東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正

東京大学 分生研 加藤茂明教授の研究室による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?研究不正か?)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

類似画像掲載論文#3

2011-12-29 00:21:47 | 画像類似の論文リスト

論文#3
J Biol Chem. 2009 Nov 20;284(47):32472-82. Epub 2009 Sep 23.
Phosphorylation of Williams syndrome transcription factor by MAPK induces a switching between two distinct chromatin remodeling complexes.
Oya H, Yokoyama A, Yamaoka I, Fujiki R, Yonezawa M, Youn MY, Takada I, Kato S, Kitagawa H.
Institute of Molecular and Cellular Biosciences, University of Tokyo, Tokyo 113-0032, Japan.
責任著者:加藤茂明・北川浩史


指摘項目No.3 (参照 → 説明図No.3)
論文#3のFigure 4Bの「αFLAG(WSTF)」の左側の画像(WCEの1,2のバンド画像)が、「αBAF155」の左側の画像(WCEの1,2のバンド画像と類似しています(縦横比が変更されています)。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2781662/figure/F4/





指摘項目No.4 (参照 → 説明図No.4) 
論文#3のFigure 4Bの「αFLAG(WSTF)」の左側の画像(WCEの1,2のバンド画像)が、Figure 5Cの「αFLAG(WSTF)」の左側の画像の「NE」のレーン2と3のバンド画像を左右反転し時計回りに回転させたものに類似しています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2781662/figure/F5/
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2781662/figure/F4/

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 類似画像掲載論文#4 | トップ | 類似画像掲載論文#2 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-01-26 13:14:32
JBCを馬鹿にするにもほどがある。

Fig 6Bで、inputのlanes 3-4とFLAGのlanes 3-4は同じ。
AcH3のlanes 5-6とH3K4me3のlanes 5-6も同じ(横幅をかえてあるように見える)。さらに、これらは半分オーバーラップしている。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。