ラーメンの優しい食べ歩き

元ラオタのゆっくりなラーメン食べ歩きブログです。

麺処さとう(貝出汁かけそば)@桜新町に行きました。

2017年03月20日 19時07分58秒 | ラーメン 23区
今回は貝ダシについて考えてみました。


貝の旨味は主にコハク酸というらしいです。


このコハク酸の旨味は単体で味わうには相当量が必要であること


また、他の素材のとの組み合わせにより美味しさが膨らむような相乗効果が期待できます。



今回はこちらのお店です。


三月の限定で貝出汁かけそばがあるので行ってきました。



あらシンプル♪


具はネギとカイワレのみ


スープの旨味を堪能しましょうってことですかね。



油はそれほど多くないですね。


そのためか貝の、特に牡蠣(カナ?)の香りがふわりと鼻をくすぐります。



味も牡蠣の旨味が最初にビシッと


貝の旨味の後から醤油ダレ、動物系の旨味がジワジワと


貝の旨味がジックリと味わえて美味しいスープです♪



麺は細めのストレートタイプ


細めですがシッカリとした質感。


熱々のスープをシッカリ絡めて、、、麺の美味しさを堪能出来るものの


スープの輪郭が少し弱くなるような?


美味しいんです。美味しいんですが、スープの旨味が麺の旨味に押されるような?



ということで、生姜と大根を合わせたおろしをちょっと加えて



ピシッと味が締まります。


最初から入れるのではなく、途中から入れるのがイイかなぁ



ごちそうさまでした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。See you!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Due Italian(らぁ麺 フロマージュ 美人玄米ご飯付き)@青葉台に行きました。

2017年03月12日 05時54分50秒 | ラーメン 神奈川県
今回はフロマージュについて考えてみました。


フランス語でチーズを意味するフロマージュ



今回のお店はこちら


Due Italianは市ヶ谷にあるお店ですが、ここ青葉台にもあるんです。


新しいラーメンのかたちということで


それでは今回はこのらぁ麺 フロマージュを食べようじゃあないかーっと



思いの外、ダイレクトにフロマージュ


塩ラーメンにフロマージュ乗せちゃいました的な感覚に見えなくもないのですが



スープが美味い♪


表面の油から底に沈むスープまで上品な美味しさ



塩ラーメンで十分美味しい♪


完成度が高いです。そして美味しいです♪



フロマージュに絡めても十分美味しい♪


思いの外は見た目だけにあらず、美味しさの点でもプラスワンモア的


チーズの濃厚さ、香り、酸味と中華テイストなラーメンに一石どころか岩をも落とす衝撃波


イイっすねぇ♪



チーズを溶かすとこんな風に真っ白くなりますが


これが味変どころの騒ぎでなく、これが完成品なのではと思う仕上がり感


上品な塩ラーメンのスープが勿体ないかなと最初思いましたが


そのスープが上品ながらもシッカリしているからこそ生まれるチーズとスープの相乗効果


いきなり混ぜるでなく、徐々に混ぜて、徐々に変わる味の変化を楽しむのがよろしいかと思います。



美人玄米ご飯を



ズープにインしてリゾット風



うん。美味しい♪


だけど、後半のスープの温度を考えると温め直すぐらいしないと真価は味わえないのではと思うのでした。


まー、難しいよね。



ごちそうさまでした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくてれ、ありがとうございました。See you!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永楽(タンメン)@大井町に行きました。

2017年03月11日 18時08分41秒 | ラーメン 23区
今回はあえてタンメンについて考えてみました。


大井町きっての老舗



永楽


出る頃には長者の列


その皆さまが食べるのはおそらくラーメンでありもやしそばであり餃子であるのでは


と考えています。


特にラーメンは揚げネギがアクセントとなり東京ノスタルジックラーメンの1つとして考えても良いのでは?


と思うぐらいの味わいであり逸品であります。


そんなお店にあって



あえてタンメン


私もお店に入る直前まではラーメンの気分でした。


不意に目に入ったタンメンの文字


中華鍋で強火で炒めた野菜の中にスープを注ぎ煮込んでいく


カウンターならではのライブビューイング


手際よく茹でられた麺をドンブリに入れ、スープと野菜共々ドンブリに注がれる。


3月は夜ともなればまだ肌寒く、時に暖を求める日々がまだ続きます。



味が染み込んでいながら、野菜の食感が残るような


スープにうつる炒め野菜の香りとコク



スープが熱い!


そう。タンメンは中華鍋でシッカリとジックリとキッカリと熱せられてるので


この熱さ!だからこそ生まれるスープの旨み♪


濁っているとはいえ、スープの美味しさはクリアな後味


野菜が生み出す優しい濁りある美味しさ



野菜は火が通ってます。


それでいてシッカリとした歯ざわりがあるのは


強火がなせる技であるのだと思いつつ


豚肉が控えめに存在しているあたり奥ゆかしさを感じます。キット



平打ち幅広ストレートタイプ


食感がシッカリしているので熱々のスープでもそう簡単に柔らかくなることはなく


スープの旨みを纏うことで美味しさは更に花開きます。


後半。そう本当に後半なので終盤という言い方が良いかもしれませんが


お酢をヒトマワシ入れて食べるのが好きです♪



ごちそうさまでした。


永楽であえてタンメン


お前今更かよ?って言われるかもしれませんが


えぇ!美味しいですよ!永楽でタンメン!


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。See you!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中華そば シンジョー(中華そばと炊き込みご飯(小))@武蔵新城に行きました。

2017年03月06日 00時36分33秒 | ラーメン 神奈川県
今回は中華そばについて考えてみました。


ラーメンと中華そばは同じものでありますが


その信念において、やや異なる感があります。


日本そばに対しての中華そば


日本そばは日本人が古来より伝わる「うどん」と双璧とも言える麺文化


あえて中華そばと謳うのは、外国から渡来したであろう麺に対して自国の文化として取り入れること


また、それを日本に合うようにアレンジされたもの


と、勝手に解釈しております。



今回のお店はシンジョーです。


武蔵新城にあるからシンジョーなのかと思ったり思わなかったり



中華そばと炊き込みご飯(小)です。


なお、中華そばの食券を渡すと


細麺と平麺とどちらが良いか聞かれます。


できればこういう時は直感でいきたいものです。


どっちがオススメなの?


なんて聞くのは野暮でないかい?


エーだってお店だってどっちが美味しいとかオススメとかあるジャーン


うっさい!



メニューで乗ってるんだからどちらもオススメだ!


人に決められたレールに乗るなんざゴメンだ!なんて言っているやつに限って


麺の種類を決めることぐらい自分で決めたらどうなんだ!?


むしろ!麺の種類が選べるだと?これは自分の好きな麺を選べるんだ!と


歓喜しても良いのではないか!


なんてことを考えていたは覚えていませんが



中華そばが美味しかったことはよく覚えています。


透明感がありつつも、ドンブリの底にいくのに従って濁っていく濁りは旨みの綾鷹現象


チャーシューは2種類。メンマの上にふんわりと盛られたネギとカイワレに鮮やかさを感じます。



魚系と動物系を共に引き立てる醤油という抜群の調味料


シッカリと煮出しているからこそ生まれる厚みある旨み


シッカリとした美味しさ。余韻ある後味。だけどしつこさや、クセのようなものはなく


食べやすく、美味しい。



これが平麺だったら細麺はどんだけ細いんだ?


と、感じるほどの細めに思えるストレートタイプ


スープをシッカリと絡めております。


よりスープの旨みを纏うなら、細麺の方が良いのかもしれませんが


この平麺は麺の食べ応えも十分に感じることができます。



炊き込みご飯は薄く茶色く色づいております。


チャーシューのような細かい具も見られることから


ラーメン屋やチャーシューに使用されている醤油や醤油ダレではないのかと


想像した結果が



こちらです。


チャーシューを乗せて、マイ炊き込みご飯仕様へと♪


これがまた美味しかったですなぁ♪



瞬食の美味しさでございます。


ごちそうさまでした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。See you!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

らーめん愉悦処 鏡花(醤油らーめん 揚げ餅)@立川に行きました。

2017年03月02日 19時40分38秒 | ラーメン 多摩地域
今回はトッピングについて考えてみました。


ラーメンのトッピングというと、通常の具とは別に追加の具を乗せることを指すと思います。


味付玉子をトッピング。チャーシューを多めに追加。辛味のネギなど


食べ応えをプラスさせたり、味に変化をつけたりと


楽しいラーメンライフのツールのヒトツとして活躍しております。



今回のお店は立川の銘店・鏡花です。


たまには味玉を追加しようかなぁと思っていると



揚げ?


しかも多岐にわたる構成に


正直全部食べてみたいという衝動に駆られつつ、先日の人間ドックの結果と財布の中身から


1つまではイイよ♪


と、言われた気がしたので



醤油らーめんに揚げ餅をトッピングしました♪


餅を揚げると美味しいですよねぇ


餅の表面は油で揚がったことでスープが染み込みやすくなる


美味しさが絡みやすくなるので


ラーメンライスが美味しいように、ラーメンスープに揚げ餅の相性ってのは抜群なんだって


食べる前からわかってる。食べた後では確信に変わるという


食べ手にとってイイことばかりの揚げ餅トッピング


他の揚げ物トッピングも気になりますねぇ


味の染みたメンマの天ぷらとか気になりますねぇ♪



もはや疑うこともない美味しいが溶け込んだスープ


様々な素材から出る旨みを結びつける醤油の存在


熱々でこれだけの旨みを感じるということは、少し冷めると加速度的に旨みを感じるということになります。



いっそ揚げ餅だけでもイイという衝動に駆られるので


それは家で勝手にやることにします。



幅広、太麺、ナチュラルなウェーブに絡みつくスープの旨み


自然とクチに吸い込まれるような滑らかな舌触り


そして噛むほどに感じる麺の旨み


飲み込んだ後にたなびくスープの余韻


不意に鼻をくすぐるミツバの香り


そういえば、チカラうどんがあるんだから


らーめんにチカラが加わってもイイじゃないかって思うのでした。


何よりも美味しかったからね♪



ごちそうさまでした。


揚げ餅といえば、正月の「えにし」を思い出しますが


これは手間がかかりそうだなぁと思うでした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。See you!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

麺処 びぎ屋(酒粕を使った特製白みそらーめん)@学芸大学に行きました。

2017年02月25日 01時44分37秒 | 麺処 びぎ屋@学芸大学
今回は限定メニューとランチご飯について考えてみました。
※すでに終了している可能性もありません。ご了承ください。


このブログでは何度か限定メニューについて書いています。


それは、期間限定であったり、その日限りのゲリラ限定であったり


通常メニューとは異なる1杯を限定メニューとしています。


そして、ランチご飯とは?



今回は、びぎ屋に来ています。


クリエイティブでセンシティブな限定メニューを出すお店です。



酒粕と白みそ


冬の和食では好相性な組み合わせ



そしてランチご飯


この日はニラ玉


ニラと玉子も好相性


それがご飯の上に乗るかと思うと♪



ってことで、びぎ屋の平日はランチがお得です♪


日替わりで異なるサイドメニューを食べることができるので


とても楽しい美味しいんです♪



これがニラ玉ご飯です。


少し濃いめの味付けでご飯が進みまーす♪



今回の期間限定の酒かす白みそ


見た目に白く、香りに酒かす


実は酒かすってクセがあるので、食べ手を選ぶので割とチャレンジメニューという印象



炙りチャーシューに肉ミソ。大根、人参、白菜かな?油揚げの乗っかって


酒かすに合うような調理とであり具がスープの旨みを引き立てつつ、酒かすのクセを巧みに抑えているように感じます。



スープは甘く、酒かすの香りがほんのりと


日本酒絶対ダメって方は向きませんが


ついついスープを味わってしまう衝動にかられる美味しさです。


個性的な素材も、びぎ屋の前では上品に仕上がるクオリティ♪



麺はやや平打ちタイプ


スープを絡めるも、絡め過ぎない


酒かすの香りを引き立てる具の存在と白みその美味しさ


それらを一括りにする麺の存在


酒かすはスープは美味しいけど、麺と合わせると、、、


ってことがあるのですが、麺と合わせた方が断然美味い!


これも、びぎ屋クオリティです♪



ドンブリのふちに辛味噌が



麺にちょいと乗せるたら


物凄く美味しかったです♪


全体のクセを抑えて白みそと酒かすのナチュラルな甘さと旨みが引き立ちます。



具の肉味噌が溶け込んだスープはまさに食べるスープ状態


ここに白飯をぶち込んで食べるってのもアリ!でしたねw



ごちそうさまでした。


びぎ屋の安心と信頼のクオリティ。損をさせないか?


いえいえ。得しかしませんよ♪美味しくてw


それじゃ、今日最後まで、読んでくれてありがとうございました。See you!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チラナイサクラ(鶏と貝のつけ麺 大盛り)@御徒町に行きました。

2017年02月20日 03時03分44秒 | ラーメン 23区
今回はお店側のリカバリーについて考えてみました。


最初に言いますが、ポジティブな話です。


私自身とても感心しましたのでブログ化しております。


短いですがいってみましょう♪



今回はチラナイサクラというお店です。


御徒町駅のすぐそばというか高架下にあるお店です。



今回は鶏と貝のつけ麺を頼みました。


その際、大盛りのチケットと共に


私自身はこのお店でつけ麺を頼むのが初めてでしたので


あまり感じていませんでしたが、お店の方が気づいていました。


『すみません!大盛りの麺はすぐにお出ししますので』


つまりこういうことです。


この盛りは普通盛りであって、大盛りではないということです。


皆さま、お店の方はすぐに気づいた、ここで下げるという判断もありますが


素早く対応し、その中での最善の選択肢たる大盛り分の麺を追加しますということ


私一人ではない、もう一人いるんです。その人は既にラーメンを食べているシチュエーション


目の前に出したつけ麺を引っ込めることが最善な場合とそうでない場合、それを瞬間に判断する心遣い。


そもそも注文を間違えるなというのは正論でありますが、それを単純に攻めること。それは大人ではない対応にならないですか?


と、オーダミスに対して不快になった方には敢えてそのように申し上げます。


今回のオーダミスに対する対応自体、私自身はお店が十分配慮いただいた対応だと考えています。


金を払ったんだ。こっちは客なんだ。


だからどうした?


客が人間ならお店も人間だ。


お客様は神様だなんて言うぐらいなら、神のような対応をするのは客側にあるんじゃないか?って


間違いをした時にわかれる大人な対応。する側も受ける側も


そんな瞬間が垣間見えた気がします。



目の前に美味しいつけ麺があるのにそれを引っ込めるってのも


それもなかなか残酷な話ですよw



大盛り分の麺が届きました。


これが最初から盛られてなかったとしても


茹でたての麺をタイムラグで食べることができたこと


それを全てよしとするわけではないですが




茹でたての麺は美味しいなぁということを、改めて感じる瞬間


それがわかっただけでも、食べる側も素敵な経験をしたのだね。


スーパーポジティブな私はそう思うのでした。



ごちそうさまでした。


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。See you!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺屋のスタ・凛本店(ポン酢)@大井町に行きました。

2017年02月16日 22時30分01秒 | ラーメン 23区
今回はあえてニンニクを入れないことについて考えてみました。



今回は大井町の凛です。


言はずと知れた中毒性高い美味しさで知られるお店です。


「ニンニク入れますか?」


あえて


入れません!


と、強い意志で臨むこの決心



ポン酢!


そう。関西ではお馴染みの旭ポン酢をタップリ使ったこの1杯!


常にニンニクを入れることで感じるステイタス!


それをあえて!外すっていう


それってわかりますか?


のびしろですねぇ!(今更)


常々感じる食べた瞬間のアクセントは、時に旭ポン酢の繊細な酸味と香りを支配的に


渾然一体となったニンニクの味わいは、時に食べ終えた後の膨満感のさらにその先にある何か


もしかして?ニンニク抜くっていうのって!?



油膜の下に広がる旭ポン酢の漆黒の旨み


それを最初から最後まで余すことなく食べる!


これが今回のテーマ!



とはいえだ。落ち着くんだ。


そう言わんばかりに天地を返す今日この頃。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。


私は麺を引き上げてはヤサイの上に覆い被せることを繰り返しております。


それでは食べましょう。いただきます!



美味い!


だけじゃダメ?


太さは感じないものの、食べて感じる麺の存在感。


舌触り、歯ごたえ、味わい


スープに負けない強さが麺にあり、麺を引き立てるスープがここにある。


そのスープを極限まで繊細にしている


旭ポン酢!


これが味ぽんだったらココまで言わないさ。


一升瓶が並ぶ旭ポン酢だからこそ美味しい


俗っぽい言い方をすれば、G系だのJ系だのインスパイアだの


そうじゃない。


これが凛のポン酢の味なんだ!!



ヤサイはスープで蒸されてふっくら美味しくポン酢の旨みが染み込む染み込む染み込んでおります♪



フル完食!


あえてニンニクを入れないから


むしろポン酢にニンニクは入れない!という結論に至りそう♪


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。See you!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ajito ism(カルボナーら)@大井町に行きました。

2017年02月14日 21時55分12秒 | ラーメン 23区
今回はイレギュラーについて考えてみました。


レギュラーは通常メニューとすれば、イレギュラーとは?


いわゆる限定メニューと考えてよろしいのでは?


期間限定という枠だと月間・週間・日にち限定とあらかじめ銘打つ場合がありますが


ゲリラ限定とも呼ばれることもあるシェフの気まぐれ的な一品を目当てにするわけでもないのですが


あのお店ならあるに違いないよ。キット



今回のお店はajito ismです。


城南の名店であり、東京の銘店であります。



ほほぉ♪


最初に言いますが、最高に美味しいです!


ちなみに、「並」にするのが個人的にオススメです。


それは〆のリゾットがあるからだと。



これがカルボナーらです。


牛乳や生クリーム不使用でどうしてカルボナーらになるのだろうかって


そう思ったあなたは半分正しい。



ネギたっぷりのこの表面を約56回かき混ぜると



カルボナーらなるじゃーないか!


ちょっとしたマジックを見ているような気分の今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?



この麺は箸越しに感じる触感が既に美味しく


ズシっとした質感、滑らかな表面に絡むソースに溶け込む様々な具の旨みや香りや異なる食感


食べると、、、カルボナー、、、ら


そう。らーめんなんです。パスタという表現よりはむしろ「ら」であると


それはラーメンの「ら」だと


だから箸で食べるのが美味しい。でもキットフォークで食べても美味しいに決まっている!


だって、卓上にフォークが置いてあるんだかラァァァァァァ


という勢いで食べつつ、最後は冷静に


「あ、スイマセーン。リゾットお願いします!」


できるだけ大きな声でハッキリと


これが食べ歩きを人生の楽しみのヒトツしている者としての共通認識でありアイデンティティであるのだと


それは、不意に襲い掛かったら相手はそれを読んで迎え撃つような


なんの話でしたっけ?



そうそう。リゾット!


少しソースを残してご飯と半熟玉子とソースを追加してチーズ等々味付けプラスして



ここはあえてスプーンだろう


とばかりに卓上のスプーンを条件反射的に取るあたり


えぇ。私、素人ではありません。



このために麺を並盛りにしたんだ!美味しい!♪





自分にしか聞こえない大きな声で叫ぶのでした。



ごちそうさまでした。


お腹に余裕があれば、是非リゾットまで食べてください♪


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。See you!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

濃厚煮干しそば 麺匠 濱星 溝の口店(煮干しそば)@溝の口に行きました。

2017年02月12日 02時41分31秒 | ラーメン 神奈川県
今回はどこか懐かしい味について考えてみました。



濱星というお店があります。


これまで、濃厚煮干し・つけ麺を食べて


あと食べてない味があったなぁということで



煮干しそばです。


位置づけは「あっさり」かなと


ふんわり香る煮干しの香りは和のテイストを感じつつ



熱々のスープで猛烈に熱々のドンブリには要注意です!


お熱いのでお気をつけって言われてもこれは熱いぜよ!


って感じなので油断しないように



うっすらと浮かぶ油を感じつつ


ほのかな甘みを感じる和のテイスト。煮干しの味と香りに様々な旨みが溶け込んだスープです。



麺は極細のストレートタイプ


角ばったフォルムと歯応え


シッカリとした噛み応えながら、加水率は低めにも感じるスープとの馴染み具合


この感覚、どこか懐かしい、どこで食べたかな、、、


卓上の黒七味を振りかけて、麺を啜り、我思う、、、



ど●兵衛の天ぷらそば


郷愁を誘うのは、何も


うさぎ おいし かの山


であるわけでもく


向いのホーム 路地裏の窓



でもない、案外そばにあるのかもしれません。


あ、煮干しそば。美味しかったです♪



それと、平日は朝ラーやってました。


ご飯食べ放題って凄いなw


それじゃ、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。See you!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加