通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

通訳案内士登録情報システムの導入に関わる調査について

2017年02月11日 08時14分12秒 | ●インバウンド業界ニュース速報
通訳案内士登録情報システムの導入に関わる調査について

観光庁では、通訳案内士の情報発信の場を設けることを目的とした、通訳案内士登録情報システムの導入に向けて作業を進めており、平成29年4月1日より稼動する予定とのことです。

詳しくは、観光庁の下記サイトをご覧ください。

http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/tsuyaku.html

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「奄美群島特例通訳案内士」誕生へ

2017年02月09日 07時13分18秒 | ●インバウンド業界ニュース速報

「奄美群島特例通訳案内士」誕生へ

2018年夏の実現を目指す奄美大島と徳之島の世界自然遺産登録や格安航空会社(LCC)の就航などによる外国人観光客の奄美への入り込み増を見据え、奄美群島広域事務組合が主体となって育成を目指す「奄美群島特例通訳案内士」の研修修了証交付式が6日、奄美市名瀬の奄美会館であった。
特例通訳案内士になる資格を得たのは群島内で計47人。
奄美の魅力を伝える通訳案内士の誕生により、さらなる交流人口の拡大や地域振興への波及効果が期待されている。

●ソースはこちらです。(南海日日新聞社)(2017年2月8日)

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都市の通訳ガイド、試験的実施 今夏本格的に導入へ

2017年02月08日 07時57分26秒 | ●インバウンド業界ニュース速報

京都市の通訳ガイド、試験的実施 今夏本格的に導入へ

京都市などは6日、市認定通訳ガイドによる英語ガイドツアーを、世界遺産・二条城(同市中京区)と京都迎賓館(同市上京区)で試験的にスタートした。増加する外国人観光客に、きめ細かな観光案内をしていこうというもの。今月24日(土日を除く)まで試験的に実施し、今年夏ごろから本格的に導入する予定という。

通訳ガイドは、昨年度から始まった市独自の認定通訳ガイド「京都市ビジターズホスト」の第1期生。本来、有償での通訳ガイドは国家資格の「通訳案内士」の取得が必要だが、市では国の特区制度を活用、市内の通訳ガイドができる独自の認定制度を設けた。

この日、二条城ではニュージーランドやオランダなどの外国人観光客約10人がガイドを利用。4人の通訳ガイドが、二の丸御殿や御殿正門の唐門などを案内し、大政奉還にまつわる歴史や、うぐいす張りなどの見どころを丁寧に英語で説明した。

二条城ではこれまで、6カ国語対応のオーディオガイドのみだったが、ニュージーランドのシェフ、ロバート・エッセンバーグさん(34)は、「オーディオガイドではなく、歴史をよく知る人から案内してもらう方が分かりやすい。うぐいす張りなどが興味深かった」と話した。

通訳ガイドの第1期生は約550人の応募者の中から書類審査や面接などで選考され、昨年2~7月の半年間、研修を受けて就任。英語と中国語ガイドの計56人がいて、研修では文化財の専門知識のほかに、京都検定2級を取得するなどしたという。

第2期生も今年2月から研修が始まっている。

●ソース(産経ニュース)(2017.2.7 07:03)
http://www.sankei.com/region/news/170207/rgn1702070008-n1.html

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観光庁、2017年度当初予算とりまとめ、文化財活用やWiFi環境整備などで大幅増額に(トラベルボイス)

2017年02月05日 00時02分14秒 | ●インバウンド業界ニュース速報

観光庁、2017年度当初予算とりまとめ、文化財活用やWiFi環境整備などで大幅増額に(トラベルボイス)

観光庁は2017年1月31日、2017年度(平成29年度)の観光ビジョン関連当初予算などをとりまとめた。昨年3月に発表された「明日の日本を支える観光ビジョン」の実現に向けた取り組みについて整理したもの。

主な取り組みのうち、「文化財活用・観光振興戦略プラン等」には2017年度当初予算として219.9億円を計上(2016年度当初予算は201.9億円)。特に、魅力のある公的施設やインフラをひろく国民に開放する施策では、赤坂迎賓館の通年公開に加え、京都迎賓館の通年公開を開始。京都迎賓館では、時期に応じて自由参観方式やガイドツアー方式を採用。皇室関係の7施設の通年公開を前倒しするほか、インフラツーリズムの受け入れ環境改善をおこなう。

「国立公園満喫プロジェクト推進事業」では、2016年度補正予算102.9億円の内数および2017年度当初予算として100.2億円の内数を計上(2016年度当初予算は84.1億円)。国立公園をナショナルパークとしてブランド化するため、地域資源の整理や人材育成といったプログラムの策定・実施予算を新たに組み込んだ。

「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業等」については、2016年度補正予算155億円および2017年度当初予算として85.3億円に増額(2016年度当初予算は80億円)。外国人旅行者の地方への誘客を拡大するために通信・交通利用環境を整備。さらに、SNSなどを通じたビッグデータも活用し、旅行者の要望把握の取り組みも進める。

また、「円滑かつ厳格な出入国管理体制の整備」では、2016年度補正予算41.0億円の内数 および2017年度当初予算146.0億円の内数を計上(2016年度当初予算は128.4億円の内数)。バイオカートや顔認証ゲート、ボディスキャナーといった世界最高レベルの技術を活用するほか、不正薬物や爆発物探知装置などの設置予算も組み込んだ。

そのほか、「クルーズ船の受け入れ環境整備推進」には2016年度補正予算166.0億円および2017年度当初予算2320.6億円の内数を設定(2016年度当初予算は2317.1億円の内数)。「公衆無線LAN環境整備支援事業」の2017年度当初予算は31.9億円に大幅増額(2016年度当初予算は2.6億円および12.6億円の内数)となっている。

なお、2017年度税制改正事項としては、インバウンド向けの新たな酒税免税制度の創設などを予定。法律制定・改正検討としては、通訳案内士の業務独占廃止や旅行業法制の総合的な見直し、民泊サービスに関する法律の制定、クレジットカード利用環境整備を含む割賦販売法の一部改正などが掲げられている。

●ソース
https://www.travelvoice.jp/20170204-82419

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通訳案内士登録情報システムの導入に関わる調査について

2017年02月03日 03時06分16秒 | ●インバウンド業界ニュース速報

通訳案内士登録情報システムの導入に関わる調査について

観光庁では、通訳案内士の皆様の情報発信の場を設けることを目的とした、通訳案内士登録情報システムの導入に向けて作業を進めており、平成29年4月1日より稼動する予定です。

このシステムでは、通訳案内士として登録された皆様が希望すれば、通訳案内士専用ホームページにて利用希望者向けに自己PRや得意分野などの情報を発信出来るようになります。

そのため、通訳案内士の皆様に対し情報公開の意向調査をさせていただいており、調査票(リンク先見本)が届きますので、公開を希望される方はお手元の意向調査票のWeb公開希望欄にチェックを入れた上、E-mailアドレスを記載し、通訳案内士情報調査センター宛に返送してください。
後日記入していただいたE-mail宛に公開手続きに必要となるID・パスワードが送付されます。

調査票の内容に関するお問い合わせは調査票中央上部に記載の窓口までお問い合わせください。

なお、システムに関するお問い合わせにつきましては、まずはこちらのよくあるご質問をご覧になっていただき、その他ご不明な点につきましては、下記の連絡先までご連絡ください。

●連絡先
観光庁 観光地域振興部 観光資源課
TEL: 03-5253-8924 FAX:03-5253-8930
E-mail:hqt-tuuyaku@ml.mlit.go.jp

●ソース(観光庁ホームページ)
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/tsuyaku.html

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本通訳案内士連盟(JFG)の新合格者研修会及び事前説明会の日程!

2016年01月07日 10時10分27秒 | ●インバウンド業界ニュース速報
全日本通訳案内士連盟(JFG)の新合格者研修会及び事前説明会の日程!

協同組合全日本通訳案内士連盟(JFG)は、下記により、2015年度通訳案内士試験新合格者研修会及び事前説明会を開催します。

今回から、東京では、最終合格発表(2月10日)以前の1月30日にも<事前説明会>を開催することになりました。
皆様、お誘いあわせの上、ご参加いただければと存じます。

●<事前説明会>
 東日本事前説明会:2016年1月30日(土)夜、又は2月11日(祝・木)夜
 西日本事前説明会:2016年2月11日(祝・木)

●<新合格者研修会>
 東日本新合格者研修会:2016年2月19日(金)~21日(日)、27日(土)、28日(日)
 西日本新合格者研修会:2016年2月20日(土)~22日(月)

●詳しくは、下記(JFG 新着情報/速報/2016年新合格者研修会日程)をご覧ください。
 http://jfg.jp/

●メールでのお問い合わせは下記まで。(ハローのブログで見た、とお書きください
 jfg@nifty.com

以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<はとバスの外国人向けコースが大人気!>

2015年11月12日 10時58分37秒 | ●インバウンド業界ニュース速報
<はとバスの外国人向けコースが大人気!>

はとバスの外国人向けコースは空前の訪日観光ブームの中で大人気だそうです。
特に、中国語ツアーの参加客数が激増しているそうで、現在でも、中国語の通訳案内士(国家資格)は圧倒的に不足していますので、中国語に多少の心得のある方は、今後、中国語の資格取得を目指してもいいかもしれませんね。
はとバスさんへのお願いは、ヤミガイド(無資格ガイド)だけは使わないようにしていただきたいということです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7~9月の中国語ツアーは7割増、五輪へ外国人倍増狙う(はとバス社長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●黄色の車体に観光客を乗せ、東京都内を往来するはとバス。
運行開始から60年を超えた外国人向けコースは空前の訪日観光ブームの中で人気を集めており、現地経済の減速や株価急落の影響が懸念された中国人向けツアーも参加者、予約数の増勢が続いている。
はとバス(本社:東京都大田区)の中村靖社長(61)はブルームバーグのインタビューで、7-9月期の中国語ツアーの参加客数が前年同期比77%増加し、今後の予約数も昨年の同時期を超えていることを明らかにした。
また、最近では都内観光にとどまらず、「郊外、富士山や箱根などが人気」と言う。

8月の人民元引き下げを機に投資家の間で中国経済の現状に警戒感が強まり、上海株は一時約5兆ドルの時価総額を消失、世界の株式市場は連鎖的に急落した。
そうした中でも、日本を訪れる中国人観光客は増加し続け、日本政府観光局(JNTO)が公表する訪日外客数統計によれば、9月は中国が前年同月比2倍の49万1200人、全体の3割を占めた。
1-9月累計では前年同期比2.1倍の383万8100人に達し、既に2014年年間の241万人を大幅に上回る。10月も、中国が国慶節の連休があったほか、日本の紅葉シーズン入りで増加基調が見込まれている。
はとバスでは06年に中国語ツアーを導入、現在は10以上のコースを催行し、うち半分は都心を離れ、富士山麗や箱根、鎌倉・横浜などを巡るものだ。

「日本は中国人ばかりで面白くない、中国人のいないところに行きたい」との顧客の要望もあった、と中村社長は明かす。
一方、英語ツアーでは都内以外のコースは少ない一方、相撲博物館や江戸東京資料館、築地場外市場と都内の伝統、下町や食文化に触れるコースなども組まれている。

●20年までに20万人の目標、アジア客取り込みへ
はとバスの14年の外国語ツアー参加者数は8万3000人だった。ツアー参加者全体に占める外国人の比率は10%以下にとどまってきたが、徐々に拡大中。
中村社長は、東京オリンピックが開かれる「2020年までに20万人という目標を立てている」と前年比2倍以上の水準を目指す意向だ。
戦略的には、オリンピックが観光都市・東京の深耕につながるとみて、アジア全体を視野に入れた体制づくりを強化する方針。

10月から一部バスに搭載されているガイドシステムの対応言語にタイやベトナム語を追加、これまでの4言語から8言語に増やした。
現在135台のバス保有台数も若干増やし、人材不足が予想されるバス運転手や通訳案内士の確保も急ぎたい構え。
中国を拠点としたインターネット系エージェントとの提携拡大、中国のSNS「微博(ウェイボー)」やフェイスブックなどの利用なども検討している。

ただ、バスの台数や運行の質の確保、運転手・通訳案内士不足といった現状を考えると、外国語ツアー参加者目標は「20万人が上限ではないか」とも中村社長は指摘した。
はとバスは戦後間もない1948年に設立され、その趣旨には「内外人を対象として、内は国内観光に新時代的にして快適なサービスを供する、外は国際観光客に対して新生平和日本の真の姿を紹介--」と復興への意気込みが記されている。
中村社長によると、設立当初はガソリンが配給制だった事情もあり、連合国軍総司令部(GHQ)が認可した外国人客を乗せ運行、1年後に日本人顧客も乗せるようになった。

63年に社名がはとバスに変更された際は、平和の象徴と早く安全に戻ってくる伝書鳩のイメージから命名されたと言う。
中村社長は、「人口が減っていく中、外国人顧客を獲得していくのは成長するためにどうしても避けられない要素」とし、ガイドシステムの対応言語も現在の8言語から「ゆくゆくはもっと増やしていく」と述べた。
JNTOによると、1-9月累計の訪日外客総数は1448万人と年間で最高だった14年の1341万人を既に超えた。日本政府は、2020年までに2000万人としていた目標を年度内をめどに新しくまとめる。

●上記記事のソース
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NXC8NF6TTDS201.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「日本的事象英文説明300選」をご希望の方は下記よりお申込みください!
http://hello.ac/materials/books.pdf

●最新受験情報は下記をご覧ください!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970

●ハロー通訳アカデミーのホームページ
http://www.hello.ac/

●お問合せ
info@hello.ac
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第1回「通訳案内士のあり方に関する検討会」開催のお知らせ

2014年12月19日 15時08分33秒 | ●インバウンド業界ニュース速報

第1回「通訳案内士のあり方に関する検討会」開催のお知らせ

観光庁は、下記により、第1回「通訳案内士のあり方に関する検討会」を開催しますので、お知らせします。
傍聴できますので、ご都合がつけば、傍聴なさってはいかがですか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1回「通訳案内士のあり方に関する検討会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
通訳案内士制度は、訪日外国人の「言語の壁」を解消し、我が国での快適かつ有意義な滞在に貢献してきましたが、制度創設以来60年以上が経過し、様々な課題が指摘されるとともに、改善に対する期待も寄せられております。

また、2020年に向けて、政府として訪日外国人旅行者数2000万人の高みを目指す中、多様化する訪日外国人旅行者のニーズに的確かつ柔軟に対応するため、外国人の受入環境の整備・充実をより一層推進していく必要があります。

このため、この度「通訳案内士制度のあり方に関する検討会」を設置しました。

第1回「通訳案内士のあり方に関する検討会」を下記のとおり開催することといたしましたので、お知らせいたします。

        記
 
(1)開催概要  
・日時:平成26年12月24日(水)15:00~17:00 
・場所:中央合同庁舎3号館8階 国際会議室

(2)メンバー:【下記のとおり】

(3)その他
・傍聴を希望される方は 12月22日(月)までに、Eメール(g_PLB_KSN@mlit.go.jp)又はFAX(03-5253-8930)にて、以下の事項をご記入の上、お申し込みください。
  なお、会場の都合上、定員になり次第締め切らせて頂きますのでご了承ください。
   [1]氏名
   [2]所属会社・所属団体
   [3]住所
   [4]電話番号
・カメラ撮りは、会議の冒頭のみ可能です。
・本検討会の議事概要等については、後日、観光庁HPに掲載します。

●メンバー
石関 文昭 (東京SGG会長)
興津 泰則 (日本旅行業協会(JATA)国内・訪日旅行推進部長)
小堀 守 (国際観光振興機構(JNTO)統括役)
櫻井 紀彦 (和歌山県商工観光労働部観光局観光交流課長)
佐藤 博康 (松本大学 総合経営学部 観光ホスピタリティ学科 教授)
鈴木 のり子 (東京都産業労働局観光部振興課 課長)
谷脇 茂樹 (日本商工会議所 流通・地域振興部 課長)
萩村 昌代 (日本観光通訳協会(JGA)会長)
橋本 直明 (株式会社トラベリエンス 代表取締役)
松本 美江 (全日本通訳案内士連盟(JFG)理事長)
三重野 真代 (京都市産業観光局観光 MICE 推進室 担当部長)
三好 一弘 (株式会社日本旅行国際旅行事業本部 海外営業部長)
森嶋 敏夫 (株式会社はとバス 国際事業部 開発課 次長)
矢ケ崎 紀子 (東洋大学 国際地域学部 国際観光学科 准教授)
吉村 久夫 (JTB グローバルマーケティング&トラベルグローバルマーケティング部長)
ランデル 洋子 (NPO法人通訳ガイド&コミュニケーション・スキル研究会理事長)

●上記に関する観光庁のサイトは下記です。
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news05_000184.html

以上

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ハローの無料人気サイトを使い倒せ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「日本的事象英文説明300選」の項目(文字データ)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/69842b5e7ba7de96d80bdb7cfe7dda3b

●「日本的事象英文説明300選」音声ファイル★無料ダウンロードコーナー!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/486295a231d16628913489fb16d0c785

●<Flashcards Deluxe>に<第2次口述試験対策演習>を追加しました!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/7cbf67538eacdcb2b00499e8d3ee4297

●2013年度<合格体験記>(20名)一挙掲載!(先人の合格体験に学べ!)
http://hello.ac/2013taikenki.pdf

●<ハローの無料サービスのすべて>
 http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/608a57c47a096b742a733893769737f7

●第1次試験問題(原寸大)(2015年度受験対策)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/5c7f59658391890571ee3af282886ff7

●動画学習コーナー(6科目、79講義、158時間の動画を無料公開!)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

●音声学習コーナー(9科目、100講義、200時間の音声を無料公開!)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/89f4804d90b83a179d69e92565f0a210

●重要教材、資料の無料ダウンロードサイト
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/bee220460756338dc856233ed98983ec

●<日本地理の最重要事項のまとめ>(2015年度受験対策)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/025b697722bfd3c99a94f93c8bc9c43c

●<日本歴史の最重要事項のまとめ>(2015年度受験対策)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/de13a21eeaaf21a717279ecf2cb08c7f

●<一般常識の最重要事項のまとめ>(2015年度受験対策)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/9dcd51160b7da52b7e98c929af7d60e3

●第1次邦文試験対策<特訓1800題>(地理、日本史、一般常識)
http://www.hello.ac/streaming/clinic/clinic_houbun/index.html

●2014年度第1次試験対策(全外国語)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/ae7eec6132c7898e61f1fb61e9c7c1d4
<第1次試験対策総まとめ>は、このカテゴリーに入れています。

●<Flashcards Deluxe>の利用法
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/35e45334cca19e6f8df802b215963d40

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<ヤミガイド110番>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
J●Bグループは、長期間に渡り、(正規通訳案内士よりも安く使える)ヤミガイド(無資格ガイド)を使ってきたので、業界では「ヤミの御三家」と呼ばれていますが、J●Bグループに限らず、ヤミガイドの情報をお知らせください。(匿名可)
不正、不法行為を天下に公開したいと思います。

件名:ヤミガイド110番
宛先:info@hello.ac
内容:下記を必ず明記してください。
(1)旅行会社(支店)名(電話番号)、担当者名(携帯番号)
(2)ツアーの内容:催行月日、訪問場所、できれば旅行日程表
(3)ヤミガイドの氏名、携帯番号

●JTB九州が、ヤミガイドを募集した例。
このような動かぬ証拠があれば、是非、ご提供ください。
http://www.hello.ac/exam/pdf/china.pdf#zoom=100.pdf

●観光庁のアリバイ作りの<口頭での注意処分>
JTBグループと癒着関係にある観光庁は、JTB九州に対して、アリバイ作りのために、簡単な<口頭での注意処分>でお茶を濁したのみでした。誠に情けない話ですが、カネ儲けのために、官民ともに腐っているのが現状です。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40879

●ヤミガイド問題に限らず、広く<通訳案内士業界の諸問題>については下記をご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/205d9d64395041166aee0c1cfeb425e7

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「日本的事象英文説明300選」などのハロー教材をご希望の方は下記をご覧ください!
http://hello.ac/materials/books.pdf

●2014年度受験の最新情報は下記をご覧ください!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970

●ハロー通訳アカデミーのホームページ
http://www.hello.ac/

●お問合せ
info@hello.ac
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国系LCCの春秋航空、関西-上海線の運賃3千円からに 

2014年02月01日 17時59分14秒 | ●インバウンド業界ニュース速報

中国系LCCの春秋航空、関西-上海線の運賃3千円からに 

中国・上海を拠点とする格安航空会社(LCC)の春秋航空は23日、3月15日から就航する関西-上海線について、片道運賃の最安値が3千円になると発表した。高松-上海線の増便を検討していることも明らかにした。

春秋航空は関西-上海を毎日1往復。最安値の3千円の航空券は、春秋航空の会員制交流サイトで販売するという。

関西空港で記者会見した春秋グループの王●(火に偉のつくり)日本代表は「日本は、中国人観光客の満足度とリピーター率が高い。便数や利便性の拡大に努めたい」と語った。

春秋航空幹部によると、同社は2014年に国際線の比率を10%から20~30%に高める計画で、日本や東南アジア方面を強化する。関西空港から上海を経由し、LCC料金でタイやマレーシアに渡航する選択肢も広がりそうだ。


●出典はこちら

【解説】中国で勢いのある春秋航空が、「ありえへん運賃」を提示してきました。相変わらず、多くの訪日中国人観光客は、「無資格ガイド=ヤミガイド」およびぼったくり土産物屋の食い物にされていますが、「無資格ガイド=ヤミガイド」を大量に使うJTBを保護するために、観光庁は無策無為です。(涙;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加