通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2016年度<合格体験記>(8)

2017年01月17日 14時40分56秒 | ●2016年度<合格体験記>

2016年度<合格体験記>(8)

植山先生
みごと一発合格を仕留めることができました!!!
これは植山先生の主催されているハローがすべての源となっております。本当に本当にありがとうございました。
それでは体験記を下記に記します。

●受験外国語: 英語(メルマガ読者、セミナー参加者)

(1)受験の動機

私立工学系の大学を卒業したこともあり、海外駐在時に外人から日本について聞かれたときに、日本に関する知識があまりにもないことに愕然とし、いつかは日本について勉強しようと思っていました。
また、定年退職後の仕事としても通訳案内士は日本歴史と地理を外国人観光客に外国語で説明するということであり興味を持っていました。
たまたまハローのメルマガを知りそのなかで、英語がTOEICで免除となったことを聞き、受験を決意しました。

(2)第1次試験対策
受験を決意したのが2月位で、ざっくりとした計画を立てました。

3月=歴史をハローの動画で勉強する
4月=地理をハローの動画で勉強する
5月=一般常識をハローの動画で勉強する
6月~8月=過去問を勉強する
ただ、仕事が忙しくその通りにならなかったのですが、結果的に3-4月で歴史の講座を一応聞き、それから6月中旬まで地理を、その後7月末まで一般常識の講座を聞きました。講座を聞いたときに、印字した教科書にマーカーやメモを記入していき、あとで見返せるようにしました。

<受験した外国語名> → <英語:TOEICで免除>

<日本地理> 
地理については、ハローのマラソンセミナー、ハロー項目別地図帳、ハロー都道府県別地図帳を活用しました。
購入したのは「旅に出たくなる地図 日本」(帝国書院)。
基本的にマラソンセミナーを聞き、セミナーのテキストに講義で気になったことを追記しました。また、重伝建リストは独自に作成し、コメントを追記していきました。

<日本歴史> 
ハローのマラソンセミナー(厚いほう、薄いほう)を活用しました。
購入したのは山川の日本史図録(山川)と、読むだけですっきりわかる日本史(宝島社文庫)。
歴史も基本的にマラソンセミナーを聞き、セミナーテキストに講義のメモを書き込んでいきました。
また、「読むだけですっきりわかる日本史」も何度も読み返し、歴史年表も独自に作成し、年号のごろ合わせを追記していきました。
またFlashcardsは、試験当日の朝、会場に行くまでずっーーーーとみてたのですが、みごといくつも出題されていました!! 本当はもっと早くにFlashcardsに手を染めるべきでしたが、いろいろあって当日になってしまった。でもこころからFlashcardsにはお世話になりました!!!

<一般常識> 
ハローのマラソンセミナーを活用しました。
特に購入したものはありません。
こちらも基本的にマラソンセミナーを聞き、セミナーテキストに講義のメモを書き込んでいきました。

(3)第2次試験対策
二次対策は、先生のセミナーに参加したことと、北川さん提唱の「パターン化」が間違いなく合格の秘訣でした。
また、野口さんに送っていただいた逐次通訳の音声も1-2度使用して通訳の練習をしました。
またプレゼンでは、私の場合、北川さんのものを参考に11パターンに集約しました

(4)ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
とにかく、①ハローのマラソンセミナー(歴史・地理・一般常識)、②Flashcards③北川さんのパターン方式④野口さんの音声
には助けられました。感謝感謝の連続です。

(5)今後の抱負
今は本業(サラリーマン)に専念し、定年後に通訳案内士として活躍できる準備をしたいと思っています。
植山先生には本当に感謝しております。そして、植山先生の主催されたセミナーにおいて、ものすごく素晴らしい方々と知り合いになれたこと、こころよりうれしく思っております。
受験前の緊迫感と、試験で回答にうまく記入できているわくわく感、受験後の待ち遠しい感じなど、「青春」してました!!!
今回のチャレンジをきっかけにして、さらに、自分の能力を活用できるよう努力していく所存です。
本当にありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格体験記>(7)

2017年01月17日 14時28分50秒 | ●2016年度<合格体験記>

2016年度<合格体験記>(7)

●英語(メルマガ読者、セミナー参加者、模擬面接特訓参加者、動画、教材利用者)

(1)受験の動機
昔から旅行業界で働くことにあこがれ、若干英語も話すことができた。まさに夢のような資格だと思い、2015年5月に受験を決意。2015年度は一次で合格するも二次で不合格となる。

(2)第1次試験対策

<英語>2015年度一次合格のため免除

<日本地理>同上植山先生

お世話になっております。
おかげさまで合格いたしました!
自信はありましたが、自分の番号を見るまでは少しドキドキでした。ご指導ありがとうございました。

●英語(セミナー参加者 ※昨年)

(1)受験の動機
 仕事で語学を使用する機会もあるため、将来的に仕事の幅が広がればと中国語、英語の2ヵ国語合格を目標にスタートしました。昨年度中国語に合格し、今年度は英語に挑みました。
昨年度1次試験は4科目の受験で大変な思いをしましたので、まずは1次で楽をするために取り掛かりとしてハードルが大きく下がった免除資格を取得することにしました。

(2)第1次試験対策

<英語> → 免除(事前にTOEIC Speakingを受験し免除資格を取得しました)
☆使用参考書
 『頂上制覇 TOEICテスト スピーキング/ライティング 究極の技術』
 『本気で鍛えるビジネス英語 TOEICテスト スピーキング/ライティング』
 『TOEICスピーキングテスト リアル模試15回』

※これから免除資格取得を計画されている方のご参考に。
まず免除資格取得のために試験を比較検討しました。
・通訳案内士一次試験:マークシートに変更となり難易度は下がったが一発勝負。2次に向け知識面で強化が図れる。
・英検1級:難易度が一番高くまた時期的にも間に合わない。
・TOEIC:情報、参考書等が豊富で、多くの方が言われているように一番容易。
・TOEIC Speaking:参加者が限られ情報も少ない。スピーキングの強化が図れる。開催頻度が高い。
・TOEIC Writing:Speakingと同様に情報、参考書が少ない。文法の強化が図れる。開催頻度が高い。単独受験が出来ず受験料が高額。

最初はTOEIC受験を決め参考書を購入しましたが、2次試験のことを考慮しTOEIC Speaking受験に変更しました。結果として発音・イントネーションの矯正や考えながら話す練習ができ、2次試験を考えると正解だったと思います。

<日本地理> → 免除(昨年中国語合格)

<日本歴史> → 免除(昨年中国語合格)

<一般常識> → 免除(昨年中国語合格)


(3)第2次試験対策
春のTOEIC試験後は一旦英語から離れ、11月より2次試験の準備を開始しました。昨年の中国語では直前1週間しか準備期間がとれなかった為、今年は仕事の合間をぬって早めに準備をスタートしました。

2次試験への準備として、まず300選のシャドーイングと英文の朗読を毎日行いました。
あわせて過去問を分析し予想問題を絞り込み、観光地、伝統文化、現代文化から計300項目を選びました。(300選の中には最近の傾向から確実に出題されないと思われるものも多いため、事前に自身で選別したほうが効率的です)各項目について3から5行の箇条書きを参考資料から日本語で書き写す形で準備し、すぐ出てこない単語のみ英語で追記しました。それぞれ1分オーバーの内容をイメージし、1分以上話せれば残りは関連トピックや外国人旅行者の方へのアドバイス等を追加し1分40秒はいけると判断しました。

参考例ですが、
『平泉』
・世界遺産 12世紀頃奥州藤原氏 the northern Fujiwara
・中尊寺、金色堂(国宝で金箔)、毛越寺 “golden hall”, gold leaf, Motsuji
・清衡 戦乱 極楽浄土を再現 3ミイラ reproduce the pure land, 3 mummies
・一の関乗換2.5h 平泉駅 
 ⇒ 関連トピック 紅葉 花巻温泉 わんこそば 南部鉄器 

観光地については内容を覚える際にyoutubeの紹介映像を合わせて確認し、イメージを脳内に刷り込みました。同時に単語帳を作成し、日本文化や観光地紹介の際よく使われる英単語、難しい専門用語を別途暗記しました。
実際の試験では、作成した300項目の中にプレゼン出題の「盆栽」がありましたが、最終的に予想問題にはなかったものの観光に話をつなげやすい「ラムサール条約」を選びました。単語帳に「ラムサール条約」があり、また湿地の説明として予想問題にあった「尾瀬」、「琵琶湖」の情報が役に立ちました。逐次テーマの「蕎麦」は予想問題の一つ「年越しそば」で基本単語がカバーできました。
300項目の作成に20日、内容の記憶に5日、最後の5日はオンラインスクールでレッスンを受けました。具体的には、記憶があいまいなテーマをローマ字で抜き出し講師の方に読み上げていただき、1分で説明するといった方法を繰り返しました。並行して日本人講師の方に逐次の過去問を読み上げていただき、メモ取りと訳出しの練習を行いました。
そして最後の仕上げとして男女一人ずつネイティブ講師のレッスンを受けて(ネイティブのレッスン料は高いので普段は受けられません)、日本文化や観光地について自由に質問していただき、ネイティブの方でも十分通じるとの自信を深めました。

当日試験会場で最後のイメトレをしてみますと、緊張からか記憶の取り出しがうまく出来ませんでした。そこで待ち時間中、世界遺産を一つずつ脳内プレゼンすることで少しずつ記憶が戻ってきました。

☆使用参考書等
ハローセミナー動画
ハローネイティブ講師2次対策動画
ハロー128選資料
『英文説明300選』
『英語で説明する日本の観光名所100選』
『英語で日本紹介ハンドブック』
『中国語40字で伝える日本』(※日本語説明部分)
『外国人に人気の日本の観光スポット』
過去数年の流行語大賞ノミネート一覧

また、ほかの参加者の方の感想を拝見していますと逐次を苦手にされている方がとても多いように思いました。私は情報を提供していただける分、プレゼンよりも逐次の方が気楽に感じていました。今後参加を予定されている方は逐次で失敗し動揺したままプレゼンに突入とならないように、プレゼンの準備だけではなく逐次の練習もしっかり行う必要があると思います。

※僭越ながら参考までに逐次練習方法を紹介させていただきます。

基本的に3つのステップで練習を行います。
1. 日本語の録音を日本語でメモして、日本語で正確に復唱する
2. 日本語で書かれた文章を見ながら、即座に英語に訳していく
3. 日本語のメモを見ながら即座に英語に訳す

― 1のポイントは、
・A4用紙を横にして縦に3分割をしてメモ取りをする
 ・キーワードとなる2、3割程度をメモし、残りを記憶するイメージで行う
・固有名詞、重要単語、数字は絶対に落とさない
 ・片仮名でメモをとり、漢字は基本的に使用しない
・片仮名でメモする際も単語をすべて書かず頭文字の2、3字程度にとどめる
・日本語での復唱は100%を目指す。ここで80%しか復唱できないと最終英語訳ではそれが60%程度へと落ちます。日本語メモ100%、英語訳85%を目標に行う
・文の終わり、意味の切れ目などには必ずスラッシュか横線を入れる
・記号を使用する。よく出てくる単語は事前に記号で準備する
 ex. 日本人、文化、年、以降、以前、~中、頃、旅行者、増加する、減少する
   とても、好き、影響する、たくさん、少し 等々です

上記の内容を踏まえて、録音素材を使用するか、ご家族の方などに300選などの日本語文章を読んでもらい、内容をメモ取りして日本語で正確に復唱する練習を繰り返してください。ネットのニュースでもかまいません。短時間記憶力の強化も図れます。

― 2のポイントは、
・長い日本語の文章を複数の短文英語で訳す
・直訳ではなく意訳をする。日本語を無理やりそのまま英語に置き換えない
・訳す際は100%を訳そうとはしない。装飾語等が落ちても全く問題ない
・多少情報を落としても問題ないが、逆に情報を追加することは厳禁
・日本語の文章を目で追いながら、意味がとれる区切りごとに英語への訳出しを行ってください。声に出すと効果的です。

300選などを利用し目で追いながら短文の英語にして訳出しをする練習をおこないます。ポイントは日本語を1文または1文の途中まで読んだら、すぐに短文に分けて訳出しを行うということです。この練習は通勤の電車やバスの中でも可能です。

― 3のポイントは、
・メモ取り終了後すぐに通訳する必要がありますので、素早く頭を切り替えてください
・これは練習することで慣れると思います

1、2の練習がある程度進んだところで、最終段階として3の日本語の文章をメモ取りしてそれを英語で訳出しをする練習を行ってください。これらの練習を日々少しずつやるだけでも、短期間で逐次に対しての自信が格段に強まります。

さらに逐次で一番不安な点はおそらく英単語が出てこないことかと思います。重要単語でなければ落としてしまうしかないのですが、キーワードだった場合そうもいきません。私の場合このケースでは、日本語でその単語を読んでその後にor ~と英語で簡単な説明をつけようと考えておりました。
練習の際もわからない単語をすぐに調べるのではなく、まずこの方法で訳してから辞書で調べた方が当日慌てずに済むかと思います。

さらに興味がある方は下記のキーワードで検索してみてください。
1の練習法 『ノートテイキング』
2の練習法 『サイトトランスレーション』
それぞれ通訳学校での練習法を通訳案内士試験対策用に改変しております。


(4)ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
去年、今年のセミナー動画を拝見し勇気をいただきました。またネイティブ講師による2次対策動画は大変素晴らしく、生徒になったつもりで解答の練習をさせていただきました。

(5)今後の抱負
おかげさまで当初の目標「2年で2科目合格」を無事果たすことが出来ました。今後通訳案内士の資格は形骸化していく傾向にはありますが、引き続き「東京オリンピックまでに3科目合格」を目標に少しずつ準備を進めていきたいと思います。
ご指導ありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格しました!>(18)

2017年01月17日 14時25分02秒 | ●2016年度<合格しました!>

2016年度<合格しました!>(18)

●[英語/主婦・非常勤講師](動画利用者、教材利用者)

植山先生、ありがとうございます。おかげさまで2回目のチャレンジで合格できました。(英語は英検、日本歴史と一般常識はセンター試験で免除)

本当に運が良かったと思うのですが、昨年度の初受験前にハローのHPに出会い、音声教材を中心に利用させていただきました。
通勤時や家事している時に講義を聴き、プリントアウトしたテキストに書き込みをしてノートを作りました。まとまった時間をとるのが難しかったので大変助かりました。

FlashCard DeluxeもiPadで活用しました。
ハローのデータ+自分で勉強したことをエクセルで編集してFlashCardにインポートし、スキマ時間にゲーム感覚で楽しみました。
また、「特訓1800題」も定着状況のチェックに使わせていただきました。

昨年度は、一般常識のみクリアであえなく一次敗退、地理の問題を見た瞬間に「だめだこりゃ」でした。
合格なさった方々の得点状況をみると、どうやら地理も日本歴史も1~2点だけ足りなかったようでした。
これでささやかながら闘争心めいたものに火がついて、この資格自体が無意味化するかもしれないと思いながらも、再チャレンジする意欲が湧きました。

明らかにセンター試験の方が対策を立てやすいと思い、昨年度受験生に混じって日本史Bと現代社会の2科目を受けました。
限られた時間の中で、高校で選択していなかった2科目の勉強を進めるのは難しかったのですが、なんとか8割以上得点し免除科目にできました。

あとは地理のみしっかりやれば・・・と思いつつ、家事や仕事(や遊び)に明け暮れ、あっという間にお盆の時期になり、さすがに焦って時間をやりくりして勉強しました。

自己採点ではガイドラインぎりぎりの得点でしたので気が気でなく、「合格したい! でも今年もダメかも・・・」とウジウジしている間に11月になりました。
あれほど「一次の結果いかんに関わらず即刻二次対策を」とのアドバイスを読んでいたのに、一次合格を確認してから慌てて本格的に二次対策に入る始末でした。

さらに、英語は初回から免除でしたのでこれまでほとんど勉強らしい勉強をしておらず、特訓セミナーと300選を通勤時に耳から知識を入れ、シャドウイング等で口周りの筋トレをしました。
最終的には特講と300選のテキストデータを見ながら、自分の苦手な分野をノートにまとめて、「なるようにしかならん」「だめなら再チャレンジ」と言い聞かせながら試験に臨みました。

もちろん、試験の内容は決して満足のいくものにはなりませんでした。
3時間ほどの帰路の車中で、ああいえばよかったこういえばよかったと後悔しきり。
半ばあきらめていたところの合格で、これは過去最高の大量合格者数でなんとかすくわれたのだろうと思います。

いずれにせよ、植山先生が提供してくださった教材や情報がなければ、田舎住まいの兼業主婦の私には決して達成できることではなかったと、心から感謝申し上げております。
本当にありがとうございます。

今後受験される皆さん、提供されている情報や教材の量に圧倒されますが、本当に役に立ちます。
なにもかもはできなくても、自分の生活の中に取り入れやすい形で十二分に活用させていただきましょう!

●[英語/主婦](メルマガ読者、動画利用者、教材利用者)

本日まで落ち着かない日々でしたが、無事合格していて、本当に嬉しいです!!
東京オリンピックが決まったことに後押しされて、この資格を目指すことを決めました。
一年で合格するつもりで準備をしましたが、2015年の地理を落としてしまいました。当初の予定よりも時間はかかりましたが、自分の力の限り対策を練り、こうして合格することができ、満足感でいっぱいです。
複数の受験専門学校がある中、独学で頑張れたのは、ハロー通訳のおかげです。無償でたくさんの有益な情報や資料をありがとうございます。大変参考になりました。
今年は早速新人研修などを受けて、活動していきたいです。
詳細はまた、合格体験記を送付致します。
この度はありがとうございました。

●[英語/フリーランス翻訳者](旧阿佐ヶ谷校生徒・メルマガ読者・セミナー参加者・模擬特訓参加者・画像教材利用者)
植山先生、合格しました!
ありがとうございました!!
阿佐ヶ谷校時代に合格することができず、その後は主人の海外転勤帯同や出産ですっかり夢をあきらめかけていました。
メルマガで常に励まされ、情報を頂き、セミナーや模擬特訓では試験の為の最新の情報を提供頂きました。
試験対策は、ハローのHPや先生がセミナー用に作成下さった資料以外、何も使っていません。
まさに植山先生からの情報と、ハローに提供頂いた教材だけを勉強して合格することができました!
2次試験を突破できたのも、模擬特訓を受講したからこそにほかなりません。
北川様からのプレゼン術をギリギリまで情報発信頂き、準備できたのも本当に大きかったです。
そして本番は、同志の受験生の生の情報がメルマガでどんどん配信されて助けられました。
ようやくこれで、ガイドの仕事を開始できるかと思うとスタートラインに立てたことが本当にうれしいです。
逐次通訳方面の仕事も開始してみたいと思っていて、この資格を生かして人生の後半戦の仕事を始めたいです。
22日のセミナーも参加させて頂きます。これからも業界についての先生からの情報に、大変期待しております。
また私自身も、微力ながら情報発信にお役にたてる場面があれば、ご協力させて頂きたいと存じます。
本当に、本当に!!ありがとうございました。

●[英語/会社員](二次対策セミナー参加者)
個人的には口述試験はうまくいったかな、と思っていましたが、合格していました!
植山先生のおかげです、ありがとうございます!

一次合格発表まで全く二次対策せずただ焦っていましたが、二次対策セミナー受講で喝を入れていただき、限られた時間での勉強方法や取り組み方の姿勢について、良い道標をつくっていただきました。

子育て・仕事・趣味のジョギングの間の限られた勉強時間、通勤時間と昼休だけの勉強を3週間続け、試験直前にようやく仕事の休暇を三日間とって集中して勉強した状況でした。

先生の模擬面接は受講できませんでしたが、毎日30分の英会話レッスンで毎回違う先生との模擬面接 で失敗から色々学び、色々な先生からの意見を参考に、自分のレベルに合ったスピーチ構成、質疑応答、を考えて本番に挑みました。
300選の音読と書き取りを一通り流すことで、暗記せずとも英語で説明をする際の文の組み立て方の大変良い参考になりました!

二次対策セミナーを受講していなかったら、当日言葉に詰まって落ちていたと思います。
どうもありがとうございました。

●【英語/会社員】 (動画利用者 教材利用者)
私は2015年の一次試験にて一般常識で苦汁を飲みました。
私なりに一年間勉強して挑戦した試験であった為、不合格の際はあまりにもマニアックな試験内容に、再チャレンジする意欲もなくなりました。
しかし、ハロー様 植山先生のお言葉や取り組みを拝見させていただき勇気ずけられ、また教材をダウンロードして徹底的に勉強させていただきました。
諦めずに挑戦して良かったです。一方的に拝見させていただき、勝手に身近に感じて生徒になった気分になっておりますが、
植山先生には感謝の言葉は伝えずにはいられないと思いました。
本当にありがとうございました。
今週末の説明会、大阪より参加させていただきますのでよろしくお願いします。

[英語/主婦](メルマガ読者、300選・フラッシュカードデラックス・動画利用者)
 
夢にも思わなかった初挑戦での合格!本当にありがとうございます。
昨年の6月下旬より準備を始め、3年計画で合格するつもりでした。書店で購入した過去問集ではどの年度のものも40点程度しか取れませんでしたので、のんびりゆっくり知識を蓄えて…と始めた勉強ですが、植山先生の教材が面白くて、楽しんで勉強していたら合格してしまいました。
2次試験では、逐次通訳はボロボロでしたが、プレゼンテーションでは運よく地元のお祭りを紹介する流れに持っていくことができて(試験官のお情けだったかもしれません)、楽しくお話しして試験時間を終了することができました。
22日のセミナーも楽しみにしています。

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格しました!>(17)

2017年01月17日 14時17分57秒 | ●2016年度<合格しました!>

2016年度<合格しました!>(17)

●[フランス語/派遣社員](メルマガ読者、セミナー参加者
植山様
今朝、職場で仕事の合間に確認しました。恐る恐る自分の受験番号を探して、見つけ時は驚きました。3年目でやっと合格できました。合格証書の発送はまだ少し先ですが、諦めずにやってよかったと思いました。
この3年間、植山先生のブログや教材一筋でやってきました。本当にありがとうございました。
ひとまず合格報告です。
今晩、仕事が終わってから合格体験記を送りします。

●植山先生
通訳案内士ですが、無事合格いたしました。
二次試験後は、落選する理由が無いほど、めずらしく確信があった資格ですが、本当に合格致しました。
植山先生および卒業生の皆様のご指導に、深く感謝申し上げます。
セミナー楽しみにしております。引き続き宜しくお願い申し上げます。

●英語(会社員)(メルマガ読者、セミナー参加者、<模擬面接特訓>参加者、動画利用者、教材利用者)
願掛けとして、今日こうして合格のご報告メールを送るイメージをしておりましたが、本当にそうなるとは!という感じで、まだ実感がわきません。(番号だけなので、見間違えではないかとまだ疑っております)
去年から勉強をスタートし、ここまでこれたのは植山先生のおかげです。負んぶに抱っこに、また今月のセミナーまで至れり尽くせりのサポートで感謝しきれません。
本当にありがとうございました。

●植山先生
すべてのハロー教材、そして模擬面接でお世話になりました。
無事に通訳案内士(英語)合格できました。
英語を話すことに全く自信がない私が、通訳案内士試験に合格できたなんて本当に夢のようです。
ハローの教材はほぼ使い倒し、そして2次試験の模擬面接で、先生のアドバイスをいただき、緊張しがちな私が、本番当日は「談笑」するように受けることができました。
これから合格体験記を書きます。
まずはお礼まで・・・

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格体験記>(6)

2017年01月17日 14時10分34秒 | ●2016年度<合格体験記>

2016年度<合格体験記>(6)

●英語(メルマガ読者、セミナー参加者、模擬面接特訓参加者、動画、教材利用者)

(1)受験の動機
昔から旅行業界で働くことにあこがれ、若干英語も話すことができた。まさに夢のような資格だと思い、2015年5月に受験を決意。2015年度は一次で合格するも二次で不合格となる。

(2)第1次試験対策

<英語>2015年度一次合格のため免除

<日本地理>同上

<日本歴史>同上

<一般常識>同上

(3)第2次試験対策
2016年初めより試験直前まで、とにかく300選をひたすら丸暗記しました。300項目を終えたら、また最初から。これを6回繰り返し、事象を客観的に伝えるテクニックを身につけることができました。
どんなプレゼンテーマがきても300選の文章をそのまま、または言い回しなどを利用すれば間に合いと思います。300選は私のバイブルです。

(4)ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと
セミナーは毎回参加させて頂きました。特に北川女史が提唱された画期的なプレゼン対策はいざというときの「御守り」として心の負担が随分と軽くなりました。
また、初めて植山先生とマンツーマンで模擬面接特訓を受けることができたのは大きな自信につながり、翌日の本番をリラックスした状態で挑むことができました。

(5)今後の抱負
いつか「稼げる」通訳案内士になるのが目標です。22日のセミナーが楽しみです。
大勢の方が参加されるので直接お礼を言えることができるかわかりませんが、こうして合格できたのは何よりも植山先生のお陰です。
先生、本当にありがとうございました!

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格体験記>(5)

2017年01月17日 14時06分41秒 | ●2016年度<合格体験記>

2016年度<合格体験記>(5)

●英語(メルマガ読者、動画と教材利用者)

(1)受験の動機
子育てをしながら得意の英語を生かした仕事をしたいと思い、この資格の存在を知って挑戦しました。

(2)第1次試験対策

<英語>英検により免除
<日本地理>
ハローの講義を一年前から繰り返して聞き続けました。           
「旅に出たくなる地図」で有名スポットなど確認しました。
また、毎朝7:30からの「歴史の道歩き旅」を録画してみていましたがそれを見ることで多くの知識を得ることができました。
試験の直前に長良川のことがその番組に出ていて、それに関する問題が出たので簡単に解くことができました。
問題集だけじゃなく、いろいろなところでアンテナを張ることが大切だと思いました。今後のガイドの仕事のためにも続けたいと思います。

〈日本歴史〉
一番苦手でしたが、勉強を通して大好きになりした。
講義を去年秋より聞き続けました。
今や大河ドラマはもちろんテレビでやっている日本史番組をよく見るようになり、知識を一段と増やすことができました。

<一般常識> 毎日新聞を読み、観光に関係する記事などを切り抜いて見直していました。
最後一か月で観光白書全てに目を通していたら、そこから結構出題されていていました。
観光白書、大切です!

(3)第2次試験対策
一年前からハローの動画を聞いて基本的な言い回しや情報を覚えました。また先生がまとめて頂いた予想問題や、みなさんの予想問題を中心に自分でスラスラ言えるようにまとめて練習しました。

(4)ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと

 メルマガで気持ちを高め、情報を得ることができました。また動画は100回くらい聞いて知識を頭に叩き込みました。
植山先生に厳選して頂いたトピックなどを中心に学習していれば少し離れたトピックが出ても応用可能だと思います。また普段からガイドブックやテレビの情報にも注目して見てください。そういう情報は意外と頭に残ってます!
私は初めての出産、育児と並行していたので一年前から準備を始めました。コツコツ勉強した分、頭によく残るので今後受験される方は少しでも早く準備を始めることをお勧めします。

(5)今後の抱負
もっと歴史や地理や観光に関する知識を増やし、今はまだ娘が小さいので制限がありますが、通訳ガイドとして地元で仕事を開始し、東京オリンピックで活躍したいです。

植山先生
いつも暖かいお言葉や励ましありがとうございました。出産、育児をしながらでもまさかの一発合格を果たせたのも植山先生のおかげです。これからもそのご恩を忘れずに通訳案内士のお仕事を頑張りたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
二次試験の詳細
━━━━━━━━━━━━━━━━━
二次試験の速報をお送りしたのですが掲載されていない気がします。
〈見落としでしたらすみません。〉式年遷宮のことを詳しく聞かれ、その詳細を書いたのでもしお役に立てばと思いますので、このメールに貼り付けて送ります。
よろしくお願いします。

受験会場:龍谷大学
受験外国語:英語
受験時間帯:13:00~14:00

【1】日本人試験官
女性 40代 通訳ガイドタイプ。ニコニコしていて優しそうな印象

【2】外国人試験官
女性。40代。イギリス英語。優しい感じ。日本のことはあまり詳しくない様子。非常に話しやすかった。

【3】通訳の問題文
今からすし飯の作り方について説明したいと思います。まず始めにお酢とご飯をすし桶に入れます。
次にしゃもじでご飯を混ぜますが、その時気をつけるのが混ぜる時に5秒ほど置いてお酢がご飯に浸透するのを待って混ぜることです。

【4】プレゼンのテーマ(3個)
・神社
・合気道について
・日本の家族について

【5】自分が選択したプレゼンのテーマ
神社

日本には神社がたくさんあります。
それは日本固有の宗教である神道で神を祀っているからです。神道は多くの神を信じています。
数ある神社のうち1番有名な伊勢神宮について話したいと思います。
伊勢神宮は関西、三重県にあります。
太陽の神天照大御神を祀っています。
本宮は20年に一度建て替えます。それは建築技術を伝えるため、建物の劣化を避けるため、そして神の権威を示すためです。
皆さんも日本の様々な神社を訪れて見てください。

【6】プレゼンの後に受けた質問(すべて)
面接官:あなたは、太陽の神と言いましたが、他にどんな神がいるのですか?
私: 様々な神がいますが、例えば出雲大社の神は良い出会いの神(すみません日本語がおかしいです)と言われています。

面接官:では私は何を願いに伊勢神宮に行けばいいのですか?健康ですか?
私: 特定に何かと言うわけではないです、good luck を願って行くと良いです。

面接官:日本には何種類の神様がいますか?
私:はっきりとした数は分かりませんが、たくさんいます。100位。(推測です)

面接官: あなたは20年ごとに建物を建て替えると言いましたが、それは全てを取り壊すと言うことですか?
私:そうです。建物を建て替えます。

面接官: 木は再利用するのですか?
私: いいえ、新しい木を使います。

面接官: じゃあ取り壊した木はどうなるの?
私: 他の神社や神社内の建物を建てるのに使います。

面接官: 建て替えには何人くらいの人が参加するのですか?
私: はっきりとした人数は分かりませんが、神社の関係者が何人かで行うと思います。

面接官:私はその建て替えを見ることができますか?
私:それは難しいと思います。 神社の関係者だけでやっているので。

面接官: じゃあその建て替えに参加することは?
私:難しいと思います。もしどうしてもしたいなら何か資格が必要だと思います。

面接官:建て替えの工事にはどのくらい時間がかかるのですか?
私:長い期間を要します。式年遷宮が終われば次の建て替えに取り掛かるのです。

面接官:へ~面白い!そうなんですね!

【7】受験の感想
面接官のどちらもに笑顔で対応して頂けて安心しました。
まず最初に名前、生年月日、住んでいるところを聞かれました。
あまり緊張はしていなかったのですが、最初の通訳でなぜか基本的な単語が全く出てこず、(お酢など)全くダメでした。
外国人面接官の方の顔が曇っていましたが、ハローのセミナー動画で通訳で失敗してもプレゼンで挽回できるというのを思い出し、次頑張ろうと意気込みました。
プレゼンは練習していた神社が出たので神道について話し始めましたがなぜかうまくいかなかったため、伊勢神宮に話を移行しました。
ちょうど少し前にテレビで伊勢神宮の事を放送しており、式年遷宮の事を覚えていたのでその知識を話せたことで面接官の方に、興味深くたくさん質問して頂いたので会話が盛り上がりました。
テレビなどの情報も日頃から大切にしていてよかったと思いました。
通訳の失敗をカバーできていると信じて合格を祈りたいと思います。

【8】ハローの教材、セミナー、動画、メルマガなどで役に立ったこと。
全て役立ちました。遠方在住なのでセミナーなど参加はできませんが、セミナー動画は非常に参考になりました。
本当にありがとうございました。

アドバイス
植山先生に厳選して頂いたトピックなどを中心に学習していれば少し離れたトピックが出ても応用可能だと思います。
また普段からガイドブックやテレビの情報にも注目して見てください。そういう情報は意外と頭に残ってます!
私は出産、育児と並行していたので一年前から準備を始めました。コツコツ勉強するのが大切だと思いました。
しかし、勉強と子育ての疲れか試験の2日前に大きなものもらいが出来てしまい、片目を腫らせたままの受験となってしまいました。
体調管理は大切と痛感しました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合格された方は、是非、<合格しました!>メールをご送付ください!

2017年01月17日 12時20分01秒 | ●2016年度<合格...

合格された方は、是非、<合格しました!>メールをご送付ください!

●件名:<合格しました!>(氏名)

●宛先:info@hello.ac

●本文:
下記内容にてお願いします。

(1)1行目に、●[受験外国語/職業](ハローとの関係)を記載してください。

(記載例)●[英語/会社員](セミナー生)

(※)ハローとの関係:(メルマガ読者、セミナー参加者、<模擬面接特訓>参加者、動画利用者、教材利用者、旧生徒など)

(2)2行目から本文をお書きください。形式、字数など一切、制限なしです!

●頂戴しました<合格しました!>は、本サイトにて公開させていただくことがありますので、ご了承ください!

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格しました!>(16)

2017年01月17日 12時12分34秒 | ●2016年度<合格しました!>

2016年度<合格しました!>(16)

●[フランス語/自由業(翻訳)](メルマガ読者、動画利用者、教材利用者)

2016年の春から1次試験の勉強を開始し、12月の2次試験まで長い試験勉強期間でしたが、無事に合格できてほっとしています。

これまでに受けてきた語学関連の試験の中でも、通訳案内士試験は長期にわたる試験勉強と試験までの緊張感が高い試験で、大変な試験だな~と思いました。

私は決して、歴史や地理が得意だった方でもなく、日本歴史の勉強はおそらく中学以来(高校では世界史を選択しました)でした。

最初に勉強せずに過去問を解いてみたら、合格基準点にはほど遠く、40~50点程度しか取れませんでしたので、これは無理かもしれない、と思いましたが、一通り勉強をしてみると、合格基準点に届くくらいまで行きましたので、これから受験される方も、備えあれば憂いなし、の心構えで試験に臨まれると良いかと思います。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格しました!>(15)

2017年01月17日 12時07分47秒 | ●2016年度<合格しました!>

2016年度<合格しました!>(15)

●植山先生
<模擬面接特訓>でお世話になりました〇〇です。
おかげさまで、合格いたしました!
嬉しくて涙が出ました。先生のおかげです!!!
ただいま、合格体験記を書いているところです。
後ほどお送りいたします。
22日にまたお目にかかるのをとてもたのしみにしております。
まずはお知らせまで。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格体験記>(4)

2017年01月17日 12時07分47秒 | ●2016年度<合格体験記>

2016年度<合格体験記>(4)

植山先生 、夢に見た合格体験記を書くことが出来ることになりました。
ハローの資料、先生のアドバイスのお陰です。本当にありがとうございました。

●英語(メルマガ読者、「日本的事象英文説明300選」利用)

(1)受験の動機
若い頃から憧れていた通訳案内士の試験が、TOEIC で英語免除になる事と、合格率が20パーセント以上に設定されてハードルが低くなったと知った事です。
20代の頃受験を一度したのですが、全く歯がたたなかったので、自分には無理だと思っていたのが、上記のことを知り、私にも出来る!と思いました。
また、京都が好きで、外国人の知り合いや地方在住の友達ともよく行くのですが、ちゃんとした説明を出来ない自分が歯痒いと思っていた側で、ガイドの方が、仏像の説明をされているのを聞いて、是非私もやってみたいと思いました。

(2)第1次試験対策
過去問の問題集を買いましたが、ハローの資料にあったので、それで充分だと思います。

<受験した外国語名>
英語免除 TOEIC 英検で免除

<日本地理> 
都道府県の名前も不確かなレベルだったので、中学レベルから始めました。
中学社会 まとめノート・白地図
(受験研究社)
ハローの白地図、資料をプリントアウトして書き込みました。都道府県別の白地図に資料の内容を自分なりに書き込みました。

●マラソンセミナー<日本地理>テキスト
http://hello.ac/marathon2012version/geographytext.pdf

●通訳案内士試験対策<最強の地図帳>項目別地図帳
http://hello.ac/geography/map.pdf

●通訳案内士試験対策<最強の地図帳>都道府県別地図帳
http://hello.ac/houbun/geography/map.prefectures.pdf

<日本地理の最重要事項のまとめ>(その1)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/025b697722bfd3c99a94f93c8bc9c43c

●<日本地理の最重要事項のまとめ>(その2)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/56bc28ed97f2921e6e052ba48220d004

<日本歴史> 
苦手な社会の中でも超苦手なので、まず歴史の流れを理解する所から始めました。これも中学レベルからです。
中学社会 スーパー歴史年表 (文英堂)
見事にわかる図解・日本史 (成美文庫)
超速 日本史の流れ (ブックマン社)

ハローの資料。

●マラソンセミナー<日本歴史>テキスト
http://hello.ac/marathon2012version/historytext.pdf

●<日本歴史の最重要事項のまとめ>(その1)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/de13a21eeaaf21a717279ecf2cb08c7f

●<日本歴史の最重要事項のまとめ>(その2)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/a97054e82b7db6ed87d18d8c8bb8e55b

<一般常識> 
ハローの資料のみ。

●<一般常識の最重要事項のまとめ>
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/9dcd51160b7da52b7e98c929af7d60e3

(3)第2次試験対策
歴史と一般常識が全く出来なくて一次試験は完璧にダメだったと思っていたのと、仕事の関係で忙しかったので、二次の準備は全くしていませんでした。
ネットの合格発表も見間違えて、不合格だと思っていて、合格の封筒が届くまで何もしていませんでした。
一次試験の前に購入していたハローの日本的事象300選をカードに写し、出先で時間を見つけ読みました。移動の車中ではCDをずーっとかけていました。
しかし、なかなか覚えられないところに、植山先生からの自分の言葉にする大切さと主語、動詞の簡潔な文章で良し!というアドバイスを読み、300選の中で大切だと思われる事象を自分の表現に直して覚えるよう努力しました。

動画で先生の模擬面接の内容も参考にさせて頂きました。

喋り過ぎない!というアドバイスを頂いていたのに、お喋りな私は 当日 やはりダラダラと喋り過ぎ、帰宅後自分の言った内容を思い出し落ち込んでいました。
文法間違いがあったのでは?このように訳せばよかったとか、結果が出るまで辛かったです。

(4)ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと。

ハローの教材 先生のアドバイスが全てでした。今回1度目で合格出来たのは先生のお陰です。ありがとうございました。

(5)今後の抱負

稼げない職だと聞いていますが、是非ガイドとして仕事をしたいと考えています。これから、しっかり勉強したいと思います。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格体験記>(3)

2017年01月17日 12時03分33秒 | ●2016年度<合格体験記>

2016年度<合格体験記>(3)

●英語(動画利用者、教材利用者)

(1)受験の動機

英語力の証明と日本についての理解を深めたい。英語は免除。toeic980、英検一級。

(2)第1次試験対策

<日本地理> 
→ 昨年度不合格、今年度合格。昨年は動画を中心にやったが定着しておらずまた、奇問難問に翻弄され平常心を失ってわずかに合格点にとどかず。
今年は動画の定着や観光地への関心を持ち続け、また古本屋で地理の本を乱読したのも奏功し、今年度は余裕で合格しました。外国人が行く観光地は実は多くない。
jntoのウエブサイトやパンフなどで勉強するのも良い。

<日本歴史> 
→ 昨年度合格。勉強二か月、ほぼ動画とフラッシュカードのみ。

<一般常識> 
→ 昨年度合格。ほぼ動画と観光白書のみ。

(3)第2次試験対策

今年度一次試験後から「日本的事象英文説明300選」のフラッシュカードをやり始め、最終的に7回回しました。
模擬試験や練習はせず、一発勝負でした。逐次はブロークンになり失敗しましたが、プレゼンのお盆は二分ちょうど、質疑もまずまず。
でも、やはり模擬試験は、受けた方が良い。逐次は難しいが、慣れで克服できるかと。

(4)ハロー教材は一次試験では動画とフラッシュカードを主にやりました。二次は300選フラッシュカードしかやりませんでした。

(5)今後の抱負

すぐにプロにはなるつもりはないですが、英語力の証明として用い、英語を教えたい。また、日本文化を誇りとして外国人に紹介したい。

最後になりましたが、日本文化を含め相当に勉強になる試験です。
一次試験は動画を試験までに最低5回みる、観光白書を読む、自分で日頃から調べる、で三か月〜半年あれば合格できます。
二次はtoeic800点代免除の方は要注意。英語コミュニケーション能力が重要。
また、300選は一般常識にも役立つから早めにやって損はない。
歴史や常識はセンター試験も視野。出題傾向が安定しており、必ず報われる。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格しました!>(14)

2017年01月17日 12時00分59秒 | ●2016年度<合格しました!>

2016年度<合格しました!>(14)

●英語(教材、「日本的事象英文説明300選」利用。)
逐次通訳で記憶が飛んでしまい、五分の一も出来ず、気を取り直してプレゼンに挑んだものの途中で強引に違うトピックに変えてしまいました。
帰りに逐次通訳の教材と英語の参考書を買って、その日からリベンジに向けて勉強してました。
駄目元で、ネットで番号見ると、ある筈のない私の番号が…。
本当にありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格しました!>(14)

2017年01月17日 12時00分59秒 | ●2016年度<合格しました!>

2016年度<合格しました!>(14)

●英語(教材、「日本的事象英文説明300選」利用。)
逐次通訳で記憶が飛んでしまい、五分の一も出来ず、気を取り直してプレゼンに挑んだものの途中で強引に違うトピックに変えてしまいました。
帰りに逐次通訳の教材と英語の参考書を買って、その日からリベンジに向けて勉強してました。
駄目元で、ネットで番号見ると、ある筈のない私の番号が…。
本当にありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格しました!>(14)

2017年01月17日 12時00分59秒 | ●2016年度<合格しました!>

2016年度<合格しました!>(14)

●英語(教材、「日本的事象英文説明300選」利用。)
逐次通訳で記憶が飛んでしまい、五分の一も出来ず、気を取り直してプレゼンに挑んだものの途中で強引に違うトピックに変えてしまいました。
帰りに逐次通訳の教材と英語の参考書を買って、その日からリベンジに向けて勉強してました。
駄目元で、ネットで番号見ると、ある筈のない私の番号が…。
本当にありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度<合格しました!>(13)

2017年01月17日 11時27分52秒 | ●2016年度<合格しました!>

2016年度<合格しました!>(13)

●英語 自営
メルマガ読者 ,300選は買いましが、使いませんでした。セミナーも参加していません。

英語1級免除、歴史検定2級免除
地理72点、一般常識50点

16時30分からのTKC受験 でしたので、午前中に受験された方々の逐次通訳問題 、これが長く、文章も硬いことが事前にわかり大変助かりました。僕のは 大阪をテーマにしたものでした。
昨年、2次 東京湾埋め立て この埋め立てで引っかかり、残り文章を書くことができず轟沈.

どなたかも投稿しておられましたが、今後は逐次通訳問題対策が必要となるでしょうね. ともかく、情報プラットフォームを用意いただき有難うございました。
なお、仏語は落ちましたので、今年再挑戦します。6年ほどパリで、仏語だけで駐在していたのに情けない限りです。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加