いいりん ☆ ゆつくりえいと☆

未知な木、みちの創作メモ。面白いことを取り込んで、PUREに創ります。
それは有形無形、編んだり解いたり・・・

路 と書いて じ と読んで ちょっと考えてみる

2017-02-20 14:12:22 | Weblog


◎◎道

◎◎流

◎◎式

◎◎派

◎◎調

◎◎路

style,way,mode,course…

人が行い人が開発するなにがしかの小さな文化圏。
最少単位は個人。
それを何と呼ぼうか考えてみる。


最近あまり見ていない、

◎◎路

なんか演歌調?(笑)
どんな響きかというと少し短すぎて判りにくいのかも

書路
画路
音路
編路
結路

でも
なかなかいい。


路なもんだから

舟でいく馬でいく車でいく飛行機でいく

速度と便利さを選びながら。


行程、荷物はその人が背負える分だけ

編み路は…
歩いていく!
とほほ


今年度、感動した話しの一つには…
宇宙は液体に浮かんでいるという宇宙液体説がありましたが、
宇宙が液体だということに驚くというより、気体液体個体てな大味の概念をそろそろ諦めてください!と言われてしまったような衝撃だったのです。



■画家■

1■メモは絵で。


2■宇宙液体説だと、銀河系は…
ホイップクリーム(^-^)"

そういえば、10年くらい前、宇宙に散らばっている光をまとめてみたら青でも金色でもなく、カフェラテみたいな暖かそうな色になっちゃった、という真面目な天文ニュースをみて可笑しくなったけどカフェラテを交ぜた表面は…銀河に近いのかも。


3■このきらびやかなの、抹茶と蜂蜜とシナモン
ミルクの甘さだけのカフェラテに合う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひま

2017-02-15 13:55:57 | Weblog




ヒマ の語源てなんだろう?


興味の湧いたかたは
各自暇に飽かせて探求していただくとして(笑)

ヒマ

素敵な言葉だと思うんだ

まるで


聖なる言霊

hymn

ヒマラヤ

ヒモロギ
ヒマシ油

関係無いけど…ひまわり

好きな植物!
漢字で書けば向日葵。



いにしへの人の言う
お暇戴きます


などだって
余程の飢饉さえなければ

主食は村に
副食は山や川や里に

暖をとる薪も
布を織る繊維も
そして美味しい空気も

在る。


いくさの好きな人に
訊ねてみたい

征服したい?
それとも、見えないから怖い?

もっと欲しい?
それとも、失うのが不安?

なんてね。暇に飽かせて思いを廻らせてみたい。

■画像■

ピラミッド
▲だんだん高くなり
▼三角ショールができます。


暇とは…黄金というのは…豊穣な稔り…気ままに連想。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まあるいぶらんこ

2017-02-13 21:40:35 | Weblog




直前にお誘い頂き

普段だとなかなか都合がつかないのに

なぜか、行くの行きた行いかなきゃ行くわよの四段活用で(笑)
行って来ました。

まあるいぶらんこのあるログハウス。

解放的な空間は、二階建の一階部分が全て
お庭もデッキで広い。
陽当たり燦々の暖かな日だったので
窓も全快でしたが寒くなかった。

樹の館。カナダの持続的に産出される木材を無垢のまま使っているから、森の中にいるようなよい薫り(フィトンチット効果抜群)。


家主さんは、地球と同じ周波数に合わせることのできる素晴らしい女性で、
様々な経験値を瞬時に形に出来るような、魔法の手を持った方。
ランチプレート美味しかったです
さらにアールグレイティーと豆乳をアレンジした白玉団子のデザート!



タートルの見ている
碧い色がとても翠で
海に居ようか
陸に行こうか


迷いながらふわふわ游いで日向ぼっこしているよな
楽しいひとときでした

ありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

編みながらほどきましょう編

2017-02-02 22:21:46 | Weblog




ちょいと編なタイトルにしてみました(^-^)g"
編、ゆえに、へんです(笑)

内容は楽しくて有意義な基本編の編み物ワークショプです!
編みかたを覚えながら

日常のこぶをほどきましょう!



少人数予約制です。まずは次のアドレスへ。


いいりんさんの編み物ワークショプ2/25(土)。

http://blog.goo.ne.jp/isamix99/e/26ffc2cdebf66dd980d30f149e6bc09a

ふろしき王子のブログ

今あるものを工夫する、風呂敷のこころの暮らし
http://blog.goo.ne.jp/isamix99




■画像■

美しい自然の造詣を
お手本に。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

#のり#

2017-01-31 13:52:10 | Weblog


海苔です\(^^)/

パリッとした
海苔は美味しい

鉄分も豊富。

実は和食だけでなく合う料理はたくさんある。

パスタなどの麺類

お餅やパン、ピザ

醤油があれば最高

実は塩だけで
とっても美味しい

炒め野菜の仕上げにちょいと乗せても。

韓国にもあるね。
キムバップ(海苔ごはん)こと海苔巻き。
韓国海苔巻きはごはんに胡麻油や胡麻を合えて沢庵を巻いたりして、昔食べた時の味付けは稲荷寿司に近かったかな。


ここ何年か足りていなかったでした。

毎日食べたいです#(^-^)#



■画像■



と書いてみたなり

アイボの原型(本物)です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスった

2017-01-29 19:40:09 | Weblog



試験にパス
トランプでパス
双六でもパス


とおりゃんせ
とおりゃんせ
ここはどこの
パッサージュ


オーストラリアのパ〜ス(あらま脱線)


食べたいなパスタ

里芋パスタ
蒟蒻パスタ


という訳ではありませんが(笑)

迷子になったら
偶然見付けました

50周年の某メーカーの
過去から未来への展示
昨年聞いていたのにすっかり忘れていた、なのに
迷子になったら目の前に(笑)


初期の器械に驚き

中期の機器で懐かしくなり

21世紀以降にはまた驚き(小さくて見えない)。




銀座のソニービル

近々改築だそうですね。




ソニーの原点はやっぱり



なんだね。


■画像■

ブラウン管テレビ
マイクや録音機、ラジオ

昭和な広告(1969年かな)


おまけは
ジャコパスタ(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒビって何だっけ♪

2017-01-25 22:24:27 | Weblog


ヒビ

朝起きたら、
気になった。


ヒビ

膨張したあと
冷えたって感じ。

くっつきたいのに
乾燥し過ぎたって感じ。

載っていたものが
古くなった記憶


砂漠化の強烈なダメージのイメージ…


ヒビ割れたことで中から何か顕れるという予感も。



■画像■

きな粉(アイスクリームの上に)


ヒビ(ネガ)

ううん、シャツとネクタイを、逆転してみたらお洒落かも。ネガの思いつきで。
そしたら革製の靴下に白い布地の靴かぁ…



一流ホテルには入れるのかな(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蕗の薹 萼と臺とウテナと…ウトナピシュティム(笑)

2017-01-24 01:52:50 | Weblog

蕗の薹
食べられるくらいに育っていました。


一昨年気になったウトナピシュティム
関係あるかないか。

母が突然、
ウテナのクリームはなかなか良かったとかなんとか昔語りを始めたので、
わたしもウテナや桃の花は小さい頃の記憶にあるハンドクリームだなぁなんて他愛もなく話した。

そしたら、待てよ、ウテナって何?
となり、検索したら
萼臺…花のガク、麗しの花を支える台座ね

台座が有って洪水にも耐えるジグラッド@4000〜5000千年前の古代メソポタミア地。
それをも超える洪水が来ると予感(?)して

賢きウトナピシュティムさん(笑)

意味は永遠の命を得た者
の意味だそうです

洪水の難を逃れ
年月を経て呼ばれ変わって生まれ変わって

ノアと呼ばれた人ね。


ウトナ(エターナル)
ピシュティム(パシュトン)

かなあ?

今日は本当に脱線しすぎた…と思いながら歩いていたら、
向かいから歩いてきたのは、
あらまあよりによってマック赤坂氏でした(*ψψ*)(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪にビタミン

2017-01-20 21:23:01 | Weblog


今日は寒いので
柚子湯でもして
温まりたいですね



ウトナピシュティム
って言葉を急に思いだしてしまった何でだろかな?

トランプさんに
訊いてみたいわ(笑)


■画像■

雪降りそうな空模様に
たわわな実。



17年1月20日の冬な木と

14年11月20日の秋な木
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな時代やさかい暗闇について一寸考えてみた(思い付き)

2017-01-16 13:30:50 | Weblog
20ヘルツ以下のゆるい低音は
耳には聴こえないらしい、
けれども人はキャッチしている。
でもって、
聴こえない代わりに


なんとたまに
見えちゃうらしい。
(ここまでは実際に最近ニュースかなにかで知りました)


しかし見えるって

何が?

ファントム!

なんて。

きっと体験してみなければわからない。


でも
何でかな?
何で見える力を持っているのかな?(ダーウィンさんに聞いてみるかな?)



状況を考えてみた。

千年前の北大西洋(笑)

入りくんだ地形の
海岸線の湾。

海賊がうようよ。


鳥も眠る
新月深夜

真っ暗闇


そろりそろりと入り江の集落に海賊船が近づいてくる。



その頃20ヘルツ以下のゆるい船が進む振動を感知した村人は
小さな小屋の中

そこはかとない恐怖感を覚える感覚の鋭い村人


逃げなくては命は助からないな〜。


そんなタイミングで
ドラゴンなどの怪物が

真に迫って『見えちゃう』のだ

ファントム!


そうなれば姿を確認するまでもなく『怪物』つまり『海賊船』を
正しい方向に見つけたも同然

脚がいっぱい生えているドラゴンが這い廻るのも
海賊が陣を組んでぱたぱたっと足速に忍び寄ってくるのも


まぁ似たようなものかもしれない。


とにかく村人みんなに
ドラゴン来たよと
言うことで

真っ暗闇でも
一目散に
逃げられましょう。


…となったかどうか。



逃げきれた村人たちは
後になり、
最初に気づいた人の不思議なビジョンを啓示と思ったか思わなかったかはわからないけれど

あれこれ訊いてドラゴンの姿貌を再現してみたら

強ち船の貌に似てなくもないわけだ



めでたしめでたし♪

気配

平たくいえば気配というものかもしれない。

ん(^-^)g"このたとえは海賊船が20ヘルツくらいの音を(直接か、或いは雲や岸に反射したりして、或いは海賊の高いびきの音(笑)
はたまた魚が驚いて騒いだり
…かどうか
不明なのであくまでも想像の中のお話です\(^^)/



サーミの岩の神様の話(直接きいたお話)もまたいつか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加