東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正

東京大学 分生研 加藤茂明教授の研究室による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?研究不正か?)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

類似画像掲載論文に使用された科学研究費 (ERATO: 創造科学技術推進事業)

2011-12-29 00:53:00 | ERATOと画像類似論文

公的研究費No.40
科学技術振興機構(JST)
戦略的創造研究推進事業 ERATO型研究
プロジェクト名 : 「加藤核内複合体プロジェクト」
研究総括 : 加藤 茂明(東京大学分子細胞生物学研究所 教授)
研究期間 : 平成16年10月~平成22年3月 (2004年10月~2009年9月)

科学技術振興機構のERATOの「加藤核内複合体プロジェクト」の紹介ホームページには、研究成果として、類似画像が掲載されている論文#4論文#8が記載されている。


論文#4は、「E: 新たなエピゲノム制御としてのDNA脱メチル化経路の証明」した論文として記載されている。
論文#8は、「C: 骨と脂肪のバランスを制御するメカニズムを解明」した論文として記載されている。


さらに、論文#4は、科学技術振興機構報 第679号においても、「DNA発現のスイッチ、脱メチル化機構を解明」と題して、「戦略的創造研究推進事業 ERATO型研究 加藤核内複合体プロジェクト」の研究成果として記載されている。




参考リンク

ERATO 加藤核内複合体プロジェクト事後評価報告書
ERATO 加藤核内複合体プロジェクト中間評価報告書

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 類似画像掲載論文に使用され... | トップ | 類似画像掲載論文に使用され... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。