原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

井戸川克・双葉町長「私は脱毛しているし毎日鼻血が出る。血液検査も断られた」

2012-05-08 12:31:45 | 未分類

井戸川克・双葉町長「私は脱毛しているし毎日鼻血が出る。血液検査も断られた」

Idogawa Futaba town mayor refused to have blood test in Tokyohttp://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=QiL4grYT8WQ

さんが 2012/05/05 に公開

山谷えり子委員:

井戸川克・双葉町長の雑誌のインタビュー記事を読み上げる。

「私は野田首相に『双葉郡民は国民だと思っていますか?』と聞いたけど、国はアメリカにSPEEDIのデータを先に知らせて、国民にはSPEEDIのデータを提供しなかっ­た。今もって、双葉町は、SPEEDIのデータは来ていません。
あの情報が入っていたら、仙台方面に逃げていますよ。あるいは、ベントの連絡もなかった。それから国、東電は、止める、冷やす、閉じ込めると言い張って、絶対安全だと言っ­てきた結果がこれで、我々は住む所も追われてしまった。
放射能のために学校も病院も職場も全て奪われ崩壊しているのです。
私は脱毛していますし、毎日鼻血が出ています。
この前、東京のある病院に被曝しているので血液検査をしてもらえますかとお願いしたら、いや、調べられないと断られましたよ。
我々は、被曝までさせられて、その対策もないし、明確な検査もない。

Ms. Yamatani from The Liberal Democratic Party reads interview with Idogawa, Futaba town mayor.

"I asked Japanese prime minister Noda, if he thinks Futaba citizens are Japanese people, but Japanese government submit SPEEDI data to US and concealed it from Japanese people. Even now, SPEEDI data is not given to Futaba town.

If we have had that information, we would have escaped to Sendai. We were not even informed of venting. Tepco also explained they would stop, cool down, and close the reactor in case of an accident, so it's absolutely safe, but Fukushima accident happened. We don't even have a place to live.
Radiation took schools, hospitals, jobs, and everything from us and everything is collapsed.
I'm losing my hair and have nosebleed everyday. The other day, I asked for blood test at a hospital in Tokyo because I'm exposed but they refused it. We were even exposed and there is even no treatment, or proper inspection. Medical check up for Fukushima citizens are not detailed enough either."

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来る度に高線量の、福島駅東... | トップ | 20.12μSv/h 福島第三小学校 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む