東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正

東京大学 分生研 加藤茂明教授の研究室による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?研究不正か?)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

類似画像掲載論文#2

2011-12-29 00:22:48 | 画像類似の論文リスト

論文#2
Genes Dev. 2010 Jan 15;24(2):159-70. Epub 2009 Dec 29.
A histone chaperone, DEK, transcriptionally coactivates a nuclear receptor.
Sawatsubashi S, Murata T, Lim J, Fujiki R, Ito S, Suzuki E, Tanabe M, Zhao Y, Kimura S, Fujiyama S, Ueda T, Umetsu D, Ito T, Takeyama K, Kato S.
Institute of Molecular and Cellular Biosciences, University of Tokyo, Tokyo 113-0032, Japan.
責任著者:加藤茂明

下記アドレス先の高解像度のFigure2を拡大して比較してください(画像が圧縮されているPDFファイルで比較しては駄目です。)
http://genesdev.cshlp.org/content/24/2/159/F2.large.jpg

指摘項目No.2 (参照 → 説明図No.2)
論文#2のFigure 2A の上段の左から一つ目の画像(Inputのバンド画像二つ)と左から二つ目の画像(αFLAG)が類似しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 類似画像掲載論文#3 | トップ | 文部科学省への類似画像掲載... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よろしくお願いします (一研究者)
2012-01-17 15:43:37
ホームページ製作者殿

貴殿の製作ページを見て気付いたことを書かせてください

一部の研究者のために一生懸命頑張った論文まで台無しになるのは本当に残念です。例えば貴殿が指摘されているGenes Dev. 2010 Jan 15;24(2):159-70. Epub 2009 Dec 29.です。次の(( ))ように指摘されています。((指摘項目No.2 (参照 → 説明図No.2)・論文#2のFigure 2A の上段の左から一つ目の画像(Inputのバンド画像二つ)と左から二つ目の画像(αFLAG)が類似しています。))しかしpdfファイルで1600%~まで拡大してみてください。ピクセルレベルで見ると全く違う画像であることがわかります。その他の論文も1600%から2400%に拡大すると画像を使い回していないのにも関わらず誤って指摘されている論文が散見されます。もし貴殿が研究者であるならば、一生懸命頑張っている研究者の足を引っ張るのが正当なことだと考えますか。もう一度吟味して、類似しているが拡大すると異なった図であれば、その掲載論文を貴殿ホームページの類似画像掲載論文リストから削除をよろしくお願いします。
低解像度のPDFファイルで比較しては駄目です。 (東京大学 分子細胞生物学研究所の類似画像掲載論文)
2012-01-18 22:17:13
下記アドレス先の高解像度のFigure2を拡大して比較してください(画像が圧縮されているPDFファイルで比較しては駄目です。)
http://genesdev.cshlp.org/content/24/2/159/F2.large.jpg

類似性が確認できますね。

pdfファイルを拡大しても低解像度のものは、低解像度のままです。
1600%から2400%に拡大しても意味がありません。
高解像度のもので比較しましょう。

もし、誤ったデータが発表されたままになってしまうと、
他の研究者が迷惑被ります。足を引っ張られてしまいます。
時間もお金も無駄になってしまいます。
しかも公的研究費を用いて研究を行っているのですから、
データにおかしい部分があると指摘されたら、
速やかに生データや実験ノートを開示すべきですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。