故郷へ恩返し

故郷を離れて早40年。私は、故郷に何かの恩返しをしたい。

男と女(Part4)

2017-06-14 07:07:05 | プロジェクトエンジニアー

美しき加賀友禅です。



冷たい水にさらしてついたしがらみを洗い落とします。



「あとで」と耳元でささやかれました。
万に一つ、本当に「あとで」が実現することがあります。

要警戒。
残念ながら、男は我を忘れてしまいます。
女がお金に困った時の常とう手段です。
乗ってあげましょう。
困っているんですから。
騙されてあげましょう。
ちょろいと思われたかどうか。は、忘れましょう。
「あとで」の本気度は、一か月もしないうちに判ります。

今日のテーマは、「男と女(Part4)」です。
これほどみょうちくりんで、不可解なことはありません。
釣り上げた魚に餌はやらない。
それでは、魚に逃げられてしまう。
ニモだかポニョだか魚が出る痛快なアニメがありました。
我々にとって魚は身近な存在です。
たまたま釣れた魚ではありません。
釣り上げた魚は、サメの子だったり、そのままの姿の熱帯魚であったり。
いずれにしても餌をあげなければ正体はわかりません。

連れ添う男と女。
永遠の愛はあるのやら、ないのやら。
相手の魅力を一つずつ発見です。
愛は育むと言われます。
綾なす糸の絡み合いです。
気に入らなければ、ほどいてまた紡ぐ。
そんな作業の連続です。
忘れ去られた毛糸の玉があるように、その時々で興味が移っていきます。
生きている限りあることです。

付かず離れず。
男と女は、二人だけの布を織りあげているのでしょう。
横糸が誰、縦糸が誰と決めました。
どちらかが細くなったり弱くなったりします。
それをカバーしながら、数十年も織りなしていく。
後で見ると、それが味わいになっています。
二人にしかわからない綾取りです。

洗うほど強くなる木綿のような男と女でありたい。

残り香を 金木犀の せいにする

2017年6月15日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャンスを生かす(Part2) | トップ | ちゃっぷちゃっぷ、らんらんらん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロジェクトエンジニアー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。