銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

モールス

2012年01月11日 22時00分30秒 | 洋画ホラー
LET ME IN/10年/米/116分/ホラー・ドラマ/R15+/劇場公開
監督:マット・リーヴス
過去監督作:『クローバーフィールド/HAKAISHA』
原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『MORSE-モールス-』
脚本:マット・リーヴス
オリジナル脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト

出演:
◆コディ・スミット=マクフィー…オーウェン
過去出演作:『ザ・ロード』
◆クロエ・グレース・モレッツ…アビー
過去出演作:『リピート ~許されざる者~』
◆イライアス・コティーズ…警官
過去出演作:『キラー・インサイド・ミー』
◆リチャード・ジェンキンス…父親
過去出演作:『バーン・アフター・リーディング』
<ストーリー>
孤独な少年・オーウェンは隣に引っ越してきた少女・アビーと出会う。ふたりは惹かれ合っていくが、やがてオーウェンはアビーの哀しくも恐ろしい秘密を知ることに。
<感想>
リメイク云々抜きにしても本作は傑作だと思う。

愛しのクロエちゃんが出ているから!
クロエちゃん大好き!

という事も関係無く純粋に面白いと感じた。

オリジナルで抱いた怖さ・切なさ的な想いを再び呼び起こしてくれましたしね。
観る前の不安を一掃させてくれる作り変えの上手さ・丁寧さには感心させられるものがありました。
そう考えると、オリジナルが好きな私でも大満足な仕上がりだったって事なんでしょうね。

人によってはヨーロッパを舞台にしたオリジナルの方が何倍も美しい映画だと感じるかもしれない。
それでも私は、画面の中から滲み出てくる不気味な闇夜の中でもがき苦しむ2人が、しっかりと目を合わせ、お互いの心を結び付けていく姿に、誰にも断ち切る事の出来ない愛の深さを感じ純粋に感動しちゃってました。
そして、旅立つ列車の中で闇に隠れるアビーに対し、全身で差し込む光を浴びて決意を新たにするオーウェンを映しながら、徐々にホワイトアウトしていくエンディングに一番の美しさを得ました。

若干こちらの方が残酷度が高いかもですが、リメイクするにはそれ位のアレンジは必要かと思うので。
逆に少年が少女の裸を見て真実を知る衝撃的なシーンが省かれちゃってました。
流石にクロエちゃんの下半身を露わにする事は出来なかったか^^;
でもそれが原作のキモでもあるのでかなり残念な気持ちです。

ではでは毎度好評?のI LOVEクロエちゃんタ~イム


前半はやたらと横顔のショットが多いです

ヒットガールの頃に比べるとかなり成長しましたね~。
そして可愛さにも磨きがかかってきました

こういった表情も出来ちゃう所がクロエちゃんの素晴らしさ
子役からの脱皮、大人の女優への階段を着実に上り続けています

特殊メイクでも何でもこれからはやりますよ
頑張れクロエちゃん

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

関連作:『ぼくのエリ 200歳の少女(2008)』(オリジナル)

評価:★★★★
12/01/11DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-01-07
メーカー:アスミック
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グリーン・ランタン | トップ | プリースト »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にいな)
2012-01-11 22:26:23
クロエちゃんが、エクソシストのリンダ・ブレアーになってるーー!!
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2012-01-12 00:06:46
リンダ・ブレアーぁぁあああああ

でもクロエちゃんに悪魔が憑いたらこんな感じだと思うよ(笑)。
あ、クロエちゃん使って『エクソシスト』のリメイクを作っちゃおう!
こんばんは。 (morkohsonimap )
2012-01-12 00:23:02
オリジナルにあったこの映画の肝が省略されていたのが残念ではありましたが、
この映画のクロエちゃんは良かった、
やっぱハリウッドは映画というエンターテイメントの作り上げは一朝一夕に築き上げたものでないことを明らかにしていた。
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2012-01-12 00:35:20
ねぇ。
あの肝心な部分、どう描くのか興味あったのですが、省略されてましたね。
かなり残念な気持ちです。

クロエちゃん、随分大人になって、また可愛さも増して良い感じに成長しているな、て思います。

今回の監督は『解った』リメイクの仕方だったので、私的には良い感じに作り変えたな、と感心しました。
次回作が楽しみ (KGR)
2012-01-12 15:49:50
クロエ・モレッツの次回作「ヒューゴの・・・・」も楽しみです。
このまま順調に育ってくれるといいのにと思います。
こんにちは♪ (maki)
2012-01-12 16:33:27
こちら側はヴァンパイアであるという意味でだけでの「普通じゃない少女」という意味合いで作られたのでしょうね
出来栄えは私も良かったと思います
肝心な部分は怪物としての苦悩として描かれていたのだと思います

「わかってるリメイク」だと、安心してみていられるのが良いですね
クロエちゃんも可愛かったです
Unknown (yukarin)
2012-01-12 18:34:33
クロエちゃん好きには満足の1本ですかねぇ。
評価たかーい(笑)
>KGRさんへ (ヒロ之)
2012-01-12 20:44:19
クロエちゃん、続々と新作が控えていますね。
将来、どんな大人の女優になるのか楽しみです。
『キックアス』の続編はないんでしょうかねぇ。
>makiさんへ (ヒロ之)
2012-01-12 20:49:33
こんばんは^^

リメイク作としてはオリジナルに負けず劣らずの完成度かと思いました。
仰るように、こっちの方が「怪物としての苦悩」を強調したような作りではありましたね。

観る前は不安があったのですが、解る監督がきっちり仕事をしていて安心しました。

クロエちゃん、ホント可愛らしい♪
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2012-01-12 20:52:21
はい!大満足であります!!

あ、でもクロエちゃんが出ているからの好評価じゃないですよ~。
作品としてもきちんと評価しております^^
こちらにも、、、。 (mezzotint)
2012-01-14 12:03:25
ありがとうございました!
コメントが遅くなりすません(汗)
おぉ~クロエちゃんのファンなんですね。
クロエちゃんもコディ・スミット君も
子役の俳優さんではなかなか凄い俳優さん
ですから、流石だなと思いました。
オリジナル版に比べてリメイク版はアメリカ
らしくはっきりした感じで分かりやすいかなと
思いました。
>mezzotintさんへ (ヒロ之)
2012-01-14 13:16:55
いえいえ、コメントして頂いて有難うございます^^

はい、大好きですクロエちゃん。
彼女の出ている映画は出来るだけ観る様に心がけています。
演技が上手いですし、表情の使い分けも上手なんですよね。
それと彼女を見ていると凄く癒されるというか。

そうですね。
確かに解り易い形にリメイクされていました。
オリジナルとはまた違った雰囲気が出ていて私はこれはこれでアリだと思っています。
良い形にリメイクされていて満足しています。
クロエたん~♪ (Puff)
2012-01-14 15:57:17
こんちは~☆

良かったですよねぇぇ!
オリジナルからそれほど年も経っていないので、まだ記憶にも新しいですが、
でも、本作も負けず劣らず。
オリジナルのテイストを損なわず、上手くハリウッド風にアレンジしていたと思います。

もし、ヴァンパイアが家に襲いに来ても、家主が招き入れなければ良いのですね!
勉強になりました。えへへ
こんばんは☆ (そよ)
2012-01-14 20:34:30
私はオリジナルよりこっちのが好きです~
クロエちゃんの渾身の演技もあってか、可愛い中にある恐ろしさがよく出ていたかな~と

そうそう、「ヒューゴの不思議な発明」 チェック入れてなかったんですが
クロエちゃんが出てるってことで観てみよ~かなと思っております

クロエちゃんの魅力恐るべし
>Puffちんへ (ヒロ之)
2012-01-15 14:17:33
こんちは~

このリメイクの仕方はアリですね。
オリジナルに負けない程の力強い作品になっていて見応えがありました。

一抹の不安はあったのですが、観終わった後はきちんと感動出来ましたし、「上手く作り直したなぁ」と大満足でした

ヴァンパイアが訪ねてきても「お入り」と言わなければ大丈夫なんですね。
これはオリジナルでもありましたけれど、こういう設定もユニークで良いですよね~
>そよさんへ (ヒロ之)
2012-01-15 14:35:26
こんちは~。

お!そよさんはリメイク版の方が御好きでありますか~。

うんうん。
クロエちゃんの演技は絶品でしたねぇ。
上手く表情を使い分けていて、ヴァンパイアとして苦悩する姿を出していました。

これからクロエちゃんは大作出演目白押しですよね~。
私はジョニデと共演する作品が観たいです。
監督もティム・バートンなので、どんな奇妙な作品なのかも興味津津であります
Unknown (せつら)
2012-01-15 17:46:25
ヒロ之さん今晩は

今日オリジナルを見たのですがリメイク版が忠実にリメイク
されていたことを知りました。
ハリウッドで他国の作品をリメイクすると映画会社の横やり
だいたいハリウッド的にされて別物になってしまうことが
多いですがこの作品はオリジナルに対する敬意が感じ取れました。
クロエちゃんを主人公に据えたことであのシーンをカットしたのか
さすがのアメリカでモアの描写は問題で結果クロエちゃんが
主役になれたのかその辺は大人の事情ですがこの作品はこの作品で
楽しめました。
>せつらさんへ (ヒロ之)
2012-01-15 23:30:31
こんばんは~。

そうでしょ。
かなり充実にリメイクされた作品ですよね。
せつらさんの仰るように、ハリウッドでリメイクすると大概変な感じになっちゃうんですけど、これは凄く上手くリメイクしていて安心しましたし、満足でした。
映画会社は余り横やりを入れなかったのでしょうかね。
なにはともあれ、オリジナルに負けない作りで凄く堪能出来ましたよ。

あのシーンは、クロエちゃんを起用した事でカットされたのか、それともハリウッド的に描写は無理だと判断したのか、その辺定かではありませんが、出来れば入れて欲しかったです。
あれが一番、本作にとっての肝ですからねぇ。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
モールス  監督/マット・リーヴス (西京極 紫の館)
【出演】  クロエ・グレース・モレッツ  コディ・スミット=マクフィー 【ストーリー】 1983年の冬。12歳の少年オーウェンが暮らす団地の隣室に謎めいた少女が父親と越してくる。学校では陰湿な苛めにあい、家では精神的に不安定な母親との息苦しい生活に孤独感を強....
モールス (538ねん。)
けっこうお客さん入っているんですねぇ 隣に座られたご婦人は 血を抜くためにつりさげた死体の首元に ナイフをグサってときにビクッとされていましたねぇ もう1回別シーンでリアクション起こされてましたから ホラー映画としてはきっと成功なのでしょう(笑 ということ....
モールス (Akira's VOICE)
暗夜行路のドラマチックホラー。  
試写会「モールス」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/7/27、なかのZERO。 まずまずの入りか。 ここは最前列から3列ほどが同じ高さで可動席になっているので多少揺れる。 **   クロエ・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー、リチャード・ジェンキンス、イライアス・コティーズ。 ** 1983年....
モールス (LOVE Cinemas 調布)
ヴァンパイアの少女と少年の恋を描いたスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』をハリウッドリメイク。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』マット・リーヴス監督が務める。主人公の少年を『ザ・ロード』のコディ・スミット=マクフィー、ヴァンパイアの少女...
モールス LET ME IN (いやいやえん)
「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク作品です。 話の流れは大体同じ。苛められっこのオーウェンが木に向かってナイフで刺して鬱憤をはらっているところ、アビーと出会う。「友達にはなれない」といわれるも、次第に近づいていく二人。 この作品はオリジナ...
2011年7月27日 『モールス』 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『モールス』 を試写会で鑑賞です。 本作は、いわずと知れていますが、『ぼくのエリ200歳の少女』のリメイク版です。 【ストーリー】  学校でのいじめに悩む孤独な12歳の少年オーウェン(コディ・スミット=マクフィー)。ある日、隣に引っ越してきた少女アビ...
モールス (あーうぃ だにぇっと)
『モ-ルス』7月22日(金)@なかのZERO大ホール。 愚妻と通路にしゃがんみこんで食物を摂取していたらKLYさんに発見されてしまった。(笑) 今日はしょうもないカサキケイを連れていく。
モールス/コディ・スミット=マクフィー、クロエ・グレース・モレッツ (カノンな日々)
スウェーデンのスティーヴン・キングと呼ばれるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説を映画化した『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッドリメイク版です。予告編 ...
モールス☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『ぼくのエリ200歳の少女』のハリウッドリメイク版が公開されています。こちらのタイトルは『モールス』原作と同じタイトルとなっているので、知らない人が観たらリメイクだとは思わないでしょうね(笑)既にオリジナル観ていますから、やっぱり比較鑑賞になってしまうの...
モールス (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LET ME IN】 2011/08/05公開 アメリカ R15+ 116分監督:マット・リーヴス出演:コディ・スミット=マクフィー、クロエ・グレース・モレッツ、イライアス・コティーズ、リチャード・ジェンキンス 最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー 学校でのいじめに悩...
モールス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(13) オリジナルの良さを忠実に再現した作品。
モールス (そーれりぽーと)
評判だった『ぼくのエリ 200歳の少女』を観逃してたので、ハリウッドリメイクの『モールス』を観ました。 (その後で『ぼくのエリ 200歳の少女』も観ました) ★★★★ いじめられっ子少年の恋物語とサスペンスホラーという異色のコンビネーション。 絶妙なバランスで両...
モールス  LET ME IN (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
これは万人向けの映画ではなく、かなりの映画マニアの方にしかお勧めできない。暑い夏をエアコンの効いた映画館で、怖くてもいいから涼しくなりたい方には最適の映画だろう。孤独な12歳の少年と隣に引っ越してきた同年代の少女の恋の物語は、怖いけど切ない。
モールス・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
雪に閉ざされた街で出会ったのは、二つの幼く孤独な魂・・・・ トーマス・アルフレッドソン監督による、スウェーデン発の異色のヴァンパイア映画、「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッド・リメイク版。 ...
『モールス』 ('11初鑑賞112・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月15日(月) TOHOシネマズ西宮ガーデン スクリーン5にて 12:30の回を鑑賞。
モールス (悠雅的生活)
ルービック・キューブ。ロミオとジュリエット。閉ざされた窓。
モールス (キノ2)
★ネタバレ注意★  スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッド版リメイクです。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス。  雪の降る田舎町、母子家庭で暮らす12歳の苛められっこの少年、同じアパートに越してきたわけあり...
「モールス」 (或る日の出来事)
ハリウッド・リメイク。オリジナルを観て話を知っているから、どうしても新鮮な驚きはないのだが…。
『モールス』 (beatitude)
雪に閉ざされた田舎町。12歳のオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は学校でいじめられていたが、二人きりで暮らす精神的に不安定な母親に相談できずにいた。彼の唯一の楽しみは、自分の部屋から望遠鏡で他の部屋を覗き見すること。ある夜、望遠鏡を覗いていた彼は、...
『モールス』 (2010) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: LET ME IN 監督・脚本: マット・リーヴス 原作: ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 出演: クロエ・グレース・モレッツ 、コディ・スミット=マクフィー 、リチャード・ジェンキンス 、イライアス・コティーズ 試写会場: なかのZEROホール 公式サイト....
『モールス』・・・ (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、マット・リーヴス監督、クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー、リチャード・ジェンキンス、イライアス・コティーズ、カーラ・ブオノ出演。
モールス (映画的・絵画的・音楽的)
 『モールス』を新宿のシネマスクエアとうきゅうで見てきました。 (1)この映画は、ヴァンパイア物があまり好きではないので圏外に置いておいたのですが、『キックアス』のクロエ・モレッツが主演し、評判もわるくはなさそうなのでドウしようかなと思っていたところ、夏....
モールス (迷宮映画館)
小山さん!約束果たしました。
「モールス」(原題「Let Me In」)ハリウッドの底力 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
日本でも高い評価だった昨年のヴァンパイア映画「ぼくのエリ 200歳の少女」 原作もちょうど読み終わったし・・・・ ハリウッドがすぐさまリメイクした「Let Me In」は、さすがハリウッドも捨てたもんじゃない・・・・と思わせておいて~
モールス / Let Me In (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click この20年のアメリカでNO.1のスリラー。とにかく劇場に駆けこめ。 観終わった後にお礼を言ってもらえればいい。 とまで言わしめた、ホラー小説の巨匠 スティーブン・キングが選ぶ2010年のベスト1 これはあの...
モールス (映画三昧、活字中毒)
■ シネマスクエアとうきゅうにて鑑賞モールス/LET ME IN 2010年/アメリカ/116分 監督: マット・リーヴス 出演: コディ・スミット=マクフィー/クロエ・グレース・モレッツ/イライアス・コティーズ...
モールス (ダイターンクラッシュ!!)
2011年8月14日(日) 16:35~ TOHOシネマズ川崎3 料金:900円(TOHOシネマズデイvit購入) パンフレット:未確認 『モールス』公式サイト スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のリメイク。オリジナルは、昨年公開されたばかりでないか。(スウェーデンでの...
モールス (Diarydiary! )
《モールス》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - LET ME IN 12歳
『モールス』 (ラムの大通り)
(原題:Let Me In) ----これはスゴい評判。 観る前から、胸わくわくさせていたけど、 どうだった? 「いやあ。 噂にたがわぬ映画。 だけど、この映画の魅力を語るのって けっこう難しい。 オリジナルが、 『ぼくのエリ、200歳の少女』。 すでに傑作との評価を得ている....
モールス(2010)◆LET ME IN (銅版画制作の日々)
   最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー お盆の最中の15日、レイトショーで鑑賞して来ました。久しぶりの映画館です。最初はお客さん、少なかったんですが、上映間近になるとドンドンお客さんが増えて来ました。暑い日中を避けて観ようと思う方も多いで...
『モールス』 (・*・ etoile ・*・)
'11.07.22 『モールス』(試写会)@中野ZERO yaplogで当選! これは見たかった。『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツ目当てで行ってきた。 *ネタバレありです! 「両親は離婚調停中で、学校ではイジメに合っているオーウェン。孤独な彼はある晩、アパート...
モールス (心のままに映画の風景)
1983年、ニュー・メキシコの田舎町。 孤独でいじめられっ子のオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は、隣に引っ越してきた少女アビー(クロエ・モレッツ)と出会い、少しずつうちとけていく。 そ...
『モールス』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:116分  原題:LET ME IN  配給:アスミック  監督:マット・リーヴス  主演:クロエ・グレース・モレッツ      コディ・スミット=マクフィー ...
モールス (だらだら無気力ブログ)
ヴァンパイアの恐怖と少年少女のピュアな恋が同時に描かれたオリジナリティ 溢れる物語を恐ろしくも切ない作品に仕上げて世界中で評判を呼んだ スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を、 「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督がハリウ...
モールス (食はすべての源なり。)
モールス ★★★☆☆(★3つ) 試写会会場に貼られてた、クロエのサイン入りポスター。 こちらは、スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク。 悲しいホラー。 酷評してしまった、オリジナル版だけど、ハリウッド版よりはよかったなと今思...
★モールス(2010)★ (Cinema Collection 2)
LET ME IN 最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー 上映時間 116分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(アスミック・エース) 初公開年月 2011/08/05 ジャンル ホラー/ドラマ 映倫 R15+  【解説】  ヴァンパイアの恐怖と少年少女のピュアな恋が同...
モールス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
全世界で60の映画賞を受賞したスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督が、ハリウッド版として映画化。連続猟奇殺 ...
モールス (うろうろ日記)
試写会で見ました。ぼくのエリのハリウッドリメイクだそうです。お話は、隣に女の子が
裸足の少女~『モールス』 (真紅のthinkingdays)
 LET ME IN  1983年3月、ニューメキシコ州ロスアラモス。孤独な少年オーウェン(コディ ・スミット=マクフィー)は、ある夜裸足の少女アビー(クロエ・グレース・モレッ ツ)と出逢う。  ホ...
「モールス」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」をマット・リーヴス監督がリメークしたアメリカ映画。 オリジナルは、バンパイアものなのに冷やかな感触がいかにも北欧って感じで、主演の少年少女も透き通るような切なさを湛えていて、拾い物だった。 でも、それだけに....
モールス (Let Me In) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マット・リーヴス 主演 コディ・スミット=マクフィー 2010年 イギリス/アメリカ映画 116分 ラブロマンス 採点★★★★ 中学の時に初めて出来た彼女が年上だったこともあってか、しばらくの間は作る彼女全員年上って状態だった私。いいもんなんですよねぇ、...
『モールス』をギンレイホールで再見ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★起きて見てたらこんなにエロい話だったとは】 初見でガーガー寝ちゃったんで、今回見直して目から鱗の発見がいっぱいあった。 何か全ての記号がセクシャ ...
モールス (Sato\'s Collection)
見ました。 雪に閉ざされた街に住むオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は母と二人暮らしの孤独な少年だ。学校でもいじめられ一人寂しく公園で過ごしている。 ある日不思議な少女アビー(クロエ・グレース・モレッツ)が隣に越してくる。 彼女は裸足で誕生日も知ら...
モールス : 危険な純愛映画 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 「尖閣諸島どうすれば守れるかな」のアンケートのご回答ありがとうございます。今までのアンケートの中でも、回答いただくペースが一番早いものになっております。それだけ、日