東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正

東京大学 分生研 加藤茂明教授の研究室による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?研究不正か?)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

読売新聞:東大、論文不正疑惑を調査

2002-04-05 21:02:58 | 報道一覧
読売新聞:東大、論文不正疑惑を調査

 東京大学は5日、米国の有力科学誌「セル」などに掲載された同大分子細胞生物学研究所の加藤茂明教授らの論文に不正があったとの通報を学外から受け、調査を進めていることを明らかにした。

 加藤教授は論文執筆の責任を取り、3月末で辞職した。

 同大によると、今年1月、加藤氏の関わった論文24編に捏造
ねつぞう
や改ざんの疑いがあるとの通報が、学外から郵送で寄せられた。通報に24編の掲載時期や表題が具体的に記されていたことなどを同大は重視し、科学研究行動規範委員会で、研究データの捏造、改ざん、盗用といった研究不正の有無を視野に、通報翌日から調査を始めた。

 加藤氏らは、「セル」に2003年に掲載された論文について、「図表がデータを正確に表していない」として3月に取り下げていた。

 同大は、同委員会の結論を待って、処分するかどうか決める。加藤氏は「すべて大学側に判断をゆだねており、現在はコメントすることはできない」と話している。

(2012年4月5日 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120405-OYT8T00930.htm?from=osusume
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK: 東大 論文“不適切疑惑”調査 | トップ | 朝日新聞:東大教授が引責辞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。