kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』を観て

2013-06-18 23:24:19 | 映画・ドラマ、アクション

13-52.エンド・オブ・ホワイトハウス
■原題:Olympus Has Fallen
■製作年、国:2013年、アメリカ
■上映時間:120分
■料金:1,800円
■観賞日:6月15日、新宿ピカデリー(新宿)



□監督:アントワン・フークア
◆ジェラルド・バトラー
◆アーロン・エッカート
◆モーガン・フリーマン
◆アシュレイ・ジャッド
◆アンジェラ・バセット
◆メリッサ・レオ
◆リック・ユーン
◆ディラン・マクダーモット
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
7月4日。それは、イギリスからの独立宣言が公布された、アメリカの独立記念日(Independence Day)である。多くの人が独立を祝うこの日、ホワイトハウスの堅固なセキュリティが突破され、大統領を人質にアジア人テロリストが占拠するという事件が起こった。
テロリストたちは、日本海域からの米国第七艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求。彼らはセキュリティを利用し、ホワイトハウスは特殊部隊の救出作戦をもはねつける難攻不落の要塞と化した。最悪の状況の中、一人の警備員が潜入に成功。彼は、かつて大統領専任のセキュリティ・サービスを務めていたが、大統領夫人を守りきれなかったために官邸周辺の警備員へと配置換えされたマイケル・バニング。マイケルにこの未曽有の事態の解決への希望が託されたが、彼はまだテロリストたちの真の目的に気付いていなかった……。

あのホワイトハウスが北朝鮮のテロリストに乗っ取られる、そんな無さそうで有りそうな話。冒頭で主役であるジェラルド・バトラー演じるバニングが、かつては優秀なSPで大統領(アーロン・エッカート)一家の信頼も厚かったが、事故で大統領夫人が亡くなってしまった責任を感じてSP職を退いていた。そんな彼がSP職への未練を持ちながら、ある日、突然テロでホワイトハウスが北朝鮮テロリストの攻撃を受けた事で、危険を顧みずに元職場でもあるホワイトハウスに直行し大統領救出に向かう。
北のテロリストは入念な計画を元に、韓国大統領の警護責任者として同行し米国大統領との首脳会談に当然ながら付き添い、苦も無くホワイトハウスに潜入。これを機に事前の計画を次々に遂行、米国だけでなく世界中をあっと言う間にパニックに陥れることに成功。
首謀者のカンはここから怒涛に如く計画を寸分の狂いも無く実行に移し、セキュリティ・コードを次々と吐かせ解除に成功し、後は、彼らの目的である北による朝鮮半島統一国家樹立のために、米国が保有する核を全て破壊し米国第7艦隊を撤退させることだった。その背景には首謀者カンの両親の不遇の死があった。

大統領と政権中枢部の限られた人物(副大統領、下院議長、国防長官など)がもつ国家機密としてのセキュリティ・コードを巡る酵攻防はスリルがあり、また、ホワイトハウス内には北へ内通していた意外な人物とバニングの関係が暴露されたり、大統領の息子コナーの身柄確保に躍起になる北のテロリスト、大統領自身の生死など最初から最後まで手に汗握る攻防が続き2時間はあっと言う間に過ぎた。

ジェラルド・バトラー演じるSPは冒頭であるようにファーストレディーの命を守れなかったことを未だに引き摺っているが、ホワイトハウス攻撃で吹っ切れたように大車輪の活躍?を見せた事で、大統領の信頼を取り戻すことに成功。だが、このテロを招いたのは米国の油断とおごりでは無かったか?実際にこのような見事なテロ行為が成功するとは思えないが、あっては困る。

でも、韓国大統領の警備責任者が北の大物テロリストだったとは、こちらの方も本当なら大変な事態だが...。 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『ファインド・アウト』を観て | トップ | 西武、15三振で打線が今日も沈... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「エンド・オブ・ホワイトハウス」 (日々“是”精進! ver.F)
単独で、ホワイトハウスを奪取… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306080002/ ポスタ- A4 パターンC エンド・オブ・ホワイトハウス 光沢プリント写真フォトスタンド APOLLO 売り上げランキング : Amazonで詳しく見...
エンド・オブ・ホワイトハウス (Akira's VOICE)
無慈悲すぎて震える。  
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 2013年5月20日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 を試写会で鑑賞しました。 かなり見応えある映画でしたよ 【ストーリー】  シークレット・サービスとして大統領の護衛にあたるも、大統領夫人の命を守ることができなかったマイケル(ジェラルド・バトラー)。それから2年後、彼はホ...
「エンドオブホワイトハウス」、北朝鮮テロリストによるホワイトハウス乗っ取り事件! (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆      サスペンス好き ☆☆☆☆ あのホワイトハウスが、テロリストの襲撃の的に。 たった、13分で陥落という、綿密に計算された攻撃計画。 陸、空、内部という3段構えの攻略で、あっけなく頑丈な地下室に、大統領以下が拘束される。 冒頭...
エンド・オブ・ホワイトハウス / Olympus Has Fallen (勝手に映画評)
ホワイトハウスが陥落するとはね・・・。なんとも衝撃的な物語ですが、かの某国の事を考えると、強ち荒唐無稽とも言えないかもしれません。 冒頭出てくるガンシップはAC-130。USAFのロゴ入りで有ることは、映像で映し出されていますが、これって、内通者が居てハイジャッ...
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 (時間の無駄と言わないで)
ホワイトハウスがテロリストに占拠される映画。 突然本編が始まっちゃったのかと思ったら、「ホワイトハウス・ダウン」っていうこれまたホワイトハウスが襲撃される映画の予告編 ...
エンド・オブ・ホワイトハウス/ジェラルド・バトラー (カノンな日々)
『トレーニング デイ』のアントワーン・フークア監督がジェラルド・バトラーを主演に迎えホワイトハウスを舞台にテロリストとの決死の戦いを描いたサスペンス・アクション・ムービ ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (ぷかざの映画感想記)
エンド・オブ・ホワイトハウス観てきました。 [満足数 ★★★★☆} ホワイトハウ
エンド・オブ・ホワイトハウス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(5) “小包とプラグ”ってなんともお茶目で楽しい!
エンド・オブ・ホワイトハウス (ダイターンクラッシュ!!)
2013年6月16日(日) 18:45〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 リーアム・ニーソン的ジェラルド・バトラー 『エンド・オブ・ホワイトハウス』公式サイト LAで宇宙人を撃退し功をなしたアーロン・エッカ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (銀幕大帝α)
OLYMPUS HAS FALLEN 2013年 アメリカ 120分 アクション/サスペンス PG12 劇場公開(2013/06/08) 監督:アントワーン・フークア 製作: アントワーン・フークア ジェラルド・バトラー 出演: ジェラルド・バトラー:マイク・バニング アーロン・エッカート:ベ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (あーうぃ だにぇっと)
エンド・オブ・ホワイトハウス@なかのZERO
映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」 (FREE TIME)
映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」を鑑賞しました。
エンド・オブ・ホワイトハウス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【OLYMPUS HAS FALLEN】 2013/06/08公開 アメリカ PG12 120分監督:アントワーン・フークア出演:ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、アンジェラ・バセット、ロバート・フォスター、コール・ハウザー、フィンリー・ジェイコブセン、アシ....
エンド・オブ・ホワイトハウス (はるみのひとり言)
試写会で見て来ました。テロリストにより占領されたホワイトハウス。大統領を救出するため元シークレットサービスの男が一人で戦っちゃうお話です。独立記念日の翌日、北朝鮮のテロリストがホワイトハウスに奇襲攻撃をかけ、わずか13分で占領されます。そこに居たのが元...
エンド・オブ・ホワイトハウス (そーれりぽーと)
某駅上映画観がトイレの小便コーナーの目線の位置にフライヤーを貼るという反則技でゴリ押しっぷりで興味を持った『エンド・オブ・ホワイトハウス』を観てきました。 ★★★★ アクション映画としては『ダイ・ハード』を彷彿とさせる、限定された建物の中での息をつかせ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (心のままに映画の風景)
シークレット・サービスのマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)は、車の事故に巻き込まれた大統領夫人(アシュレイ・ジャッド)の命を守ることができなかった。 2年後の米国独立記念日。 アジア系テロリスト集団によってホワイトハウスが占拠される。 大統領...
エンド・オブ・ホワイトハウス  ★★★ (パピとママ映画のblog)
『完全なる報復』『マシンガン・プリーチャー』などのジェラルド・バトラーがプロデューサーと主演を務めたアクション。大統領を人質にホワイトハウスを占拠するテロリストたちを相手に、元シークレット・エージェントの男がたった一人で戦いを挑んでいく。『トレーニング...
『エンド・オブ・ホワイトハウス』('13初鑑賞50・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 6月8日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 12:30の回を鑑賞。
エンド・オブ・ホワイトハウス (いやいやえん)
素敵な元シークレット・サービスのジェラルド・バトラーが、素敵な大統領アーロン・エッカートを助ける話…って書くとなんか軽いですが、映画としては真っ向勝負のど迫力のアクション映画です! 実際にはこんな簡単にいかないとは思いますが、ホワイトハウス陥落まで...
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 (ラムの大通り)
(原題:Olympus Has Fallen) ----確かこの映画って、 最初のうち、 エイリアン侵略ものと 勘違いしていたヤツだよね。 「そう。 ちょうどアスミックに行った時、 巨大POPを作っていて…。 それがホワイトハウスだったものだから、 『インデペンデンス・デイ』とダブっ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (とりあえず、コメントです)
ホワイトハウスがテロリストに陥落されてしまうというサスペンス・アクションです。 ジェラルド・バトラー主演でこういうアクションってカッコ良さそうだなとチャレンジしてみました。 何よりも、ほとんど戦場のようになってしまうホワイトハウスの惨状にビックリしてしま...
エンド・オブ・ホワイトハウス (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「エンド・オブ・ホワイトハウス」監督:アントワーン・フークア(『ザ・シューター/極大射程』)出演:ジェラルド・バトラー(『GAMER』『幸せの1ページ』)モーガン・フリーマン( ...
「エンド・オブ・ホワイトハウス」 (prisoner's BLOG)
ホワイトハウスが制圧され大統領が人質になり、第七艦隊を撤退させろとテロリストが要求するという事態になって、当然他の周辺国の首脳とも連絡し相談するわけだが、その中に日本が入ってないのだね。第七艦隊がいるのは「日本周辺の海域」とは出てきても。 属国とは相談....
エンド・オブ・ホワイトハウス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:アントワーン・フークア 出演:ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン 、アンジェラ・バセット、ロバート・フォスター 【解説】 『完全なる報復』『マシンガン・プリーチャー』などのジェラルド・バトラーがプロデューサーと主演を務...
「エンド・オブ・ホワイトハウス」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:OLYMPUS HAS FALLEN)アクション映画としては凡作だが、本題とは関係のないところが妙に面白かったりする。まず、同様のネタで「ホワイトハウス・ダウン」なる映画も作られていること。  9.11同時多発テロから10年以上経っているとはいえ、アメリカ本....
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 (こねたみっくす)
これぞ21世紀の『ダイ・ハード』だ! と言っても『ダイ・ハード』と『ザ・シークレット・サービス』を銃撃戦映画が得意なアントン・フークア監督が味付けしただけの作品なのですが ...
『エンド・オブ・ホワイトハウス』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『エンド・オブ・ホワイトハウス』を観てきました。エンド・オブ・ホワイトハウス - 映画.com先週のGIジョーも楽しみだったけど、こちらもアクションものとしては、とても楽しみにしていたものです(^^) まぁ設定はというと、ホワイトハウスが北朝鮮のテロを受け陥落する...
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 これをやってはいけない (映画のブログ)
 優れた創作者には、現実に起きることを見通す力があるのだろうか。  月刊「創」の篠田編集長は、映画『さよなら渓谷』を観た驚きを同誌2013年7月号に綴っている。1998年に帝京大ラグビー部員が起こした事件のその後については、月刊「創」2011年12月号と2012年1月号で...
「エンド・オブ・ホワイトハウス」 きっと記憶に残らないのだろうなぁ (はらやんの映画徒然草)
んー、頭の中で本作の予告編と今度公開するローランド・エメリッヒの「ホワイトハウス
エンド・オブ・ホワイトハウス (Olympus Has Fallen) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アントワーン・フークア 主演 ジェラルド・バトラー 2013年 アメリカ映画 119分 アクション 採点★★★ ハリウッド映画って、その時々の社会に潜む不安や不満を巧みに題材に盛り込みますよねぇ。タカ派が幅を利かせてる時にはリベラル的な作品が、リベラル政...