)中井貴一と阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました(注)。  本作(注1)では、1860年に起きた「桜田門外の変」の後日談が描かれます。  桜田騒動(注2)の際、命にかけても主君・井伊掃部頭(中村....
「柘榴坂の仇討」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本/木下グループ=デスティニー 配給:松竹 監督:若松節朗 原作:浅田次郎 脚本:高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫 撮影:喜久村徳章 音楽:久石 譲製作統括:木下直哉企画:小滝祥平、嘉手
柘榴坂の仇討 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
柘榴坂の仇討 '14:日本 ◆監督:若松節朗「夜明けの街で」「沈まぬ太陽」 ◆出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、二代目中村吉右衛門、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也 ◆STORY◆安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老...
柘榴坂の仇討 (いやいやえん)
【概略】 安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾は、時の大老・井伊直弼に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツは酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩も既...
映画評「柘榴坂の仇討」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・若松節朗 ネタバレあり