枕草子の枕

気になる出来事

少女画

2017年05月15日 | 日記
もう、ずいぶん前の事で恐縮です。

ブログアップのパワーが出なくて…

え〜と、あれは…

わわわっ!3月7日の事でした!


友達の友達は皆友達……

でなくて、とにかく要するに友の親しい方が、この方なのでございます。






なんてこと!

懐かしきこのイラスト!

私が幼少の頃のお絵描きノート、セイカノート、表紙を飾っていたこの絵!

そして、1ページ目に付いてくるぬり絵!

この方、小酒井さんが描いてらしたの。






個展を有楽町交通会館でなさっていた会期中にお伺い。

お目にかかれて光栄でした。

まことにキュート…なんて年上の方に失礼とは思いますが、

やはりキュートがピッタリの素朴なお優しい雰囲気満天のお方でございました。





そして、先月4月の中旬に母の眼科医院のお供、付き添いで病院の待合室に半日釘付け。

沢山ある雑誌を読み漁り、中でも、婦人画報なるちょびっとハイソな月刊誌を見ていたら…







こんな記事。

こちらも、なつかしき昭和のイラスト画。

画家さんは男性だったのですね。




その帰り道、日本橋高島屋さんに入ると、1階のメインエントランスで企画展?

グッズ売り場は、こちら中原淳一さん。



中原淳一さんのジュニアソレイユなる少女雑誌は、母が少女の頃、見惚れていたそうな。


これらの系統の少女画の元祖 ? 私は竹久夢二じゃないかしらん?と思ってみたり。




不思議な少女画引き寄せの春。



何時の時代もおんなの子は夢を見て、美を追い求めるんだな〜
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青山かいわい | トップ | 2敗1勝 »
最近の画像もっと見る