映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

大映宣伝部・番外編の番外 (148) 香川良介さん

2017年03月13日 | 日記

 

  

   

    

    今回は戦前・戦後と長きにわたり名脇役として活躍した香川良介さんです。昭和17
    年(1942)の戦時統合で、日活・大映が合併させられた大映と専属契約を結び、昭和
    35年に大映を退社しフリーになりますが、その以前も以後も映画界在籍が長いこと
    や、お人柄もあって他社出演やテレビドラマも結構あったし、フリーになってからも大
    映には出演しています。

    香川さんが生まれたのは明治29年(1896)佐賀県白石町です。生後間もなくお父さん
    の都合で北海道に移り芽室実業学校を卒業しましたが、舞台俳優を目指して大正時
    代は舞台で活躍。大正14年(1925)に帝國キネマ演芸に入り、ここから長い映画俳優
    の道がスタートするのですが映画の道も険しく途中で挫折し、一時的に舞台に戻った
    こともあったそうです。

    アシヤ映画製作所→東邦映画→伊藤映画研究所→片岡千恵蔵プロダクション→日活
    →大映となり、生涯の出演本数は400本を越えます。
    大映での出演は百数十本で、中でも「無法松の一生」「狐の呉れた赤ん坊」「手をつなぐ
    子等」「王将」「愛妻物語」「大仏開眼」「雨月物語」「地獄門」「銭形平次捕物控シリーズ」
    「山椒大夫」「新平家物語・三部作」「朱雀門」「地上」「炎上」「日蓮と蒙古大襲来」「濡れ
    髪剣法」「かげろう絵図」「薄桜記」「座頭市あばれ凧」「」「忍びの者 伊賀屋敷」「眠狂四
    郎無頼剣」など、印象深い作品がずらり並びます。
    昭和62年(1987)に急性心不全で死去、90歳。香川さんの最後の映画出演作品は「ジ
    ャズ大名」(1986)でした。

     
    




ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 「ラ・ラ・ランド」 | トップ | 映画 「彼らが本気で編むとき... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中島様 (タム親父)
2017-03-13 12:08:38
こんにちは。

香川良介さんは、大映と東宝のいろいろな作品でお見かけします。役柄も、善人も悪人もありました。やはり、邦画には欠かせない脇役の方だったと思います。
下から2番目のスチールは東宝の「日本の一番長い日」ですね。私は毎年8月14日にこの作品を観るようにしています。
香川さんの遺作である「ジャズ大名」は、奇しくも大映の制作でしたね。中島様はこの作品をご覧になったでしょうか。ミュージカル好きの中島様の評価を伺ってみたいです。
・・・というように、ご負担をおかけするのがいけないということに気づきました。申し訳ありません。どうぞご自愛ください。
Unknown (中島けん)
2017-03-14 10:26:42
タム親父さん

おはようございます。とてもお元気そうでなによりです。
「ジャズ大名」はたしか徳間大映ですね。実は未見です。
大映を離れて15年間くらい、ほとんど映画を見なかった空白期間が
私にはあります。いま思えば、どうしてそうなったのか悔やんでいます。(笑)

この人が出ていると安心します (さすらい日乗)
2017-03-18 08:07:58
lこの人が出ていると、これは良い映画だと安心して見ることができます。
さらに石黒達也の悪人ぶりも素晴らしいですね。
Unknown (中島けん)
2017-03-19 10:43:53
さすらい日乗さ

同感です。
石黒達也さんもいい役者でしたね。

ものすごい本数に出演されてますね (小三太夫(改5))
2017-03-20 14:07:01
けんさん

 おつかれさまです
白内障と緑内障で片目が殆ど使えず視界がスタンダードサイズだったのが 手術をして お蔭様で70ミリのワイドスクリーンとは言いませんが、なんとかビスタビジョン位の視界に戻りました。(^。+;

 香川さんは戦後の恰幅の良いお姿が印象的なのですが、戦前の千恵蔵御大との「宮本武蔵」での沢庵和尚や終戦直後の多羅尾伴内シリーズの警察高官等が戦後の姿とは全く違う位にスリムで驚きました。

 バイプレーヤーとして貴重な存在だったんでしょうねぇ。
またまたまた横レスです (タム親父)
2017-03-20 18:22:35
中島様、小三太夫様、こんにちは。

小三太夫様、昨年は素敵なお歳暮をありがとうございました。このところお見かけしないので気になっていましたが、そのようなご事情とは知らず、申し訳ありませんでした。月並みな言いかたですが、どうかご自愛ください。

お元気になられたら、最近私が疑問に思っている問題を一緒に考えていただけると嬉しいです。「ガメラ対バルゴン」で、「神戸から上陸して大阪に現れたバルゴンを京都からそらすために、琵琶湖に沈めることにした」という設定で、どうやったら大阪から京都を迂回して琵琶湖に向かうか、ということです。南まわりだと奈良に行ってしまいますので、これは難しいです。北まわりで、丹波山地を誘導するしかないのですが、これはこれで難しいような。
もっとお元気になられたら、こんなのにぜひお付き合いください。どうかくれぐれもお大事に。
このところ横レスばかりです。失礼しました。
Unknown (中島けん)
2017-03-21 22:24:34
小三太夫(改5)

大変でしたね。私も病人ですから、貴兄の辛さがよく判ります。無理をせず
お過ごしください。
香川さんはとても貴重な脇役の一人です。いい所にちゃんとハマる役者さん
でしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。