ラーメンの優しい食べ歩き

元ラオタのゆっくりなラーメン食べ歩きブログです。

麺処 びぎ屋(胡麻の冷やし和えそば)@学芸大学に行きました。

2016年07月24日 14時51分52秒 | 麺処 びぎ屋@学芸大学

びぎ屋の夏は楽しい♪



今年の第三弾 期間限定冷やし麺は胡麻!ってことで



胡麻の冷やし和えそばと、しらすご飯です。


ちょっとお腹が空いてまして♪



麺の上に鶏チャーシュー。冷やしの場合は鉄板アイテム


横に添えられたプチトマト、半熟味玉とアイテム充実。



そしてパクチー。これが今回のアクセント



それではシッカリかき混ぜてとうことなので


十分にかき混ぜた結果。平打ちストレートタイプの麺だということがわかりました。



モチモチとした食感の麺はやや強めの胡麻ダレを適度に絡ませるので


食べていてちょうどイイ胡麻の香りと美味しさとなります。


そしてキュッとくるパクチーの香り♪


東南アジアテイストですが、びぎ屋にかかるととても上品に感じます。



しらすご飯を途中でかませながら



レモンを絞って



ナチュラルな酸味と胡麻ダレに移して後半は更に後味サッパリとしながら


美味しくいただきました。



ごちそうさまでした。


毎週土日のびぎ屋のチェックは欠かせませんね。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らーめん雅楽(冷やニボ中華そば、納豆、半ライス)@あざみ野に行きました。

2016年07月23日 11時27分07秒 | ラーメン 神奈川県

平日は空いてますよ。


そんなわけで、雅楽です。


そんな感じで着席します。



7月限定の冷やニボ中華そばです。


ここに納豆と半ライスはお昼サービス(平日だけかな?)を追加しました。


そう。以前『煮干の限定のときに、煮干には納豆が合うんですよ』とおっしゃってたので


たぶん、いつもは買えないのだと思いますが、券売機に光る納豆の文字。



キラリオイルに光るスープには


シッカリと薫る煮干の風味。飾りではない煮干のシッカリとした旨みと共に


今の私はお腹が空いているところに更に食欲を掻き立てる


そんな美味しいスープです。


そしてミニトマトは湯むきしてました。手がかかると思いますが


キットこのお店にしては当たり前なのだと思いますが、この味への気配りは素敵です。



麺は細めのストレートタイプ。


キンと冷えた器とスープにシッカリとした麺が泳ぎます。


具の鶏チャーシューは厚みあり、旨みあり、そしてシットリと滑らかで柔らかく


丁寧な仕事ぶりがうかがえて美味しいです。



そして(わざと)残ったスープに半ライスと納豆を入れて食べます。



1杯で2度美味しい冷やニボ茶漬けの出来上がりです♪


個人的には味玉の半分を取っておくのもオススメです。


それとご飯が美味しかったと思いました。



ごちそうさまでした。


煮干に限らずこのお店のラーメンは美味しいです♪


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺や 七彩(肉そば中盛)@八丁堀に行きました。

2016年07月22日 09時56分45秒 | ラーメン 23区

注文を受けてから麺を打つという


そんなお店がココ。七彩です。


ちなみにお昼の12:45ぐらい入店しましたが、店内5人待ちの入り。


最近は先行で麺を打っているのか?今日だけなのか?お昼はなのか?


いろいろと未確認ではありますが、打ち立ての麺を提供していることには変わりありません。


だってね。ラーメンの注文が入るたびに麺を切ってます。足りなくなってきたら打ってます。


ちなみにつけ麺は違う麺(のはず)です。


なので座って麺打ちを見ようとドキドキしていたらラーメンが出てきました♪



肉そば中盛りです。


普通から大盛まで同料金。ですがチャレンジメニューではないので適量を見極めてくださいね。


初めてなら普通で入るとかね。



スープの水面に浮かぶようなチャーシューの山


これ以上もない絶景であります♪



トップオブビュー♪


よく見ればわかるチャーシューは2種類であるということ


グルリと巡るチャーシューは脂の質感を、中心のチャーシューは肉の質感を


見事な布陣です。全く隙がありません♪



熱々のスープは強すぎない醤油ベース


スープ単体では大人しめかもしれませんが、


たっぷりの麺とたっぷりのチャーシューを食べきるには


むしろこれぐらいがちょうど良いのだと思うのでした。



打ち立ての麺はピラピラとした平打ちの縮れタイプ。


フルフルと震えるようにスープを絡めております。


打ち立ての麺は熟成が無いためコシがどうなのだろうかと思う方いらっしゃるかと思いますが



全く問題ありません。


かたくなく、かといって柔らかいわけでもない。


かたい=コシがある


ではありません!


箸越しに感じる感覚は柔らかいかもしれませんが、食べて感じる適度なコシ


絡めたスープと一緒に味わうために必要な質感。そのスープにあった質感がコシなのだと思います。


その点でこの麺は非常に秀逸だと思います。


そうとても美味しいです♪



ごちそうさまでした。


タイミングによっては注文を受けてから麺を打つこともあるかと思いますが


それはむしろラッキーだと思います。


お時間の余裕があるときに是非に♪


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラーメン屋 トイ・ボックス(冷やしラーメン)@三ノ輪に行きました。

2016年07月21日 12時09分53秒 | ラーメン 23区

もう。今年初ってのが多すぎる今日この頃


トイボまで行ってなかったとは!


ちなみに最後は去年の冷やしの時期(えぇ!)



ってことで、今年の冷やしです。



このお店が素晴らしいのは、注文を受けてからミョウガを刻むこと(今日はたまたま?


そうするとミョウガの香りが清々しいですねぇ


チャーシューは鶏チャーシューです。


冷やしの場合、豚だと脂がかたまってしまうので、鶏の胸肉(かな?)を低温調理(たぶんね)でシットリと仕上げています。


中華料理の前菜のような鶏の旨みがギュッと詰まっていて、そしてシットリとした質感


これだけで十分な逸品であります。



目線を変えると、その筋1本1本に味が染みたような大振りのメンマが2本


これはスープに沈めておくと更に旨みを増して美味しくなるんです♪



油膜はるスープですが、油自体がとても良いものなので


ギトギトしたところはありません。


むしろ油自体に旨みと香りがあるような気がします。


なので、スープの旨みにこの油は不可欠な要素なんだと思います。



麺は細めのストレートタイプ


シッカリと水で締めているので口に入れて冷たいぐらい


細麺にシッカリと絡む冷やしのスープ


すするほどに香る醤油や薬味、油の香り。そして麺を噛むほどに広がる麺とスープの旨みとが相まって


飲み込むんでふと感じる。あれ?煮干のようなじゃこのような?


たぶん気のせいでようが、魚のような香ばしい風味が。


それにしても美味しいです。この冷やしラーメン♪



ごちそうさまでした。


味に厳格な店主ですが、地元の常連に愛される素敵なお店になっていますね。


安心と信頼のお店。それがトイ・ボックスです。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はやし(らーめん)@渋谷に行きました。

2016年07月20日 16時22分45秒 | ラーメン 23区

久しぶりの「はやし」です。


炎天下ですが、メニューはラーメンのみというとても真っ直ぐなお店です。



らーめんでございます。


味玉がつくかチャーシューをつけるかぐらいの変化ある程度


どこまでも真っ直ぐなお店です。



ネギを中心に手前をメンマ、奥にチャーシュー。最高峰に海苔という盤石の態勢です。



まずはスープをいただきます。


トロンとした。といっても濃すぎない。動物系の旨みが十分なので


カエシの旨みがダシの旨みを引き出すような。それでこそ美味しいスープとなる


そんな見本となる美味しさです。


ちょっと旨みが濃いぐらい。それぐらいは麺と合わせてちょうど良いのだと思います。



麺は細すぎず太くない。つまりちょうど良い感じの麺の太さ


ストレートタイプの麺はシッカリとした歯ごたえと旨みがあります。


スープの旨みに負けない麺の強さに、ラーメンの主役は麺なんだ!と一瞬思いたくなるその時に


ドンブリからスープをグイッと飲みこめば、飲み込んだ麺の旨みを損なうことなく主張するスープの美味しさ


フゥッと息を吹くほどに感じる麺とスープの相乗効果に


麺がスープがじゃなくて、どちらも双方を高め合う。このラーメンはそんなラーメンなんだねって



ごちそうさまでした。


お昼のみの営業です。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金色不如帰(そば醤油)@幡ヶ谷に行きました。

2016年07月19日 20時08分06秒 | 不如帰@幡ヶ谷

今年初。醤油リニューアルしても初


ついでに言えば、つけ麺がリニューアルしてからも初(今回食べません)


ってことでファーストロットの3番目にポジショニング



頼んだラーメンは、そば醤油です。



想像よりも淡い色に感じつつ


薄いのではく、淡くとも琥珀色したそのスープに


はて、本当に醤油なのかなと思いつつ



チャーシューの上に乗る黒トリュフ


顔を近づけなくとも芳香が広がります。



セップ茸のオイルとフレークからは


トリュフを邪魔しない香ばしさ



最初の味わうスープの味は


ハマグリが全面に押し出ていて、不如帰を不動の地位を固めた代名詞のような味わい


美味しさに驚く最初のヒトクチなれど


食べ進むにつれて感じるのは凄く美味しいという感覚


その何が凄くて美味しいのかわからないほど、渾然一体となった圧倒的な旨みに浸るよう


なんとも美味しいスープです。



麺は細めのしなやかな物腰を感じるストレートタイプ


スープを適度に絡めてすすることで、よりスープの美味しさが際立つような


麺の旨みを極限まで高めるような


勝手な解釈ですが、リニューアルに際し麺も少しマイナーチェンジしてるのでは?


と思うほど、以前のそば醤油とは大きくブラッシュアップされた美味しさです。



自家製タルトゥファータは麺と一緒に食べると口の中でトリュフの香りが広がります。



ごちそうさまでした。


帰り際に


『まだつけ麺食べてませんよね?』


あ、また来る楽しみに取っておきます。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しなてつ(冷やし中華 ミニワンタンスープ付き)@荏原町に行きました。

2016年07月16日 21時09分08秒 | ラーメン 23区

しなてつとなれば、冷やしを食べるというこの夏の選択肢に加えて


ワンタンスープも食べたいという欲求にかられるもの


はてどうしたものか?



冷やし中華 ワンタンスープ付きがあるという神選択♪


やっぱりご店主は食べ手の気持ちをわかっておられるなぁ♪



麺大盛り無料ということで遠慮なくいただきます。


「辛子いりますか?」


アザース!


具はチャーシューとキュウリ


キュウリだけかと思ったらミョウガの風味も感じる手の込みよう


甘酸っぱいながらも調味料の味が強すぎなく


ベースとなるスープとの割合が抜群です。



キリッと冷えた麺に絡む醤油ベースのタレは麺と共に食べても十分な美味しさ


冷やし中華はタレの旨みが強調されがちですが、煮干しの風味・旨みがきっちりきいています。



肉がぎゅっと詰まったワンタンはこの系統の特徴


ツルンとした皮とムチっとした肉との対比と


ジューシーな具とスープとの旨みの融合がとても美味しいです。



揚げネギを加えてアクセントと更なるコクをプラスして



ごちそうさまでした。


オーソドックスを深化させたような


とても美味しかったです。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺処 びぎ屋(冷やし和えつけ麺〜梅の章〜)@学芸大学に行きました。

2016年07月10日 16時09分44秒 | 麺処 びぎ屋@学芸大学

梅雨の合間の晴れ間から


びぎ屋 夏の限定冷やし第2弾が始まりました。


炎天下ですが開店前には結構並んでましたねー


でも限定食べてるのは私の前の人が一番最初だったなぁ。



冷やし和えつけ麺〜梅の章〜


和え麺とつけ麺の要素を合わせ持ってるんですって


ところで限定のチケットどこにあったんだろ?



冷やし和えつけ麺〜梅の章〜です♪


彩りっていうか盛り付けっていうが丁寧ですよね♪



これだけ見ると冷やし中華っぽいんですが


酢とか甘みが強くなくって穏やかでイイですね。



麺は細めのストレートタイプです。


冷水でキュッと締めているので、しっかりとした歯ごたえです。


そして麺にコーティングされた具や調味料の旨みで麺の旨みを引き出すような


繊細な美味しさです。



梅(?)の氷で解けるほどに増す冷たさと梅の香りを感じつつ


刻み込まれた薬味の数々はデフォのつけ麺がベースとなっているような



啜るほどに感じる夏ならではの冷たいつけ麺ですねぇ〜



美味しかったです。


が、大盛りがイイかもね。


その方が和え麺とつけ麺を存分に味わえると思います。


少食の方でなければプラス100円で♪


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺場Voyage(ボヤパフェ2016)@京急蒲田に行きました。

2016年07月03日 17時39分48秒 | ラーメン 23区

さーVoyageにも夏が来た♪


最近、こんなフレーズばかりでございますが


夏は冷やしの季節であります。


このVoyageというお店は船長(店主)の個性が光るメニューがたくさんあるんですが


夏の一時期だけ(今年は7/7まで)食べることができるヒトシナがこちらの



ボヤパフェ2016です。


2016というだけあってここのところ毎年出ているメニューです。


ちなみに去年は食べ忘れました(汗)



見た目にパフェですが


食べればわかる磯の風味と旨み富んだ冷やし麺であります。


チャーシューが食べ応えあって、頂点の金箔は金沢のアレだと思います。



細めのストレートタイプの麺はスープの旨みをしっかり絡めて


食べるほどに食欲がわくようです。


また麺の上にのったシャーベットもスープとは異なる美味しさに富んでいて麺に絡めるにようして食べると


涼を誘いつつ美味しさに包まれていきます。



冷たいエビの旨みがたっぷりのスープに麺をつければ


つけ麺のような美味しさとなりました。



ごちそうさまでした。


ちょっと一気食いのように食べちゃいましたw


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺処 びぎ屋(駿河冷やしらーめん)@学芸大学に行きました。

2016年06月26日 20時12分41秒 | 麺処 びぎ屋@学芸大学
今年も夏がやってきた。



びぎ屋にも夏がやってきたー


毎年、びぎ屋では期間限定の冷やしラーメンをイロイロと出しているんです。


今年の第1弾は



駿河冷やしらーめんです。


静岡の藤枝では朝ラーの文化があるんですよね。確か


そのびぎ屋バージョンということだそうです。



小ライス推奨ということです。


これは最後の楽しみとして



静岡名物の黒はんぺん、チャーシューは豚と鶏の2種類


器の添えられた梅カツオはたぶん自家製です。



流れ出る直前の味付け卵の断面が食欲をそそります。



凍らせたスープが浮かんでいて、ひんやりと、そしてスープの味も薄くならない


イイ工夫ですね。



ひんやりと、そして豊かな香りは油からか


何よりも魚の香りと旨みがギュッときいたスープはとても美味しいです。


味付け濃すぎず、薄くなく



麺は細めのストレートタイプ


水でギュッと締めてあるのでハリのある食感


細めなのでよく絡みスープと相まって美味しいですねぇ〜



麺を食べ終わってもスープに浮かぶ油がキレイです。


これはチャーシューに脂分が少ない肉を使用しているからです。


冷やしで温かいラーメンと同じような豚バラのようなチャーシューを使うと


白く脂が浮いたりしますが、びぎ屋の冷やしはそこが違います。


このスープに先ほどのライスを



ドーンとインします!


残しておいた梅カツオを中央に添えて



お茶漬けの要領でザブザブと美味しくいただきます♪



最後のヒトクチまで美味しかったです。


ごちそうさまでした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加