カメラぐらし

暮らしの中で身近にあるものをカメラに収め、美しい!を一日何回感じるか挑戦中です。

2008-10-31 01:10:04 | 雑貨



いろいろありすぎて脈絡がいまいちですが
あれこれ並べていたらこんな風になりました。

撮影に使う松かさやドライにしたあじさいや蓮の実が
散らばらないよう、藍色の大皿にまとめておきました。
それが藍色とよくあっていることを発見!

そこへ朱色の帯揚げと、祝用と弔事用のふくさをおいたら
ちょっと強烈な和のティストが出来ました。

ふんわりした写真の時は、露出をプラス2ぐらいにして
明るく撮りますが、こういうのはマイナス1ぐらいにして
暗く撮ると画面がぐっとしまり、赤系の色が綺麗に出ます。
カメラはもちろんあれからずっとα350です。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

手作りパン

2008-10-29 18:06:40 | 食べ物



無花果やレーズン、チーズのたっぷり入ったパンたちを
クッキーに続いて撮影です。
パンは丸くてぼてっとしているので、小物を使ったりして
かなり演出が必要です。
単純な形のものほど難しいです。
台所に朝の光がぶわーっと入っていたので
「わー!」と感激して撮ったのですが
やはり太陽強すぎはダメ、右上のこげ茶の器のものは、
黒い影が出来てコントラスト強すぎ。
その他のは場所を移動して、光が直接入ってこない
部屋で撮りました。
ドライでほとんど色の抜けた紫陽花がパンと同系色なので
いいかな?と。

販売会の風景は「デジカメ日記」へ掲載。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

クッキー

2008-10-28 14:11:03 | 食べ物



手作り品販売会で買ったクッキーです。
パン・ケーキを中心に料理教室を運営されてる
30代くらいの女性の手によるものです。
最近なにかと30代~40代の女性達とお目に
かかる機会が多いのですが、この世代の人たちの
創作意欲というか自立意欲はすごいなぁ
と感心します。

昔の女性達だって、漬物やお味噌つくりの名人
とか、編み物や洋・和裁が好きで、超得意な人は
同じ比率で居たと思いますが、それを外へ
出すことはなかった、家族のためにだけ
作っていたのと違い、自立を要請される時代に
教育を受けた今の主婦はそこが違うと思います。
好きなものや得意なものをより高め、外へ発信する
行動力が養われていると思います。

サクサク感を写真に出したかったのですが
いかがでしょう。

販売会の風景は「デジカメ日記」へ掲載。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ノーアクセサリー

2008-10-26 00:06:26 | 雑貨



20年ぐらい前の友人による手製アクセサリー。
生地がしっかりしたものを使ってあるのか、全然色やけもなく
まったく汚れもなくきれいです。
ノーアクセサリー派なので、一度も使った事はありませんが、
大事にしまっていたので
薔薇の模様の紙袋を敷いて良い被写体になって
くれました。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

土砂降り

2008-10-24 15:49:42 | 雑貨



今日の雨の降り方は尋常じゃない、今はぴたりと止み。
バケツをひっくり返したような大雨とは今日のような
雨じゃなかろうか。

昨日の夕方、某所から借りてきた置き傘が
ステキだったので。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

窓辺

2008-10-23 19:22:01 | 花・植物

今クリスマス用の写真を撮っているので、赤や緑の
りぼんにワインボトルやリースなどが散乱している。
あれやこれや部屋の中を見回して、使えそうな
小道具を総動員。

考えれば考えるほどいいアイデアが浮かばなくて
困窮してる時、なーにも考えずガシャっと撮ったこの写真。
気取ってなくていいじゃな~い!と思った写真。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

昭和のお茶碗

2008-10-21 00:16:35 | 食器



藍色のお茶碗に赤い実。
自然のものは何に合わせてもいい感じになる。
生け花やってる人からもらった枯れた木の実は
写真撮るのにとっても役立つ。
蓋つきのお茶碗、故郷の戸棚の中から失敬した
ものです。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ドライアジサイ

2008-10-18 10:29:07 | 花・植物

ところどころに茶色のシミが出来て
葉はちりちりになって、失敗作だなぁと
思っていたけど
何か小物とあわせるのに役に立つことが
わかりました。
ドライはとても控えめな色だからでしょう。  

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ドライフラワー

2008-10-17 15:09:54 | 花・植物



花は生をこの目で見るのが一番と思っていたので
ドライにしてまで取って置きたくないと思っていた。
でも薔薇だけは捨てるのがもったいなくて、なんとなく
吊っておいた。(途中で捨てようかと思った)
ドライにしましたなんて言うものではなく
ほっといて枯れてくれたと言う感じ。
ところがですねぇ、なんともいえない色見本に
ないような色になったんですよ!!

これは黄色い薔薇、上等のカシミアのセーター
のような感じ。 

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

写風を真似る

2008-10-15 00:02:36 | 花・植物



今、一番はまっているのは人の写真を見ること。
ごく普通の女性が一眼レフを駆使して、生活の中で撮る
写真がうまいこと、うまいこと、ため息ばかり。
又写真がうまくなりたいという意欲に燃えて
各種セミナーやレッスンに通っている女性達の多い
事にも驚かされます。

その中で、セミナーでご一緒したtossyさんの写真は、
永遠の女性の憧れのような写真で心地よい。
そうだ、tossy風写真を撮ってみようと挑戦しました。
似てますでしょうか?

こんな写真を撮りたいと、思い通りに光と絞りを選んで
試して見れる、α350+レンズのおかげです。
tossyさんもおそらく同じレベルのレンズをお使いのはず。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

都会のかおり

2008-10-13 23:08:23 | 服・着物



広告写真などに使ってもらえる写真を撮るには?
と言うセミナーを受けてきました。
商業ベースに使われる写真と自分の好きな写真とは
全然違うわけです。
どうしても好きな写真に走ってしまいそうですが
そこは覚悟が必要。
従来のカメラマンのような道は険しいと思いますが
ネットを通して、雑誌などに使ってもらえる写真を
提供するのは、工夫しだいで不可能ではありません。
夢と目標を持つことも大事なので挑戦しようと思います。
セミナー帰りに、恵比寿ガーデンプレイスの夜景を
撮りました。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ガラス器

2008-10-12 10:27:23 | ガラス



アンティークと言うほど古くないものですが
好き!で安くて日常使える器と言う基準で買った調味料入れ
です。
机に写った影までブルー。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

白いダリア

2008-10-09 20:41:13 | 花・植物



カメラを頂いた記念に、大輪の白いダリアを一輪買いました。
真っ白なのでふわふわと軽そうに見えますが、
さわって見た時のずっしり感が気持ちいいです。

今道先生は、こういう大輪のダリアをこんな風に
よく撮られます。
上手になるには、まず真似をすることからはじめましょう。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ソニーα350

2008-10-08 20:47:43 | 雑貨



フォトコンテストの賞品、一眼レフカメラが届きました。
ソニー社製、α350と言う機種です。
レンズ50mmF1,4もついています。
あ、それから、Adobe PhotoShop Elements も
頂きました。

今道先生インプレスジャパン様ソニー様
EPSON様Adobe様どうもありがとうございました。
ほしくてたまらなかった機種とレンズです。

手振れ補正がついているのは三脚嫌いの私には
待望の機能、レンズは、部屋で明るくふんわりとして
大きくぼかした写真が撮れるタイプ、
願ったり叶ったりのカメラを頂きました。
新しいカメラでまずは1枚目、カメラの箱を
撮りました。

これからもじっくり取り組んで行きたいと思います。

姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

骨董市

2008-10-06 11:45:05 | 食器



20代の頃、新婚の友人宅に遊びに行ったら、食卓の後ろに、
渋い屏風が立てられていた。
「これ、何?」と聞いたら、「好いとっとたい」と言われた。

その時から骨董品と言うものに興味を持ち、東京で
開かれてる骨董市にはよく通った。
と言っても、本格的骨董品を集めるには財力が・・・・。
それで、骨董的価値のあるものではなく、日常使うもので、
私が好き!と思ったもので、1000円以内で買えるもの
に絞って見ることにしたらとても面白かった。
そのひとつ、藍色の蓋つきどんぶり重宝しています。


姉妹ブログ「デジカメ日記」 

写真素材 PIXTA

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加