ラーメンの優しい食べ歩き

元ラオタのゆっくりなラーメン食べ歩きブログです。

戸越らーめん えにし(すだちのすーらーたん)@戸越銀座に行きました。

2016年09月25日 00時14分55秒 | えにし@戸越銀座

ちょっと久しぶりな気がしたら


本当に久しぶりでした。


例えて言うなら3ヶ月ぶり


あれ????


ってことで、久々に食べに行こうと思ったら



期間限定がありました。


えにしの期間限定は日々進化するというか日々新しくなるっていうか


つまりその時々のイイ素材が織りなす美味しさを楽しむというところ



すだちのすーらーたんです。


和風の酢辣湯麺ということで


酸っぱくて辛くてって感じの味なんですねってことで



メンマを中心に野菜たっぷり


そして溶き玉子もたっぷり



ラー油の下に澄んだスープの更に下に濁ったスープ


スープの多段構成は旨みのミルフィーユ状態


その旨みの中で、すだちの鮮やかな酸味と爽やかでほのかな苦味が抜群のアクセントとなっています。



麺は極細タイプ


スープをしっかり絡めてアツアツのモチモチ


そして、えにしの真骨頂は出来たてでも、後半でも美味しさが持続するということ


つまり、麺がのびてきたら、のびてきたなりの美味しさを奏でるということです。


本当にこのお店が賞レースに出てこないのが謎なんですが


何でですかね??



さてこちらはおとくご飯と言いまして


昼夜で乗る具が異なりますが


なんと50円


まさに、おとくです♪


そのご飯に



麺を乗せたり



らーめんの具を乗せたり


みんなの美味しい想いを乗せたマイメンドンブリを楽しむのがまた美味しいんです♪



ごちそうさまでした。


そういえば、つけ麺がマイナーチェンジしてから行ってなかったな。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とらきち家(ラーメン+まかない飯)@東白楽に行きました。

2016年09月19日 13時11分25秒 | ラーメン 神奈川県
思いっきり家系を味わおう!


折角の横浜なのでもう1件。



とらきち家です。


場所はあの六角家の隣っていうか


ここまで近くなくてもイイだろう的なポジション。



ラーメン(全部普通)です。


初めての家系では全部普通を通しております。


少し色が強く。それが旨みの濃さを反映しているような



カエシがきいたスープはトロッとした舌触りと共に味わいにエッジがきいたタイプです。


全部普通ですが、油やカエシがしっかりときいていて、とても強いシッカリとした美味しさです。



やや厚めの切られたチャーシューは2枚。


スモーキーで全体的にアクセントある仕上がりで食べ応え十分な美味しさです。



短めの麺によく絡んで食べるほどに濃厚さが加速するような美味しさです。


麺の旨みがスープをリブートするような食べ応えは


食べ手をやや選ぶかもしれませんが、それゆえに多くのファンも生む要因になっているかもしれません。



そしてスープをタップリと染み込ませた海苔は


もはやヒトツのおかずのような存在感です♪


そうそう。家系のスープはご飯のおかずにピッタリなんだよなぁって



まかない飯(小)でございます。


チャーシューを刻んでネギと醤油ダレで合わせているようです。


むむ!これは食欲に火をつけろっていうことなのか!?



まかない飯と家系スープをタップリ含んだラーメンライスという


マイメンドンブリという美味しさ♪



そしてココにもあったとばかりに刻み生姜による



一服の清涼感にも似た微かな甘みと爽やかな香気による美味しさのアクセント♪


ごちそうさまでした。


2件目なのにこの食べっぷり


これだから家系ってラーメンは美味しいのです♪


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

末廣家(ラーメン)@白楽に行きました。

2016年09月18日 14時06分56秒 | ラーメン 神奈川県
圧倒的に美味い家系を食べようじゃないか!


ってことで、私の気持ちは横浜へと向かうのでした。



末廣家でございます。


赤地に金色で末廣家!


カッコイイです♪


初めて行く家系では全部普通を通している私なので



ラーメン(全部普通)でございます。


見た目から違うこの力強さ♪



大振りのチャーシューから香るスモーキーさ


油の層に重なるかの旨みの塊りのようなコラーゲンな層


その油膜をレンゲで払うことで香る旨みを湛えているだろう美味しい香り



濃厚ながら後味が軽いとさえ感じてしまう


家系は濃厚であって味が濃いとう調味料で感じさせるソレではない


美味しさに満ち溢れていながらも、家系であって上品さを垣間見えるというマレな美味しさ♪



麺は短め太めの縮れタイプ


家系では当たり前と言われる表現の麺かもしれませんが


ナカナカ個性的なのですよと時に感じつつ


極上のスープに絡む麺の旨みは噛む時々に感じ方が変わるような


それは麺の旨みがクローズアップされるような


スープの旨みがクローズアップされるような


表情をその都度変える美味しさに


家系ってこんなに繊細な美味しさをするものなのだねと



海苔で挟んで麺を食べるという


海苔リフトという3枚ある海苔を贅沢に、そして潤沢にスープを含ませて食べるという


スープがやはり主役かなと思わせつつ


麺も美味いな〜と思わせる美味しい食べ方なのでぜひお試しを♪



卓上に揃った薬味のラインナップの充実さに目尻の下がる思いですが



刻んだ生姜があるっていうのが嬉しいじゃあないか♪


おろしもイイのですが、歯ざわりと生姜のアクセントをダイレクトに味わうのに適しています。


他の薬味もイロイロと個性があるので、自分に合ったものを選んで食べるのも楽しいと思います♪



チャーシューの上に乗せてみました。


えぇ見栄えの点を考慮しただけなので、この後すぐに沈みます。


シャクシャクとした歯ざわりと、微かな甘み、しっかりとした香気


家系のパワフルな旨みをスキッと洗い流すようなアクセントとなっております。



ごちそうさまでした。


圧倒的に美味しい家系ラーメンでした♪


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺処 びぎ屋(淡麗あさりの冷やしそば)@学芸大学に行きました。

2016年09月11日 23時54分28秒 | 麺処 びぎ屋@学芸大学

夏も終わりなのですかね。


今日は少し涼しめだったからか


開店前12人。


ファーストロットのあとで10人ぐらい


人気あるねー



それでは期間限定冷やし第8弾です。


売り切れるタイミングもあるみたいです。



これが締めのご飯ですかね。


直接現金支払いとなっています。



淡麗あさりの冷やしそばです。


淡麗ということで透明なスープを想像してましたが


思った以上に濁っていて


それだけ旨み濃いんだと思いつつ



湯むきしたトマトの甘みと酸味が優しいアクセント


鶏は胸肉かな?


しっとりと柔らかく、ウチに秘めた美味しさがスープによく合います。



凍ったスープが食べるほどに旨みが濃くなるような


そして冷やしメニューの美味しさは冷たさをキープすること


その役割を上手に演出しています。



細めのストレートタイプにシッカリと絡んで感じるアサリの旨み


淡麗と言いますが、これがなかなか濃厚な


とはいえ、脂で濃厚なのではなく、旨みが強く濃く厚く


そんな感じの美味しさです。



わけぎご飯は


その通りご飯にわけぎがタップリです。



スープにインしてみると


旨みタップリスープを最後まで余すとこなく美味しくいただこうという


糖質オン!な食べ応え♪



これは美味しい!


普通のご飯でもイイと思うけど


わけぎ好きならこちらでも♪



ごちそうさまでした。


今までの限定とはちょっと異なる趣向なれど


びぎ屋のクオリティをシッカリと保っております。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福の山らーめん(平帯麺)@福山に行きました。

2016年09月04日 19時49分47秒 | 2016年 広島編

地元のためのお店


そんな印象です。


えーとー、前にあるのは役所かな?


土日祝休み。営業時間は昼のみ。


それでイイと思う!



だけどビールがあるというのはこれいかに?


それにしてもメニューが豊富です。


よく言われるのはメニューの端っこ。


つまり一番基本となるメニューから食べるということ


さすれば、お店が何をメインにしているかわかると言われています。



ウッハ!


背脂がタップリ!醤油ダレの濃いめの色!


かい間見える平打ちの麺、、、


あれ?一番端っこは?中華そばは?


いえいえ。平帯麺が食べたかったんです!


イイんじゃねぇ?食べたいラーメンを食べようよ!


と、誰に言うわけでもなく、自分自身へかく語りき



それはさておき、脂が乗ったチャーシューなど数々の脂でテラッテラ♪


それではスープからいただきましょう♪



脂は強いけど、見た目ほどクセはなく


見た目通りの旨みが強く


それでいて背脂を噛むほどに広がる脂の甘み


広島って市内と尾道と福山でこうも違うんだねって


これがまた楽しい♪



きしめんのような平打ち幅広のストレートタイプ


食感は柔らかめ。それゆえか麺から滲み出るような甘みにも似た旨みと


スープとが重なりあって美味しいです♪



後半は卓上にある辛ニラを入れると


ぶちうまいです!



ごちそうさまでした。


今回は福山で食べることができる福山でない味と福山の味をお届けしました。


とても貴重な経験ができたと思います。


それじゃ今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺処 びぎ屋(冷やし煮干らーめん)@学芸大学に行きました。

2016年09月03日 16時18分40秒 | 麺処 びぎ屋@学芸大学

期間限定も第7弾


徐々に今年の夏も終わるのだなぁと思う今日この頃



とはいえ、びぎ屋の夏はまだ終わら無いとばかりの煮干という直球メニュー



ヒャー♪美味しそう♪


とばかりに目に美味しさが飛び込んできます。



綺麗に折りたためられた麺の張られたスープとの境界線に浮かぶ具の数々


豚と鶏のチャーシューや味玉。その奥に控えしメンマという


びぎ屋定番の具の中にあって



こんもりと盛られた柚子胡椒の風味が香りのアクセント


これだけを食べるのはちょっとしょっぱいので


チャーシューに乗せたり、麺に添えたり、スープに溶かしつつ食べると


味の点でもそれぞれの美味しさを更に引き出すような味の点でもアクセントになります。



スープはジンワリとした煮干の旨みと冷やしにもかかわらず豊かに香る風味の良さ


巧みに美味く、上質な和のテイストであり


びぎ屋では当たり前かもしれない。美味しさと上品さが同居するクオリティ


これが当たり前となっているのが素晴らしいところだと思います。



麺は細めのストレートタイプ


スープをしっかり絡めて食べるほどに麺の旨みとスープの合わさってスープ単体で味わうよりも


よりスープの煮干感が引き出されるような、それでいて麺の甘みを更に引き出すような


スープと麺との相乗効果


これは美味しいですねぇ〜


また、スープを凍らせた氷が徐々に溶けるので最後までひえひえ。麺もパツッとしたコシの強さを味わうことができます。



この日のサイドメニューは

豚肉と大根としいたけの煮物ご飯です。


豚肉のすき焼きみたいな感じで美味しかった♪



ごちそうさまでした。


期間限定ばかり食べてますが、通常メニューのラーメンも美味しいんですよ♪


だから限定が売り切れたら通常メニューを食べればイイんです♪


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中華そば じんたく(中華そば、やきそば)@福山に行きました。

2016年08月28日 11時52分31秒 | 2016年 広島編
『じんたくならいつでも焼そばが食べられるよ』


ってのは地元の方のお言葉


焼そば?


それは朱華園のあれですか?


とばかりに前のめりの今日この頃


皆さま。いかがお過ごしでしょうか?



来ました♪


思った以上に街道沿いのお店です。



本当だ。焼そばあります。


値段設定高めに感じる方。先に言います。


思った以上に量ありますから。


さて、焼そばを食べたいが中華そばも食べたい。


そんな時は両方食べればイイんじゃないか!とばかりの妙案。


くれぐれも皆さんは真似しないように。私はプロですから(言い過ぎ



卓上にあります各種調味料


焼そばと書かれたのはソースです。



中華そばでございます。


背脂浮かぶやや濃いめの醤油タイプのスープです。


青ネギたっぷり。チャーシュー1枚。メンマあり。


やはりゴロッと転がるように浮かぶ背脂が印象的です。


それではスープからいだきましょう。



ずずぅ。。。


見た目ほどクドさはなく、ダシの旨みがシッカリとした中で調味料の味と香りでスープの輪郭を明確にする


そして背脂のシッカリとした食感と甘みで厚みある美味しさとなっています。



麺はやや平打ちの細めストレートタイプ


このタイプは割と麺が柔い(それがまた魅力)印象ですが、結構シッカリとした食感


食べるほどにスープ単体では感じ得なかった細かな味わい。


麺がスープの旨さをブーストするような美味しさです。


これは美味しいですねぇ〜



そして、焼そばです。


おっとこれはでかいぞ!


でも大丈夫。美味しい中華そばを食べるとかえってお腹が空くものです。キット



これは麺の旨さがダイレクトに味わえる塩味タイプ


キャベツたっぷり。集めのチャーシュー(煮豚?)もたっぷり。


キクラゲは大ぶりでアクセントとなっています。


これだけでも美味しいのですが



焼そばソースがあるじゃないかってことで♪



ぶっは!うめぇ!


あ、失礼しました。


上品さにジャンクがかって、今度は麺の旨みがブーストされるような食べ応え


塩とソースで好みはあると思いますが、私はソースをかけて方が好きですねぇ♪


もちろん、はじめはそのまま、徐々にお好みでソースをかけるのもイイですし。


最後まで塩味で食べるのもイイと思います。



焼そばにはスープが付きます。


中華そばのスープと同じだと思うのですが


チャーシューやメンマが入っていない分、軽さを感じる味わいでこちらも美味しいです♪




ごちそうさまでした


居心地のイイ空間と共に美味しい中華そば。そして焼きそば


う〜ん。このために福山で途中下車。それもイイですね♪


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陽気 福山店(中華そば)@福山市に行きました。

2016年08月27日 14時51分26秒 | 2016年 広島編
え?福山に陽気があるんですか?


それが私の最初の感想でした。


陽気といえば、広島市を中心とした広島ラーメンというカテゴリーの中でも


メジャーなお店という認識だったからです。


数店舗あったと記憶してますが、それは全て広島市内とも


それが


え?福山に陽気があるんですか?


につながるわけです。


前置きが長くなりました。



陽気 福山店です。


これは、車が無いと難しいな的な場所かもしれません。


っていうか、こっちは車文化だと思うのでそれほど突飛な場所でもないと思います。



赤地に白字ののれんです。


風にたなびく様が心地よい。



ほほぉ♪


中華そばのみ。


清々しいですね。


そして、ごはんかむすび。もしくはゆでたまご。


中華そばで足りないようならという感じのサイドメニュー


あくまで主役は中華そばであるという至極当たり前。だけどそれをやり通すあたり


本店は未食ですが、その心構えを受けております(たぶんキット)



中華そばです。


見た目が既に美味しい。チャーシューが3枚ですが微妙に部位が異なる(かな?)ところ


そしてフワッと盛られたモヤシと味が染みて美味しそうなメンマと


ネギが青いのは西の文化では当たり前(たぶん


喉がなる、固唾を飲み込む、腹が減る。


さぁ食べどきです♪




大小に彩られた油の下に適度に濁るスープに潜む麺を微かに感じつつ



スープが美味しい♪


意外と濃い!だけどくどさなく、美味しさがクチの中でたなびくような


味わいながら、また次のヒトクチを味わいたくなる癖は無いけどクセになる美味しさです。


動物系の旨みの強さを持ちつつも上品さもあります。



麺は細めのストレートタイプ


スープ単体は割と強めですが麺と一緒に食べると思いのほか食べやすく


これなら毎日でも食べたくなるような


スープはクセになる美味しさながら、麺と一緒だと後を引くような


麺の甘みにも似た旨みを引き出すかのスープとの一体感。


この美味しさの幅の広さに思わず唸ってしまいそうです。



ごちそうさまでした。


確かにこのラーメンをおかずにごはんを食べるのは至福の時かもしれないと思いつつ


心地よい満足感と共にお店を後にするのでした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれた、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺処 びぎ屋(青島みかんの冷やしらーめん)@学芸大学に行きました。

2016年08月24日 01時28分26秒 | 麺処 びぎ屋@学芸大学

※期間限定なので既に終わっているかもしれません。
※びぎ屋 公式サイトより情報を確認することができます。


期間限定の冷やしも第5弾なのですね。


今回は間に合わないと思ってましたが



間に合いました。


えぇ偶然にも。


1年のうち、この時期の数日のみ提供される逸品




青島みかんの冷やしらーめんです。


見慣れた光景でありながら、待ち焦がれたこの1杯。



具はいつもの別盛り…


どころかいつも以上の盛りっぷりに


あぁ、、、ビール飲めば良かった的な


黒はんぺん、わさび漬けなど、静岡の味覚も散りばめられ


味わい豊か、目にも豊か


とはいえ



こちらの目にも豊かな鮮やかさに


目で見て美味しい。もちろん食べても美味しい


和のテイストよろしくなところに青島の摘果みかんの薄切りからにじみ出る


みかんの香りとほのかな甘みが豊かなハーモニーとなって美味しさを奏でます。



麺は細めのストレートタイプ


和のテイストに合うように上品かつ繊細でありながらも


麺と絡めて食べることをちゃんと考慮してある旨みの強さ


これをさも当然のように食べていると一瞬感覚が麻痺しますが


これは美味しいですねぇ♪



あっという間の瞬食に


また来年、、、と思うや否やもっとユックリ食べれば良かったかなぁと


ごちそうさまでした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。


※期間限定なので既に終わっているかもしれません。
※びぎ屋 公式サイトより情報を確認することができます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らーめん雅楽(冷やニボ生姜稲庭中華そば、納豆、半ライス)@あざみ野に行きました。

2016年08月19日 15時58分48秒 | ラーメン 神奈川県

こんにちは。


8月もお暑うございます。


そんな暑い日は冷やしラーメンを食べるが良いというのはお店と私のWinWinな関係であります。



8月限定の冷しニボ生姜稲庭中華そばです。


これに平日限定無料半ライスに納豆を追加して


ラーメンのあとのライス締めセットとなっております。


え?実質2杯じゃないかって?


イイじゃない♪



おっ!豪勢な生姜の盛りに


これは自分のところですりおろしましたね的に見て取れる


美味しそうな生姜です。


すりおろしタイプは楽だけど風味の点で断然こっちの方が美味しいです。


そしてチャーシューは2種類。味玉が乗って


生姜の下に大葉が見て取れます。


グルッとまわるように穂先メンマがありまして


見てるだけで美味しい。そして食べるともっと美味しいと経験がそう言っております。



ウ、ウッメェ!


ってぐらい美味しいスープは鯵の煮干なんだそうです。


冷やしタイプだと味がわかりづらいことが多く、そのため塩分強めで強調するやり方もありますが


こちらは旨みを強くして味を感じやすくしているように感じます。


この方が確かに美味しいですが手間もかなり必要なので大変だなぁとしみじみ感じながら



麺がまた美味しい!


クチに入れた瞬間、麺を噛むほどに広がるとき、そして飲み込んだときと


その時々で異なる美味しさの中でも


飲み込んだときが一番味が濃くなるような気がしました。


アッサリしていて、極細麺という組み合わせでいながら感じる


かなり強い食べ応えだと思います。


これは美味しいですねぇ〜



そうそう。雅楽のご飯は美味しいですよねぇ〜


炊き方が良いと思いますが、きっとお米も美味しいんだと思います。



それをスープに納豆と共に


煮干の風味と納豆は抜群の相性なんですってよぉ♪



途中の写真撮るのを忘れる美味しさ。


ごちそうさまでした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加