シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードから至近!!

2016ツール観戦記① どの場所で観戦したらよいか?

2016年07月10日 | 2016ツール・ド・フランス観戦

1週間お休みを頂いて、お陰さまで、ラピエール本社訪問、「ラ・マーモット」完走、ツール・ド・フランスのコース試走&応援、パリの自転車店巡りなどなど、とても濃い1週間を過ごすことができました。また、本日、営業の再開を待ってご来店頂いた方には、本当に感謝申し上げます!

さて、いろいろと詳細に報告したいことがあり、その順番に迷いますが、今、ちょうどツール・ド・フランスが盛り上がっているので、ツールネタから始めたいと思います。

「ラ・マーモット」を完走し終えて、翌日の午前はラルプデュエス観光協会のお招きで、標高3,300mのピックブランに登頂(byロープウエイ)。アルプスの雄大さが更に分かる絶景スポットで、来年はたくさんの日本人に来て欲しいとのことです。バイシクルクラブ誌でも紹介されると思うので、是非是非今から来年の旅のプランをご検討下さい!

その後は、すぐにラルプデュエズの街を降りて、一路、古城で有名なロワール川沿いの古い街「アンジェ」まで徹夜で約800km移動し、途中仮眠を入れつつ、朝の7時頃に第3ステージのゴール地点から約30km手前に車を止めることができました。テレビ映りを意識して、自分の車の前に他の車が入ってこれない場所を確保。パトカーが近づくたびに「邪魔だから移動しなさい」と言われないかびくびくしていましたが、田舎のお巡りさんはとても寛容でした!

車で観戦する場合は、道が閉鎖されるまでにコース内に入り、早めにベストポジションを確保することが必要です。特にキャンピングカーで回っている人達が前日から来ていい場所を既に確保しているので、あぜ道に無理無理駐車するはめになることが多いです。ただ、農家の人にはちゃんと挨拶(簡単な日本の手土産も!)をしておくことが必要で、上の写真のとおり、ツールを歓迎し選手を応援するものではなく、畜産農家の窮状を訴えるプラカード「農民無くして国はない!」が掲げられていたりもします。ただ、残念なことに、このプラカードも日本の国旗もテレビに映されることは無かったようですが。。

さて、キャラバン隊の通過まであと6時間、選手の通過までは8時間。それまで寝ていようかと思いつつ気分が高揚していたため、仮洗いしかしていなかったマーモットジャージを着て、ちょっとアンジェの街まで走ってみることにしました。

ツールが通る小さな街では、だいぶ前から飾り付けの準備やイベントが企画されていたようで、この日は朝早くからお祭り騒ぎが始まっていました。この中を、ロードバイクで通り抜けると沿道から暖かい声援を送ってくれたりして、エタップ・ドゥ・ツールに出るよりも格段に選手気分を味わえたりします!この応援のお陰で、身体はかなり疲れていたものの、アンジェまで気持ち良くかなり速いペースで走ってしまいました!

飾り付けは、空撮向けに目立つ大きなものから、各家庭の気持ちのこもった小さなものまで様々で、これらを見て回るだけで、もうお腹いっぱいツール気分を味わえてしまいます!

スタート地点やゴール地点、スプリントポイントなど、レースの要所で観戦するのもいいですが、込み合っていたり、アクセスするのが大変(間に合わないことも)なので、これらの所から少し離れた場所で観戦するのもなかなか面白いです!補給ポイント近くだと、選手からのおこぼれに頂かるなんてこともありそうです。

さて、車の所に戻ってからは、今日のもう一つのメインイベントであるツール名物「宣伝キャラバン隊」の到着を待ちます。こちらは次回に!

 

シクル・マーモット」のホームページはこちら(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなどがご覧いただけます。) 

     http://marmotte.server-shared.com/

お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

  ● 完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/44e3bc4e4bae1e18aeabfd4c2d8c1ef5

  ● パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック!

 

    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
  にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016ツール観戦記②キャラバングッズ争奪戦!

2016年07月09日 | 2016ツール・ド・フランス観戦

ツール・ド・フランス名物なのが、選手が通過する1時間半から2時間前に通る宣伝キャラバン隊で、約30社で150を超える車両が、大きな音楽を流しながらパレードをして、それぞれが用意したキャラバングッズを沿道の人達に投げ渡してくれます。

と言っても、選手が走るのと同じくらいのスピードで通り抜けていくので、沿道の5人から10人に一つもらえるかどうかの確率となり、老若男女必死に奪い合います!写真の老婦人は、なかなかグッズを投げてもらえず、その後に取った行動は、後ろに隠している杖を取り出してあからさまに同情を誘うという作戦でした!

  

ただ、以前、子供が車に引かれて死亡する事故があったそうで、グッズを配る際は、道に跳ね返らないように足元に投げるように徹底されているようです。キャラバン隊の車に乗っている人達もゴールが近づいてくる頃にはかなり体力を消耗していると思うのですが、思いっきり笑顔で頑張っている姿をみると、これも一つのツールなんだなぁと思いました!

 

一番のライバルは子供達で、彼らが半径10m以内にいると間違いなく自分の分はもらえなくなり、今回もぎりぎり10mぐらいのところに5人もいたので、結構危なかったです!それでも、LCLの黄色い帽子は偶然取ることができ、SKODAの緑の帽子は隣の老婦人と分けあい、お菓子類は、向かいの小さな女の子が殆どもらえて無かったので、両親から新聞をもらったお返しであげたりと、狩猟民族ならではの再分配社会を一瞬垣間見ることができました。

  

自分の周りにいた人たちは殆どが近所の村に住んでいる人達のようで、子供達以外はそれほどロードレースに詳しくはなく、ワインとかチーズを持ち寄って世間話をしてましたが、フランスの大きなお祭りを自分たちなりに上手く楽しんでいるのが印象的で、これもまたツールの魅力の一つだと思いました!

さて、次回、やっと選手が通過します!

 

シクル・マーモット」のホームページはこちら(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなどがご覧いただけます。) 

     http://marmotte.server-shared.com/

お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

  ● 完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/44e3bc4e4bae1e18aeabfd4c2d8c1ef5

  ● パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック!

 

    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
  にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016ツール観戦記③ 8時間待って応援はほんの一瞬。

2016年07月08日 | 2016ツール・ド・フランス観戦

ツール・ド・フランスの観戦レポートの最後は、8時間以上待ったのに、ほんの一瞬で見終わってしまった選手の通過です!

警察の車両がやってきて空からヘリコプターの音が近づきつつあると、いよいよ選手の到着が間近であることが分かり、自然と胸が高鳴ってきます。この興奮は沿道で観戦する人にしか得られない特別なもので、思わず選手と並走してしまう人の気持ちが分からなくもないくらいです。

ただ、平坦ステージだと、本当に過ぎ去ってしまうのはあっという間です。第3ステージでは、フランスの人気選手ヴォクレールが逃げていたので沿道も盛り上がっていましたが、平地だと意外と静かに?淡々と通り過ぎていきました。

約1分後にやってきた大集団は、ロットソウダルが先頭を力強く引き、その後は横に広がっていたため接近しすぎて良く見えず、新城選手がどこにいるのかも分からないまま、シャッターを押しながら「ユキヤー、がんばれー」と声援を送りました! 

  

 で、実際撮れたのは、数日前にラピエール本社に行ったおかげか、偶然にも、ラピエールゼリウスSLに乗った、ティボ・ピノー選手が枠の真ん中に入りました!

選手が通り過ぎた後は、チームカーの隊列が続きます。逃げが2人だけで、あとは全員集団内だったので、各チーム2台分の車の大集団が後から通り過ぎてゆき、その中で、ニュートラルサポートカーの「MAVIC(マビック)」も颯爽と走っていきました!

   

全ての車両が通り過ぎると、沿道の人達はあっという間に三々五々散っていってしまい、周りの人とも、「また今度!(ア・ラ・プロシェンヌ!)」と握手して、あっけなく解散。これが、山岳地帯だと、制限時間ぎりぎりで走って来る選手にも声援を送るなど、もっと長い時間、熱い観戦が出来ると思いますが、通行規制もありアクセスが大変なので結構難しいのです。

さて、この後は、翌日のフライトで帰国せねばならなかったので、頑張って約300Km離れたパリまで急ぎ戻り、出発までパリの自転車店巡りなど貴重な体験をしてきましたので、そのレポートは、また後日させて頂きます。 

2016ラ・マーモット出場記とパリの自転車店巡りはこちら ↓

http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/c/2e3ef816895fadd4842139e3b7fb2400

 

シクル・マーモット」のホームページはこちら(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなどがご覧いただけます。) 

     http://marmotte.server-shared.com/

お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

  ● 完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/44e3bc4e4bae1e18aeabfd4c2d8c1ef5

  ● パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
  にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加